次のタグが付いている話題の回答:

29

RuboCop がオススメです。Rails に特化したチェッカもついています。


17

SecureRandom SecureRandom を使うのが良いと思います。(SecureRandom.uuid だとランダムに生成されたことが分かりやすいので、個人的には好みです。) require "securerandom" SecureRandom.hex # => "3366ab379a65448704fa7c7cab4b0843" SecureRandom.hex(32) # => "4ab79521bf6712c1737b55f8393816b00996de29bed69257c5f6635bea899f9a" SecureRandom.uuid # => "d1d145ae-2e1e-4d5f-8f0b-e962c47624e0" SecureRandom....


14

セルフ回答ですみません。結果的にマージされましたので報告させていただきます。 私の当初のコードはRedis Cluster仕様的に考慮漏れが多く、テストケースも足りずに品質は最悪でしたがレビューアの方が丁寧に鋭く指摘してくれて最終的に実用に耐えうるレベルまで仕上げることができたかなと思います。 あとはリアルワールドで実際に使われて膿が出てくると思うので、今後どんなissueが出されるか引き続きチェックしていこうと思います。特に高トラフィックをさばくような大規模サービスで使われた場合にパフォーマンス面で問題が出そうな箇所とかが気になってます。 さて今回質問させていただいたコミュニティ停滞の問題ですが https://github.com/redis/redis-rb/issues/752 ...


13

sort_byメソッドを使えばソートできますよ。 ["123", 200, "12", 85].sort_by{|item| item.to_i} #=> ["12", 85, "123", 200] 次のように書いても同じです。 ["123", 200, "12", 85].sort_by(&:to_i) #=> ["12", 85, "123", 200]


12

RVM と rbenv の違いは RVM には Ruby のインストール機能がついている(rbenv は ruby-build を使う必要がある) RVM は cd を上書きする(rbenv は単純なシェルスクリプトによってつくられている) という点があります。 RVM は単体で Ruby の環境が構築できますが、rbenv には Ruby のバージョン切り替えしかありません。そのため、rbenv install コマンドで Ruby を簡単にインストールするためには ruby-build のインストールが必要です。これは、OS X であれば Homebrew 等のパッケージ管理システムを用いることで、 rbenv と同時にインストールすればさほど難しくありません。 また、RVM は cd ...


12

「99900桁目までを直接計算することなく、99901桁目からの100桁を得たい」という意図と解釈しました。現在、10進数でそのようなことをする方法は知られていないと思います。 16進数でしたら、n桁目までを飛ばしてそれ以降を直接計算する方法が知られています。Bailey–Borwein–Plouffe formulaを使います。具体的な手順は以下のページの中程に出ています。 https://en.wikipedia.org/wiki/Bailey%E2%80%93Borwein%E2%80%93Plouffe_formula 2011年のサーベイ論文で他のいくつかの超越数に対しても類似のアルゴリズムが挙げられていますが、10進数には言及がないので、まだ見つかっていないのだと思います。 https://...


12

tapを使うと良いと思います。 def say @d.tap { @d = nil } end


12

いろいろやり方はあります。簡単な順に書きますと IO.popenなどのプロセス間通信を使ってRubyからPythonのプログラムを呼び出す FlaskやDjangoなどで別のウェブを裏で立ち上げて、RoRからはリバースプロキシでアクセスする。 redisなどでタスクキューを作って、RoRからは計算タスクをジョブ番号と共にタスクキューに追加する。ジョブ番号をブラウザに通知する。Pythonはタスクが入る度に計算して、ジョブ番号をキーにして結果をDBに保存。ブラウザはジョブ番号でRoRに結果を問い合わせ。ステータスを表示 (計算待ち、計算中、計算済み)。計算済みなら結果を表示。 3のやり方は、例えばPythonの計算が重たくて数分以上かかるときに特に有効です。計算終了を待たずに、...


12

evalについて 今回の場合、evalを使いたい理由の1つは、シェルの環境変数や関数を設定したいということにあると思います。変数でも関数でも状況は大体同じなので、以下では変数についてのみ説明します。 evalをつけずにinitスクリプトを実行するとわかりますが、pyenv initやrbenv initではそれぞれの環境変数を設定するためにexportを使っています。 しかし、シェルにおいてシェルスクリプトはサブシェル等で実行されるため、コマンド内で変数をexportしても元のシェルにはなんら影響がありません。 たとえば、bashにおいて変数EXAMPLEを1に設定したかったとします。このとき、exportしているシェルスクリプトを直に実行しても意味がありません。 $ cat test1.sh ...


11

pryでshow-sourceを利用すれば可能だと思います。 [1] pry(main)> show-source Pry From: /var/lib/gems/1.9.1/gems/pry-0.10.1/lib/pry/pry_instance.rb @ line 24: Class name: Pry Number of monkeypatches: 6. Use the `-a` option to display all available monkeypatches Number of lines: 641 class Pry attr_accessor :binding_stack :q [2] pry(main)> show-method pry From: /var/...


11

通常のメソッドとの違いは、代入構文のように使用できる点です。 hoge= メソッドを定義すると、obj.hoge = value のように = の前に空白があっても hoge= メソッドが呼び出せます。 また、メソッド内で戻り値を指定しても無視され、引数の値がそのまま返されます。 これは、foo = obj.hoge = value のように使用した時に、ちゃんと foo に value が代入されるようにするためだと思います。


11

コメントにて解決されたようなので、改めて回答として投稿しておきます。 原因 この現象は、 Windows 10 October Update (version 1809) ならびに Windows Server version 1809 で導入された、新しいコンソールにおいて発生する不具合で、出力ストリームに紐づけられた内部的なコードページテーブルの初期化処理に不足があり、内部処理でマルチバイト文字を正しく認識出来ないことが原因のようです1。 解決策 この不具合の解決策は、以下の 3 つが挙げられます。 1. コンソールにてレガシー コンソールを使用する 上記バージョンからコンソールの仕様が変わり、新しいコンソールが導入されました。今回の不具合は、この新しいコンソールにおいて発生するので、...


10

Fooモジュールをincludeしたクラスを作成し、そのクラスのインスタンスに対してテストするとよいのではないでしょうか。 例えばClass.newを使うと以下のように書けます: Class.new { include Foo }.new.bar(1)


10

ハッシュじゃないのにあたかもハッシュのような書き方になっています Rails 4 では、 ActionController::Parameters の親クラスの親クラスがHashです。 つまり、ハッシュと継承関係にあるのでハッシュと同じように振る舞います。 # ActionController::Parameters class Parameters < ActiveSupport::HashWithIndifferentAccess # ActiveSupport::HashWithIndifferentAccess class HashWithIndifferentAccess < Hash これってjsの言うところの「array like object」的なものなのでしょうか? "...


10

該当コードの動作解釈については @suzukisさん、@yasuさん、@BLUEPIXY さんの解答通りかと思います。 この回答は * よりも先に + が評価される理由、つまり [(*arr1) + arr2] ではなく [*(arr1 + arr2)] と評価される仕組みを、興味本位でRuby言語仕様(Draft)から調べた結果となります。 Rubyの(厳密な意味での)単項演算子としては、-, ~, +, !の4種類しか存在しません。 つまり単項演算子*というものは存在しないので、[(*arr1) + arr2]と解釈されることはありえません。ここでの * は、文法上は splatting-argument の一部として解釈されます。 プライマリ式(primary-expression) [ * ...


10

String#tr で tr("0-9a-p", "a-z") としてはいかがでしょうか。 0.to_s(26).tr("0-9a-p", "a-z") #=> "a" 25.to_s(26).tr("0-9a-p", "a-z") #=> "z" 26.to_s(26).tr("0-9a-p", "a-z") #=> "ba" 個人的には 0 が a になるのはスゴく違和感があります^^;


10

webサーバー、アプリケーションサーバー、Rack、Unicorn、Puma、Railsと言った用語や概念の理解がこんがらかっているように見えたので、このあたりをきれいに説明している記事を探してみました。 おそらく以下の記事が回答にぴったりだと思います。 http://www.justinweiss.com/articles/a-web-server-vs-an-app-server/ この記事の中からnakanishiさんの理解に役立ちそうなセクションをピックアップして、ざっくり翻訳してみました。 webサーバーとは webサーバーはユーザー送られてきた自サイトへのリクエストを受け取り、なんらかの処理を加えるプログラムです。そして、...


10

Unicodeっぽく処理をするのであれば、NFD正規化で濁点を分離できます。 "だ".unicode_normalize(:nfd) #=> 「た」+U+3099 ただし、この分離された濁点文字(U+3099)は前の文字と結合するための特殊な文字なので、通常の濁点文字(U+309B)にしたい場合は次のように変換すればいいと思います。 "だ".unicode_normalize(:nfd).tr("\u3099", "\u309b") #=> 「た」+「゛」 半濁点も同様にするにはこんな感じで。 "ぱ".unicode_normalize(:nfd).tr("\u3099\u309a", "\u309b\u309c") #=> 「は」+「゜」


9

すぐには消さない、という戦略が考えられます。 リリースを2回に分け、 1回めのリリースで、すべてのアプリケーションサーバを、そのカラムにアクセスしない版に更新します。 次のリリースで、要らなくなったカラムをDBから実際に消す、という寸法です。 カラム名の変更についても、基本的には同じ考え方が適用できるかと思います。 # いっぺんにやってひどい目にあったことが何度か (´・ω・`)


9

Java 標準ライブラリにはないです。あえて一番近いのといえば、 String.format() ですね。 String name = "Joel Spolsky" String result = String.format("Hello %s", name); あとは、テンプレートライブラリを使う話になってくると思います。Java にはたくさんあると思うので、 どれを選ぶかは、人それぞれでしょう。 ちょっと冗長ですが、例えば Mushtache (Handlebars.java) はどうでしょう。 String name = "Joel Spolsky" Handlebars handlebars = new Handlebars(); Template template = handlebars....


9

調べてみました。 ('ああ'..'んん').to_a では Range#each が呼ばれるので、2 つめ以降の要素は String#succ で生成されます。 たとえば 'aa'.succ は 'ab' に 'az'.succ は 'ba' になるので、最初に挙げられた例は期待通り動作します。 ただしこれは、英数字の場合で、String#succ のドキュメント を見てみると、下記の記述があります。 アルファベットや数字をまったく含まない場合は、 単純に文字コードを 1 増やします。 このため "あん" の次が "いあ" などにはならず、カタカナや漢字など、文字コード表で "ん" より後にある文字も含むことになります。 期待する結果を得るには、例えば、配列の組み合わせを得る Array#...


9

この回答は公式のCでの実装であるCRubyについてです。JRuby等でも同じとは限らない事に注意してください。 現在の所、CRubyの実装上のほとんどのメソッドはスレッドセーフに見えます。しかし、ThreadやMutex等のスレッド関係を除き、スレッドセーフであると期待してはいけません。スレッドセーフではないという前提でコードを実装すべきです。 現在のCRubyのスレッドに関する戦略は、個々のメソッドのCレベルでの実装でスレッドセーフであるかは考慮しないとしています。これは、 スレッドセーフのコードは複雑になり、バグ無く維持していくのが難しい シングルスレッドでは余計なロック処理によって速度低下が発生する Cライブラリのほんとんどがスレッドセーフではない などが理由です。かといって、...


8

小さなツールや使用するgemの依存が少ないならほぼ問題無いのですが、使用するgemにC言語による拡張が含まれる場合は途端にハードルが高くなります。rubyinstaller である程度はビルド出来るのですが windows に対応していない gem も多数存在しますし、なかなかのいばらの道です。 予め大きい依存になる事が想定されるのであれば、vagrant 上で環境を構築し、もしコードの変更がある場合は vagrant の共有フォルダを windows 側から触って貰うのが良いかと思います。


8

長めだけど、 map/reduce 感があるのでわかりやすいかも。 a = [1, 2, 3] b = nil c = [3, 4, 5] d = [nil]; [a, b, c, d].compact.reduce(:+) # 重複あり # => [1, 2, 3, 3, 4, 5, nil] [a, b, c, d].compact.reduce(:|) # 重複なし # => [1, 2, 3, 4, 5, nil]


8

phantomjs を使うと javascript の実行結果が得られます。 var page = require('webpage').create(); page.open('http://example.com', function (status) { if (status !== 'success') { console.log('Unable to access the URL!'); } else { page.evaluate(function () { // document.body を使ってあれこれ }); } phantom.exit(); }); もちろん phantomjs は webkit ですので、IE ...


8

ファイル名として衝突しないようにするには、作ってみて衝突したら作りなおすという方法もあります。 以下は Linux での例です。ナノ秒まで指定しているので、衝突することはまずないと思いますが、もし衝突した場合はリトライします。 begin filename = Time.now.strftime("%Y%m%d%H%M%S%N") File.open(filename, File::WRONLY|File::CREAT|File::EXCL, 0666) rescue Errno::EEXIST # ファイルが存在してたらリトライ retry end 複数サーバーや複数プロセス間で同時に動く場合は、サーバー名やプロセスIDをファイル名に含めれば衝突を回避することができます。


8

たとえば、puts は、 str = "};::Kernel.puts 'hello';{" とやれば働きますし、同様に外部コマンドも次のようにして実行できちゃいます。 str = "};::Kernel.system 'ls';{" また、定数を触れるということは、クラスも触れるということなので、クラスに対してなんでもできると思った方がいいと思います。


8

ある数について、それぞれ高橋の数か? と判定していくのではなく、各桁について、ある数が何回出現したかという出現数の組から、その組は高橋の数を構成できるか、という判定をしていけば、かなり数を減らせます。 この方法なら、完全に力技で判定しても、n桁での組み合わせは、C(9 + n, 9) 通り。9桁なら 48,620 通りしかありません。 判定の手順は以下の通り。 出現数の組で構成できる最小数を求める。 出現数の組で構成できる最大数を求める。 2 - 1 を求め、その各桁について出現数を求める。 3 の結果が、最初の出現数の組と一致しているなら、その出現数の組に対応する高橋の数は 2 - 1。一致していなければ、その出現数の組に対応する高橋の数はない。 以下ふたつばかり例を。 count[n] は、...


8

[:space:]といった記法は「POSIX文字クラス」と呼びます。 どちらも「文字クラス」という表現が入っているため、紛らわしいのですが、「文字クラス」の内容のひとつとして「POSIX文字クラス」を記述する、という形です。 正規表現のリファレンスマニュアルで、「文字クラス」の副節として「POSIX文字クラス」があることに注意して下さい。 要するに、POSIX文字クラスの立ち位置は、[abcd] や [\w] 中の abcd や \w と同様です。 そのため、文字クラス[...]の中に[:space:]を入れることで、[[:space:]]となるのです。 (補足) POSIX文字クラスも、文字クラスの内容のひとつに過ぎないので、ひとつの文字クラスの中に、他の内容も混在させることができます。 例: /[[:...


8

default_name はインスタンスメソッドではなく、クラスメソッドである事を理解下さい。 つまり参照する方法は m = Member.new p m.default_name ではなく p Member.default_name です。これは default_name がインスタンス毎に変わる値ではなく、Member の普遍的な値にしたいからです。かたや default_name? はインスタンスメソッドです。name の値を更新する度に戻り値が変わりうる物です。 def default_name? ... end ここで比較したい値は、インスタンスのメンバ属性 name と、先ほどの普遍的な値 default_name なので def default_name? name == ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります