次のタグが付いている新しい回答:

0

ADC値が符号付き16bit(signed short)の値となって取得される(それをvalとする)。 Vref電圧が5.0Vで、それを27KΩと10KΩで抵抗分圧して1.4Vを入力している。 https://developer.sony.com/develop/spresense/docs/hw_docs_ja.html#_ad変換器の使用方法 デシベルとゲインの関係は以下のように表される。 y [dB]=20 * log10(N) [倍] -6dB->1/2倍, 0dB->1倍, 6dB->2倍, 12dB->4倍, 14dB->6倍 電圧Vppに対して取得される電圧への換算式は次のようになると思います。 V=(Vpp/10^(dB/20)*(val+32768)/65536 +...


0

サイトを参照していただきありがとうございます。 結論から言いますと、Spresense の DNNRT への入力に、jpg画像をそのまま使うことはできません。 NNCはjpgデータをピクセルデータに復号してニューラルネットワークに入力しているのでjpgも扱えるようになっているようです。(学習データにjpgを使ったこと無いので推測です) なぜ自信満々にそう言えるかというと、ニューラルネットワークの ”inputレイヤー” 定義をみれば一目瞭然です。 ”inputレイヤー” のパラメータが「1,28,28」になっている場合は、(1,28,28) の行列を入力するという意味になります。つまりモノクロの28x28のピクセルデータに展開しなければネットワークに入力できません。 カラー画像の場合は、「3,28,28」に ”...


0

arm-none-eabi-gcc: not found とログ上見受けられますが、 install-tools.sh を使用して環境をセットアップしていますか? インストールしているとすればPATHが通っていないようですね。 2.1.1. Linux向けセットアップ


0

最初のエラーを見ると、ARM GCCコンパイラへのパスが通っていないようですね。 https://developer.sony.com/develop/spresense/docs/sdk_set_up_ide_ja.html#_linux%E5%90%91%E3%81%91%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97 こちらの、 「このコマンドは、ターミナルを開くごとに実行する必要があります。このコマンドを省略したい場合は、ホームディレクトリ以下の .bashrc に上記コマンドを追加してください。」 という記載に従って、 .bashrcへの追記はされているでしょうか。 していなければ、追記してみてください。


上位 50 件の最近の回答が含まれています