次のタグが付いている話題の回答:

7

私の立場は、メールアドレスを扱うシステム作る側でもありますが、組織内でどのようなメールアドレスを作っても良いか技術面から決める側でもあります。そのため、質問の趣旨と微妙にずれているかも知れませんが、どのようなメールアドレス生成を許可するのかが関心の中心となった回答になっている事にご配慮ください。 考えるべきリスクは二つかと思います。 自分のシステム上で不具合が起きる可能性があるかどうか。 他人のシステム上で送信できない・登録できない等の不都合が起きる可能性があるかどうか。 しかし、実際は1.ではなく2.についてのみ考えるべきです。なぜなら、どのようなメールアドレスでも、可能な限り扱えるべきであるし、拒否すべきでは無いためです。しかし、それがもっともな理由であれば、拒否することもやぶさかでは無いと思います。 ...


5

どの場面で許すかによって回答は変わってきます。 sendmailやpostfix は、その設定によって + 記号によるタグ付けを許容するかスイッチすることができます。あなたがタグ付けが可能なメールサーバーを運営しているなら、+ 記号のついたメールアドレスを新規ユーザーアカウントとして認めたいとは思わないでしょう。 john@example.com がすでにユーザーとして存在するのに john+tag@example.com を別のユーザーに割り当てれば混乱が生じるのは明らかです。 バーチャルドメインを使って一つのメールサーバーに複数のドメインを持たせ、それをMySQLで管理したとします。たとえばこのような設定例に従ってpostfixのセットアップを行った場合、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります