次のタグが付いている話題の回答:

2

ターミナルから手動で実行した時には上手く動いて、monitから実行した時には動かないということは、環境の違いにより、起動コマンドがエラーになるからだと思います。monitのデバッグ方法を2つ紹介します。 monitの環境をシュミレートしてデバッグ monitの起動コマンドでログを出力 1. monitの環境をシュミレートしてデバッグ # monit runs as superuser $ sudo su # the -i option ignores the inherited environment # this PATH is what monit supplies by default $ env -i PATH=/bin:/usr/bin:/sbin:/usr/sbin /bin/sh # ...


2

高速化が必要なためです。 sidekiq をはじめいわゆるジョブキューマネージャーは大量のジョブをさばくことを目的としており、その速度を、1秒間にさばけるジョブの数をとても重視しています。またジョブの管理の都合上、ジョブがどのような状態にあるかを頻繁に永続化する(=redisに書き込む)ものです。 そのような頻度の高い読込&更新オペレーションには、MySQL などの RDBMS は適していません。純粋にパフォーマンスが望めないのです。よって高速化のために redis などの KVS を用いているのです。


2

2015-07-22 22:40 追記 - まとめ heroku 上ではファイルを作成することができません。 一方 sidekiq はデーモンモードで起動・実行する場合、 ログをファイルに出力する必要があります。 そのため heroku 上では sidekiq をデーモンモードで動かすことはできません。 以下、オリジナルの経緯 Procfile から redis: bundle exec redis-server /usr/local/etc/redis.conf の行を削除 or 無効化してから heroku に push してみてください。 ログからは redis-server の起動にポートかぶりで失敗したせいで、他の worker が止められてしまっているように見えます。...


1

下記のコマンドでsidekiqを起動することで解決しました。 bundle exec sidekiq -C config/sidekiq.yml --environment=production 以前は、 bundle exec sidekiq -C config/sidekiq.yml RAILS_ENV=production のように起動していたのですが、production環境であることを伝える形式が間違っていたようです。


1

色々と試した結果、なんとなく分かってきたような気がします。 DBコネクションについて WebDynoにおいて ワーカー×スレッド数が最大DB接続数である(web_max_connectionとする) (Pumaはスレッド数の合計分だけDB接続される) WorkerDynoにおいて Sidekiq自体のプロセス(1つ分)+sidekiq.ymlのconcurrency数が最大DB接続数である(worker_max_connection) database.ymlのpool数はweb_max_connectionかworker_max_connectionの大きい方を設定する。concurrencyを9とするとpoolの設定値は10となる。 connection poolはプロセスごとの設定?...


1

私が以前にmonitを設定した時は、Rails3+rvm環境だったのですが、その時は switch user してから、起動スクリプトを実行しました。 check process delayed_job with pidfile /u/apps/thub/shared/pids/delayed_job.pid start program = "/bin/su - YOUR_APP_USER -c 'cd /path/to/app/current; RAILS_ENV=production script/delayed_job start'" stop program = "/bin/su - YOUR_APP_USER -c 'cd /path/to/app/current; RAILS_ENV=...


1

Elasticacheのパラメーターであるtimeoutの値がデフォルトだと0だったため、0より上の値に設定してあげたところ(とりあえず3600に設定)、接続(maxclients)の値も解放され、解決することができました。 timeoutの値が0だとアイドル状態のクライアントとの切断処理を行わないため、蓄積されていました。AutoScalingしたインスタンスからElasticache(Redis)に接続するときは注意が必要です。 デフォルトのパラメーターグループの値は編集できないので、新しくパラメーターグループを作成し、適用しました。


1

maxclientsの値は蓄積されるようなのですが そんなはずはないだろうと調べてみると、AutoScalingでインスタンスが減るときに切断処理が行えないため、タイムアウトするまでつなぎっぱなしになってしまうようです。 redisをAutoScaling環境で使う場合はtimeoutの設定に注意 - まめ畑 terminateする時に何かしらフックを仕掛けられないだろうかと思うのですが、ちょっとわからないです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります