次のタグが付いている話題の回答:

2

NAT と書かれていますが NAPT と読み替えることにして 「上昇する」という文言からは、「前」と「後」があって後のほうが良いというニュアンスが読み取れます。この場合「後」は [NAPT 導入後] なのでしょうが、さて「前」は一体どういう状況なのか? 読者はその授業を直接受けたわけではないので推定するしかないですね。 「前」が [NAPT 導入前] であるなら: 質問の文言からは内部マシンにはローカルアドレスを使うのが前提であり、決してグローバル IP アドレスを使うことは無いと仮定しているようですが NAPT なしで組織内マシンから組織外へ通信するには、組織内マシンにもグローバル IP アドレスを振らざるを得ないわけです。よって 前:内部の PC が使っているグローバル IP アドレスが、外部から推測でき、...


1

僕の認識では、そもそも内部ローカルアドレスでは外部グローバルアドレスと通信できないので、 セキュリティレベルが上昇する以前の問題があるように感じました。 一般的に、内部ローカルアドレスから、外部グローバルアドレスと通信する場合、ゲートウェイを通して通信します。 NATというのは内部ローカルアドレスと外部グローバルアドレスを変換する仕組みです。 従いまして、外部グローバルアドレスと通信できないことはありません。 これは、内部ローカルアドレスから、外部グローバルアドレスへは通信でき、 そのアンサーを受信することはできますが、外部から、内部への直接の通信はできません。 外部からは1つのIPアドレスはわかっていますが、その内部には複数のPCがつながり、 それぞれに、内部ローカルアドレスを持っていますが、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります