次のタグが付いている話題の回答:

3

Raspberry Pi 3B+と4とZero WH(とPico)を所有していますが、Raspberry Pi OSの入ったmicroSDを相互に差し替えても問題なく動作します。(Picoは除く) 申し添えるならばRaspberry Pi 4とZero WHはスペックに大きな差がありますので、起動時にメモリ負荷が高い処理を流すプログラムなどを実行するようにcrontabなどを仕込んでいると、低スペック機では落ちる可能性があるかもしれません。 なお、Raspberry Pi OSはSDカードを読み取り専用にするOverlay FS設定が簡単にできます。 この設定によってOS自体も書き込みができなくなりますので、どの機体を使っても絶対にSDカードの状態を変更できなくすることも可能です。


2

OSとして Raspberry Pi OSは, 32bit版であれば おおよそそのままで他の Raspberry Pi でも動きます (Pi Zeroでデスクトップ版とか無茶しない限り) (Raspberry Pi 3B, Raspberry Pi 4B 間の 64bit同士でも同様) Ubuntu や Manjaro の場合も, "(RPi 3/4)" を含むものなら, Raspberry Pi 3,4 共通で動かせます 何らかのライブラリー / インターフェース 現在の Raspberry Pi OSは Debian Bullseyeをベースとしていて, 新しいバージョンのライブラリと新しいインターフェースが付属し旧いインターフェースはサポートされません "...


1

公式ドキュメントをざっと見た程度ですが lcd_rotate=xは旧製品での設定で、4B以降は設定方法が変わっているようです。 デスクトップ環境を使っているのであれば、デスクトップの"Preferences"メニュー→"Screen Configuration Utility"で設定する。 非デスクトップ環境の場合は、/boot/cmdline.txtを編集して設定する。 旨が記載されています。


1

要約:理由は分からないが直った 他の任意のプログラムも動作速度 1/2 になっていますか? なっていればクロック初期化のところで誤って動作周波数が 1/2 になっているものと推定されます。 使用感に変化は感じておらず,他のプログラムが遅くなったような気はしません. 体感だけでは何とも言えないので,現在のクロック周波数を調べるためにcpufrequtilsを入れてみました. まず,クロック周波数を測ってみると900MHzで,遅めの値が出ました. これが原因だったのかと(機能しないこと前提に)irrp.pyを操作したところ,正常に消灯され,驚きました. この直後に測ったクロック周波数は1.4GHzでした. このことから,クロック周波数が原因だと考えました. しかし,その後も何回か追加で操作してみると,...


1

I2Cなら、SCLを有効とするデバイスのみに供給するようにゲートしてやればいいです


1

usercfg.txtは作成するんですよ そうしたら起動しました


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります