次のタグが付いている話題の回答:

12
Accepted

RVM と RBEnvの違いは?

RVM と rbenv の違いは RVM には Ruby のインストール機能がついている(rbenv は ruby-build を使う必要がある) RVM は cd を上書きする(rbenv は単純なシェルスクリプトによってつくられている) という点があります。 RVM は単体で Ruby の環境が構築できますが、rbenv には Ruby のバージョン切り替えしかありません。そのため、...
user avatar
  • 735
2

RVM と RBEnvの違いは?

rbenv の公式 Wiki に "Why rbenv?" という記事があります。これによると、RVM は以下のことをしますが、rbenv は以下のことをしません (現在の最新版である2017年2月の版から抜粋・編集・和訳しました)。 シェルに読み込まれること。rbenv は代わりに $PATH を使います。 cd のようなシェルコマンドをオーバーライドすること。 Ruby ...
user avatar
  • 2.2万
2

RVM と RBEnvの違いは?

RVMにはrubygemを管理するgemsetの機能がありますが、rbenvには(標準では)ありません。 rbenvに移行するならgemの管理はbundlerに一本化するか、rbenv-gemsetと言うプラグインを別に入れる必要があります。
user avatar
  • 1.2万
1
Accepted

rvm list known に ruby-2.3.0がいない

1.26.11にはまだ2.3.0が含まれていないようですね。 https://github.com/rvm/rvm/blob/1.26.11/config/known#L11 最新のmasterには含まれているので次のバージョンアップで表示されるかもです。 https://github.com/rvm/rvm/blob/master/config/known#L10 https://rvm....
user avatar
  • 6,591
1
Accepted

gem installしたモノが特定ディレクトリ配下だけcommand not found

RVM管理化のrubyはバージョンごとに独立した環境なので、あるバージョンのrubyの環境でインストールしたgemは他のバージョンのrubyからは見えません。それぞれの環境ごとに必要なgemをインストールする必要があります。
user avatar
  • 1.2万

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible