次のタグが付いている話題の回答:

6

Rubyの 浮動小数点数値リテラル では、小数点以下(.の右側)の数字記述も必須となっているようです。形式的な言語仕様定義は見つけられませんでしたが、少なくとも実際にそのように動作するようです。 123.45 浮動小数点数。 .1 など "." で始まる浮動小数点数は許されなくなりました。0.1 と書く必要があります。 puts 1 # => 1 puts 1.0 # => 1.0 puts 1. # => syntax error https://github.com/ruby/ruby/blob/ruby_2_7/parse.y#L8214-L8226 Ruby処理系のparse_numeric実装を見る限り、数字列+.に続く文字(nextc)...


4

ファイルパスにスペースが混じっていることが原因かなとエラーメッセージから推測されます。 メッセージが /Users/shiotaka/Google で切れてるので。 /Users/shiotaka/Google ドライブ/genba_rails/taskleaf/vendor/bundle/ruby/2.5.0/gems/spring-2.1.1/lib/spring/client/run.rb:76:in `spawn': No such file or directory - /Users/shiotaka/Google (Errno::ENOENT)## Googleドライブではなくて、別の場所でサーバを起動してみるとどうでしょうか。


3

brewでinstallできるRubyはkeg-onlyですので、PATHに自分で追加しないとダメですよ。


3

bundle install 実行時のエラーメッセージに表示されているドメイン名が .rog となっていますが、正しくは .orgのはずです。 おそらく Gemfile の中にタイポがあるのでしょう。 Fetching source index from https://rubygems.rog/


2

find({}, {title: 1})はmongoコマンドでの書き方ですね。 Ruby用ドライバの説明を見ると、 find({}, {'projection'=>{'title'=>1}}) と書けば良さそうです。 ただし上のようにするとtitleだけでなく_idも返されます。 _idフィールドは指定に含めなくても返され、含まないようにするには除外指定が必要です。 つまり_idも除外してtitleだけを得るには find({}, {'projection'=>{'title'=>1, '_id'=>0}}) とすることになります。


2

自由な変数名を使って良いです。 チーム開発をする場合はMessageクラスの変数名に別の名前をつけると他に意味があるか考えてしまったりするので中身を説明する変数名をつけることが良い習慣とされています # 悪い例: 犬のクラスなのに猫? @cat = Dog.find(params[:id]) また今回例示頂いたような短い変数名は小さな関数の中では読み間違うことはほぼないため、利用して良いと思います(RailsだとViewで利用するので見かけよりでかかったりしますが) # Messageのインスタンス変数なので頭文字のm def show @m = Message.find(...) end なぜ@messageを使うかを書いてみます。 Railsは規約に従うことコード量を少なくシンプルな記述で書けます。...


2

slack-ruby-botがactive_supportを使っているのにその設定を消してしまったのが原因のようです。 ↓すでにプルリクエストも出ているので少し待てば解決するとは思います。 https://github.com/slack-ruby/slack-ruby-bot/pull/271 一時的には以下のようにactivesupportの記述をGemfileに追記すれば解決するかと。 gem 'slack-ruby-bot' gem 'async-websocket', '~>0.8.0' gem 'activesupport' # <= この行を追加 なおirbではactivesupportが読み込めたのにslack-ruby-botの起動ではエラーになっていた件ですが、bundle ...


2

.zshrc の1行目が eval"$(rbenv init -)" のようになっていてスペースが抜けているように見えるので、 eval と " の間にスペースを入れて eval "$(rbenv init -)" のようになるように修正すれば良さそうです。


2

定義の上で右クリック→「ピーク」→「参照をここに表示」で参照元の表示/移動ができると思います。 ショートカットキーは手元の環境だとAlt+F12になっていました。 メニューが表示されない場合は適切なLanguage Serverがインストールされてないのかもしれません。 Solargraphなどを入れてみてください。


2

Ruby on Railsを使っている場合、String#constantizeメソッドが使えます。 'User'.constantize # => User(id: ingeter, email: string, ...) 'User'.constantize.all # => [#<User id: 2, email: 'foo@example.com', ...]>] また、Ruby on Railsを前提としない場合、Module#const_getが使えます。(Railsを前提とするならString#constantizeのほうが便利かなと思います https://docs.ruby-lang.org/ja/latest/method/Module/i/...


2

エラーメッセージから察するに、この issue で track されている問題です https://github.com/rbenv/ruby-build/issues/1691。この回答の投稿時点でまだ open です。 手元に M1 Mac が無く詳しくは調べられていませんが、Rosetta 2 絡みでライブラリか何かの取り扱いに不整合が起こっているように見えます。 上の issue にあるコメントのように Rosetta 2 を使わずに native の ARM を使うようにするか、他のコメントで触れられている別の workaround を入れると動きそうです。個人的には速度の問題があるので前者がオススメです。


2

以下のコマンドで自己解決しました。 arch -arm64 rbenv install 2.7.2 成功時のログ Downloading openssl-1.1.1i.tar.gz... -> https://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/e8be6a35fe41d10603c3cc635e93289ed00bf34b79671a3a4de64fcee00d5242 Installing openssl-1.1.1i... Installed openssl-1.1.1i to /Users/yunyun_jp/.rbenv/versions/2.7.2 Downloading ruby-2.7.2.tar.bz2... -> https://cache.ruby-...


2

production環境の前提で答えますが、「起動時に読み込まれるもの」に修正が加わったときは、再起動が必要です。 例えばrubyで書かれたソースコードに手を加えたり、gemを追加したときがこれに当たります。 それ以外のものについては、モノによるとしか言えません。例えばslimは、Railsの起動時に読み込まれ、その後は読み込まれることはないので、slimを修正したら再起動が必要です。 オススメは、「何かに修正を入れたらpumaを再起動する」ことです。再起動自体のコストが高いわけではないので、反映ミスが起こるリスクを抱えるよりは、都度再起動するほうが確実です。 (もちろん、都度再起動が許容できないケースもあるとは思いますが) なお、pumaを再起動する時にサービスを止めずに動かし続ける方法もあるので、...


2

正規表現を利用した方法を紹介します。 記述してある node.at_css('#information p > a')[1]["href"] ではうまくnodeがとれなかったので範囲内のaタグのリンク先を見て探すようにしました base_url = "https://loconavi.jp/" features_url = "features/hananomeisho" url = "#{base_url}#{features_url}" # google mapsの正規表現、緯度経度をキャプチャする maps_regexp = /\Ahttp:\/\/maps\.google\.com\/\?q=(.+),(.+)\z/ #...


2

このテストはモデルの単体テスト (model spec) を行うことが期待されています。一方で RSpec の用意する post などの DSL は request spec で使われることが想定されています。 RSpec.describe User, type: :model do ^^^^^^ ここです このため、どんなテストがしたかったのかによって対処法が変わります。 モデルの単体テストがしたかったのであれば、post を使うのはおかしいです。モデルのメソッドをそのまま呼び出し、その挙動を検査してください。 ルーティングまでを含めた結合テスト、つまり request spec がしたかったのであれば、ドキュメント https://relishapp....


1

下記のような感じはいかがでしょうか def all_contents? (1..5).all? { |i| cms_fragment_content(:"text_#{i}").present? } end


1

単純に繰り返しを少し減らすだけなら %i(text_1 text_2 text_3 text_4 text_5).all? { |text_n| cms_fragment_content(text_n).present? } みたいな感じでは書けそうです(試していません) (1..5).all? { |n| ~ } でもいいかもしれません。


1

app/javascript/chk_waittime/index.jsを下記のように window.onload = function() {} で囲うことで解決しました。 javascriptが読み込まれるタイミングが原因のようです。 変更前 document.getElementById('post_waittime').onclick = function(){ alert('index.js'); }; 変更後 window.onload = function() { document.getElementById('post_waittime').onclick = function(){ alert('index.js'); }; }; ...


1

[]= が bf_set() で Array でも指定できます 0.bf_set(3,5,[1,0,1,1,0]) #=> 176 それだけだと寂しいので、適当に書き足しました。 高速なアルゴリズムより単純でコンパクトさを重視して実装しました。(つまり手抜き) # bf_??? Bit Field ... # Ruby 互換性メモ # 一行メソッド定義は Ruby 3.0.0 以降 # Integer#bit_length は Runy 2.1.0 以降 class Integer def bf_set( start, width, value ) # bf_set(start, width, value) -> Integer; bf_set(start, width, [...


1

とあるslackによると class Integer def bitset(start, width, value) mask = ~(~0 << width) (self & ~(mask << start)) | ((value & mask) << start) end end


1

事前にnilかどうかチェックして、nilならnextする・・・という対応はいかがでしょうか? doc.css('.main-left-layout').each do | node | sleep 1 # データが取得できなかった場合は次のループに行く if node.at_css('.block') == nil \ || node.css('.spot-info > .t-cell')[1] == nil \ || node.css('.spot-info > .t-row > .t-cell')[1] == nil \ || node.at_css('.text') == nil then next end # ...


1

冗長というのは、次の行の href = doc.css('.flower-spot')[0]["href"] [0] の部分が 0, 1, 2 と異なるだけで、他はまったく同じ処理が3回繰り返されているということだと思います。 times を使うと、 3.times do |i| # i の値が 0, 1, 2 と変化して繰り返す end のように書けるので、次のようにループにすることができます。 3.times do |i| html = URI.open(url).read doc = Nokogiri::HTML.parse(html) href = doc.css('.flower-spot')[i]["href"] #...


1

こちらでどうでしょう? # json.buider json.array! @category_history do |ch| json.category ch[0] json.amount ch[1] end jbuilderはREADMEに豊富なサンプルが書いてあるので迷ったら眺めてみるとよいです https://github.com/rails/jbuilder


1

なさりたいのは shop = Shop.eager_load(:area) として shop.ほにゃらら を参照したり shop.area.ほにゃらら を参照したりといったことでしょうか……? joins だとクエリキャッシュが生まれないので eager_load にしていますが、ユースケースによっては includes でも良いです。 Shop.joins(:area).select("shops.*, areas.*").first だと、計算結果としては Shop クラスのインスタンスが返ってくるので、そこには Area クラスのインスタンスメソッドは生えていません。また同名カラムの存在を考えるとそういったようにすべきでもありません。 belongs_to :area ...


1

Detected sqlite3 gem which is not supported on Heroku: https://devcenter.heroku.com/articles/sqlite3 こちらの2行に説明があります。sqlite3はHerokuではサポートされていないとのことです。 Gemfileにあるsqlite3の行をdevelopmentグループに入れれば解決すると思われます。 Herokuの詳細な利用方法についてはこちらを参照してください。


1

rake -m というのも、あるようですが、ご希望には沿わないですか? 並列化、ビルド時間の短縮には、ccache,distccなどもありますね。 頑張ってください。


1

Rake の -m (--multitask) オプションを使用すると、すべてのタスクを multitask として扱うので並行コンパイルできると思います。


1

Railsのenumはコードの表記上、文字列(またはシンボル)で透過的に扱えるように実装されています SQLを直接叩いたり、DBのGUIクライアントを使って保存されたレコード情報を見るとわかりますが実際は文字列ではなく数値が保存されています。あくまでRailsの上ではDBに保存された1の値がtype1と表示されているだけです Railsで実際に保存された値を確認したい場合はenumを定義した際に利用できるattribute_before_type_castを呼び出すことで確認できます > destination.expense_before_type_cast => 1 ドキュメント: https://api.rubyonrails.org/classes/ActiveRecord/...


1

https://gyazo.com/a1a68a7984ba9c1a97c59d10c29325d2 の class CreatePhotos < ActiveRecord::Migration のところ、 って書けるのはRails4か5.0あたりまでだったとおもいます。 ここを class CreatePhotos < ActiveRecord::Migration[6.0] にしてみて再度 rails db:migrate 試すとよいとおもいます


1

sign = :+@ 1.send(sign) #=> 1 sign = :-@ 1.send(sign) #=> -1


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります