次のタグが付いている新しい回答:

1

拡張機能の"Ruby"(発行者名がPeng Lvとなっているもの)をインストールして有効にすると、意図する動作になるのではないでしょうか。 ("Ctrl + Shift + X"で拡張機能タブが開くので、そこでRubyと検索すれば出てきます) 上記のsettings.jsonを反映させた状態でこの拡張機能を有効にすると、 html.erbファイルがerbファイルと認識されました(右下に表示される言語モードが"erb"になりました)。 その状態で"cmd + /"を行うと、下記のようにコメントアウトされました。 <%# text %>


0

【自己解決】 config/deploy.rbに以下を追記しました。 set :default_env, { rbenv_root: "/home/user/.rbenv", path: "/home/user/.rbenv/bin:$PATH", region: ENV["S3_REGION"], aws_access_key_id: ENV["S3_ACCESS_KEY"], aws_secret_access_key: ENV["S3_SECRET_KEY"] } Capistranoを使ったデプロイでは環境変数.bash_profileを読み込まずに実行されます。 ですので、Capistrano(Unicorn?)の設定ファイルで明示的に環境変数を設定する必要があります。 ...


0

unicorn.sockが作られるべきタイミング は、bundle exec cap production deployしたときに、unicornが起動して、unicorn.sockが作成されるはずです。 おそらく、自分がデプロイしたディレクトリのlog/unicorn.logに何らかのエラーが出て、unicornが起動していない可能性が考えられます。まずは、unicorn.logと、unicornが起動してるかをpsコマンドで確認することからだと思います。 なお、もし、unicorn.logに何も出てないのであれば、unicorn起動以前のcapistrano内部で何か失敗しているかもしれません。


0

以下の問題がありそうです。 config/initializers/devise.rb の "s" が抜けている Deviseを使用する場合の設定と、使用しない場合の設定が混在している 公式のREADMEのDeviseの項 に、以下の記載があります。 First define your application id and secret in config/initializers/devise.rb. Do not use the snippet mentioned in the Usage section. (中略) NOTE: If you are using this gem with devise with above snippet in config/initializers/...


0

heroku buildpacks:set https://github.com/bundler/heroku-buildpack-bundler2 してみるとどうでしょうか?


0

result = `curl -X GET https://api.gnavi.co.jp/RestSearchAPI/v3/?keyid=78d2d49f3aa8747a6cc03da01cf41bdd&category_s=RSFST08008&category_s=RSFST08009&#{place}`#ここでぐるなびAPIを叩く#{place} 外部コマンドに不備があります。 & を \\& に変更すれば動くのではないでしょうか?


1

自分はずっと、 pry-byebug を利用していたのですが、これと、 pry-stack_explorer は非互換だそうです。 https://github.com/deivid-rodriguez/pry-byebug#alternatives gem ファイルの依存関係に、 pry-byebug と pry-stack_explorer の両方をいれていると、どうやら、 up/down の挙動がおかしくなる模様です。 pry-stack_explorer を削除した結果、動作は安定するようになりました。


1

インラインスクリプト (<script> ~ </script>) や、 async, defer 属性または type="module" を持たない script 要素は、ブラウザがページの解析を続ける前に、読み込みと実行が行なわれます。 今回のスクリプトとファイルの読み込み箇所を見ると、 application.js は、ページの読み込みが完了することを待たずに head 要素で読み込まれ、実行されます。すると、スクリプト実行時点では #menu-toggle を持つ要素が存在しないため、クリックイベントは期待したとおりに動作しません。 今回の場合、 script 要素に defer 属性を付与するか、 <%= javascript_include_tag "blah....


0

( hoge + tag.div(fuga, class: 'badge badge-warning') ).html_safe slim と ruby ではそもそも処理系が違うので slim の中では羅列文字列がそのまま出力されるけど ruby の中では順番に実行されてるだけで 結果として返るのは return のみ(省略された場合は最後の行の返り値) でそれを slim がレンダリングしてるに過ぎない ruby 内で羅列した(返り値が文字列の)もの全部出力するには 単純に + か concat でつないで返り値に含めればいい タグとして認識させたい場合は最後に html_safe をつける [ hoge, tag.div(fuga, class: 'badge badge-warning') ]...


上位 50 件の最近の回答が含まれています