次のタグが付いている話題の回答:

6

reactjsは外部でDOMが操作されたことを知り得ないため、安全ではありません。 仮想DOMとの矛盾が生じた場合、予期しない動作を引き起こす可能性がありますので、外部からDOMを操作する場合は、仮想DOMの挙動を意識する必要があります。 https://github.com/facebook/react/issues/3218#issuecomment-75513815 Mutation of DOM node attributes/properties is safe (but should be avoided). Mutation of the DOM node hierarchy for anything but insertion of nodes into empty leaves ...


5

ポート番号を指定しているのは、開発用途で標準のポートと衝突しないようにするためです。セキュリティには関係無いです。  http://localhost/hoge/のようにしたい場合は、apacheやnginxなどでリバースプロキシを設置したりする方法があります。説明は大変なので、詳細は調べてみてください。  server.phpはphpでサーバーを起動したい場合に使うもので、server.jsをphpで書き換えたものです。よって、npm installしたあとは、node server.jsかphp server.phpのいずれかのみで構いません。


5

ぐぐってみると、この言葉の出所としては「リアルな DOM はなぜ遅いのか」という記事あたりではないかと思います。 仮想DOMを使っても、仮想DOMから実DOMを操作しているわけで、最適化されたJavaScriptを使って実DOMを操作するよりも速くなることはありません。 この言葉の意味は、仮想DOMを使った場合は、フロント実装者が気にしなくても差分のみをレンダリングしてくれるので高速になる。使わない場合は、実装者がDomの差分を考えて、コードを組む必要があるが最適なコード書くのは難しいということです。 詳しくは、記事を読んでもらうのが一番いいと思いますが、正確ではないですが要約すると次のようになります。 レンダリングは、次のような処理をしていて、ブラウザーの表示では一番重い処理になる。 ...


4

「できあがったReactを使ったサイトを確認するだけなら、HTMLをローカル上で直接開いて見ればいいじゃ無いか?」 たぶん、そう思ったのででしょう。しかし、このローカルで直接HTMLを開く事にはいくつかの問題があります。 1. 絶対パスがあると、正しく表示できない。 最近のWebサイトはCSS、JavaScript、アイコンなどの画像、他ページへのリンク等について絶対パスを使う傾向があります。これは、HTMLの階層が変わってもコードを変更しなくても良いようにです。react-appも例外ではなく絶対パスになるようになっています。 例えば、HTMLに<script src="/static/js/main.js"></script>と書かれていますが、もし、...


4

React, Reduxは固有名詞で翻訳はできません。 Actions、Action Creator等についてもReduxで使うActionであり、Reduxで使うAction Creatorなので、日本語の単語への翻訳(活動、アクション生成器とか縮約器)はなじまないでしょう。見たことはないし、違和感があります。 React →そのまま Redux →そのまま Actions →そのままか、アクション、意訳すれば「Reduxのアクション」 Action Creator→そのままか、アクションクリエイター、意訳すれば「Reduxのアクションクリエイター」 Reducer→そのままか、意訳すれば「ReduxのReducer」 などが妥当なのではないでしょうか。


2

ReferenceError: "process" is not definedとの事ですので、JavaScript のどこかでグローバル変数processを参照しようとして、未定義エラーになっていると推測されます。 読み込んでいるファイルreact/react.jsは、Browserify等のコマンドラインツールから読み込むことを想定しているようで、内部でprocess.env.NODE_ENVを参照しています。 読み込むファイルをreact/dist/react.jsか、react/dist/react.min.jsに変更するとエラーは出なくなると思われます。


2

react-nativeは知らずreactだけ知っててお答えしますが、 setState()を実行すれば、そのコンポーネントと子コンポーネントのrender()が実行されるという認識なので この認識は間違っていないと思います。 App Component内で <Sub2 method={this.changecount}/> としていますが、このchangecountをAppインスタンスにbindする必要があるかと思います。 constructor(props) { super(props); this.state = {selectedTab:0}; this.changecount = this.changecount.bind(this); } ...


2

JSX JSX は JavaScript や TypeScript の構文を拡張する物です。 基本的には、トランスコンパイラなどと呼ばれるツールで、(仮想)DOMを構築する関数の呼び出しに変換されます。 JSX を使用せず、直接これらの関数を呼び出すコードを書いてもかまいません。 https://facebook.github.io/react/docs/react-without-jsx.html // JSX class Hello extends React.Component { render() { return <div>Hello {this.props.toWhat}</div>; } } // JSX 不使用 class Hello extends ...


2

いくつかアプローチを書いてみます。 - HTMLファイルで直接読み込む React の場合は node_modules/react/dist ディレクトリにブラウザ向けのコンパイル済みファイルが配置されています。 これをコピー(またはシンボリックリンク)して、 <script src="lib/react.min.js"></script> すると、スクリプト全体でグローバル変数 React が利用できます。 これが最も従来の方法に近いです。 複数のページで React を利用している場合、キャッシュを効率的に利用できるメリットもあります。 - エントリ ファイルで global に代入する 最初に1度だけ実行される場所 (例えば Browserify に渡す最初のファイル) ...


2

インデントを合わせてみたところ、Appクラス定義の中で、const location = results.geometry.location;の行から、renderメソッド定義の前の行までの記述が、メソッド定義の外に出てしまっているようです。 class App extends Component { constructor(props) { // 略 } setErrorMessage(message) { // 略 } handlePlaceSubmit(place) { axios .get(GEOCODE_ENDPOINT, { params: { address: place } }) .then((results) => { ...


2

React.DOM はReact 15.xで廃止が予告され、16.0で実際に廃止されました。 同じAPIを使い続けたい場合は、パッケージ react-dom-factories が利用できます。 現在、公式ドキュメントで紹介されているのは、React.createElement を使う方法です。


2

PDFの編集は非常に手間の係る作業になります。既存のPDFをフォーマットに使う場合、その編集は注釈(Annotation)で値を入力して表示するのが一番楽だと思います。その場合でも、各々の値ごとに出力する位置を0.1mm単位で決める必要があります。もし、フォーマットが少しでも変更になれば、位置がずれてしまうため、位置を全部修正する必要があるのでメンテナンスも大変です。 そのため、既存のPDFを使わずに、HTMLで様式を作成してCloud FunctionsでPuppeteerを使ってPDFに変換した方ははるかに楽にできると思います。 それでも、既存のPDFをフォーマットとして使いたいのであれば、英語版の Edit existing PDF in a browser という質問が参考になると思います。...


2

問題はreact-global-configurationが依存しているパッケージであるserialize-javascript内でアロー関数が使用されている点にあります。ご提示のbabel-loaderの設定にexclude: /node_modules/とありますから、node_modules内にある依存モジュールに対してはbabelの処理が行なわれていません。 実は、この問題はserialize-javascript側で昨日修正されました。ですので、以下のコマンドを実行してserialize-javascriptを最新版にアップデートしてからビルドし直すことで解決すると思われます。 npm update serialize-javascript --depth 2 これは余談ですが、@babel/...


1

Windows 7 にて質問文と同じ環境を作成し、 npm start を実行したところ、同様のエラーが発生しました。 # # Fatal error in , line 0 # Check failed: U_SUCCESS(status). # # # #FailureMessage Object: 000000000028DBA0npm ERR! code ELIFECYCLE npm ERR! errno 3221225477 npm ERR! tutorial@0.1.0 start: `react-scripts start` npm ERR! Exit status 3221225477 npm ERR! npm ERR! Failed at the tutorial@0.1.0 start ...


1

簡単なお返事 post は引数で、 新しく、名前付けした物 です。 この引数には、 map 関数により posts の要素が1つずつ渡されます。 詳細なお返事 4行目の props.posts.map つまり props.posts に対する map 関数の呼び出しから来ています。 map 関数は、そのリストの中身を、1つずつ処理して、別のリストに変えるための関数です。 map 関数は引数として、別の関数を受け取ります。 その別の関数には、要素を1つ分与えて処理をさせ、1つ分の要素を変えさせます。 つまり変換を定義する関数になっています。 さてところで、JavaScriptでその場で関数を定義する方法が、大きく分けていくつかあります。 1つは function name(v1, v2, v3, ...){...


1

解決しました。 public/index.html の直下に以下の内容を書き込むと反映されました。 <script src="checkout.stripe.com/checkout.js"></script>


1

webpackの最新バージョンを使う際、 各ライブラリが、webpackの最新バージョンに対応していない場合があるので 対応するまではwebpackのバージョンを落として対応するなどする必要があるかと思います。 またnodeのバージョンを合わせていないと起こる場合もあるため、気をつける必要があります。 各ライブラリは、都度バージョンアップしているため、 webpack最新バージョンに対応ができしだい、都度合わせる必要があるかと思います。 ただ、webpackなどは日々バージョンアップしているため 個人的にはプロジェクトを始めるときに安定しているバージョンで作り始めるのがよいかなと思います。


1

ReactにおけるJSXは React.createElement(...) のシンタックスシュガーです。なので、JSXの代わりに React.createElement(...) を直接呼び出すようにすればお望みの動作が実現できるかと思います。 例えば、func1がグローバルに宣言されている関数だとしたら、 React.createElement(window["func1"]) とすることで <func1/> と同等のオブジェクトを得られます。 参考: https://reactjs.org/docs/jsx-in-depth.html


1

React単体でどうにかできなくもないですが,要件的にRedux使ったほうがいいんじゃないでしょうか?Reduxじゃないと今後複雑さに耐えられないにおいがプンプンします… Reduxであればこの手の問題は簡単に解決できますね。


1

まだ新しいので情報が少ないですね。自分も探り探り使っています。 What’s new in React 16.3(.0-alpha) によると、 componentWillMount は componentDidMount に変更 componentWillUpdate は componentDidUpdate に変更 componentWillReceiveProps は新たに追加された static getDerivedStateFromProps を使う のが良いようです。特にnpmの追加は要りません。 プロジェクトを新規作成されたとのことなので、上記の通り対応していけば良いでしょう。 既存のプロジェクトの場合、これに対応しようとすると、影響範囲が大きすぎるので、...


1

自己解決しました。 var Appより先にInboxやDashboardなどの値を定義すればOKなだけです。


1

react-router には KeyDown 検出の機構はとくにないので、onKeyDown イベントの中で HistoryAPIを利用してページ遷移するのがよろしいと思います。 ハンドラの例: handleKeyDown(e) { if (e.keyCode === 13) { // Enter の場合のみ console.log("Enter Key!") browserHistory.push("/new_path") } } Textfield の例: <TextField floatingLabelText="huga" value={this.state.huga} onChange={this....


1

leftButtonTouched = () => this.setState({open: !this.state.open}); にしたところ動きました。


1

npmを-gオプション付きで使っているものとして回答します。 下記のようなコマンドで状況が調査出来ますので、試して下さい。 エラーになり解決出来ないようでしたら、実行したコマンド、その出力、実行環境などを質問に編集で追加すると、より回答が得られやすくなります。 npm list -g react-tools # インストールされているか確認 # 出力例 -> # /usr/local/lib # └── react-tools@0.13.3 jsx --version # jsx コマンドが実行出来るか確認 # 出力例 -> # 0.13.3 npm bin -g # 実行ファイルの配置場所を確認 # 出力例 -> # /usr/local/bin /usr/local/bin/jsx ...


1

ローカルのHTMLは以下のように読み込むことができます。 <WebView source={require('./helloworld.html')} /> こちらを参考にしてみてください。 https://facebook.github.io/react-native/docs/webview.html


1

同じ現象に悩まされており、 react-native-xcode.sh で export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH のようにパスを通せばとりあえず動くようになりました https://github.com/facebook/react-native/issues/3948


1

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Function/bind の例に、ドンピシャに書いてありました。


1

LinkedStateMixinの実装を見てみると、 https://github.com/facebook/react/blob/v0.12.2/src/addons/link/LinkedStateMixin.js#L34 https://github.com/facebook/react/blob/v0.12.2/src/core/ReactStateSetters.js#L59 ここにsetStateがあります。 コールバックを外から指定できそうにないですね。 状態変化後に何らかの処理を行う他の手段としては、componentDidUpdateを利用する方法が考えられます。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります