次のタグが付いている話題の回答:

8

echo -e echo コマンドは外部コマンドかシェルの内部コマンドか、また内部コマンドでもシェルの種類によって動作が違うので、man echo では動作の詳細がわからない事が有ります。 今回の場合はおそらく bash の内部コマンドの echo の動作だと思うので、man bash で調べる必要が有ります。 bash のマニュアルでの echo の説明には以下のように書かれています。 If the -e option is given, interpretation of the following backslash-escaped characters is enabled. ~略~ \n new line つまり -e を付けると \n ...


5

この場合クォートは余計な気がします。クォート無しだとどうでしょうか。 /usr/bin/pg_ctl start -D /data/pgsql


4

(コメントより) alias は interactive mode でしか利用できませんので、例えば sudo を関数化してしまう方法が考えられます。function sudo { "$@"; }


3

シェルスクリプトで実現するならば、 環境変数「IFS」を「:」にすることで、「:」を区切り文字としてreadで各フィールドを読み込めると思います。 # 例 IFS=":" cat /etc/passwd | while read user x uid gid username homedir loginshell ; do # 第6フィールドの値をcommandに渡す command "${homedir}" done


2

「基本コマンド」ってどのへんまでを想定しているのかわからなかったのですが、 awkとxargsを使えば次のようになります。 (とりあえず「echo」を付けましたがcommandを直接実行するなら「echo」は外してください) $ awk -F: '{print $6}' /etc/passwd | xargs echo command


1

6番目のフィールドを${command}に渡すスクリプトです。user20098さんのコードを参考にしました。 【スクリプト】 #!/bin/bash IFS=":" cat /etc/passwd | while read line; do set ${line} ${command} ${6} done 【使用例:echo コマンドを実行する場合】 command=echo スクリプト ファイル、区切り記号、フィールドを外から指定可能にしてみました。 【スクリプトその2】 #!/bin/bash IFS="${delimiter}" cat ${file} | while read line; do set ${line} eval ${command} ...


1

hoge_list を辞書のように使って、なんとかして一致するものを探してそれを削除… ということをしようとすると、かなり厄介なので、もっと単純に、 文字列の先頭が「東京都 中央区」だったらそれを削除 文字列の先頭が「東京都 目黒区」だったらそれを削除 文字列の先頭が「東京都 杉並区」だったらそれを削除 文字列の先頭が「神奈川県 横浜市」だったらそれを削除 という処理にします。 「一致したら削除」には sed を使うと便利です。 s|^東京都 中央区|| s|^東京都 目黒区|| s|^東京都 杉並区|| s|^神奈川県 横浜市|| という内容のファイルを hoge_list.sed という名前で作成しておき、 echo '東京都 杉並区 阿佐ヶ谷 1-2-3' | sed -f hoge_list....


1

Solaris 10のshの場合 tee -a ファイルと>>ファイルは次の点で結果が変わることがあります。 tee -aはファイルをO_APPENDでopenしてwriteする。 >>ファイルはファイルの末尾にlseekしてwriteする。 あるプロセスが>>ファイルを実行しているとき、lseekとwriteの間で、別のプロセスが割り込んで同じファイルに対して>>ファイルを実行すると、2つのプロセスのwrite結果が混ざってしまうことがあります。 shに依存する振る舞いかもしれませんが、Solaris 10のshではそうでした。 ※ shスクリプトでログ出力していたときに、ログファイルが乱れていたので、その原因を調べた結果です。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります