次のタグが付いている話題の回答:

7

まずAutoLayoutだけでマルチデバイス対応をすることも可能です。これはあくまで一例ですが、AutoLayoutだけでは対応しにくいレイアウト、例えばiPhoneでは縦に並べていたものをiPadでは横に並べる、あるいはiPadではiPhoneに存在しない項目がある、みたいなときにはSizeClassを利用するとよいです。 考え方でいうと、SizeClassはStoryBoardを差分で構築できる仕組みです。 ベースとなるStoryBoardがあり、特定のデバイスにおいて、レイアウトが大きく違ったり、項目の増減があるような場合は、1つのStoryBoardだけでそれを実現するのは難しいので、「基本的にはベースのレイアウトだけど、このサイズのときはこの部分が少し変わる」という感覚で使います。 ...


2

基本的にデザインにもよるとは思いますがUIパーツのサイズ(UISwitch,UISliderなど)はデバイス間では変えません。画像も@2x、@3xなどで解像度は変わるものの見た目上の大きさは変わりません。 ですのでデバイス間でMargin(余白)を上手く調整するのが同じレイアウトを組むと言えるのかもしれません。絶対値で考えず三分割してViewを置くとか相対的に考えるのがいいです。 同じレイアウトという表現が難しいですが、SizeClass + AutoLayoutを使って一つの画面(storyboard内のViewControllerなど)で全端末に対応させれば同じレイアウトといえますね。 どうしてもStoryboardで対応できない部分や動的に変わる部分は、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります