次のタグが付いている話題の回答:

4

どうしてもnew T()相当を実装したいのですが、回避策はないでしょうか。 Java言語のジェネリクスでは、型パラメータTから直接インスタンス化することができません。(Java言語仕様で禁止されています) アドホックな回避策としては、本家StackOverflow Create instance of generic type in Java? の回答群が参考になると思います。 フレームワーク側でよくある対処としては、ParameterizedTypeを利用したリフレクション(reflection)方式で、サブクラスの型パラメータを取得できます。実際にこの方式が望ましいか否かは状況に応じて判断ください。


2

defaultTime: "${student.time}" ↓ defaultTime: /*[[${student.time}]]*/ "9:00" 参照: スクリプトのインライン処理


2

テストクラスに @RunWith(SpringRunner.class) @SpringBootTest(webEnvironment = WebEnvironment.RANDOM_PORT) を追加してみてください。 参考サイト: Testing Spring Boot Maven import


2

Locale.JAPANで対応するプロパティは messages_ja_JP.properties となります。 Locale.JAPANESE は messages_ja.properties です。 なので、今のファイル名のまま使うためにはJAPANESE の方を使ってください。 また、_ja を省略するとデフォルトとして使われるため、取得可能になったはずです。 追記 springでAutoConfigureにてBeanを注入した場合、デフォルトのプロパティがないとだめなようです。 messages.propertiesがない場合はDelegatingMessageSource,message....


2

2については解決しているようなので、1について回答します。1のエラーの原因は、 import org.apache.commons.lang3.builder.ToStringBuilder; とすべき行で、 import org.junit.platform.commons.util.ToStringBuilder; としているからです。つまり、Apache Commons LangのToStringBuilderには、reflectionToString()というメソッドがありますが、JUnitのToStringBuilderには、reflectionToString()というメソッドが無いからです。 そういえばあまり気にしていませんでしたがapplication....


2

Method Arguments - 1.3.3. Handler Methods - Spring MVCの表の一番最後の説明が該当します。 it is a resolved as a @RequestParam. Otherwise, it is resolved as a @ModelAttribute. 今回の場合はリクエストパラメータでもないので @ModelAttribute です。 @ModelAttribute annotation on a method argument to access an attribute from the model or have it be instantiated if not present. なので /actor/create ...


2

ここで疑問に思ったのが、Kotlinを使った開発でspringが使用する最大メモリサイズも上記の規定に従うのでしょうか? Spring Boot(Java)を起動する際にJVMオプション-Xmx(Javaのヒープサイズの最大値を指定するオプション)を指定していなければ、参照されたページにもあるようにマシンの物理メモリなどによって最大ヒープサイズが決まります。 また使用メモリサイズを大きくしたい場合、どのようにすれば増やすことができますでしょうか? 前述の-Xmxで調整できます。 (起動は ./gradlew bootRun でさせていますが、これになにかオプションを渡すのでしょうか? ./gradlew bootRunで起動しているのであれば、build....


2

実行時に必要なクラスパスは実行時に指定するもので、ビルド時に指定するものではありません。 質問文に記載されている2つのリンク先は、実行時に指定することになるクラスパスに配置するファイル(を包含するディレクトリ)の指定についての説明です。 後者の"実はsrc/main/resourcesディレクトリはMavenのデフォルトのクラスパスの一つです。"という説明は誤っています。このディレクトリが即ちクラスパスというわけではありません。 という前置きをした上で、 Spring Bootのclasspathを知るにはどすればいいのでしょうか? について、実際に知りたいのはクラスパスではなくてクラスパスに配備される対象がどれか、ということだと考えました。 これについては、...


2

Hibernateにおいて、saveとflushは次のようなニュアンスです。 save: ユーザが生成したエンティティをHibernate管理下に置く(=永続化対象にする) flush: Hibernateが管理している状態をDBに書き出し、管理している状態とDBが保持する情報を同期させる。要は実際にSQLを実行する。 ユーザが参照するのHibernateが管理している状態であり、DBの状態は原則的には気にする必要がありません。 なのでflushを使う機会がない、というのは普通です。 ユーザが明示的にflushを行わずとも、必要に応じて(例: トランザクションcommit時に)Hibernateは管理している状態をDBに反映させます。 Hibernateのリファレンスの次の章が該当します: 5. ...


2

javascript で文字列の長さのチェックをするのはあくまでユーザーの便宜を図る目的に限定してください。 攻撃者は javascript を使わずに長い文字列を POST できるので javascript による文字数のチェックはサーバー側のセキュリティ面では役に立たないことには注意が必要です。データベースに格納できるより長い文字列を受け取った場合に「サーバー側で」処理をすることは必須です。


2

https://docs.oracle.com/javase/jp/1.5.0/tooldocs/solaris/jdb.html jdb のもう 1 つの使用方法は、すでに起動している Java VM に jdb を接続することです。jdb を使用してデバッグする VM は、次のオプションを使用して起動しなければなりません。 Option: -agentlib:jdwp=transport=dt_socket,server=y,suspend=n 目的: インプロセスデバッグ用ライブラリをロードし、接続の種類を指定する (中略) 次のコマンドを使用して、jdb を VM に接続できます。 % jdb -attach 8000 この場合、jdb は新しい VM を起動する代わりに既存の VM に接続されるため、...


1

このチュートリアルがまさにそれだと思います。 Thymeleafというテンプレートエンジンを使って、テンプレートにJavaからパラメータを渡すことで、クエリストリングによって返すHTMLを変えるということを実現しています。 日本語だとこれなどでしょうか。


1

自己解決しました。 ホームディレクトリの.gradleを削除してプロジェクトの作成を再実行したらうまく行きました。 うーん、gradleのこの辺の勝手にライブラリーをダウンロードしてきて場合によっては競合したり 今回のようにエラーになるの好きじゃないですね。


1

Apacheの.htaccessに当たるTomcatの設定はweb.xmlの<security-constraint>になります(※)。日本語であれば、このページが分かりやすいと思います。 Spring Bootでもweb.xmlは使えるので、このあたりが参考になるのではないかと思います。 Stackoverflow - Spring Boot with container security Stackoverflow - Use web.xml security constraints with Spring Boot ※.htaccessと完全に同じ機能ではないので、要件を満たせるかどうかは分かりませんが。 追記: 「存在しないURLへの制御をしたい」ということであれば、web.xmlの&...


1

自動生成されるエイリアス名がアンダースコア始まりになるが、利用しているDBMSでは命名違反になるのでなんとかしたい、ということだと理解しました。 現行バージョンでは対処不能かなと考えます。 私も最近エイリアス絡みの不具合を踏んで似たような内容を調べていました。 エイリアス名を取得する実装は org.hibernate.mapping.Column#getAliasメソッドになります。 生成するエイリアス名の命名戦略は固定でありコンフィグ等で変えられる余地はありません。 カラム名については getNameメソッドに対応するgetQuotedNameメソッドが存在しますが、エイリアスについて対応するメソッドが無いのでクオートする仕組みが無いと予想します。 ちなみにリンクしたissueでも触れられていますが、...


1

comandlinerunerクラスでできることがわかりました。


1

英語ですが、このページが参考になると思います。GitHubにソースコードも公開されています。 もしくは、このページのJPAのリポジトリクラス(WordRepository)を使用する箇所を、JPAのリポジトリクラスを使用しないように変更すればいいと思います。


1

Spring MVCのアプリがあるのであれば、以下のような手順でJSPをThymeleafに移行できたと思います。 pom.xm(Mavenを使っている場合)に、thymeleaf-springのdependencyを追加する(以下は例) <dependency> <groupId>org.thymeleaf</groupId> <artifactId>thymeleaf-spring4</artifactId> </dependency> Spring MVCのBean定義xmlにThymeleafと連携するための設定を追加する <bean id="templateResolver" class="org....


1

findById methodはCrudRepository (JpaRepositoryのimplementしているクラス)ですでに定義されており、メソッドシグネチャは以下です。 Optional<T> findById(ID var1); これに対し、同じ名前で戻り値が違うメソッドを定義したため、エラーとなっています。 Optionalの戻り値で良い場合はfindByIdメソッドは定義しなくてもいいので、それで試してみてください。


1

自己解決ししました。 SpringSecurityのConfigクラスを指定するために、Initializerで指定していました。 public class AppSecurityWebApplicationInitializer extends AbstractSecurityWebApplicationInitializer { public AppSecurityWebApplicationInitializer() { super(AppWebSecurityConfigurer.class); } ///Override method//// } しかし、Spring や SpringMVCを使用している場合は、先に実行しているInitializerで@...


1

「全体をそのまま解釈した場合に正しいSQLにならない」という問題については、問題になる部分を埋め込みコメントにして隠すことで回避できます。 group by /*%if condtion */ col1, col2 /*%else*/ /*# "dummy" */ /*%end*/


1

DBからのアプローチですが、同じ構造のテーブルであれば、UNIONしたVIEWを用意する方法があると思います。つまり、以下のようなVIEW「user」を作れば、entityもrepositoryも1つで十分になると思います。 CREATE VIEW user as ( select * from user_0 union select * from user_1 union select * from user_2 union select * from user_3 );


1

Logbackであれば、設定ファイル「logback.xml」の<logger>タグにパッケージあるいはクラス名を指定してログレベルを個別指定できたと思います。 <!-- 記述例(appender-ref "STDOUT"の詳細は割愛) --> <logger name="com.example.Processor" level="TRACE" /> <root level="INFO"> <appender-ref ref="STDOUT" /> </root> #設定ファイル名は任意に指定できたと思うので、適宜読み替えて下さい。


1

@Beanについて勉強して、思ったのですが@Beanの対象にするクラスは一般的にフィールドとゲッターセッターを持つクラスが対象なのでしょうか。 いいえ。どちらかというとPOJOのようなものは @Bean で生成する対象にはなりにくいと思います。 その理由はまさに質問文に書かれている通り、自前でnewするのと違いがない(それどころかDIコンテナが関与するようになる分、仕組みが無駄に複雑化する)からです。 質問文に書かれているような考えに至った具体例があると、回答ももう少し具体的にできるかと考えます。


1

org.apache.commons.lang.NumberUtilsは非推奨(deprecated)になっていて、org.apache.commons.lang.math.NumberUtilsやorg.apache.commons.lang3.math.NumberUtilsを利用することが推奨されているからです。 Javadocにある通り、 推奨されていません。 org.apache.commons.lang.math に移動しました。 このクラスは Commons Lang 3.0 では削除されます。 です。org.apache.commons.lang3.math.NumberUtilsを利用する場合のMavenのdependencyは以下の通りです。 <dependency&...


1

HogeClass を修正できるのであれば、HogeClass 内で ApplicationContext を作成し、その中で DI 済みのオブジェクトを作ってはどうでしょうか。例えば次のような形です。 public class HogeClass { public void execute() { try (ApplicatoinContext ctx = ...) { HogeComponent hoge = ctx.getBean(HogeComponent.class); hoge.execute(); } } } @Component public class HogeComponent { @...


1

AutowiredでDIされなかったクラスは呼び出し元からnewされたインスタンスでした。 その為、当該クラスをラップしたクラスにて目的のクラスをApplicatoinContext#getBean()を利用してインスタンス生成するようにしたところ、DIされるようになりました。


1

下記のコードだと、Listの型指定はしていないので、 要素はObjectになってしまい、ClassCastExceptionが発生するのだと思います。 List<Student> aiu = restTemplate.getForObject("...", List.class); 以下のように、Student型の配列で受け取るようにすれば、 ClassCastExceptionは発生しなくなるかと思います。 ResponseEntity<Student[]> responseEntity = restTemplate.getForEntity(url, Student[].class); Student[] aiu = responseEntity.getBody();


1

基本的には、動的に<option></option>を変える方法は二つがあります。 最初にすべてのメインオプションに対して、サブオプションを取得して、<input type="hidde"/>を利用して画面(HTML)に保存しておいて、メインオプションのチェンジイベントが発火されたら、動的にサブオプションの<option></option>を差し替えます。 メインオプションのチェンジイベントが発火されたら、AJAXでサーバーに選択したメインオプションに対応するサブオプションを取得して、動的にサブオプションの<option></option>を差し替えます。 ご質問の内容を見ると、1に適用されますね。 その場合、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります