次のタグが付いている新しい回答:

0

ソニーのSPRESENSEサポート担当です。 analogRead()を呼び出した後にLTE begin(), shutdown()を呼び出すと analogReadから使用さるADCのリソースが解放されてしまい それが原因でエラーを引き起こしていました。 修正版を開発ブランチにアップしました。 https://github.com/SPRESENSE/spresense-arduino-compatible/releases SPRESENSE beta release (2021/04/10) sonydevworld/spresense-nuttx@23dc3f5 arch: cxd56xx: Fix multiple open and close ADC driver ...


0

私もArduino IDEを使っていてたまにこの問題に遭遇します。 Arduino15配下の以下のディレクトリに、 複数バージョンのフォルダや空フォルダが存在していたりしないでしょうか? Arduino15/packages/SPRESENSE/hardware/spresense/ Arduino15/packages/SPRESENSE/tools/spresense-sdk/ Arduino15/packages/SPRESENSE/tools/spresense-tools/ Arduino15ディレクトリの場所はプラットフォームごとに異なるので以下を参考にしてください。 https://www.indoorcorgielec.com/resources/arduinoide設定/arduino-...


0

SDKチュートリアルの自動スクリプトファイルを転送する方法に書かれていたので知りましたが、 https://developer.sony.com/develop/spresense/docs/sdk_tutorials_ja.html#_%E5%8B%95%E4%BD%9C%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%B5%B7%E5%8B%95 flash.sh の -w オプションを使えば内蔵Flashへ書き込みできます。 $ ./tools/flash.sh -c <port> -w <filepath> <port>には、Ubuntuだったら/dev/ttyUSB0など、WindowsだったらCOM3などのCOM番号を指定 <...


0

添付されているエラーは、ファイルの読み出し速度が間に合わないために発生するものですね。 MP3だとすると、それほど、読み出し速度が厳しいとは思えないのですが、まずは、 usleep(1000); をやめてみてはどうでしょうか? ダメなら、 err_t setPlayerMode( uint8_t device, /**< Select output device. AS_SETPLAYER_OUTPUTDEVICE_SPHP or AS_SETPLAYER_OUTPUTDEVICE_I2SOUTPUT. */ uint8_t sp_drv, /**< Select audio ...


0

興味があったので、実際に記録と再生を同時に動かすことをやってみました。 基本的にできると思います。自分はできました。 サンプルにある player_objIf.ino と recorder_wav_objif.ino をマージすればよいです。 ただし、 player_objIf.ino は、MP3の再生なので、96kHzを再生するのであれば、WAVしかなく、その変更が必要です。 thePlayer->init(MediaPlayer::Player0, AS_CODECTYPE_WAV, "/mnt/sd0/BIN", AS_SAMPLINGRATE_96000, AS_CHANNEL_MONO); また、記録もノーマルレゾリューションなので、 static const ...


0

SPRESENSEには録音・再生のサンプル(voice_effector)はありますが、再生・録音は見当たらないですね(あまりそのようなユースケースがないからかと…)。 ただ、SPRESENSEのオーディオ出力は、人が聴くことができる20-20kHzに最適化されていると思いますので、超音波音源を再生しても十分なゲインを持った超音波出力を得ることは難しいと思います。 超音波信号を扱うには、超音波の帯域まで対応しているトランスミッターとレシーバーを使うのがよいと思います。その場合、超音波の生成には、SPRESENSEのPWMが使えます。 例えば、SPRESENSEで40kHzのPWMのパルスを生成し、それを超音波トランスミッターで出力。そのパルスを超音波レシーバーで受け、オペアンプで増幅し、...


0

お二方に加えて、気になるポイントを2つコメントします。 NuttXのFTPクライアントサンプルはIPアドレス指定にしか対応していない 同サンプルはコンフィグによって指定できるIPアドレスのタイプが異なる 1点目についてですが、現在のFTPクライアントサンプルはヘルプテキスト通りIPアドレス指定にしか対応していないようです。 ですので、サンプルをそのまま使う場合はIPを事前に調べてから nsh> ftp xx.xx.xx.xx のようにIP直指定してあげるしかなさそうです。 アプリケーションを書く場合には、getaddrinfoなどの関数を使用してドメインをIPに変換してあげる必要があります。 2点目ですが、FTPクライアントサンプルのコードを確認してみましたが、...


0

I just tested the Sony Spresense board with latest version of Zerynth studio, I couldn't replicate your error as I was able to register and virtualize the device. For troubleshooting, Which version of Zerynth studio and OS are you using? Please check that you have the appropriate software drivers for the board, more information about the drivers are in this ...


0

古いドキュメントを参照しているのかもしれません。 公式サイトの手順が参考になると思います。 Spresense SDKスタートガイド(CLI版) サンプルアプリケーション "Hello, World!" の実行手順 Spresense SDKチュートリアル --kernel は旧SDKバージョンでのオプションのようです。


0

2つ目にいただいた回答の通り、lte_http_getをベースに、次の2つのコンフィグを有効にして、  "Application Coonfiguration" -> "Network Utilities" -> "FTP client"  "Application Coonfiguration" -> "Examples"-> ”FTP client example" あと、追加でLTE daemonも有効にすることで、LTE-M経由でインターネット上のFTPサーバーへの通信(put/getとも)ができました! ただ、1つ課題が残っています。 ftpc "...&...


0

LTEを定期的に、かつ時間を置いて使う場合eRDXというLTEの省電力機能を使うのはいかがでしょう。 Arduinoのリファレンスにはないのですが、SDKの以下のAPIはArduinoでも使えるようです。 5.13.5.7. モデムを省電力設定にする lte_set_edrx_sync Modemに対してeDRXのパラメータを設定するAPI lte_get_current_edrx_sync ModemとNetworkのネゴシエーション結果を取得するAPI #include "lte/lte_api.h" void setup() { lte_edrx_setting_t settings = { .act_type = LTE_EDRX_ACTTYPE_WBS1, /* Cat....


上位 50 件の最近の回答が含まれています