次のタグが付いている新しい回答:

0

rails6のチュートリアルは有料でしたので、rails5で試してみました。 まずlogをみて、一番下の行に Completed 200 OK が出ていたら、previewウィンドウのアドレスバーの一番右にある、四角に右上向きの矢印のあるアイコン(Pop Out Into New Window)をクリックすると、自分のブラウザから見られると思います。 数字が200(これはHTTPレスポンスステータスコードと言います)ではない場合は、どこかにエラーがあると思うので、別のトピックに改めてログを貼り付けていただければと思います。


0

>ironsand様  Xcodeをインストールして、もう一度やりなおしたところ  無事、rails new後にbundle installが成功しました!  ありがとうございます!これで先に進めます!!  ※Xcodeについて調べ直して気づいたのですが・・   そもそもXcodeのappをしっかりインストールしていなかった恐れがあります・・   Qiitaばかり見ているのですが、環境構築をhomebrewから開始する記事が多く   Xcodeのappを見落としていたのが原因だったのかもしれませんが、真の原因はよくわかりません・・ >shingo.nakanishi様  pumaのgit拝見しました。4.3.5はなんらかの最新のコミットを取りこぼしているようですね・・  ...


1

コンパイルの必要なGemのインストールで失敗する時は Xcodeのバージョンが原因のことがよくあるので一度Xcodeを最新にしてから gem install puma -v '4.3.5' --source 'https://rubygems.org/' でもう一度pumaのインストールを試してみてください。


1

解決した方法 mailers/previews/alert.mailer_previrew.rb を下記のように変更すると、「引数が間違っている」というエラーが解消しました。別のエラー(No Method Error)が発生していますが、そちらは自分で解決策考えようと思います(nakanishiさん、ご指摘頂きありがとうございました)。 修正前のコード class AlertMailerPreview < ActionMailer::Preview def send_alert(user) @user = user mail( to: @user.email, subject: '練習記録を登録しましょう!' ) # mail to: "...


0

Blocked hostのエラーが出てから、development.rbにconfig.hosts.clearを追加して、その後何も操作していない状態と考えていいでしょうか? もしそうでしたら、下段の真ん中の'puma'タブのところをクリックして、CTRL+C(キーボードのCTRLキーと同時にcを押してください)を押して(railsを停止して)、rails serverを書いて再度実行してみてください。どうなるでしょうか。


0

update_columns(reset_digest: User.digest(reset_token), reset_sent_at: Time.zone.now ) ここでエラーが発生しているようです。 herokuのアプリから繋いでいるデータベース内のUserテーブルにreset_digestカラムは存在していますか?


2

確かに、 config.action_mailer.delivery_method = ENV['delivery_method'].to_sym の行でエラーになっていそうです。環境変数 delivery_method を設定しておらず ENV['delivery_method'] が nil になったため、nil.to_sym をしようとしてエラーになっているように見えます。 本来ならば application.yml に書いてある設定を figaro gem が読み込んで環境変数に出してくれるはずなので、この一連の流れのどこかが上手くいってなさそうですね。 で、figaro gem の初期設定では application.yml は .gitignore されるので Heroku の環境側に ...


0

おそらく date_field_tag を f.date_field にかえればいいのではないかと思いますが それでだめならコントローラ全文を表示してください


1

データベースに schema_migration というテーブルが造られて 成功したマイグレーションファイルの数字の部分(YYYYMMDDHHMMSS)が記憶されていて db/migrate ディレクトリと比較して未実行のマイグレーションを検出してます なので 一度適用した MigrationFile を削除した(してしまった場合) 何も起きません DB側にのみ履歴が存在しますが特にエラーにもなりません データベースの構築に使われていない MigrationFile が db/migrations にまぎれこんでいた場合 履歴にないので当然実行されます db:migrate, db:reset, db:setup, db:migrate:reset は、それぞれどのようにふるまっていますか? その前に ...


0

調査の結果、AWSのWAFの設定で「://」を含むURLをブロックしていたのが問題でした。


1

Gemfile に uglifier の gem は追加されていますか? それを追加したあと実行すれば、この事象は解決すると思います。


0

自分も同じ問題にぶつかりましたが、各コード・ファイルを削除してからbundle installしてpushするとdeployできました。ちなみにGemfileの方はローカル開発時に以下の部分に記述していました。 group :development, :test do # gem 'rails_admin' ←ここを削除した end Gemfile以外のコードやファイル以外も削除してからbundle installしたので、もしかすると全部削除してからしないと駄目とかありえるかもですね。 結構ググったのですが、海外のサイトでも同様のファイルを削除してくらいしか回答されてませんでした。


0

chart.jsで表示するデータは配列で渡すようです。 https://www.chartjs.org/docs/latest/charts/doughnut.html#data-structure aggregate_result.html.slimでデータを渡しているgon.dataを配列に変えればグラフが表示されそうです。 また、SlimでインラインJavascriptを使うのであれば、Gon経由で渡さずに変数展開しちゃえばいいかなと思います。 var ctx = document.getElementById("myPieChart"); var myPieChart = new Chart(ctx, { type: "pie", data: { ...


0

「undefined method `permit'」([直訳] permitというメソッドは定義されていません)というのがエラーの内容です。 確かに、質問に含まれているプログラムには、permitというメソッドの定義が含まれていません。 問題は ・permitというメソッドを定義するのを忘れている。 ・permitというメソッドを持つオブジェクトのつもりで、String型のオブジェクトを使っている。 というような、思い違いによって起きているのではないかと思われます。 paramsのように、宣言されていない変数がプログラムで使われているといった正しくないコーディングが影響している可能性もあろうかと思われます。 質問に書かれていないプログラムを使っているのであれば、それらを全て質問に追加して下さい。 ...


0

解決しました。 「①nginx.confのディレクティブを考慮できていないこと」と「②ビルドしたdockerイメージに設定が反映されていないこと」が原因でした。 <詳細> ①worker_rlimit_nofile は設定ファイルのトップレベルに記載すべき項目(参考→ context: main)ですが,私は /etc/nginx/nginx.conf の httpディレクティブにincludeしてしまっていたため、 worker_rlimit_nofileを削除しました。 ②nginx.confはビルドと関係なくdocker-compose upの時のみ読み込まれると思っていましたが、ビルド時にも読み込まれるため、docker-compose buildからやり直したところ、...


1

Syntax Error 自体はおそらく下の部分で起きています。一見ブロックを始めているように見えますが、Record.includes(:practices) だけではブロックが始まりません。do ... end または { ... } が必要です。 total_practice_time = Record.includes(:practices) total_practice_time.each do |total| total.sum(:practice_time) end end また、中にある total_practice_time.each というのも怪しそうです。 合計を計算したいのであれば、モデルで sum を取るのがシンプルかなと思います。Record ...


1

こんばんは。 ざっと質問を読ませていただきました。 やりたいこととしては、子モデルであるpracticeのpractice_time合計を出し、recordの一覧に並べて表示したいということかなと思いました。 とすると、view側index.html.slimで以下のような書き方ができるのではと思いますが、いかがでしょうか? tbody - @records.each do |record| tr td= link_to record.training_date, record_path(record) td= record.created_at td= record.practices.sum(:practice_time) ...


1

スマートな方法かはわからないですが カスタムバリデーションを使えば何とでもなると思います validate present_user def present_user errors.add(:user_id, :user_not_exists) if users.nil? end


1

ja: activerecord: attributes: limit_users_summary/limit_user: user: ユーザ user_id: ユーザ こんな感じだと思います


0

user_idが何らかの形で得られるのであれば普通はそれに紐付くUserのインスタンスが何らかの形であるはずです。 user.companies のようにUserのリレーション経由で検索するようにしてください。 モデルに由来しない裸のuser_idが現れてほかに使われない、というケースであれば直接Companyから検索するのが効率的ですが、あまりそういうケースはないと思います。その場合でも、usersテーブルのidを検索条件にするのではなく、documentsテーブルのuser_idを検索条件にした方がよいです。


0

リレーションができています リレーションが正しくかけているというならサブテーブルでのデータ絞り込み @company = Company.includes(:users).where(users: {id: 指定のuser_id}) でいいと思います


1

たぶん前回の質問の続きだと思うのですが form_tag search_user_searches_path(current_user), :method => 'get', remote: true でサブミットするとコントローラーの def search @companies = Company.where("name LIKE ?", "%#{params[:keyword]}%") respond_to do |format| format.html format.json end end に content-type application/javascript でとんできます そしてコントローラーを通過すると @...


1

ActiveRecord::Relation#to_sql が、求めているメソッドかな、と思っています。 ちなみに ActiveRecord Relation から実行せずにクエリだけ取り出したりってできないででしょうか? が実現できます。


0

url: '/searches' が route に存在してないですね url: $(this).attr('action') にしないといけないのでは? あと普通 rails で ajax するときは form に remote: true ってつけるだけで勝手に ajax になります js のビューを書くことで JSON 受取処理も書く必要がなく直接 ajax の結果を JS として実行できるので便利です


0

以下にすると一つ目のデータが取り出せます。 『@items = Item.find(@documents[0][:item_id])』 上記方式でデータが取り出せているので、 item_idが複数の場合は配列として渡すとよいと思います。  下記のように map を使って配列を生成し、findに渡すとよいと考えます。 @items = Item.find(@documents.map(&:item_id))


上位 50 件の最近の回答が含まれています