次のタグが付いている話題の回答:

7
Accepted

Size Classの使い方

まずAutoLayoutだけでマルチデバイス対応をすることも可能です。これはあくまで一例ですが、AutoLayoutだけでは対応しにくいレイアウト、例えばiPhoneでは縦に並べていたものをiPadでは横に並べる、あるいはiPadではiPhoneに存在しない項目がある、みたいなときにはSizeClassを利用するとよいです。 考え方でいうと、...
user avatar
2
Accepted

iOSレイアウト作成のベストプラクティス

基本的にデザインにもよるとは思いますがUIパーツのサイズ(UISwitch,UISliderなど)はデバイス間では変えません。画像も@2x、@3xなどで解像度は変わるものの見た目上の大きさは変わりません。 ですのでデバイス間でMargin(余白)を上手く調整するのが同じレイアウトを組むと言えるのかもしれません。絶対値で考えず三分割してViewを置くとか相対的に考えるのがいいです。 ...
user avatar
  • 46

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible