質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

7

ソニーのSPRESENSEサポート担当です。 お問い合わせの件について、回答させていただきます。 残念ながら、現在のバージョンのSDKは、192kHz 24ビットの録音をサポートしておりません。 サポートには、もうしばらく時間がかかる見込みです。 ご不便をおかけして、誠に申し訳ありません。 ■ 2018年11月29日追記 バージョン 1.1.1 にて 192kHz 24ビットの録音をサポートいたしました。 大変長らくお待たせいたしました。 詳細につきましては、リリースノートをご確認ください。 https://github.com/sonydevworld/spresense/releases どうぞ、よろしくお願いいたします。


4

関係ないかもしれませんが、メインボードと拡張ボードの間の物理的な接続は問題ないでしょうか。 わたしのばあい接続具合が悪く、SDカードが認識されないエラーにハマりました。 しっかりとはめ込むことで認識されるようになりました。


4

質問の扱いについて議論中の状況ですが、質問内容は、"ArduinoIDE から SDK の API にアクセスできるでしょうか?"ということであっていますか?だとすると答えは"出来ます"です。 私の Windows10 の環境の場合、"My Documents\Arduino Data" の中の "SPRESENSE" フォルダにソースコードがあるのですが、その内容を見れば、SPRESENSE の Arduino 用のライブラリが SDK の API をベースに作られていることが分かります。(API の解説が十分ではないので、私はよくそこを眺めています) 試しに以下のようなコードを SDK のサンプルを参考に Arduino IDE 上で作ってコンパイルしたのですが、なんとなく動きました(...


3

お世話になっております。自己解決しました、ありがとうございます。 下記のifに捕まっていました。cxd56_get_pwm_baseclock(デフォルトではSCUと同じRCOSC)を基準として、16bit幅のカウンタを利用するため、最低125Hzということですね。理解しました。 ~/spresense/sdk/bsp/src/cxd56_pwm.c static int convert_freq2period(...) { ... pwmfreq = cxd56_get_pwm_baseclock(); ... if ((freq > ((pwmfreq + 1) >> 1)) || (freq < (pwmfreq >> 16))) { ...


3

回答が待ちきれず、実際にボードを購入して、試してみました。 結果、5Hz出力はできました。 コメントの「1000msec aligned only」は何なのか、不明ですが。。。 精度に問題が出るとか、消費電力が上がるとかなのかも。 そう思うことにします。


3

同じこと画策・検討しているひとはいるもんですね。 可能な限りの低消費電力化は私も実験済みなので共有しておきます。 これ製品保証の対象外になるのは当然ですが... ボードが壊れたり、その他の損失や損害があっても私は一切の責任を負いかねます、 と免責事項は書いておきます。あくまで参考程度に。 やり方は、回路図と部品配置図を眺めながら、 バッテリー直で電流を喰っている部品を地道に外していきました。 https://developer.sony.com/ja/develop/spresense/developer-tools/hardware-documentation 結果的にDeep Sleepで数uAレベルまで落とすことができてます。 電源供給回りで、 ① POWER LED の R21 を外す → ...


3

NuttShellのコンフィギュレーションにある READLINE_MAX_EXTCMDS がDefaultで64なので、 引数含めて64文字までのようです。 config READLINE_MAX_EXTCMDS int "Maximum external command matches" default 64 depends on READLINE_HAVE_EXTMATCH ---help--- This the maximum number of matching names of external commands that will be displayed.


3

実は私も同じことを思っていました。 ご存じのとおり、このサンプルスケッチ「gnss_tracker」はgnss_nmea.cppの中で GPGGAセンテンスの出力しか実装されていません。 その他のセンテンスを出力させるには、SDKで用意されているNMEA output libraryを 利用するのが手っ取り早いですが、これをArduinoで利用する方法が何故か公式情報では 提供されていません。 そんな中、ArduinoでNMEA output libraryを利用できるようにしたプログラム(スケッチ)を 公開されている方がいらっしゃるのでご紹介しておきます。 https://github.com/chibiegg/spresense-gnss-logger


2

API のリファレンスを眺めてみますと、a value to send as a single byte などと書かれていますので、Wire.write(byte(0x00)); とするのではないでしょうか。 -- metropolis さんのコメントより


2

ソニーのSPRESENSEサポート担当です。 お問い合わせの件について、回答いたします。 一部のSPRITZER試作ボードは製品版のソフトウェアと互換性がないため、 "Key not specified" が表示されます。 大変恐れ入りますが、製品版のSPRESENSEボードでお試しいただけるでしょうか。 どうぞ、よろしくお願いいたします。


2

ソニーのSPRESENSEサポート担当です。 お問い合わせの件について、回答いたします。 SPRESENSEで利用可能なカメラボードは、2018年の秋に発売予定のSPRESENSEカメラボードのみとなります。 技術ドキュメントならびにサンプルプログラムも、発売と同じ時期に公開する予定です。 恐れ入りますが、今しばらくお待ちください。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 ■ 2018年11月29日追記 大変ながらくお待たせいたしました。SPRESENSEカメラの出荷を開始いたしました。 また、サンプルプログラムにつきましてもバージョン 1.1.0 以降で追加されています。 ご検討の一助となれば、幸いです。


2

ソニーのSPRESENSEサポート担当です。 お問い合わせの件について、回答いたします。 現在のバージョンの Spresense SDK は、ハイレベルAPIのBaseBand状態に対応しておりません。対応には、しばらく時間がかかる見込です。ご不便をおかけし申し訳ありません。 代替手段として、秋以降のアップデートで、Recorder、Player、Mixer を接続し、Mixer内に独自の信号処理を実装できるサンプルを掲載する予定です。 恐れ入りますが、もうしばらくお待ちください。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 ■ 2018年11月29日追記 バージョン 1.1.1 にて 、Arduino のサンプルを追加いたしました。 スケッチ例の中にある「voice_effector」を参照ください。 ...


2

SPRESENSE の Arduino Lib のバージョンはいくつですか?私は、1.0.1 ですが問題なくアクセスできました。サンプルスケッチの UsbMscAndFileOperation を使っています。Host PC のOS は Windows10 です。


2

ソニーのSPRESENSEサポート担当です。 お問い合わせの件について、回答いたします。 SDカードが認識しないのは、SPRESENSEのメインボードと拡張ボードを接続するコネクタの接触の問題と思われます。 メインボードを上からしっかりと押し込むことで、コネクタの接触が改善し、SDカードへのアクセスが可能になると思います。お試しください。 どうぞ、よろしくお願いいたします。


2

一般的に EEPROM と呼ばれているメモリには次のような特徴があります。 - 1バイト単位で読み書き可能 - 複数バイトを書きたい場合、「ページ」範囲内で可能 - 書き込む際に事前の消去は必要ない(メモリチップ内で消去→書き込みしてるかもしれないが、プログラマはそれを意識する必要はない) - 書き込み命令を送ったら、内部の処理が完了するまで次の読み書きができない 一方で、一般的に NOR-Flash メモリには次のような特徴があります。 - 1バイト単位で読み込み可能 - 数バイト~数百バイト単位の固定サイズで書き込み可能 (例: 256byte 単位で書き込み可能) - 数キロバイト単位の固定サイズで消去可能 (例: 4096byte/32768byte 単位で消去可能) - ...


2

ソニーのSPRESENSEサポート担当です。 お問い合わせの件について、回答いたします。 FIFOがオーバーフローしたとき、録音処理が停止するため、FIFOからデータの読み出しができなくなります。 以下の手順を行うことで、録音を再開することができます。 "theRecorder->stop();" で、録音処理を終了 "theRecorder->start();" で、録音処理を開始 アンダーフローの場合も同様の処理で復帰させることができます。 どうぞ、よろしくお願いいたします。


2

最近、Spresense向けのSigfoxボードが発売になったようですね。 遅レスですが、こちらはSpresenseでの動作確認がされているようです。 https://www.smk.co.jp/products/EM-WF931-02F/


2

ソニーのSPRESENSEサポート担当です。 お問い合わせの件について、回答させていただきます。 ダウンロードしたファイルが解凍されていることが、今回の原因となります。 Mac OSにインストールされている”Safari”ブラウザにおけるzipファイルの自動解凍機能を、無効にすることで、手順通りにインストールができます。 ”Safari”で、Zipファイルの自動解凍機能を無効にする方法 Safariブラウザの“環境設定”を開いてください “一般”タブを選択してください “ダウンロード後、安全なファイルを開く”というチェックボックスのチェックを外してください この度はドキュメントの不備により、ご不便をおかけしてしまい申し訳ございません。 今後ともSpresenseをどうぞよろしくお願いします。


2

Bootloader は、もし不安であれば、"Burn Bootloader" をもう一度実行してみてはいかがでしょうか? 私は、48kHz/16bit は普通に録音できています。 theAudio->setRenderingClockMode(AS_CLKMODE_HIRES); この行を削除するか、 theAudio->setRenderingClockMode(AS_CLKMODE_NORMAL); に変えたらうまくいくと思います。 Audio 関係のサンプルコードはリリースの度にかなり変わっているので、一度見直したほうがよいと思います。


2

エラーはCamera.h のインクルードがコメントアウトされているためですね。 //#include [SDHCI.h] //#include [stdio.h] //#include [Camera.h] /*Cameraライブラリを利用する場合必要*/ を以下のようにコメントアウトを外せばコンパイルが通るようになります。 #include <SDHCI.h> #include <stdio.h> #include <Camera.h> /*Cameraライブラリを利用する場合必要*/


2

Spresense の Arduino ライブラリのヘッダファイルを見てみたら、以下のように定義されていました。 void attachTimerInterrupt(unsigned int (*isr)(void), unsigned int us); // Parameter: // isr: the function to call when the timer interrupt occurs. // This function must return the next timer period [microseconds]. // If this function returns 0, the timer stops and it behaves as oneshot ...


2

もう、ご存知かもしれませんが、公式サイトに、 https://developer.sony.com/ja/develop/spresense/developer-tools/get-started-using-nuttx/nuttx-developer-guide#_ハードウェア 10.1.1. ハードウェア •CMSIS-DAP 準拠デバッグアダプタ (ICE) ◦Keil ULINK2 (http://www.keil.com/arm/ulink2/) ◦NXP LPC-Link2 (https://www.nxp.com/jp/support/developer-resources/software-development-tools/lpc-developer-resources-/lpc-...


2

SPRESENSE SDKのNMEA出力ライブラリは下記のセンテンスのみ対応しているようです。 $xxGGA $xxGLL $xxGSA $xxGSV $xxGNS $xxRMC $xxVTG $xxZDA 参考リンク https://developer.sony.com/develop/spresense/developer-tools/api-reference/api-references-spresense-sdk/group__gnss__nmea.html https://developer.sony.com/ja/develop/spresense/developer-tools/get-started-using-nuttx/nuttx-developer-guide#_nmea_output ...


2

Bluetooth LE Add-on-ボードの送受信に関するArduinoサンプルソースおよびライブラリが 下記のRohm社GitHubサイトに上がっております。 https://github.com/RohmSemiconductor/Arduino/tree/master/MK71251-02 こちらを参考に、お使いの市販センサのデータ読み出しを行う処理を追加していただき、 そちらのデータをBLEでホスト(RaspberryPiなど)に送信するプログラムを作成されることが 可能かと思います。


2

同じWorkerを複数CPUで動かしてみた経験は無いのですが、メッセージキューのメッセージIDは、コードを見る限り、メッセージキューごとに任意に定義できるようです。API仕様書にもUser defined message IDと書かれていますし。 各Workerに対して、それぞれ mptask と mpmq オブジェクトを作成していると思うので、メッセージIDは同じ値を使って問題無いと思います。 というのも、複数のWorker(別プログラムですが)を動かすときにメッセージIDは特に意識せず同じ値を使って問題無く通信できています。相手が共通のWorkerプログラムだったとしても、各CPUごとに独立して動作しているはずなので特に変わりはないと思います。


2

なぜか nuttx/sched/Make.dep のmake依存関係ファイルが壊れてしまったとかでしょうか。 $ make distcleankernel してから再度カーネルのコンフィグレーションからやり直してみるのが良いと思います。 distcleankernelするとコンフィグレーションファイル(nuttx/.config)も削除されてしまうので、 それを避けたい場合は、 $ cd sdk $ ./tools/mkdefconfig.py -k tmp と、configs/kernel/tmp-defconfig に一旦コンフィグレーションファイルを保存しておいてから、 $ make distcleankernel $ ./tools/config.py -k tmp $ make ...


2

I2CインターフェースなのでAdd-onボードをスタック構成で接続すれば併用可能です。 ロームのセンサ https://www.rohm.co.jp/support/spresense-add-on-board ボッシュのセンサ https://www.switch-science.com/catalog/5258/ 元々付いているコネクタを外して上下に重ねるようにロングピン等で接続し直すか、もしくは、ロームのセンサに拡張のピンソケットがあるので(https://github.com/RohmSemiconductor/Arduino)、そこからVDD_3.3V, GND, SCL, SDAの4ピンをボッシュのセンサに接続することで両方のAdd-onボードが使えるようになります。 ...


2

エレクトレットコンデンサマイク (ECM) の原理っつかメーカーカタログ仕様上、加えるべき電源電圧ってのは決まっています。この「マイクの電源」は spresense のマイコン出力から取る回路となっていて、そのため spresense を使う限りにおいては約 1.8V から変更できないということになります。 ある仕様一覧によると https://www.marutsu.co.jp/contents/shop/marutsu/datasheet/KUC3523.pdf マイクの仕様として (spresense の仕様でなく) RL と 電源電圧が1対1で決まっている様子。 - RL=2.2KΩ なマイクは電源 2.0V - RL=1.0KΩ なマイクは電源 4.5V よって教科書的答えとしては「 2.0V ...


2

ここから引用 https://qiita.com/nara256/items/faa639e9ac8083977a66 チュートリアルに書かれているURLが間違っているみたいです。正しくは↓ $ curl -L https://raw.githubusercontent.com/sonydevworld/spresense/master/install-tools.sh > install-tools.sh $ bash install-tools.sh


2

nuttx.old というファイルが既に存在しているからエラーになっているのかもしれません。 rm コマンドで削除できるみたいなので、 updater# rm nuttx.old updater# mv nuttx nuttx.old とすれば上手くいくのかも。試してみてください。 HPの手順は面倒なので私はいつも updater# rm nuttx updater# reboot Waiting for debugger connection.. としてnuttx を消去してデバッグモードにしています。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります