職場でチーム専用のQ&Aサイト「Stack Overflow for Teams」を使い、プライベートかつ安全な環境で回答を見つけてください!ユーザー数10名までは無料でご利用いただけます。 登録

次のタグが付いている新しい回答:

1

UIImageViewがviewのサイズとは異なるUIImageを色々な方法で表示できるよのと似たような感じで、SKViewはサイズの異なるSKSceneを表示することができます。 以下のコード例はXcode 10.3でiOS用のGame/SpriteKitのテンプレートプロジェクトを修正したものです。(申し訳ありませんが、古いXcodeは置いていないんで、Swift4ではなく、Swift5です。) なお、極端な値を指定した方が違いがわかりやすいので、800 x 600ではなく、80 x 60にしてあります。 GameViewController.swift: import UIKit import SpriteKit class GameViewController: ...


0

そこまで便利なメソッドはないので、こんな方法はいかがでしょうか? Viewに対してはAutoLayoutでAspect Ratio制約を掛け、Viewの縦横比を常に一定に保つ Window DelegateをWindow Controllerに対応させ、WindowDidResize, WindowDidEnterFullScreenで、現状のウィンドウサイズを取得する ScalingManager的なSingletonを作成し、ウィンドウサイズが変更されたときに、現在のViewの値を元にスケーリングファクター(係数)を更新する プログラム内部での値は基礎ウィンドウサイズを元に理論値として取り扱い、実際の描画は、ScalingManagerに座標やサイズを渡すことで、実座標を返すようにする ...


1

macOS 10.12 以降のみサポートで良いならkeyDown(with: theEvent)とkeyUp(with: theEvent)を以下のように修正することで可能かと思います。 shiftで減速、controlで加速を想定しています 同時押しによる衝突を避けるため、shiftが押されていないときのみcontrolが押されているか?の判断をしています private let DefaultSpeed: Int = 10 private let SpeedUpRate: Float = 2.0 private let SlowDownRate: Float = 0.5 override func keyDown (with event: NSEvent) { let ...


1

###(1) 一番肝心なところ。 あなたのコードには、physicsWorld.contactDelegateを設定している部分がありません。 接触判定のメソッドが呼ばれるのは、実行時に上記のプロパティに設定された1つのインスタンスだけです。SKPhysicsContactDelegateを実装したクラスのdidBegin(_:)メソッドが必ず呼ばれるわけではありません。 特定のSKSpriteNodeに全然関係ない接触判定の通知をしても仕方ないので、普通はSKSpriteNodeにSKPhysicsContactDelegateを実装させるようなことはしません。接触判定に関する処理は全部GameScene中で行う、と思っていてください。 ###(2) 接触判定には関係ないが致命的なところ ...


2

使い方は foo, barいずれもphysicsBodyを持った状態で、一度 foo.physicsBody.contactTestBitMask = bar.physicsBody.categoryBitMask としておくだけで、fooの剛体がbarの持つカテゴリの世界線において何らか(スプライトノードなど)と衝突あるいは重なっている状態であれば SKPhysicsContactDelegate下の  didBegin(_ contact: SKPhysicsContact)関数内の処理が呼び出されるという認識で間違い無いのでしょうか。 いいえ。そのようなコードで当たり判定(接触検出)が出来るのは極めて限定的な場合だけです。 (そんなコードだけを十分な解説も無しに載せているサイトを「...


0

このケースでは let animation = SKAction.animate(withNormalTextures: textures, timePerFrame: 1.0) は意図する動きになりません。 現バージョン(19/9/4時点)では let animation = SKAction.animate(with: textures, timePerFrame: 0.2) 以上のように綴ります。


1

今の処理方法ですと、1つのキーイベントが来たときに、そのイベントが来る度に処理をする方法になっているため、keyDownの中で移動を行うのはかなり難しいと思います。 多分SKViewのサブクラスで処理を書かれていると思うので、そのクラスにX移動量とY移動量のメンバー変数を追加し、 KeyDown, KeyUpイベントで行うのは移動量変数の更新のみ 実際の移動処理はタイマーを使って定期的に行う moveXXX関数は一つに纏め、move(x: X座標移動量, y: Y座標移動量)とする と言う風に考えると、move関数以外の書き替え、書き加えるべき部分は以下のようになると思います。 更新頻度を20fps (1000ms / 20 = 50)と考えていますので、この辺りは適宜調整して下さい ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています