次のタグが付いている新しい回答:

1

Visual Studio Code用にGoogle検索してMS以外でヒットするのは以下のExtensionくらいでしょうか。 python-snippets 他にsnippetsだけでは無いですがこんな記事も。 10 Visual Studio Code extensions for Python development なお、@nekketsuuu さん回答のように、Marketplaceのページでsnippetsとpythonで絞り込むと、現在66個がヒットします。上記Extensionは関連ランクとしては7番目のようですね。 Search results - python | Visual Studio Code , Visual Studio Marketplace ...


0

2点考えられます。 ①ファイル名に""を入れていない read.xlsx(book1.xlsx)ではなくread.xlsx("book1.xlsx")となります。 エラーを見ていると実際には""入れてるかもしれませんが... ②保存したデータが作業ディレクトリに入っていない。 まずRでgetwd()と入力するとフォルダの場所が出てきます。 Rはそのフォルダの位置を基準にしています。 まだRに慣れてなければそのフォルダにデータを入れて試してみてください。 もし「相対パス」や「絶対パス」という意味がわかれば他のフォルダに入っていても出来ると思います。


1

「有名なスニペット」という意味では、VS Code Marketplace で配布されている拡張機能に最初からいくつかスニペットが入っていることがあります。たとえば Microsoft/vscode-python には最初からこのようなスニペットが入っています。Marketplace で検索すると他にもスニペット用の拡張機能が見つかるので、ある意味スニペットが集まっていると言えそうです。


1

data.tableパッケージ(rleid()関数)を使う方法を挙げておきます。 > library(data.table) > df <- data.frame( X = c(1, 1, 3, 5, 1, 2, 2, 2, 3, 5), Y = c(2, 2, 4, 6, 2, 3, 3, 3, 4, 6), Z = c(letters[1:10]) ) X Y Z 1 1 2 a 2 1 2 b 3 3 4 c 4 5 6 d 5 1 2 e 6 2 3 f 7 2 3 g 8 2 3 h 9 3 4 i 10 5 6 j カラム X, Y の値が同一の連続行を一行に約めます。 > aggregate( df, ...


0

lagを使うことで一つ前の値を取ることができます。 これをfilterと組み合わせることで、一つ前の行のデータと異なる場合を抽出可能です。 # デモデータ作成 demo <- tibble(value=sample(LETTERS, 50, replace = TRUE)) # lagを使ってfilter filtered <- demo %>% filter(value != lag(value, 1))


上位 50 件の最近の回答が含まれています