次のタグが付いている新しい回答:

0

基本的な時系列解析(Arima,var等のモデル)は、全て知っています。このデータは、通常の連続時系列データとは異なり、離散サンプリングが行われているデータになります。(観測時系列の感覚が等間隔ではないという意味です)。その点で通常の時系列解析には乗らない解析になります。イメージとしては、非定常点過程における時間変更定理が適応される前の非常に汚いデータをイメージしていただくのが分かりやすいかと思います。


0

Error: Invalid input: date_trans works with objects of class Date only これは文字通り, scale_x_date() を指定した X軸には Date 型の変数しか指定できないということです. csv を HTML に変換したということで, 正確に再現できないのですが, おそらく read.csv() を使ったことで time と turn_time が factor 型などで読み込まれてしまっているのではないかと思います. 提示いただいたプログラムでは tidyverse を使用しているようなので, 代わりに read_csv() を使うと Date 型で読み込んでくれるかもしれません. あるいは手動で変換してください. 以下のように: ...


1

以下は as.data.frame.table() を使う方法です。 > arr <- array(1:24, dim=c(3, 4, 2)) > arr , , 1 [,1] [,2] [,3] [,4] [1,] 1 4 7 10 [2,] 2 5 8 11 [3,] 3 6 9 12 , , 2 [,1] [,2] [,3] [,4] [1,] 13 16 19 22 [2,] 14 17 20 23 [3,] 15 18 21 24 > df <- as.data.frame.table(arr, base=list(as....


0

たとえば、このような配列があったとして、 > a <- array(1:30, c(3, 5, 2)) # サイズが 3 x 5 x 2 の3次元配列 > a , , 1 [,1] [,2] [,3] [,4] [,5] [1,] 1 4 7 10 13 [2,] 2 5 8 11 14 [3,] 3 6 9 12 15 , , 2 [,1] [,2] [,3] [,4] [,5] [1,] 16 19 22 25 28 [2,] 17 20 23 26 29 [3,] 18 21 24 27 30 expand.grid()...


0

stringrパッケージのstr_replaceが良いかと思います。 以下に、irisデータを使った例を記載してありますので、ご参照下さい # irisデータ Species列の'g'を'G'に変換する # 変換前確認 iris %>% distinct(Species) # 変換 iris.mod <- iris %>% mutate(Species = stringr::str_replace(Species, 'g', 'G')) # 変換後確認 iris.mod %>% distinct(Species)


0

lm()部分の結果を見てみますと、多くの変数で回帰係数がNAとなっています。 summary(lm(y ~ group + treat + id * group + period)) Call: lm(formula = y ~ group + treat + id * group + period) Residuals: Min 1Q Median 3Q Max -0.9111 -0.2167 0.0000 0.3278 1.0889 Coefficients: (18 not defined because of singularities) Estimate Std. Error t value Pr(>|t|) (...


上位 50 件の最近の回答が含まれています