次のタグが付いている話題の回答:

3

dplyr::if_else() は、引数trueと falseに与える型が同じでなければいけません。 今回はrank列が実数なので、 NAの中でも実数を指定するNA_real_ を与える必要があります。 mutate(ex, rank = if_else(test == 0, true = rank, false = NA_real_)) また、質問の testがNAのとき、rankもNAにしたいとき では下記のようにするのが良いと思います。 mutate(ex, rank = if_else(is.na(test), true = NA_real_, false = rank)) #> # A tibble: 4 x 4 #> name score test rank #...


2

matplotlib であれば、こんな感じで書けます。 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt from matplotlib.collections import LineCollection from matplotlib.colors import ListedColormap x = [1, 2, 3, 4] y = [4.3, 2.5, 3.5, 4.5] label = [0,1,0] cmap = ListedColormap(['b', 'r']) points = np.array([x, y]).T.reshape(-1,1,2) segments = np.concatenate([points[:-1], points[...


2

以下Rとggplot2パッケージ(tidyverseパッケージに含まれる)による例です。 library(tidyverse) dt <- data.frame( x = 1:4, y = c(4, 2, 3, 4), label = c("a", "b", "a", "a"), stringsAsFactors = FALSE ) print(dt) #> x y label #> 1 1 4 a #> 2 2 2 b #> 3 3 3 a #> 4 4 4 a dt %>% ggplot() + # group = 1としておくことで1本の線としてつなげる # group ...


2

画像にあるようなダイヤモンドを出力するならこれでどうですか。 diamond <- function(n) { levels <- c(1:n, (n-1):1) for (i in levels) { cat(strrep(" ", n-i), strrep("*", 2*i-1), "\n", sep="") } } diamond(7)


2

↓dplyrパッケージのgroup_byとlag関数を用いた例です。 library(dplyr) # デモデータ作成 df <- data.frame( year = rep(seq(2005, 2016), 2), pref = as.factor(rep(c("北海道", "青森県"), each = 12)), pop = as.integer(runif(12 * 2, 100, 200)) ) print(df) #> year pref pop #> 1 2005 北海道 176 #> 2 2006 北海道 149 ... #> 11 2015 北海道 110 #> 12 2016 北海道 126 #> 13 2005 ...


2

あなたは望みの振る舞いを達成するために factorをcharacterに変換する必要があります。 下記を参照してください: sex <- c ("F", "F", "F", "M", "M") height <- c (159, 163, 178, 172, 165) weight <- c (61, 65, 82, 67, 74) sports <- c ("1", "2", "0", NA, "2") goal <- c ("1", "1", "0", "0", "0") data_set <- data.frame(SEX = sex, HEIGHT = height, WEIGHT = weight, SPORTS = sports, GOAL = goal) ...


2

ご質問ですが、「Rを使えるjupyter notebooksインスタンスを動かしたい」という理解でよろしければ、環境構築でつまづくことの多いWindows環境での手動ビルドではなく、「dockerコンテナ」を利用する事を強くオススメします。 docker for windows をインストールしたら、 ターミナルから docker run -p 8888:8888 jupyter/datascience-notebook と打って少し待ちます。 pull / build / run が終わると、 http://127.0.0.1:8888/?token=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX のようなログイン用URLが表示されます。google chromeでそのアドレスを開いて下さい。(...


2

Ubuntu16 (rocker/tidyverse のdocker イメージ)ですが、 "noto sans cjk"をインストールすれば行けました。 # bash から (rstudio ユーザーをsudoerに追加後) sudo apt install fonts-noto-cjk # Rにて par(family="Noto Sans") # theme()を使うと調整がラクです ggplot() + theme(axis.text.x = element_text(angle=60, hjust=1))


2

そのような時は、ぜひRの醍醐味である「ベクトル」を使ってみて下さい data <- NULL for(i in 1:2){ data[i] <- i } print(data) このような出力が得られます。 > data [1] 1 2 こうするメリットは、要素の数が増えてもコードは増えない事です: data <- NULL for(i in 1:100){ data[i] <- i } print(data) 全く同じコードで、データが増えても処理できます。 > data [1] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 [...


1

get() と assign() を使う方法です。 data_01 <- 1 data_02 <- 2 data_03 <- 3 print(c(data_01, data_02, data_03)) for(i in 1:3){ nth <- paste0("data_", formatC(i, width=2, flag="0")) assign(nth, get(nth) + 1) } print(c(data_01, data_02, data_03)) => [1] 1 2 3 [1] 2 3 4


1

purrr::pmap()を使うのが良いかと思います。 # irisデータの"Sepal"から始まる最大値をmutate iris %>% mutate(max = select(., starts_with('Sepal')) %>% pmap(., ~ max(.)))


1

purrr::pmap, base::pmax でもいけます。 library(tidyverse) # example data set.seed(1) N_COL <- 17 N_ROW <- 8 df_ <- runif(N_ROW * N_COL) %>% round(2) %>% matrix(N_ROW, N_COL) %>% as.data.frame() %>% set_names(str_c("X_", seq_len(MAX_COL))) # procedure df_ %>% mutate(X_max = pmap(select(., X_1:X_15), ~ pmax(...)))


1

tidyverseでやるならこんな感じでしょうか。 library(tidyverse) iris[-5] %>% mutate(rn = row_number()) %>% pivot_longer(-rn) %>% group_by(rn) %>% mutate( max_idx = which.max(value), max_val = max(value) ) %>% ungroup() %>% pivot_wider(names_from = name, values_from = value) %>% select(-rn)


1

Visual Studio Code用にGoogle検索してMS以外でヒットするのは以下のExtensionくらいでしょうか。 python-snippets 他にsnippetsだけでは無いですがこんな記事も。 10 Visual Studio Code extensions for Python development なお、@nekketsuuu さん回答のように、Marketplaceのページでsnippetsとpythonで絞り込むと、現在66個がヒットします。上記Extensionは関連ランクとしては7番目のようですね。 Search results - python | Visual Studio Code , Visual Studio Marketplace ...


1

「有名なスニペット」という意味では、VS Code Marketplace で配布されている拡張機能に最初からいくつかスニペットが入っていることがあります。たとえば Microsoft/vscode-python には最初からこのようなスニペットが入っています。Marketplace で検索すると他にもスニペット用の拡張機能が見つかるので、ある意味スニペットが集まっていると言えそうです。


1

data.tableパッケージ(rleid()関数)を使う方法を挙げておきます。 > library(data.table) > df <- data.frame( X = c(1, 1, 3, 5, 1, 2, 2, 2, 3, 5), Y = c(2, 2, 4, 6, 2, 3, 3, 3, 4, 6), Z = c(letters[1:10]) ) X Y Z 1 1 2 a 2 1 2 b 3 3 4 c 4 5 6 d 5 1 2 e 6 2 3 f 7 2 3 g 8 2 3 h 9 3 4 i 10 5 6 j カラム X, Y の値が同一の連続行を一行に約めます。 > aggregate( df, ...


1

まず,なぜそのような出力になっているかと言うと,Numpyの配列の順番に点同士を結んでいるからで,sortすればよいというのは一つの回答ではあります. 一方で,そういったプロットを行う場合には, linspace という関数を使った方がよいです.これは,指定した区間上の等間隔な数列を得るための関数です. 例えば,numpy.linspace(0, 1, 11)とすると,以下のような配列が得られます. [0. 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9 1. ] 参考まで,linspaceを用いたコード例と結果を示します. import matplotlib.pyplot as plt import numpy x = numpy.linspace(0, 1, 100) ...


1

リストで作成して最後にデータフレームに変換するのが簡単では? datas = [] for unseen_doc, raw_train_text in zip(test_corpus, raw_test_texts): # print(raw_train_text, end='\t') for topic, score in lda[unseen_doc]: score_by_topic[int(topic)] = float(score) entry = [raw_train_text] for i in range(NUM_TOPICS): # print('{:.2f}'.format(score_by_topic[i]), end='\t'...


1

Windows環境からくる文字化けするファイル、困りますよね。 「文字コードがUTF8でない」事が文字化けの原因です。 自分のところでは、外部から来たファイルは必ず最初にutf8にしてから、 共有するようにしています。 以下はMac/Linuxでのコードサンプルです for f in `ls *.csv` do iconv -f cp932 -t utf-8 < $f > utf8-$f done 2019/10 追記です。上記はシェルによっても動作が変わってしまうので、 どの文字コードも正しく日本のUTF-8に変換してくれる素晴らしいコマンド、nkf を使うのが良いと思います。 sudo apt install nkf find ./ -name '*.tsv' -print0 |...


1

BOMが含まれていることと、最終行に改行がないこと、そして見出し行がないことがメッセージの原因だと思います。CSVファイルの最終行に改行を追加して、以下のようにするとどうでしょうか。 data <- read.csv("sample1.csv",fileEncoding="UTF-8-BOM",header=F)


1

RStudioはその手の便利なショートカット多いですよ! ご指摘の機能はマルチラインカーソル機能で一瞬で出来ます。 「Alt/Option」を押しながら、マウスで x の付いた行の何処かをなぞってみて下さい。 カーソルが、複数行に点滅します。 そのままカーソルを右端に移動したら、カンマを打つと表示されてるカーソル全てにカンマが入力されます。


1

pythonの場合は、pandas.melt() と seaborn.catplot() を使うのが簡単です。 import pandas as pd import matplotlib.pyplot as plt import seaborn as sns df = pd.read_csv('iris.csv') tmp = pd.melt(df, id_vars=['variety'], var_name='measurement', value_name='value') sns.catplot(x='value', y='measurement', hue='variety', data=tmp) plt.show()


1

もう一つの方法はgithubより直接開発版のパッケージをイントールするという方法があります。 install.packages("devtools") devtools::install_github("igraph/rigraph") library(igraph) 詳しい情報はこちらの公式GitHubページを参照してみてください。


1

vecが長いときはこれがよいと思います。 cumsum(tabulate(vec)>0)[vec]


1

こちらで如何でしょうか。役に立てれば幸いです。 vec <- c(1,1,2,3,3,3,5,5,7,7,7,7) target1 <- setdiff(1:max(vec), unique(vec)) for(i in 1:length(target1)){ vec[target1[i]<=vec] <- vec[target1[i]<=vec]-1 } 追記 すみません、既にエレガントな回答来てましたね。失礼しました。


1

rbinom(1,1,riskA) ではなく rbinom(n,1,riskA) のようにすると うまくいくと思います。 library(tidyverse) X$card <- ifelse(X$sex==1,rbinom(n,1,riskA),rbinom(n,1,riskB)) summary(X$card) X %>% group_by(sex) %>% summarise(M = mean(card)) で確かめて下さい。 以下の説明は伝わりにくいかもしれません。 rbinomの最初の引数は返す乱数の個数です。 なので1にすると X$sex==0 と X$sex==1 の場合とで それぞれ固定された数(rbinom(1,1,riskA)の返り値とrbinom(1,...


1

関数の戻り値を指定してみてはどうでしょうか? func <- function(x1,df){ for(i in 1:nrow(df)){ df[i,x1+1] <- min(df[i,1:x1]) } df #これを追加 }


1

とりあえず書いてみました。 こんな感じでどうでしょうか。 Python版 import pandas as pd df = pd.DataFrame({'a1':[1,3,3],'a2':[1,4,6],'a3':[2,2,2],'b1':[4,1,9]}) df.join(df.loc[:, :'a3'].div(df['b1'], axis=0).add_prefix('d_')) # a1 a2 a3 b1 d_a1 d_a2 d_a3 #0 1 1 2 4 0.250000 0.250000 0.500000 #1 3 4 2 1 3.000000 4.000000 2.000000 #2 3 6 2 ...


1

pandasならこうでしょうか。 df1 = pd.DataFrame([[1,1,2,4], [3,4,2,1], [3,6,2,9]], columns=["a1","a2","a3","b1"]) df2 = df1.div(df1["b1"], axis=0).drop("b1", axis=1) # 各列をb1で割る df2.columns = df2.columns.map(lambda s: s.replace("a", "c")) df3 = pd.concat([df1, df2], axis=1) # 右に連結 Rで同様にやるならこうでしょうか。 df1 <- ...


1

Rからは reticulate パッケージで python を呼び出すことも出来ますよ。 データ容量や種類によってはCSVでは非効率または精度の問題が起きるケースがあります。 (categorical/factorの多いデータ、桁数の多い浮動小数点) Rの神 Hadley さんと pandasの神 Wesさんが共同で制作している feather 形式は、 それらの問題を克服することを目的としたものです。 https://medium.com/@snehotosh.banerjee/feather-a-fast-on-disk-format-for-r-and-python-data-frames-de33d0516b03 開発中のため、永続的な保存形式としては推奨されていませんが ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります