次のタグが付いている話題の回答:

1

自分も少し興味が有ったので考えてみました。 流れとしてはこういう感じになるかと思います。 Http Sessionの破棄時に何かをしたい、という場合には、HttpSessionDestroyedEventのリスナを登録して、そこに処理を実装することになります。 こちらの具体的な方法については次のリンク先に説明があります。 spring-securityのHttpSession生成・破棄イベントハンドラの作成 - Qiita @Bean public HttpSessionEventPublisher httpSessionEventPublisher() { return new HttpSessionEventPublisher(); } また、この ...


1

回答順が前後しますが、 username の情報だけに基づいて検索して良いんでしょうか?パスワードによる認証をしている場合は、パスワードが一致していることの担保は別の機構(おそらくHttpSecurityで内部的に?)で行っているのでしょうか? What is a UserDetailsService and do I need one?曰く: UserDetailsService is a DAO interface for loading data that is specific to a user account. It has no other function other to load that data for use by other components within the ...


1

(Userクラス自体、デモ以外で使うことはあまり無いのでは…という思いは置いておきつつ、) Spring Securityのドキュメントを当メソッド名で検索すると注意文章がいくつかヒットしますが、例えば、10.10.4. In-Memory Authentication In the sample below we leverage User.withDefaultPasswordEncoder to ensure that the password stored in memory is protected. However, it does not protect the password against obtaining the password by decompiling the ...


1

setAuthenticationはその名の通りコンテキストに認証情報を設定するメソッドです。要するにログイン認証OKであることを表します。 どういった場面が想定されているのでしょうか? 状況の説明が不足しているので回答者が何を言いたいのかいまいちわかりませんが、仮に連続で1-5の手続きを行えば良いんだ、ということを言っているのであれば、 ユーザが入会フォームに情報を記入し登録ボタンを押した。システムはユーザ登録を行い、そのままセッションをログイン状態にする。 みたいな状況を想定していると思われます。 (…なので、元々の質問に対しての回答になっていないし、どういう意図で敢えてこのコードを回答として書いたのかもよくわかりません。正直この回答コードを理解しようとする努力に益は無いと思います…) 他方、...


1

Javadocにはこんなことが書いてありますね。 https://docs.spring.io/spring-security/site/docs/current/api/org/springframework/security/core/Authentication.html Once the request has been authenticated, the Authentication will usually be stored in a thread-local SecurityContext managed by the SecurityContextHolder by the authentication mechanism which is being used. An ...


1

Qiitaの Spring Security 使い方メモ 認証・認可 の記事がよくまとまっていてるので読むと良いと思います。 例えば、「1票でも入ったらよいのか、複数票必要なのかよくわからず...」については、上記記事の”投票による判定”の節(記事の真ん中辺り)で以下のように説明されています。 AccessDecisionManager の実装クラスには、集計方法の違いによって AffirmativeBased, ConsensusBased, UnanimousBased の3つが用意されている。 AffirmativeBased 「付与」の投票が1つでもあればアクセス権を認める。 全ての投票が「棄権」だった場合は、デフォルトではアクセス権を認めない。 ConsensusBased 「付与」...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります