次のタグが付いている新しい回答:

2

現時点で、メインボードおよびソニー自社製の拡張ボードは対応していません。 ROHM社のサードパーティー製拡張ボードSPRESENSE-BLE-EVK-701で対応可能です。


0

ハードウェア観点からみると、シリアルポートが生きていて、電源LEDが点かない症状は、IC6のUSB-UARTブリッジのCP2102nが生きていて、5V->4Vを生成するIC5のLDO RP115L401D が死んでいる状態だと思います。 回路図はここで見れます。 https://developer.sony.com/develop/spresense/docs/hw_design_ja.html ICのデータシートを見ると、両方とも耐圧(最大定格電圧)は 6V 程度ですので、長いUSBケーブルを使用したときの電源が7Vかそれ以上の(12Vとか?)電圧になっており、これらのICにダメージを与えたのではないのかと想像します。 USBケーブルそのものは電源をそのままつなげているだけですので、...


0

自分はVirtualBox経由でUbuntu環境を使うことが多いですが(その方が圧倒的に速いので)、Windows MSYS環境でもローダブルELFチュートリアル の通りに実行できています。 SDKv2.0.2、VSCode IDE v1.2.1 の最新版を使用しています。 ビルド $ make distclean $ ./tools/config.py device/sdcard feature/loadable examples/hello $ ./tools/config.py -m menuconfigを開いて、"EXAMPLES_HELLO=m" に変更する (VSCodeであればSDKコンフィグを開いて"EXAMPLES_HELLO=M"に変更して保存する) $...


0

Spresense SDK環境であれば、Linuxカーネルとアプリケーションが分離されているように、ローダブルなアプリケーションを作成することができます。 https://developer.sony.com/develop/spresense/docs/sdk_tutorials_ja.html#_ローダブルelfチュートリアル 複数のアプリケーション(実行バイナリ)をSDカードに置いておいてアプリケーションを選択して動かすことができるので、質問にあるようなアップデートもアプリケーションを差し替えるだけで可能になると思います。 なんとなくピンポイントで質問への回答にはなっていない気はしますが... 自分が見る限りArduino環境ではこの機能はまだサポートされてなさそうです。


0

Spresense SDK Library のページ https://developer.sony.com/develop/spresense/developer-tools/api-reference/api-references-spresense-sdk/group__gpioif.html#ga1844b81ca3136ecb8c4a3d4bb3f36677 を見ると、board_gpio_configやboard_gpio_writeは、cxd56_gpioif.h に書かれているようです。 #include <cxd56_gpioif.h> という行をインクルードの最後に追加すると良いかもしれません。 (当方、SPRESENSEを持っていないので、確認できていません)


0

board_gpio_configとboard_gpio_writeが定義されてないというエラーです。 ヘッダファイルの中でこれらの関数が定義されてるところを探してみてはどうでしょう


上位 50 件の最近の回答が含まれています