次のタグが付いている話題の回答:

7

scala.util.Randomはjava.util.Randomを使うので複数スレッドから同時にアクセスする用途には向かない。 (1 to 1000000).map(..)で大量にメモリが確保される。 という理由で性能出ていないようです。ThreadLocalRandomとforeachに書き換えるとオーバーヘッドはありますが、質問の例よりは改善されます。 scala> def f5 = (1 to 1000000).foreach(_ => java.util.concurrent.ThreadLocalRandom.current().nextInt(10000)) f5: Unit scala> (1 to 30).foreach { _ => elapsed(f5) }...


4

通常それしかなさそうです。 スタイルガイドでも名前の衝突に関して Scalaコンパイラはnameフィールドとnameメソッドの名前が衝突していると文句を言ってくるでしょう とした上で class Company { private val _name: String = _ def name = _name def name_=(name: String) { _name = name } } というコードを示しています。 訳の方だと回避方法が多数あり~とあるのですが、原文の方だとそれも今は削除されているように見えますね。 スタイルガイド: http://yanana.github.io/scala-style/naming_conventions/methods/...


4

純粋に計算負荷をかけるタスクにすると、想定された動きをします。 // weightの値は処理性能に合わせて調整してください。30前後が良さそう。 def f(weight: Int): Unit = { def fib(n: Int): Int = n match { case 0 => 1 case 1 => 1 case _ => fib(n - 2) + fib(n - 1) } fib(weight) } // ついでにThread IDも出す表示関数にします def elapsed(f: => Unit) = { val s = new java.util.Date; f; println("thread: " + ...


4

「○○をするのに最も適した言語は?」という形の質問では、回答者の主観的な考えが大いに入ってきうると考えられます。そのためこの回答では、自然言語処理をする上で Python, C++, Java, Scala の言語間で起こりそうな違いについて解説します。 まず大前提として、原理的に 「このプログラミング言語でないと実装できないアルゴリズム」は存在しません。 どの言語で書くにしても、充分がんばれば書けるはずです(どれもチューリング完全だからです)。ただし、どれかの言語でないと既存のライブラリが少なくて実装が大変、という問題はあるでしょう。これは今解決したい個別の具体的な問題に依存します。 どの言語でも実装できるとして、次に気になるのはパフォーマンスです。実行速度や必要メモリ量は、...


4

自己解決したので記録します。 このような用途でScalaに対して使えるフレームワークとしてArchUnitがあります。 https://www.archunit.org/ ArchUnitは基本的にはJava向けに作られていますが、ScalaやKotlinでも利用可能です。 特にScalaに適用する場合、適当なテストフレームワーク(以下のサンプルではscalatest)の中で呼び出して使う形になります。 package com.example.archunit import org.scalatest._ import com.tngtech.archunit.core.domain.JavaClasses import com.tngtech.archunit.core.importer....


3

言語仕様のVariable Declarations and Definitionsによれば、型によって Int -- 0 Long -- 0L Float -- 0.0f Double -- 0.0d Boolean -- false Unit -- () 他の型 -- null がそれぞれ代入されます。 動作は 0 などを代入した場合と同じです。 次のコードをコンパイルして class A1 { var i: Int = _ var l: Long = _ var f: Float = _ var d: Double = _ var b: Boolean = _ var u: Unit = _ var o: AnyRef = _ } class A2 { var ...


3

JVM の仕組みに拠ります。 まず大前提として JVM では プリミティブ型 を型パラメータに指定できません。 そのため Java では型パラメータとして int を指定すると、 コンパイル時に自動的に、int に対応する非プリミティブ型である Integer に置き換えています。 JVM を用いる Scala においても、この前提は覆せません。 よって例示されたコードにおいて A (=init.getClass) は Int ではなく Integer となります。


3

完全に原因分かりました。 コンパイルが通る case class Report[A](key: Int, data: A) 通らない case class Report[A](key: String, data: A) だったのですが、別の場所でこういったimplicit defを定義しておりました。 implicit def reportExtractor[A](implicit extractor: Extractor[A, Json]): Extractor[Api.Report[A], Json] = BasicExtractor { x => val js = x.asInstanceOf[Json] Api.Report(js.id.as[Int], js....


3

あまり自信ないし、おそらくこのパターンで救えない酷い例もある (例 https://github.com/playframework/playframework/pull/3707 ) と思いますが、一つ考慮すべき点としては、play関係なくScala自体の ExecutionContext が、catchされなかった例外を処理する機構を持っているので、そこを明示的に設定した ExecutionContext を使う、とかでしょうか? デフォルトでは、printStackTrace するだけの実装が使われるはずです。 https://github.com/scala/scala/blob/v2.11.4/src/library/scala/concurrent/ExecutionContext....


3

(4 until 7).contains(x) や (4 to 6).contains(x) と書けます。 この様に書いた場合、内部的にはscala.collection.immutable.Rangeのcontainsメソッドが呼ばれるので、単に4 <= x && x < 7を実行するのと同じく定数時間で動作します。


3

一般に、不変な相互再帰的データを構成するには遅延評価を使います。scalaの場合、名前呼びとlazy valを併用することで実現できます。 class Ring(val a: Int, p: => Ring, n: => Ring) { lazy val prev = p lazy val next = n } object Test extends App { val r1 = new Ring(1, r3, r2) val r2: Ring = new Ring(2, r1, r3) val r3: Ring = new Ring(3, r2, r1) /* var node = r1 do { println(node.a) node = ...


2

Scalaのリフレクションはスレッドセーフじゃなかったりバイナリ互換なかったり実験的機能で安定してないので、ちゃんとJavaのリフレクションだけを使いましょう(というような回答を書けと言われました) object ReflectionUtil { private def getSuperClasses(clazz: Class[_]): List[Class[_]] = { @scala.annotation.tailrec def loop(o: Class[_], result: List[Class[_]]): List[Class[_]] = { val superClass = o.getSuperclass if (superClass == null) ...


2

play 2.3.0 以降だと secure というメソッドがあるのですが、2.2系だと存在しないので、そのメソッドが入った以下のコミット https://github.com/playframework/playframework/commit/10d6e5a1490c674f を参考に、ある程度面倒な方法で頑張るしかないかもしれません?


2

こちらは部分適用の構文ですね。 scala> def sum(a: Int, b: Int, c: Int): Int = a + b + c sum: (a: Int, b: Int, c: Int)Int scala> val f: (Int, Int) => Int = sum(_, 10, _) f: (Int, Int) => Int = <function2> scala> f(1, 2) res0: Int = 13 このようにメソッドの引数の一部だけ引数を指定し、 _ で省略された引数のみをとる関数を生成したい時に作成します。 これと混同しすい構文として、引数全体を省略してメソッドから関数オブジェクトを作成する構文があります。 scala&...


2

まず、正解の一つを示すと以下です。 implicit def convert(xs:Seq[Int]): {def mmap(g: Int => Int): Seq[Int]} = new{ def mmap(g: Int => Int): Seq[Int] = { xs match { case m if m.isEmpty => Seq() case xs: Seq[Int] => g(xs.head) +: xs.tail.mmap(g) } } } エラーメッセージに it lacks an explicit result type とあるように、convertの戻り値型を明示的に書く必要があります。それは、...


2

SecureSocial 最も有名で非常に高機能です。 認可の機能は限定的です。 ただし、Play2.3 に対応した stable 版がまだリリースされていません。 play2-auth 認証と認可の両方の機能を持ったシンプルなライブラリです。 devise ほど高機能ではありません。 Deadbolt 2 認証機能のライブラリです。 Java用のライブラリでしたが現在ではScalaからも利用が可能になっています。 有名どころはこの3つでしょうか


2

Play Framework2.x系のご質問であってますでしょうか? また、入力エラーにならない、というご質問でしょうか? それともview側でどうやってメッセージを取得すればよいか、というご質問でしょうか? Play2で前者という仮定で回答しますと optional() を使うのを止めるのがよいと思います。 また、必須な文字列項目であれば nonEmptyText という mapping が定義されているので、 nonEmptyText を使うと良いと思います。 「姓を入力してください」 というエラー文言については、conf/messages でコントロールする方がお勧めです。


2

個人的に、n8han (と NY系の仲間たち) が書いたコードはコードがきれいにまとまっててセンスがあると思います。HTTP のためのライブラリ dispatch reboot とかどうでしょう。 CLI縛りで考えると、json parsing のための sjson などがあります。実用的には json4s (と jawn) などを使いますが、読む素材としては確か sjson が型クラスを使った例になってるはず。型クラスというパターンに影響を受けた実装になってるのが、拙著のコマンドライン・オプションの scopt(とそれに関して書いた scopt 3.0)とか repatch-twitter (Dispatch プラグインの書き方) などです。 twitter つながりでいくと、...


2

もう少し具体的に聞いてもらわないと、そもそもどこがわかってないのかを回答者が把握するのが難しいので、まずは、scalikejdbc本体にplayと組み合わせたサンプルがあるので、以下のあたりのコードや モデル側のコード - https://github.com/scalikejdbc/hello-scalikejdbc/blob/d9be942770a1e815e1d6626c79b471fa4a7036ce/app/models/Programmer.scala それを使っているplayのコントローラー側のコード - https://github.com/scalikejdbc/hello-scalikejdbc/blob/d9be942770a1e815e1d6626c79b471fa4a7036ce/...


2

Scala の REPL 内で :load Scalaのファイルのパス とするとそのファイルを読み込めるので、これを使って変更したプログラムを再度読み込むと良いと思います。 また、:save パス とすると、それまでにREPLに入力した内容がそのファイルに保存されます。 そして :load saveしたパス とすれば、REPL上での入力を繰り返さずに済みます。


2

この本のGitHubにあるヒントと答えを見ると、foldRightでtraverseを実装できるよ、と書いてあります(答えを先に見るのが嫌な人は、1つめのリンクだけクリックしてください)。 https://github.com/fpinscala/fpinscala/blob/master/answerkey/errorhandling/05.hint.txt https://github.com/fpinscala/fpinscala/blob/master/answerkey/errorhandling/05.answer.scala ここで、第3章のエクササイズを一通りやっていれば、List.foldRightを末尾再帰に実装する方法も出てきたはずです。...


2

Option[Int]型として、nullあるいはIntを返すjavaの関数nullablefunc()の返り値を使いたいということでしたら、 val fuge:Option[Int]=Option(nullablefunc()) のようにシグネチャを付ければ解決すると思います。


2

Reflection API を使うとランタイム型を取得できます。 $ scala Welcome to Scala version 2.11.0 (Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM, Java 1.7.0_51). Type in expressions to have them evaluated. Type :help for more information. scala> import scala.reflect.runtime.universe._ import scala.reflect.runtime.universe._ scala> trait A1 {} defined trait A1 scala> class A2 ...


2

play.api.i18n.Lang を implicit で渡し忘れていることはないでしょうか。 Messages() は play.api.i18n.Lang を implicit で渡さないとシステムデフォルトの言語で翻訳します。 http://qiita.com/kawachi/items/4a0a2342a57849653f38 の「よくある例」になっていないか確認してみてください。


2

Java の仕様では、「ジェネリクスに使用される型(総称型)は Object クラスを継承していること」が求められます。よって、ジェネリクス型の変数に、Object クラスを継承していないプリミティブ型のデータを保持することはできません。 Scala の場合は、総称型が Object型なのか プリミティブ型なのかという判断をコンパイル時にしています。 件の test() メソッドの場合、Scala のコンパイラは 型A が Object を継承した総称型と見なし、以下のような Java コードとして見なせるバイトコードを生成します。 public void test(Object init) { System.out.println( (new StringBuilder()) ...


2

変数名を整理し、途中経過をprintしてみました。 def sumList(list:List[Int]): Int = { list match { case Nil => 0 case head::tail => { println(head) println(tail) head + sumList(tail) } } } 結果は次のとおり。 scala> sumList(List(1,2,3,4,5)) 1 List(2, 3, 4, 5) 2 List(3, 4, 5) 3 List(4, 5) 4 List(5) 5 List(...


2

解決しましたので、共有させて頂きます。 sbt-assembly によりjarファイル化され、内部に配置されている画像がパスで取得できず、上記のエラーになっていました。 InputStreamでのアクセスは可能なようなので、fillReport時に new java.util.HashMap[String, java.lang.Object](Map( "logo" -> JRLoader.getLocationInputStream("reports/logo.png") )) JRLoader.getLocationInputStreamでInputStream型で画像パスを取得し、内部でパラメータ定義すれば表示できました。


2

方法1 scalacでコンパイルして実行する http://www.scala-lang.org/documentation/getting-started.html#compile-it > scalac a.scala > ls Mode LastWriteTime Length Name ---- ------------- ------ ---- -a---- 2016/01/01 14:13 122 a.scala -a---- 2016/01/01 14:13 474 Foo.class -a---- ...


2

2番目のコードがエラーになる原因は、補助コンストラクターで最初(1行目)にクラス自身のコンストラクター、または他の補助コンストラクターを呼び出して、クラスのインスタンスを生成しなければならない言語仕様によるものではないでしょうか。 http://www.scala-lang.org/files/archive/spec/2.11/05-classes-and-objects.html#constructor-definitions A constructor expression is either a self constructor invocation this(args1args1)……(argsnargsn) or a block which begins with a self ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります