次のタグが付いている話題の回答:

3

R言語はRという統計解析システムのためのものであって、汎用のプログラミング言語ではありません。 ミドルウェアとして機能するとは思えません。 「プログラム言語である以上、他のシステムやソフトウェアにも組み込める」というのは誤解です。


2

https://www.isglobal.org/software から Package source. miclust_1.2.5.tar.gz をダウンロードしてローカルからインストールできませんか? ローカルからインストールするには,Rstudioであれば, Tools > install packages で,install fromでpackage archiveを選ぶと良いです。


2

Ubuntu16 (rocker/tidyverse のdocker イメージ)ですが、 "noto sans cjk"をインストールすれば行けました。 # bash から (rstudio ユーザーをsudoerに追加後) sudo apt install fonts-noto-cjk # Rにて par(family="Noto Sans") # theme()を使うと調整がラクです ggplot() + theme(axis.text.x = element_text(angle=60, hjust=1))


2

実はリクエストの振り分けをロードバランサに任せておきました。今、レスポンスタイムの長いリクエストをいくつか見つけましたので、他のサーバーよりも、負荷が高まっているサーバーがあると推測しておきました。 「負荷」をみるために「分散状況」を数学的に考えるのは疑問です。 まずは現実を確認するために、リソース状況を確認してはいかがでしょうか。  →負荷高くて処理がおくれているのなら、当然リソース状況に変化があってしかるべきですし。  そもそも、本番運用しているのなら、リソース監視いれているのでしょうが。。 また、サーバーがわで処理の受付、完了を示すログを集めてそれを分析するのも 城跡です。


2

あなたは望みの振る舞いを達成するために factorをcharacterに変換する必要があります。 下記を参照してください: sex <- c ("F", "F", "F", "M", "M") height <- c (159, 163, 178, 172, 165) weight <- c (61, 65, 82, 67, 74) sports <- c ("1", "2", "0", NA, "2") goal <- c ("1", "1", "0", "0", "0") data_set <- data.frame(SEX = sex, HEIGHT = height, WEIGHT = weight, SPORTS = sports, GOAL = goal) ...


2

dplyr::if_else() は、引数trueと falseに与える型が同じでなければいけません。 今回はrank列が実数なので、 NAの中でも実数を指定するNA_real_ を与える必要があります。 mutate(ex, rank = if_else(test == 0, true = rank, false = NA_real_)) また、質問の testがNAのとき、rankもNAにしたいとき では下記のようにするのが良いと思います。 mutate(ex, rank = if_else(is.na(test), true = NA_real_, false = rank)) #> # A tibble: 4 x 4 #> name score test rank #...


2

matplotlib であれば、こんな感じで書けます。 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt from matplotlib.collections import LineCollection from matplotlib.colors import ListedColormap x = [1, 2, 3, 4] y = [4.3, 2.5, 3.5, 4.5] label = [0,1,0] cmap = ListedColormap(['b', 'r']) points = np.array([x, y]).T.reshape(-1,1,2) segments = np.concatenate([points[:-1], points[...


2

以下Rとggplot2パッケージ(tidyverseパッケージに含まれる)による例です。 library(tidyverse) dt <- data.frame( x = 1:4, y = c(4, 2, 3, 4), label = c("a", "b", "a", "a"), stringsAsFactors = FALSE ) print(dt) #> x y label #> 1 1 4 a #> 2 2 2 b #> 3 3 3 a #> 4 4 4 a dt %>% ggplot() + # group = 1としておくことで1本の線としてつなげる # group ...


2

画像にあるようなダイヤモンドを出力するならこれでどうですか。 diamond <- function(n) { levels <- c(1:n, (n-1):1) for (i in levels) { cat(strrep(" ", n-i), strrep("*", 2*i-1), "\n", sep="") } } diamond(7)


1

↓dplyrパッケージのgroup_byとlag関数を用いた例です。 library(dplyr) # デモデータ作成 df <- data.frame( year = rep(seq(2005, 2016), 2), pref = as.factor(rep(c("北海道", "青森県"), each = 12)), pop = as.integer(runif(12 * 2, 100, 200)) ) print(df) #> year pref pop #> 1 2005 北海道 176 #> 2 2006 北海道 149 ... #> 11 2015 北海道 110 #> 12 2016 北海道 126 #> 13 2005 ...


1

pythonの場合は、pandas.melt() と seaborn.catplot() を使うのが簡単です。 import pandas as pd import matplotlib.pyplot as plt import seaborn as sns df = pd.read_csv('iris.csv') tmp = pd.melt(df, id_vars=['variety'], var_name='measurement', value_name='value') sns.catplot(x='value', y='measurement', hue='variety', data=tmp) plt.show()


1

もう一つの方法はgithubより直接開発版のパッケージをイントールするという方法があります。 install.packages("devtools") devtools::install_github("igraph/rigraph") library(igraph) 詳しい情報はこちらの公式GitHubページを参照してみてください。


1

PythonとR言語のそれぞれ強みなどは理解しているものとして説明します。 ある言語から別の言語を呼び出して利用する 1つの言語の中で完結させられるのが強みでしょう。 言語間でのやりとりに限らず、ライブラリとして同じ言語で作られた別の機能を利用するのに近いイメージだと考えられます。 各言語で(ファイルやデータベース、RPCなどを利用して)やりとりする それぞれの言語の流儀に沿った構成を出来ること、それぞれのアプリケーションを常時起動させるアーキテクチャを作りやすいことが強みになりそうです。


1

vecが長いときはこれがよいと思います。 cumsum(tabulate(vec)>0)[vec]


1

こちらで如何でしょうか。役に立てれば幸いです。 vec <- c(1,1,2,3,3,3,5,5,7,7,7,7) target1 <- setdiff(1:max(vec), unique(vec)) for(i in 1:length(target1)){ vec[target1[i]<=vec] <- vec[target1[i]<=vec]-1 } 追記 すみません、既にエレガントな回答来てましたね。失礼しました。


1

rbinom(1,1,riskA) ではなく rbinom(n,1,riskA) のようにすると うまくいくと思います。 library(tidyverse) X$card <- ifelse(X$sex==1,rbinom(n,1,riskA),rbinom(n,1,riskB)) summary(X$card) X %>% group_by(sex) %>% summarise(M = mean(card)) で確かめて下さい。 以下の説明は伝わりにくいかもしれません。 rbinomの最初の引数は返す乱数の個数です。 なので1にすると X$sex==0 と X$sex==1 の場合とで それぞれ固定された数(rbinom(1,1,riskA)の返り値とrbinom(1,...


1

関数の戻り値を指定してみてはどうでしょうか? func <- function(x1,df){ for(i in 1:nrow(df)){ df[i,x1+1] <- min(df[i,1:x1]) } df #これを追加 }


1

とりあえず書いてみました。 こんな感じでどうでしょうか。 Python版 import pandas as pd df = pd.DataFrame({'a1':[1,3,3],'a2':[1,4,6],'a3':[2,2,2],'b1':[4,1,9]}) df.join(df.loc[:, :'a3'].div(df['b1'], axis=0).add_prefix('d_')) # a1 a2 a3 b1 d_a1 d_a2 d_a3 #0 1 1 2 4 0.250000 0.250000 0.500000 #1 3 4 2 1 3.000000 4.000000 2.000000 #2 3 6 2 ...


1

pandasならこうでしょうか。 df1 = pd.DataFrame([[1,1,2,4], [3,4,2,1], [3,6,2,9]], columns=["a1","a2","a3","b1"]) df2 = df1.div(df1["b1"], axis=0).drop("b1", axis=1) # 各列をb1で割る df2.columns = df2.columns.map(lambda s: s.replace("a", "c")) df3 = pd.concat([df1, df2], axis=1) # 右に連結 Rで同様にやるならこうでしょうか。 df1 <- ...


1

お騒がせしました自己解決しました 辞書を環境に設定すれば良いだけでした。 ITAIJIDICTPATH = Sys.setenv(ITAIJIDICTPATH="/usr/local/Cellar/kakasi/2.3.6/share/kakasi/itaijidict") KANWADICTPATH = Sys.setenv(KANWADICTPATH="/usr/local/Cellar/kakasi/2.3.6/share/kakasi/kanwadict") library(Nippon) library(tidyverse) data(prefectures) regions <- unique(prefectures$region) regions kakasi(regions) %&...


1

複数のテーブルをどう使うかによって回答が違ってくるのですが、中間にある空白行とヘッダー業を無視すればいいのであれば、PythonだとPandasを使うと、データが数字だけで空白のない列を選んで次のようなコードで処理できます。 import pandas as pd import numpy as np column = 0 df = pd.read_csv('test2.csv', converters={column: lambda x: x if x.isnumeric() else np.nan}) df.dropna(subset=[df.columns[column]], inplace=True) # 保存したければ df.to_csv(save_fname, index=false)


1

以下、R を利用する場合の一例です(外部パッケージは使用していません)。 データファイル名を tables.csv としていて、結果はデータフレームのリストになります。 > fname <- 'tables.csv' > tbls <- unlist(strsplit(readChar(fname, file.info(fname)$size), split = '(\r?\n){2}', perl = T)) > dfs <- lapply(tbls, function(t) { read.csv(text = t) }) > length(dfs) [1] 3 > dfs[[1]] q1 x1 q2 ...


1

今回のような観測された頻度分布と理論上の頻度分布が同じかどうかを検定するにはカイ2乗検定(適合度検定)を使用するのが適当かと思います。 WEB上で検索するとカイ2乗検定を使ってサイコロの出目が均等かどうかを検定する例題がたくさん見つかると思いますので、そのまま今回のリクエスト数の検定に適用できるのではないでしょうか。 一応Rのタグがついておりましたので。 Rで書くと result <- chisq.test(x=c(2054,1989, 1957), p=c(1/3,1/3,1/3)) のようになります


1

RStudio のメニューから File > Reopen with Encoding... を選択するとエンコーディングを変更してファイルを開きなおすことができます. 日本語なら, CP932 SHIFT-JIS UTF-8 ISO2022-JP のどれかだと思います. 文字化けした状態で 編集・保存 してしまっていると,正しいエンコーディングで開きなおしても文字化けは直らないかもしれません. その場合はもう一度スクリプトをダウンロードしなおして 試してみてください.


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります