次のタグが付いている話題の回答:

2

ここで疑問に思ったのが、Kotlinを使った開発でspringが使用する最大メモリサイズも上記の規定に従うのでしょうか? Spring Boot(Java)を起動する際にJVMオプション-Xmx(Javaのヒープサイズの最大値を指定するオプション)を指定していなければ、参照されたページにもあるようにマシンの物理メモリなどによって最大ヒープサイズが決まります。 また使用メモリサイズを大きくしたい場合、どのようにすれば増やすことができますでしょうか? 前述の-Xmxで調整できます。 (起動は ./gradlew bootRun でさせていますが、これになにかオプションを渡すのでしょうか? ./gradlew bootRunで起動しているのであれば、build....


2

実行時に必要なクラスパスは実行時に指定するもので、ビルド時に指定するものではありません。 質問文に記載されている2つのリンク先は、実行時に指定することになるクラスパスに配置するファイル(を包含するディレクトリ)の指定についての説明です。 後者の"実はsrc/main/resourcesディレクトリはMavenのデフォルトのクラスパスの一つです。"という説明は誤っています。このディレクトリが即ちクラスパスというわけではありません。 という前置きをした上で、 Spring Bootのclasspathを知るにはどすればいいのでしょうか? について、実際に知りたいのはクラスパスではなくてクラスパスに配備される対象がどれか、ということだと考えました。 これについては、...


2

javascript で文字列の長さのチェックをするのはあくまでユーザーの便宜を図る目的に限定してください。 攻撃者は javascript を使わずに長い文字列を POST できるので javascript による文字数のチェックはサーバー側のセキュリティ面では役に立たないことには注意が必要です。データベースに格納できるより長い文字列を受け取った場合に「サーバー側で」処理をすることは必須です。


2

Hibernateにおいて、saveとflushは次のようなニュアンスです。 save: ユーザが生成したエンティティをHibernate管理下に置く(=永続化対象にする) flush: Hibernateが管理している状態をDBに書き出し、管理している状態とDBが保持する情報を同期させる。要は実際にSQLを実行する。 ユーザが参照するのHibernateが管理している状態であり、DBの状態は原則的には気にする必要がありません。 なのでflushを使う機会がない、というのは普通です。 ユーザが明示的にflushを行わずとも、必要に応じて(例: トランザクションcommit時に)Hibernateは管理している状態をDBに反映させます。 Hibernateのリファレンスの次の章が該当します: 5. ...


2

https://docs.oracle.com/javase/jp/1.5.0/tooldocs/solaris/jdb.html jdb のもう 1 つの使用方法は、すでに起動している Java VM に jdb を接続することです。jdb を使用してデバッグする VM は、次のオプションを使用して起動しなければなりません。 Option: -agentlib:jdwp=transport=dt_socket,server=y,suspend=n 目的: インプロセスデバッグ用ライブラリをロードし、接続の種類を指定する (中略) 次のコマンドを使用して、jdb を VM に接続できます。 % jdb -attach 8000 この場合、jdb は新しい VM を起動する代わりに既存の VM に接続されるため、...


1

自分も少し興味が有ったので考えてみました。 流れとしてはこういう感じになるかと思います。 Http Sessionの破棄時に何かをしたい、という場合には、HttpSessionDestroyedEventのリスナを登録して、そこに処理を実装することになります。 こちらの具体的な方法については次のリンク先に説明があります。 spring-securityのHttpSession生成・破棄イベントハンドラの作成 - Qiita @Bean public HttpSessionEventPublisher httpSessionEventPublisher() { return new HttpSessionEventPublisher(); } また、この ...


1

回答順が前後しますが、 username の情報だけに基づいて検索して良いんでしょうか?パスワードによる認証をしている場合は、パスワードが一致していることの担保は別の機構(おそらくHttpSecurityで内部的に?)で行っているのでしょうか? What is a UserDetailsService and do I need one?曰く: UserDetailsService is a DAO interface for loading data that is specific to a user account. It has no other function other to load that data for use by other components within the ...


1

javax.validation.constraints missing in 2.3.0? · Issue #21465 · spring-projects/spring-boot Spring Boot 2.3 Release Notes · spring-projects/spring-boot Wiki 上記のリンクにある通り、spring-boot-starter-validation への依存関係を自分で示す必要があります。 私の場合は、build.gradle.ktsを使っているので、 build.gradle.kts に下記を追加で動きました。 implementation("org.springframework.boot:spring-boot-starter-validation")...


1

はじめまして。典型的には以下の方法が考えられます。 実現方法や仕組みはご利用のツールによって変化します フォーム内のinputタグにmaxlengthやpatternを指定する JavaScriptでフォーム内容を読み取り入力を確認する。 サーバー側のプログラムで入力を確認する データベース側で制限する ですが、データベースに不正な値が入力されないように、最低限その直前にサーバー側のプログラムで必ず確認するのが妥当です。 フロントエンドでのチェックはユーザー体験を高めるために重要ですが、これに依存すると不正な値を入力される危険性があります。


1

(Userクラス自体、デモ以外で使うことはあまり無いのでは…という思いは置いておきつつ、) Spring Securityのドキュメントを当メソッド名で検索すると注意文章がいくつかヒットしますが、例えば、10.10.4. In-Memory Authentication In the sample below we leverage User.withDefaultPasswordEncoder to ensure that the password stored in memory is protected. However, it does not protect the password against obtaining the password by decompiling the ...


1

setAuthenticationはその名の通りコンテキストに認証情報を設定するメソッドです。要するにログイン認証OKであることを表します。 どういった場面が想定されているのでしょうか? 状況の説明が不足しているので回答者が何を言いたいのかいまいちわかりませんが、仮に連続で1-5の手続きを行えば良いんだ、ということを言っているのであれば、 ユーザが入会フォームに情報を記入し登録ボタンを押した。システムはユーザ登録を行い、そのままセッションをログイン状態にする。 みたいな状況を想定していると思われます。 (…なので、元々の質問に対しての回答になっていないし、どういう意図で敢えてこのコードを回答として書いたのかもよくわかりません。正直この回答コードを理解しようとする努力に益は無いと思います…) 他方、...


1

Javadocにはこんなことが書いてありますね。 https://docs.spring.io/spring-security/site/docs/current/api/org/springframework/security/core/Authentication.html Once the request has been authenticated, the Authentication will usually be stored in a thread-local SecurityContext managed by the SecurityContextHolder by the authentication mechanism which is being used. An ...


1

Qiitaの Spring Security 使い方メモ 認証・認可 の記事がよくまとまっていてるので読むと良いと思います。 例えば、「1票でも入ったらよいのか、複数票必要なのかよくわからず...」については、上記記事の”投票による判定”の節(記事の真ん中辺り)で以下のように説明されています。 AccessDecisionManager の実装クラスには、集計方法の違いによって AffirmativeBased, ConsensusBased, UnanimousBased の3つが用意されている。 AffirmativeBased 「付与」の投票が1つでもあればアクセス権を認める。 全ての投票が「棄権」だった場合は、デフォルトではアクセス権を認めない。 ConsensusBased 「付与」...


1

元来の意味としてはコンパイル対象のJavaバージョン指定。javac の --source 相当。 しばしばGradle(Maven)エコシステム内でJava/JVMターゲットバージョンのデフォルト値として採用される (ただしkotlinプラグインでは参照していない) のような理解で良いのかなと思います。 KotlinプロジェクトであってもJavaコードを含めることはできますが、その場合は1.の通り影響を受けます。 また、Javaを利用しない場合でも、2.のJVMターゲットバージョンとして利用されているような箇所では影響を受ける可能性はありそうです。 一例として、Gradleの場合 gradle :outgoingVariants コマンドで出力される情報のうち org.gradle.jvm....


1

Mavenが使用するJavaのバージョンを選択して下さい。バージョン8を選んだ場合と11を選んだ場合では、pom.xmlに以下の差異だけがあるはずです。 <java.version>1.8</java.version> <java.version>11</java.version> 以下のコマンドでMavenが使用するJavaのバージョンが分かるので、それに合わせて下さい。 mvn -v


1

build.gradle.ktsファイルの場合は下記のようにすれば指定できました。 tasks.withType<BootRun> { jvmArgs = listOf("-Xmx2048m") }


1

コード上からは spring-boot-dependenciesの構成ファイルを見ると良いかと思います。 先日リリースされた2.3.0からはMavenからGradle(build.gradle)に変わっているようですね… 私は普段Maven+Eclipseで開発しているのでそちらでの例になりますが、 自分のSpring Bootプロジェクトのpom.xmlを開き spring-boot-starter-parent宣言箇所を Ctrl+クリック すれば spring-boot-starter-parent の pom が開きます。 そこに spring-boot-dependencies が宣言されているのでこれまた Ctrl+クリック すればたどり着けます。 Mavenローカルリポジトリは(...


1

おそらくSpring Boot バージョン 1.x と 2.x で事情が異なるのでバージョンを明記した方が良いかと考えます。 私がSpring Bootを利用し始めたのは 2.1 以降なのでそれ以前のことについては誤解を含んでいるかもしれませんが、私が理解している限り、Spring Bootでホットスワッピングができたのは 1.x の頃の話です。 これを実現するのに利用していたspring-loadedは、2.xではサポートされていません: As the Spring Loaded project has been moved to the attic, its support has been removed. We advise to use Devtools instead. 2.x ...


1

もしかして、Model, ModelMap, ModelAndView のどれかが、 Map形式のエイリアスだったりしますか? いいえ。 Springのドキュメントには、Model、ModelMap、ModelAndView、Mapの他にも様々な型がパラメーターや戻り値に利用できることが書いてあります。 1.3.3. Handler Methods https://docs.spring.io/spring/docs/current/spring-framework-reference/web.html#mvc-ann-methods


1

Spring Boot CLI 2.0.0.M5 で事象が再現するのを確認しました。 正式リリース版である 2.0.0.RELEASE (インストール方法)か、最新安定版(同; 現在は2.2.6.RELEASE)を利用すれば解消するようです。 (バージョン番号にM5と付いているのはマイルストーン版であり、正式リリース版ではないことを表しています。)


1

import org.aspectj.lang.annotation.Before import org.junit.Before import org.junit.Test import org.junit.jupiter.api.Before import org.junit.jupiter.api.Test 同名のクラスをimportし過ぎですね。例えば、以下のようにどれか1つにして下さい。 import org.junit.Before import org.junit.Test それから、build.gradle.ktsを見ると、('junit-vintage-engine')をexclude(除外)しているので、JUnit 5ベースのテストケースは正常に動作しますが、JUnit ...


1

エラー内容から,「CogoalにsplitなんてMethodないよー」って言ってるので,しっかりString型を渡してあげたほうが良いかと思います. 具体的には<th:block th:each="line: ${cogoal.cogoal.split('\r\n|\r|\n', -1)}">とかにしてやれば良いのではないでしょうか? また,HTMLでは改行を<br>タグで表現しているためこのような問題が起こりますが,確か<pre>タグで囲めば\nがそのまま反映されると思います.


1

もともとDB操作をやりたかったSpringBootのプロジェクトはまた別にJPAプロジェクトを新規作成し、Repositoryファイルを作成していたため、上記のエラーが出ておりました。 本などを参考にして、もともとのSpringBootプロジェクト内にReposirotyファイルを作成して同様に記述したところ、エラーは発生しなくなりました。 supaさん、解決時の対処についてご指摘ありがとうございます。自分のコメントだと48時間後でないと解決済みマークができないようなので、後日解決済みにします。


1

本質的な問題としては、 model.addAttribute("S100601formList", new S161formList()); で属性名を S100601formList と設定しているので、これを意識する必要があります。 公式リファレンスとしては次のセクションが該当箇所になります: @ModelAttribute - 1.3.3. Handler Methods @ModelAttribute で検索すると日本語で解説されているサイトも多くヒットすると思います。 修正後の一例としてはこのような形になります。


1

@DateTimeFormat は Stringでなく日付時刻型に付与するのが正しいかと思います。 ActorForm.java: @DateTimeFormat(pattern = "uuuu/MM/dd") private LocalDate birthday; また、コントローラで使用しているメッセージプロパティ actor.validation.error も必要です。 messages.properties: actor.validation.error=error occurred (差分)


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります