次のタグが付いている話題の回答:

4

そのままRandom.newとしてください。Random.newはシード値を引数として渡さない場合、Random.new_seedを呼び出し、その結果をシード値とします。Random.new_seedはシード値として適切な値を呼び出す毎にランダムに返します。 a = Random.new b = Random.new p a.seed p b.seed p a.rand p b.rand 上のコードを実行すれば、aとbでシード値が異なること、最初の乱数も異なることが確認できると思います。


4

「変数の名前」と「文字列」を区別してください。 質問文にあるプログラムには、大雑把に 2 つ、誤解なさっていそうな点があります。 1つ目は、diceQ = input("サイコロを振りますか? : ") という行では、ユーザーが入力した値が 文字列 として変数 diceQ に代入されているという点です。数値ではありません。たとえば下のようなプログラムを実行すると、このことが分かります。 diceQ = input("サイコロを振りますか? : ") print(diceQ) # この時点での変数 diceQ の中身を出力します 2つ目は、if diceQ == yes: という行の yes という書き方は、「yes」という名前の変数だと解釈されているという点です。文字列「yes」は "yes" ...


2

GCCの持つstd::random_deviceの主な実体ですが、 gcc/libstdc++-v3/include/bits/random.h gcc/libstdc++-v3/src/c++11/random.cc にあります。プリプロセッサマクロでコンパイル時に動作を分岐しています。 _GLIBCXX_USE_RANDOM_TR1 /dev/randomか/dev/urandomかのどちらかのデバイスファイルが存在すれば<random>はTR1対応とする。ただしMinGW環境では誤検出するため常にTR1未対応とする。 _GLIBCXX_X86_RDRAND x86アーキテクチャの持つRDRAND命令が使用可能かテストする。 の2つが影響しています。その上で実際の動作としては ...


2

種を固定して毎回同じ数値列が生成される(=簡単に予測可能)のは、さすがにまずいと思うのですが。 望ましい振る舞いではありませんが、ぎりぎりC++規格準拠といえる気はします。つまり "implementation-defined" の範囲内であり、単に実装の品質が著しく低いという解釈です。(それを不具合と呼ぶかどうかはもはや基準による?) 別の観点ですが、該当環境で std::random_device{}.entropy() == 0.0 となっているか確認してみてください。処理系の都合で非決定的な乱数列を返せないときは、entropy()がゼロを返す仕様になっています。 関連する C++11仕様 §26.5.6 [rand.device] より引用(強調部分は回答者による): 1 A ...


1

自己解決方法を以下に記します(万一間違っていた場合、教えて頂けると助かります)。 import random import numpy as np n = 27 itr = 10 step = [i for i in range(0,itr+1)] r_list = [i for i in range(0,n)] walk = np.zeros([n,n,n],dtype=np.uint8) walk[0,0,0] = 1 prob =[] time=[] for t in step: if t == 0: pass else: number = random.randint(1,6) next_walk = np.zeros([n,n,n],...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります