次のタグが付いている話題の回答:

3

${EUID:-${UID}} = 0 は変数EUIDが未定義または値が空のとき、変数UIDの値と0を比較しています。 bashの例ですがmanマニュアルに詳しい説明があります。 https://linuxjm.osdn.jp/html/GNU_bash/man1/bash.1.html ${parameter:-word} デフォルトの値を使います。 parameter が設定されていないか空文字列であれば、 word を展開したものに置換されます。そうでなければ、 parameter の値に置換されます。


2

スクリプト中のダブルクォート"の使い方がいろいろとおかしいと思います。 まずsudo sh -c "で始まるダブルクォート"とスクリプト中に含まれているダブルクォート"が重複していて構文的におかしくなっています。 またsudo sh -cで使用するクォートはその内部の展開が外側のシェルスクリプトの側で行われてしまうのを極力避けるためにシングルクォート'で囲むべきです。 "whoami"はその文字列そのものではなく、whoamiコマンドの出力結果文字列を取得することを意図していると思われるので、ダブルクォート"ではなくバッククォート「`」で囲む必要があります。 とりあえず以上のことを加味した修正例が以下のようになります。 #!/bin/...


2

質問に書かれた sed のパターンには正規表現が含まれておらず "単純な文字列" なので、完全に一致した場合にしかマッチしたと判定されず、コメントで指摘のある通り空白文字の数が少し違うだけ等の場合にうまく動かないでしょう。 今回の場合であればもっとパターン部分を単純にして「行の末尾にある "adm" を "clamav" に置換」で良さそうです。(パターン部の $ が末尾を表します) $ sed -e 's/adm$/clamav/' /etc/logrotate.d/clamav-update 補足として、上記の通りパターンを変えたとしても sed の実行結果は標準出力に表示されるだけなので、元のファイルは書き換わりません。 ...


1

awk の -v オプションを使ってください。 awk -v N="$N" 'NR>N' 理由 他に考えられる方法として、シェルの変数展開を使う方法もあります。 awk "NR>$N" しかしこの方法には 2 つ欠点があります。 一般には可読性が落ちます。awk スクリプトを書く際は内部での無駄なエスケープを避けるため、全体をシングルクォートで囲いたくなることがあります。その上でこの方法を使おうとするとシングルクォートとダブルクォートが入り乱れ可読性が落ちてしまいます。 変数の中身が awk スクリプトとして解釈されてしまう可能性が排除されます。シェルによる展開を使うと変数の中身を使った文字列がそのまま awk の引数として渡されるため、...


1

シェルbash で小数の計算するコマンドによると算術式展開やexpr、letなどの代わりにbcコマンドを使うと良いようです。 以下のような感じになります。 $ printf "%f" $(echo "scale=1; 10 / 100" | bc) 0.100000


1

別解として、bash に拘らなければ例えば Perl のワンライナーで以下のように記述することが出来ます。 $ perl -e 'printf "%f\n", (10/100)' 0.100000


1

-Eオプションをsetし、ERRをトラップして明示的にexitするのはいかがでしょうか? #!/bin/bash #set -euC set -E trap 'exit $?' ERR # スクリプトがおかれているディレクトリを取得 # 実行例 # ./test.sh # 実行結果 # test.sh: 行 19: cdd: コマンドが見つかりません # RESULT # /workspace # 正しい例 SCRIPT_FILE_DIR=$(cd "$(dirname "$0")"; pwd) # 誤った例 # cd を cdd とタイポしている SCRIPT_FILE_DIR=$(cdd "$(dirname "$0")";...


1

生成する際はプログラムが生成するはずなので抜けはないはず。 ダウンロードの際には tar や zip でまとめて一括ダウンロードすれば抜けはないはず。 ってことで「ダウンロードの際」にはチェックしないです。 ダウンロード後の分析の際にはアーカイブ中のファイル数を数えるだけですね。目視で数える必要もなし wc なり dired の行数なりで判断すれば問題ないはず。


1

スクリプトの中で何箇所か sed コマンドを実行していますが、sed は フィルタ結果を標準出力に表示するため、あなたの書いたスクリプトでは /etc/logrotate.d/clamav-freshclam, /etc/clamav/clamd.conf のフィルタ (置換) 結果が画面に出力されているのだと思います。 結果が画面 (標準出力) に表示されているだけで、元のファイルは書き換わりません。 元のファイルを直接書き換えたい場合には、sed の -i オプションを使います。 $ sed -i -e "s/User clamav/#User clamav/g" /etc/clamav/clamd.conf バックアップを残したい場合には、-i オプションに (空白を開けずに) ...


1

to_char は恐らく Oracle の関数だと思われますが、これをそのままシェルスクリプトの中から直接呼び出すことはできません。 あくまで SQL のプログラム自体を呼び出して、その終了ステータスや出力結果を受け取る形になると思います。 例えば Oracle なら SQL*Plus というコマンドをうまく使えば、必要な結果をシェルの変数に格納することができます。 参考: [Oracle] SQL*Plusで返ってきた結果をShellの変数に格納 #!/bin/sh variable=`sqlplus -s / as sysdba << EOF set head off; select sys_context('USERENV','MODULE') from dual; exit; EOF ` ...


1

とりあえず、「if」〜「fi」までを実験してみたところ、こんな問題がありました。 if文以下の「"」は「\」でエスケープしないと、そこで閉じ扱いになってしまう 「whoami」は「`」で囲わないと、ただの「whoami」という文字列になってしまう 「`」も「\」でエスケープしないと、スクリプト実行時点(sudo実行前)に展開されてしまう  これらを直してみたのが以下になりますので、試してみてください。 #!/bin/bash sudo sh -c " if [ \`whoami\` = \"root\" ]; then echo OK else echo NG fi "


1

できると思います。 auth.logからAcceptedを含む行を抽出し、許容するアドレスを列挙したsafe.listを使って、許容するアドレスを含まないものに絞り込みます。 結果を変数safe.listに格納しておき、あとは変数${safe.list}の内容をメール送信します。 実用にはもう少し厳密に行抽出をした方がよいと思いますが、考え方は使えると思います。 unsafe=$(cat auth.log | grep -E 'Accepted' | grep -v -f safe.list)


1

sh B.sh & と sh C.sh & をしているのでこれらはバックグラウンドで同時に動きます。もし C.sh の実行がブロックされているのであれば、C.sh の内容に問題がありそうです。 B.sh と C.sh では同じプログラムを実行しているとのことですが、その実行しているプログラムが同時起動を許していなかったり、他にも何かしら他方をロックする形になっていたりしませんか?


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります