次のタグが付いている話題の回答:

8

(Python に限らず) eval では任意のシステムコマンドを実行できてしまうので、Webフォームなどと組み合わせて使ってしまうと、例えば単に「年齢(数字)を入力してください」としていたところに、悪意のあるユーザーは「パスワードファイルの表示」や「ファイルの削除」を試みるコマンド文字列を入力してくるケースが想定されます。 参考: eval #セキュリティ上のリスク (Wikipedia) これを防ぐためには、evalされる文字列はすべてエスケープしたり、潜在的に危険な機能を利用できないようにして実行するなどの対策が必要となる。


6

eval 関数で 任意のコマンドが実行できるからです。 >>> eval("print('hello')", {}) hello >>> eval("__import__('os').system('uname -a')", {}) Linux C077 4.4.0-18362-Microsoft #476-Microsoft Fri Nov 01 16:53:00 PST 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux 0


1

学習用に「対応する」つもりであるなら、下記の手順で対応してみてください。 GitHub からセキュリティー通知が来た場合 public な リポジトリや private なリポジトリでも GitHub への読み取りのアクセス許可を与えている場合に このような形で セキュリティーの問題が開発者に通知されるようです。 https://help.github.com/en/github/managing-security-vulnerabilities/configuring-automated-security-updates 通知が不要な場合はリポジトリの設定を変更する事で通知が来なくすることもできます。 今回は、勉強を兼ねて どのように対処したらいいのか解説します。 対処内容確認 まず、...


1

セキュリティ上の心配が無いようにするのであれば、アラートで説明されているように依存しているパッケージの更新をしたり変更をしたりする必要があります。ただ、既に使わなくなっているソースコードで今後も使う予定が無いのであれば、以下のような対応も考えられます。 警告を却下する。Dismiss ボタンを押し、却下理由を選ぶことができます。今回の場合は "This project is no longer maintained"(このプロジェクトはもうメンテナンスされていません)が適切そうです。 リポジトリをアーカイブし、メンテナンスされていないことを明らかにする。 リポジトリの説明文や README.md に、リポジトリがメンテナンスされていないことを明確に書き、他のユーザーが誤解して使わないようにする。


1

学習用のデータであり、かつ自己判断で「対応しない」つもりであるなら、画面に表示されている "Dismiss (却下)" ボタンをクリックすればよいのではないでしょうか。


1

なんとか幇助にならない程度で マルウエアとは malicious software のことで「悪意のあるソフトウエア」であれば何であれ全てマルウエアと呼んでいるようです。 int main() { } でも悪意を持って作ればそれはマルウエア (c89 では終了値不定だし) 。 マジレスするに必要な知識はコンピュータ関連のなんでもすべてということになるでしょうし、特定の分野のマルウエアを作るならその分野の知識。まあこんな場で訊いている時点で限りなく今は無理っしょ? 数年勉強してもまだ全然知識っつか経験っつか、いろんなものがすべて足らないっす。 # 本格的なマルウエアでなくてよいなら「無限アラート事件」もマルウエア扱いされちゃいましたし調べてみては?


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります