次のタグが付いている話題の回答:

10

[こ]のように書くことで、grep プロセス自身が検索にひっかからなくなります。 grep は正規表現をサポートしているので、角括弧を使ってたとえば [abc]macs と書くと amacs, bmacs, cmacs にマッチします。今回のように1文字だけ指定して [e]macs と書くと、マッチとしては emacs と書くのと同じ動作をします。 ところでこの正規表現は grep が解釈するものでシェルが解釈するものではないので、ps -ax の出力にも [e]macs と表示されます。したがってこれ自体は [e]macs というパターンにマッチしません。 このため、[e]macs をパターンとして使うと検索を実行している grep プロセス自体が表示されなくなり、紛らわしさが減ります。 $ ps -...


10

${@+"$@"} はスクリプトに引数が渡されていない場合は $@ として、引数が渡されている場合は "$@" として動作する書き方です いいえ。「${foo+"$bar"} は $foo が未定義なら何もせず、定義されていれば "$bar" を展開」ということです。これが $@ の場合は解釈がシェルの実装によって揺れがあります。 POSIX sh (推測), AT&T ksh, mksh, pdksh, bash ${@+"$bar"} は $@ が空配列なら何もせず、空配列でなければ "$bar" を展開 dash, zsh ${@+"$bar"} は ($@ は常に未定義ではないので?) "$bar" を展開 よって、${@+"$@"} ではなく、シェル実装によって動作の変わらない ${...


8

&& は論理積で「左辺のコマンドが正常終了した場合のみ、右辺のコマンドを実行する」です。 よくある例は、./configure が成功した時のみ make を実行する、など。 $ ./configure && make && make install


8

command1 & command2 のほうは command1 & command2 と同じ挙動になります。 command1がバックグラウンド実行される結果、command1とcommand2が同時に実行されることになります。


8

echo -e echo コマンドは外部コマンドかシェルの内部コマンドか、また内部コマンドでもシェルの種類によって動作が違うので、man echo では動作の詳細がわからない事が有ります。 今回の場合はおそらく bash の内部コマンドの echo の動作だと思うので、man bash で調べる必要が有ります。 bash のマニュアルでの echo の説明には以下のように書かれています。 If the -e option is given, interpretation of the following backslash-escaped characters is enabled. ~略~ \n new line つまり -e を付けると \n ...


6

*や?はワイルドカードと呼ばれる特殊な指定方法で、それぞれ * 任意の0文字以上の文字 ? 任意の1文字 にマッチします。 ls ba*は「baで始まるファイル名(単なるbaも含む)」、ls ba??は「baで始まる4文字のファイル名」にマッチしますが、条件に当てはまるファイルが存在しなければ「そのようなファイルやディレクトリはありません」とエラーになります。 単にlsと実行してどんなファイルがあるのかを確認してからワイルドカードを使用してみましょう。 もしくは空の適当なファイルを作って実行してみるのもよいでしょう。 $ touch bash bash.txt # touch コマンドで空のファイルを作成 $ ls ba* bash bash.txt $ ls ba?? bash $ rm ...


5

無理してエスケープせずにheredocを /bin/bash に食わせてはどうですか。 /bin/bash -l -- <<'EOF' for e in $(conda env list | grep mlflow | awk '{ print $1 }') do echo "conda env remove -n $e" conda env remove -n $e done EOF <<'EOF' のようにシングルクォートでくくれば変数は展開されません。 -l でログインシェルになるので ~/.bash_profile を読むようになります。


5

この場合クォートは余計な気がします。クォート無しだとどうでしょうか。 /usr/bin/pg_ctl start -D /data/pgsql


4

git clone後、 1. cd advanced-interactivity-in-amp 2. npm install で必要なモジュールがnode_modulesにインストールされます。  余談ですが、 1. npm installの-gはglobalオプションで、Node.jsで書かれたコマンド(npmなど)をインストールする場合に使います。global(今回の例ではndenv配下)にインストールされるので、カレントディレクトリに依存せずにコマンドが使えるようになります 2. npm installだけの場合は、カレントディレクトリのpackage.jsonの記述に従って、カレントディレクトリにモジュールがインストールされます。Expressはpackage....


4

bashですよね。シンプルに source に引数を渡したらどうでしょうか。 start.sh #!/bin/bash CURRENT_DIR=$(cd "$(dirname "$0")" && pwd -P) source "${CURRENT_DIR:?}/config.sh" "$1" echo command -p1 "$PARAM1" -p2 "$PARAM2" config.sh #!/bin/bash case $1 in option1) PARAM1=abc PARAM2=123 ;; option2) PARAM1=def PARAM2=456 ;; esac 実行するとこんな感じ: $ bash start....


4

コマンドの前に書かれた >&2 も標準エラー出力にリダイレクトするという意味です。シェルスクリプトのログをエラー出力に流すために使われています。 Bash のマニュアル 3.6 Redirections に次のとおり書かれています。 The following redirection operators may precede or appear anywhere within a simple command or may follow a command. (和訳) リダイレクト用の以下の演算子は、単純なコマンドの前に置いたり途中に置いたり、後に置いたりします。 今回のような使い方をすると、echo の出力のみをエラー出力に流すことになります。つまり、...


4

(コメントより) alias は interactive mode でしか利用できませんので、例えば sudo を関数化してしまう方法が考えられます。function sudo { "$@"; }


3

'' で囲めばいいのですが、注意すべき点があります。 '' の中では \ も単なる文字でしかなくなるので、エスケープする手段がなくなる 従って、囲った中に ' を含めることができない では ' をどうしたらいいかと言うと、 一旦 ' で閉じる ' を単なる文字として書く 再び ' を開く とします。 ' を単なる文字として書くには、主に2つの方法があって、\' のようにエスケープするか、"'" のように "" で囲みます。エスケープする方法は metropolis さんのコメントにあるので、私は "" で囲む方法で書いてみました。 /bin/bash -c 'source /home/ec2-user/.bash_profile for e in $(conda env list | grep ...


3

私ならawkを使います。if(NR % 2)の数字を変えれば任意の列数で改行されます。 $ awk '{ if(NR % 2) { printf "%s ", $1 } else { printf "%s\n", $1 } }' test.csv


3

「基本コマンド」ってどのへんまでを想定しているのかわからなかったのですが、 awkとxargsを使えば次のようになります。 (とりあえず「echo」を付けましたがcommandを直接実行するなら「echo」は外してください) $ awk -F: '{print $6}' /etc/passwd | xargs echo command


3

シェルスクリプトで実現するならば、 環境変数「IFS」を「:」にすることで、「:」を区切り文字としてreadで各フィールドを読み込めると思います。 # 例 IFS=":" cat /etc/passwd | while read user x uid gid username homedir loginshell ; do # 第6フィールドの値をcommandに渡す command "${homedir}" done


2

ループの中(do)ではなく評価の方(while)にやりたいことを持っていけばシンプルに書けると思います。 #!/bin/sh set -- /home/test/* while [ -e "$1" ] && basename "$1" shift [ $# -gt 0 ] do sleep 5; done


2

古い話題だが、雑なスクリプトすぎてモヤモヤするので、ちゃんと書いておく。 #!/bin/bash set -u dst=$(cd $(dirname "$0") && pwd) || exit $? items=(".bashrc" ".bash_profile" ".bash_history" "index.html") for item in "${items[@]}"; do src="$HOME/$item" if [ -e "$src" ]; then echo "$item found" cp -- "$src" "$dst/" else echo "$item Not found" fi done


2

試してみればすぐにわかることだとは思いますが、 $ sudo nginx -t && systemctl restart nginx.service nginxは管理者権限で実行され、それが成功すると、systemctlが現在のユーザの権限で実行されます。これが期待通りかどうかはわかりません。sudoの引数は&&の直前までです。 sudo sh -c 'nginx -t && systemctl restart nginx.service' shが管理者権限で実行されるので、その中で実行されるnginxもsystemctlも管理者権限で実行されます。行末まですべてがsudoの引数です。


2

別の方法1 昔からある商用 UNIX には入っていませんが linux ならたいてい pgrep というツールが入っています。 $ pgrep emacs https://linuxjm.osdn.jp/html/procps/man1/pgrep.1.html pgrep の検索は、動作中の自分自身にはマッチしない仕様なので楽です。 別の方法2 grep が grep にヒットするから気に入らないのであればもう一段階 grep を使って除外することができます。やや冗長ですね。 $ ps -aux | grep emacs | grep -v grep https://linuxjm.osdn.jp/html/GNU_grep/man1/grep.1.html grep のオプション -v ...


2

sed での別解を書いておきます。 sed 'N; s/\n/ /' test.csv


2

コメントにも書きましたが、ifeq ディレクティブが Makefile の読み込み時に評価されてしまう事が原因です。 解決策の一つとして、target-specific variable を使う方法が考えられます。 test6: \ _ := $(shell aws apigateway get-rest-apis | jq -r '.items[] | select(.name=="test") | .id') test6: A := $(if $(_),$(_),2) test6: echo $(A) ただし、この場合は変数を global scope で定義しているので、他の recipe を実行する場合でも aws apigateway ... ...


2

シェルスクリプト内でperlを使うことに抵抗がないなら、packを使うと第1引数のテンプレート文字列で変換方法を指定しつつ柔軟にバイナリ化させることが出来ます。 $ perl -e 'print pack( "NVnvCa15", 0x12345678, 0x12345678, 0xabcd, 0xabcd, 9, "test string" )' | hexdump -C 00000000 12 34 56 78 78 56 34 12 ab cd cd ab 09 74 65 73 |.4VxxV4......tes| 00000010 74 20 73 74 72 69 6e 67 00 00 00 00 |t string....| 0000001c


2

コメント欄で解決しているようですので、回答として転載しておきますね。 2桁の16進数の並びであれば echo 011affb0ab | grep -Eo '..' | xargs -n1 -I@ printf '\x@' でしょうか。 – metropolis 追加: sed 版 $ printf $(echo 011affb0ab | sed -E 's/(..)/\\x\1/g') | od -tx1a 0000000 01 1a ff b0 ab soh sub del 0 +


2

config.ini のフォーマットが質問欄にある通りだとして、sed を使って以下の様に書く事もできるでしょう。テストの意味で最後のコマンドの実行部分は echo の引数にしてあります。 start.sh #!/bin/bash eval $( sed -En ' /^\['"$1"']/,/^$/{ s/^[ \t]*([^:]+)[ \t]*:[ \t]*(.+)[ \t]*$/\1="\2"/p } ' < config.ini ) echo command ${PARAM1:+-p1} "${PARAM1}" ${PARAM2:+-p2} "${PARAM2}" config.ini [option1] PARAM1: abc PARAM2: ...


2

awk をやめれば内側で ' が必要なくなって全体を ' でかこめるんじゃないですか? 例えばこんな感じとか command=/bin/bash -l -c ' conda env list | grep mlflow | while read e p do echo "conda env remove -n ${e}" done'


1

よくあるのは、bash 形式の特定のファイルを読み込む方法だと思います。 ex) .bashrc if [ -f /etc/bashrc ]; then . /etc/bashrc fi なので、引数を元にするなら以下のような感じでしょうか start.sh #!/bin/bash if [ -f "${1}.conf" ]; then . "${1}.conf" fi command -p1 $PARAM1 -p2 $PARAM2 ${1}.conf は、通常の bash 形式なので option1.conf PARAM1=abc PARAM2=123 option2.conf PARAM1=def PARAM2=456 と、言う形になります。 # ...


1

source(または.)コマンドを利用すれば シンプルにシェルスクリプト内でシェルスクリプトを即時実行できます。 呼び出したシェルスクリプトの変数はそのまま使えます。 config.sh #!/bin/bash $PARAM1=abc $PARAM2=123 cmd.sh #!/bin/bash source ./config.sh echo $PARAM1 echo $PARAM2 実行結果はこんな形です。 $ ./cmd.sh abc 123 あとは引数で切り分けで呼び出すオプション用のシェルを切り替えてはいかがでしょうか? 追記 sourceか.かはbashかそうじゃないかが大事になってきます。 適切な方を利用してみてください (参考) https://takuya-1st....


1

参考までに、fping コマンドが使える環境なら以下の様なワンライナーで実行できます。 $ arp-scan -l | grep '^192' | awk '{ print $1 }' | fping -c 1


1

試行錯誤の結果、根本的な原因は不明ですが対応することができました。 以下に、行った処理を記しておきます。 仕組みとして、インストール(アップデート)時に毎度(必要があれば)更新ファイルをダウンロードし、それらを一時的に保管します。 その後、それらをbase dirにcp→unxz(解凍)という順番だったのですが、それをunxz→cpという順番にする(sh fileを書き換える)ことで解決しました。 おそらく、 cp後のdirのパスがなにか悪影響を与えていたのだと考えられます。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります