次のタグが付いている話題の回答:

2

質問文にある https://blog.qt.io/jp/2010/04/13/simplebrowser-with-qtcreator-3/ の情報は古く、Qt5.9.2ではQtWebKitは廃止されています。 Qtでは、QtWebEngineに移行するようアナウンスしています。 移行方法はPorting from Qt WebKit to Qt WebEngineが参考になります。 (PyQt5の情報を見る限り、QtWebEngineはサポートしているようなので、参考にできると思います) なお、QtWebEngineパッケージはオプションとなっているので、インストール時に明示的に選択する必要があります。(MaintenanceToolなら後で追加インストールもできます) また、...


2

Qt Applicationプロジェクトに設定されたQtのバージョンが Visual Studio 2013用のものになっていないのではないでしょうか? 手元の環境では上記のようにmsvc2013用のQt Versionsを設定した上で、Qt Applicationプロジェクトの[Qt Project Settings]にて下記のようにVersionを設定すると問題なくビルドできているように見えます。 ただしテストしたのはプロジェクトの新規作成からQt Applicationを選択して、 プロジェクト作成ウィザードでは特に設定を変更せずにプロジェクトを作成した直後の状態です。 何か特別なライブラリをプロジェクト作成ウィザードで選択した場合にのみ発生するのかどうかは調査していません。


2

まず、QTextEditのサブクラスを作成します。 mytextedit.h #ifndef MYTEXTEDIT_H #define MYTEXTEDIT_H #include <QTextEdit> class MyTextEdit : public QTextEdit { Q_OBJECT public: MyTextEdit(QWidget *parent = 0); void dragEnterEvent(QDragEnterEvent *event); void dropEvent(QDropEvent *event); }; #endif // MYTEXTEDIT_H mytextedit.cpp #include "mytextedit....


2

「クロスコンパイルがウリ」というのは聞いたことがありません。「クロスプラットフォーム開発」を誤解されているのではないでしょうか? そうだとすると、その意図するところは、一つのソースコードから、ほとんど変更無し、またはわずかな修正や微調整くらいで、Windows、Mac OS X、Linuxに対応したプログラムが開発できるということで、コンパイル作業自体は、それぞれのOS用のQt Creatorを使用することになります。 まとめると、ひとつのOS上で多数のOS用の実行ファイルを生成するのではなく、それぞれのOS用のQt開発ツールを使えば、一つのソースコードから、多くのOS用の実行ファイルを生成できるという意味です。


1

make (または cmake) 実行時、以下のパラメータを追加してみてください。 $ make -DENABLE_PRECOMPILED_HEADERS=OFF 参考: Error compiling OpenCV, fatal error: stdlib.h: No such file or directory - Stack Overflow


1

QMLの中にQWidgetを埋め込みたいということですよね? 残念ながらスマートな方法はなさそうです。 QtQuick2ではGPUでの効率的なレンダリングを実現するために、旧来のC++コードでのレンダリングは簡単には埋め込めないようです。 参考URL https://stackoverflow.com/questions/13014415/qt5-embed-qwidget-object-in-qml この質問では * QtQuick1を使い、QGraphicsProxyWidgetを経由して表示する * QQuickPaintedItemを使ってウィジェットをレンダリングし、イベントも仲介する。 といった解決が提示されてますね。 ちなみにアサートについては、「...


1

メッセージボックスを表示する前に、日本語の言語ファイルをロードしてください。 QTranslator translator; translator.load("qt_ja_JP", QLibraryInfo::location(QLibraryInfo::TranslationsPath)); qApp->installTranslator(&translator);


1

エラーはQListクラスのoperator[]メソッド中のASSERTION(Q_ASSERT_X)で明示的に検知されており、qFatal関数(マクロ?)によって出力されています。 #qFatalの文書には、デフォルトではプログラムを終了させる、とあるので、そのせいで終了しています。(クラッシュしているわけではない) QList::operator[]の呼び出し元がわからないと原因はわからないと思いますので、デバッガでプログラムを起動させて、事象発生時のスタックトレースを確認し、呼び出し元を特定するのがよいと思います。 #QListは至る所で使用されているので、呼び出し元を予想するのは困難と思います。


1

参考例としては、VirtualBoxやWiresharkがあります。 それに倣うと問題ないかと思います。


1

Ubuntu のパッケージ検索すると qtcreator は [universe] と表示されているので、 universe のレポジトリを追加する必要があります。 このあたりが参考になるでしょうか? https://askubuntu.com/questions/148638/how-do-i-enable-the-universe-repository


1

Desktop Qt 5.9.1 MinGW 32bitということなので、Windows版と予想します。 Windows版の場合、MinGW版ではWebViewはサポートされていないと思います。(ベースになるQtWebEngineがサポートされていないため) そのため、質問のエラーが発生していると思います。 #エラーメッセージは、qmake実行時にminibrowser.proに記載されているモジュールwebviewが見つからない、という意味です。 WindowsだとQt MSVC2013かMSVC2015版であればコンパイル、実行できると思います。 (そのためには、少なくともVisual Studio Communityを導入する必要があります)


1

スクロールバーを左に表示させる回答ではありませんが、 QTableWidget(厳密には親クラスのQAbstractScrollArea)のプロパティ「verticalScrollBarPolicy」の値を「ScrollBarAlwaysOn」にすることで、リストの長さによらずスクロールバーが表示されるようになるので、用途に耐えられるかと思います。


1

クロスプラットフォームな形でQtからタイトルバーの色を指定することはできないようです.(Windowsだけならsoramimiさんのおっしゃるように抜け道があるようですが) 対処としてウィンドウのタイトルバーとボーダーを除去してあたかもタイトルバーのようなものを自分で描画するというやり方が考えられますが,その場合はウィンドウのムーブやリサイズの処理も自分で書く必要があります. 参考 http://www.qtcentre.org/threads/4778-Title-Bar-Color http://www.qtcentre.org/threads/8596-Color-of-Titlebar-and-Menubar https://stackoverflow.com/questions/28481109/...


1

この記事が参考にならないでしょうか。(リンク先はQt5.4を使った記事です。5.7の場合、C++11対応のコンパイラが必要らしいです)


1

QWebElement::appendInside の実行時にはコンテンツのサイズの再計算が行われない(遅延されているか、表示時に行われる)ため、スクロール位置の調整もコンテンツのサイズの再計算が行われた後にする必要があるようです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります