次のタグが付いている話題の回答:

6

Silex で exit をしない理由についてはすでに回答がありますので、PHP一般の exit の意味について補足します。 PHP では通常 exit を行う必要はありません。(実行したスクリプトの最終行まで行けば終了するため) exit を使う場合は主に以下の様な場合が考えられます。 スクリプトの途中で終了する場合など、処理の途中で(残りの処理を行わずに)終了させたいとき。 メソッド内などソース最終行以外で終了する場合など、プログラムがそこで終了することを明示したいとき。 エラーなどが発生した場合などで、プログラムの終了ステータスを変更したいとき。(ステータスコードをexitの引数として渡すことで、終了ステータスを変更できます。) 例えば、Web プログラミングではリダイレクトの処理を行う場合、...


6

exitは必要ありません。 アプリケーションのインスタンスを作成し、runを実行するだけでOKです。 では、なぜexitが必要ないかもう少し説明します。 exit をコールすることでその時点で強制的にスクリプトを終了しますが、eixtをコールしなくてもスクリプトは正常終了します。 また、webアプリケーションの最後はresponseをブラウザに返すことですが、 レスポンスステータスコード レスポンスヘッダ をどうするかをフレームワークである Silex がよしなにやってくれます。 もし、run()の後にexitを書いてるコードがあるとすれば、それは 不要なexit バッチ処理用のスクリプトで終了ステータスを明示したかった のどちらかじゃないかなと思います。 また runの後ではなく、...


1

フィールド(プロパティ)ごとにエラーメッセージを設定したい場合は、下記のように制約のコンストラクタに渡すオプション配列で独自のエラーメッセージを指定できます。 $constraint = new Assert\Collection([ 'name' => new Assert\NotBlank(['message' => '名前が空です']), ]); 独自のエラーメッセージの中でユーザーによる入力値を使いたい場合は {{ value }} というプレースホルダで参照できます。 $constraint = new Assert\Collection([ 'age' => new Assert\Range(['min' => 18, 'message' => '...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります