次のタグが付いている話題の回答:

4

ファイルパスにスペースが混じっていることが原因かなとエラーメッセージから推測されます。 メッセージが /Users/shiotaka/Google で切れてるので。 /Users/shiotaka/Google ドライブ/genba_rails/taskleaf/vendor/bundle/ruby/2.5.0/gems/spring-2.1.1/lib/spring/client/run.rb:76:in `spawn': No such file or directory - /Users/shiotaka/Google (Errno::ENOENT)## Googleドライブではなくて、別の場所でサーバを起動してみるとどうでしょうか。


4

複数のデータベースがある場合は、 --database あるいは --db フラグでどのデータベースに接続するかを指定します。 $ bin/rails db --database=hogehoge 公式ドキュメント(英語)。 "primary"は、DB設定が(環境毎に)1つしかない場合にRailsが内部的に設定する識別子で、--databaseフラグで指定がない場合には db コマンドも"primary"という識別子のデータベースに接続しようとします。 複数のデータベースがある場合、設定のハッシュのキーが識別子として使われるので、どれか1つのキーを"primary"にすることで、そのデータベースには--...


3

Wikipedia英語版Primary keyより: (前略) In the ORM like active record pattern, these additional restrictions are placed on primary keys: Primary keys should be immutable, that is, never changed or re-used; they should be deleted along with the associated record. (後略) ORMapper が暗に id のような人工キー(surrogate key)を主キーとして要求しているのは、主キーの不変性を保証することで、レコードのコントロールを容易にするためです。 ...


2

以下のページでは "Semantic Versioning" に準じたバージョン付けと説明されていますが、 "シフトしたもの"となっています。 Ruby on Rails のメンテナンスポリシー - Railsガイド (引用にあたっては一部のみ抜粋、見やすさのため行の前後を入れ替えています) Railsのバージョン命名は semver の Semantic Versioning をシフトしたものに従っています。 メジャー X 新機能を追加します。多くの場合API変更も含まれます。 マイナー Y 新機能を追加します。ここにAPIの変更を含めることもできます (Semverでいうメジャーバージョンに相当)。 パッチ Z このパッチではバグ修正のみを行います。...


2

capistrano がインストールされていないため、cap がロードできないというエラーが起こっています。 Gemfile をよく見ると capistrano の行はコメントアウトされており、bundle install しても capistrano がインストールされていません。Gemfile を見直してください。 # gem 'capistrano'


2

定義の上で右クリック→「ピーク」→「参照をここに表示」で参照元の表示/移動ができると思います。 ショートカットキーは手元の環境だとAlt+F12になっていました。 メニューが表示されない場合は適切なLanguage Serverがインストールされてないのかもしれません。 Solargraphなどを入れてみてください。


2

Ruby on Railsを使っている場合、String#constantizeメソッドが使えます。 'User'.constantize # => User(id: ingeter, email: string, ...) 'User'.constantize.all # => [#<User id: 2, email: 'foo@example.com', ...]>] また、Ruby on Railsを前提としない場合、Module#const_getが使えます。(Railsを前提とするならString#constantizeのほうが便利かなと思います https://docs.ruby-lang.org/ja/latest/method/Module/i/...


2

自由な変数名を使って良いです。 チーム開発をする場合はMessageクラスの変数名に別の名前をつけると他に意味があるか考えてしまったりするので中身を説明する変数名をつけることが良い習慣とされています # 悪い例: 犬のクラスなのに猫? @cat = Dog.find(params[:id]) また今回例示頂いたような短い変数名は小さな関数の中では読み間違うことはほぼないため、利用して良いと思います(RailsだとViewで利用するので見かけよりでかかったりしますが) # Messageのインスタンス変数なので頭文字のm def show @m = Message.find(...) end なぜ@messageを使うかを書いてみます。 Railsは規約に従うことコード量を少なくシンプルな記述で書けます。...


2

production環境の前提で答えますが、「起動時に読み込まれるもの」に修正が加わったときは、再起動が必要です。 例えばrubyで書かれたソースコードに手を加えたり、gemを追加したときがこれに当たります。 それ以外のものについては、モノによるとしか言えません。例えばslimは、Railsの起動時に読み込まれ、その後は読み込まれることはないので、slimを修正したら再起動が必要です。 オススメは、「何かに修正を入れたらpumaを再起動する」ことです。再起動自体のコストが高いわけではないので、反映ミスが起こるリスクを抱えるよりは、都度再起動するほうが確実です。 (もちろん、都度再起動が許容できないケースもあるとは思いますが) なお、pumaを再起動する時にサービスを止めずに動かし続ける方法もあるので、...


2

正規表現を利用した方法を紹介します。 記述してある node.at_css('#information p > a')[1]["href"] ではうまくnodeがとれなかったので範囲内のaタグのリンク先を見て探すようにしました base_url = "https://loconavi.jp/" features_url = "features/hananomeisho" url = "#{base_url}#{features_url}" # google mapsの正規表現、緯度経度をキャプチャする maps_regexp = /\Ahttp:\/\/maps\.google\.com\/\?q=(.+),(.+)\z/ #...


1

bundle install時に bundle install --without production staging としてみて下さい。 bundle install時にはどのenvironmentで使うか分からないので、すべてのenvironmentのgemがインストールされるという事だと思います。 一度--withoutを指定すればその情報は.bundle/configに記録されて、以降はbundle installでも大丈夫になるようです。


1

自己解決しました。 rails runner "Movie.reindex(resume: true)" 上記のコマンドでいけました。 停止した場合、再開するという resume true が必要だったみたいです。


1

なさりたいのは shop = Shop.eager_load(:area) として shop.ほにゃらら を参照したり shop.area.ほにゃらら を参照したりといったことでしょうか……? joins だとクエリキャッシュが生まれないので eager_load にしていますが、ユースケースによっては includes でも良いです。 Shop.joins(:area).select("shops.*, areas.*").first だと、計算結果としては Shop クラスのインスタンスが返ってくるので、そこには Area クラスのインスタンスメソッドは生えていません。また同名カラムの存在を考えるとそういったようにすべきでもありません。 belongs_to :area ...


1

docker-compose が実質的に行っているのと同じように、ふたつの docker run を使えば可能です。つまり、片方の docker run では Rails を動かし、他方の docker run では DB を動かせば良いです。 docker-compose がやっているのと完全に同じにするには、更にネットワークを設定し、Rails 側のコンテナから DB 側のコンテナが認識できるようにする必要があります。docker-compose.yml において depends_on で指定している設定です。 これらをイチから設定するのは面倒なので、特に docker run に拘る必要が無いのであれば最初から docker-compose を利用すれば良いように思います。 Azure ...


1

Detected sqlite3 gem which is not supported on Heroku: https://devcenter.heroku.com/articles/sqlite3 こちらの2行に説明があります。sqlite3はHerokuではサポートされていないとのことです。 Gemfileにあるsqlite3の行をdevelopmentグループに入れれば解決すると思われます。 Herokuの詳細な利用方法についてはこちらを参照してください。


1

現在の Dockerfile では CMD が指定されていません。このため指定無しで docker run した場合、FROM で指定されている ruby:2.5.3 の CMD である irb が起動しています。 docker-compose up で起動した場合は docker-compose.yml で指定したコマンドである rails s -p 3000 -b '0.0.0.0' が実行されているため、3000 番ポートで Rails が待ち受けてくれています。一方で今回作った Docker イメージでは単に docker run するだけだと irb が起動するだけなので Rails が起動していません。 このことを手元で試すには、たとえばコマンド引数で CMD を指定する docker run -p ...


1

ご質問の場合、.limit() は Post(Posts?)の取得件数となります。 取得する件数が固定であれば、histories のアソシエーションで行けるのではないかと。 https://railsguides.jp/association_basics.html#has-many%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-limit 動的にやる方法は分かりかねます。


1

下記のような感じはいかがでしょうか def all_contents? (1..5).all? { |i| cms_fragment_content(:"text_#{i}").present? } end


1

単純に繰り返しを少し減らすだけなら %i(text_1 text_2 text_3 text_4 text_5).all? { |text_n| cms_fragment_content(text_n).present? } みたいな感じでは書けそうです(試していません) (1..5).all? { |n| ~ } でもいいかもしれません。


1

TimeoutエラーとなっているのでSMTPで利用するポートが空いていないのかなと推測されます。EC2のセキュリティグループ設定はどうなってますか? -- sugumura ご指摘の通り、セキュリティグループのアウトバウンドルールの設定が誤っておりました。port番号587を追加したところ解決しました。助言頂きありがとうございました。 -- amaama -- この投稿は、コメントにて解決していた質問に、そのコメントを引用する形で回答をつけておくものです。


1

menewさんにご返答いただき解消できました。 どうやら下線のように思えていたものは、背景色がはみ出しているようでした。 以下のように修正すれば解決できました。 a:hover {   background-color: transparent; } ▼application.html.erb /* * This is a manifest file that'll be compiled into application.css, which will include all the files * listed below. * * Any CSS and SCSS file within this directory, lib/assets/stylesheets, or any plugin'...


1

Railsのenumはコードの表記上、文字列(またはシンボル)で透過的に扱えるように実装されています SQLを直接叩いたり、DBのGUIクライアントを使って保存されたレコード情報を見るとわかりますが実際は文字列ではなく数値が保存されています。あくまでRailsの上ではDBに保存された1の値がtype1と表示されているだけです Railsで実際に保存された値を確認したい場合はenumを定義した際に利用できるattribute_before_type_castを呼び出すことで確認できます > destination.expense_before_type_cast => 1 ドキュメント: https://api.rubyonrails.org/classes/ActiveRecord/...


1

https://gyazo.com/a1a68a7984ba9c1a97c59d10c29325d2 の class CreatePhotos < ActiveRecord::Migration のところ、 って書けるのはRails4か5.0あたりまでだったとおもいます。 ここを class CreatePhotos < ActiveRecord::Migration[6.0] にしてみて再度 rails db:migrate 試すとよいとおもいます


1

「バリデーションに失敗しました: Create userを入力してください」というメッセージ読み取れるのは、何かのモデルでvalidationを実行した時に、create_userというフィールドにpresence: true(もしくはそれ相当)な制約が存在するのに、create_userというフィールドがnilだったので、validationに失敗したということです。 コードから推測するに、 Postモデルには、userフィールドではなくcreate_userというフィールドが存在するのではないでしょうか?(もしくは両方とも存在しているかもしれませんが。) models/post.rbの中身やdb/schema.rbの中身を確認してみるとどうでしょうか? また、FactoryBot.create(:post, ...


1

BUNDLE_GEMFILE の環境変数を指定しながら bundle を実行すると、そのファイルを見にいってくれます。なので、 capistrano だけを追加した、例えば Gemfile.cap などを用意し、 BUNDLE_GEMFILE=Gemfile.cap bundle exec cap production deploy などをデプロイ用のコマンドとすれば、ひとまず要件である「Gemfile を分離する」は実現できそうだな、と思っています。 参考: https://bundler.io/v1.5/bundle_config.html


1

自己解決しました。 原因はdatabase.ymlのproduction環境指定欄に、コメントアウトされてるcredentials.ymlで指定してあった部分を、探そうとしてたからです。 該当部分を削除したら、何事もなく起動しました。 # production: # <<: *default # database: mynote_production # username: <%= Rails.application.credentials.rds[:DATABASE_USERNAME] %> ←こいつら # password: <%= Rails.application.credentials.rds[:DATABASE_PASSWORD] %> ←こいつら ...


1

@ammmyy さん、こんにちは。 エラーの件は、保存の時点で params[:cat_post_id]がみつかっていないような挙動に見受けられたので、binding.pry したときに paramsを出力してみてcat_post_idが確認してみてはどうでしょうか。 create -> new @cat_post_comment = CatPostComment.create(cat_comment_params) createをつかうと、このメソッドの時点でDBへの保存が実行されてしまいます。 newをつかうようにしてみてください。 @cat_post_comment = CatPostComment.new(cat_comment_params) もうすこし踏み込むと、...


1

セミコロンを入れると文の区切りとして認識され、SQLiteが実行しようとしてエラーを出します。すると同時に、プロンプトが元に戻ります。 sqlite> quit ...> ??? ...> ; Error: near "quit": syntax error sqlite> .quit (終了する)


1

お騒がせしました。自己解決できました。 @micropost = current_user.microposts.find_by(id: params[:id]) の左辺のスペースが全角になっていたことが悪さをしていたようです。 初歩的なミスで申し訳ありません。


1

JavaScriptが正しく動作していないため、POSTやDELETEとして処理されず、ルーティングが失敗しています。 JavaScriptが正しく動作するように修正してください。 ただし、その解決にはブラウザの検証ツールに出るエラーメッセージや生成されたHTMLのコード、JavaScriptのファイルに直接アクセスした場合はどうなるかなどが必要になるため、一概に解決方法は示せません。(もし、その問題を解決したい場合は、質問の要旨が変わってきているので、この質問に関連付けながら、別質問にした方がいいと思います。) GETでも読み込めるようにルーティングを変更することで対応しているようですが、それはあまり良い方法ではありません。ちゃんとJavaScriptが動作するように対応すべきです。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります