RDP (Remote Desktop Protocol) は、マイクロソフトが開発した独自のプロトコルで、ユーザーに別のコンピュータへのグラフィカルインターフェイスを提供します。

このプロトコルは、ITU-T T.128アプリケーション共有プロトコルの拡張です。 クライアントは、ほとんどのバージョンのMicrosoft Windows(Windows Mobileを含む)、Linux、Unix、Mac OS X、Android、およびその他の最新のオペレーティングシステムに対応しています。 デフォルトでは、サーバーはTCPポート3389で待機します。

マイクロソフトは現在、公式のRDPサーバーソフトウェアをリモートデスクトップサービス(旧称:ターミナルサービス)、公式クライアントソフトウェアはリモートデスクトップ接続(旧称:ターミナルサービス接続)と呼んでいます。

出典:ウィキペディア(Remote Desktop Protocol)

履歴 | 抜粋履歴