次のタグが付いている新しい回答:

0

aとbの設定がよくわかりませんが固定値として回答させてもらいます。またCSVファイルは、aaa.csvとしました。 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt data = np.loadtxt('aaa.csv', delimiter=',',skiprows=1) print("data\n",data) a = 1 b = 2 x1 = data[:,0] x2 = data[:,1] y = data[:,3] print(x1,x2,y) x = a*x1+b*x2 fig = plt.figure() ax = fig....


0

from main を from __main__ にすると、動作すると思います。 また、別の方が書かれているように、errorの内容を示されたほうが、回答が得やすいと思います。 Pythonのエラーは、比較的、わかりやすいと個人的には、思っています。


0

おそらく、super(MyCanvas,self).__init__(parent) が不要なのと、self.setFocusPolicy(Qt.StrongFocus) を FigureCanvas.__init__(self, fig) の後に呼び出す必要があるのだと思われます。 class MyCanvas(FigureCanvas): の def __init__(...): は以下のようになるでしょう。 def __init__(self, parent=None, width=5, height=4, dpi=100): fig = Figure(figsize=(width, height), dpi=dpi) self.axes = fig....


6

[]はその中に要素を並べてリストを作ることができます。したがって、前者は単一のmap objectからなるリストになります。 一方listはlist()とすれば空のリストを、list(iterable)のようにすればiterable(今回の場合map object)と同じ要素を持つリストを返します。 リスト自体もiterableですので、次の結果を見ると理解しやすいかもしれません。 In [4]: a = [[1,2,3]] In [5]: b = list([1,2,3]) In [6]: a Out[6]: [[1, 2, 3]] # [1,2,3]を要素に持つリスト In [7]: b Out[7]: [1, 2, 3]


0

修正したコードです import sys from PyQt5 import QtGui,QtCore, QtWidgets,QtMultimedia, QtMultimediaWidgets from PyQt5.QtWidgets import QDialog, QApplication, QVBoxLayout from PyQt5.QtCore import Qt from matplotlib.backends.backend_qt5agg import FigureCanvasQTAgg as FigureCanvas from matplotlib.backends.backend_qt5 import NavigationToolbar2QT as NavigationToolbar from ...


2

import math arr = [1., 2., 3.] # 方法1: 愚直にforループを使う result = [] for x in arr: result.append(math.log(x)) # 方法2: リスト内包表記を使う result = [math.log(x) for x in arr] # 方法3: mapする result = map(math.log, arr)


1

外部ファイル入力を想定したワンライナー別解です。 import sys data = [n.strip() for n in sys.stdin.readlines()] print(data) 動作デモ:https://wandbox.org/permlink/pr6r7UrTzkU8rRhj


0

デフォルト状態の時: How PyQt5 keyPressEvent works def keyPressEvent(self,event): の処理を class Main(QDialog): の方に移動してください。 特定の部品でのみ処理したい時: keyPressEvent no reaction PyQt5 processes MousePressEvent but not KeyPressEvent [duplicate] したがって、self.setFocusPolicy(Qt.StrongFocus)という行を使用してフォーカスポリシーを追加すると問題が解決します。 該当部品(質問の場合はclass MyCanvas(FigureCanvas):)の__init__等にself....


0

こんな感じで、基本のライブラリと pandas を使って実現できるでしょう。 import sys import os import pandas as pd # ファイル読み取り&コメント削除(有効なデータの中に'#'は無いものと仮定) lines = [] with open('test.vcf','r') as file: alltext = file.readlines() for line in alltext: str = line.strip().split('#') # 行の前後の空白を削除し、'#'で分割 if str[0]: # コメントでは無い部分だけリスト化 lines....


1

この数字がテキストファイル in.txt に書かれているのであれば、以下のように書けばリスト data に代入されます。 with open('in.txt', 'r') as f: data = [] line = f.readline() # 1行読む while line: data.append(line.rstrip()) # line には改行文字も含まれているので除く # (これだと空白文字も除かれるので注意) line = f.readline() # 次の行を読む


0

先の回答で記載したとおりCounterクラスは辞書型のサブクラスであるため、これを利用して実装可能です。 具体的には、dict.keys()でキーを一覧し、それからdelを行うことで可能でしょう。 また、辞書は順序の概念がないためソートは不可能ですが、これもキーを任意の順序にソートしてアクセスすることで対応可能です。 c_keys = c.keys().sort() for k in c_keys: if k[0] == '#': del c[k] else: print(k, c[k])


3

collections.Counterをお使いください。 collections --- コンテナデータ型 — Python 3.7.3 ドキュメント これは、要素のキー毎に出現回数をカウントする dict のサブクラスで、まさにそのような用途のために存在するクラスです。 以下のようなコードで動作を確認できるかと存じます。 import sys import os from collections import Counter chars = [] with open('test.vcf','r') as file: lines = file.read().split('\n') for line in lines: a = line.split('\t') ...


1

方法1と方法2には違いがあります。 その違いを端的に示すコードは下記です。 初期化時にnode.next.next = Falseとしている点に注目してください。 # Linked Listのノードクラス class Node: def __init__(self, x): self.val = x self.next = None # 初期化(使いまわしのために関数化) def get_node(): node = Node(1) node.next = Node(2) ### 型安全ではないので、何でも入ります! node.next.next = False return node node = get_node() # ...


0

Pythonの仕様で、 result.to_csv('ディレクトリ名/ファイル名.csv',encoding='shift-jis') ではなく result.to_csv('ディレクトリ名\\ファイル名.csv',encoding='shift-jis')` ですね。よくある間違いです。 ここのエスケープシーケンスというところに書かれているものが参考になると思います。


3

標準で付属するtokenizeモジュールはいかがですか? https://docs.python.org/ja/3/library/tokenize.html


4

再帰ありの場合のアルゴリズム fibrecursive(n) の時間計算量が O( ((1 + sqrt(5)) / 2)ⁿ ) というのは正しいです。このアルゴリズムだと O(n) にはなりません。たとえば実際に n を大きくしながらプログラムの実行時間を測れば、O(n) じゃなさそうな結果が出ることでしょう。 質問者さんの間違えていそうな点として、まずはどういう計算に対して「時間 1」を割り振っていると仮定しているのかを確認してください。考えるべき行は return 1 の行ではなく if n == 0 の行ではありませんか? 更に fib(n-1) + fib(n-2) の部分の計算量を n-2 と書かれている部分は大きな誤解をなさっていそうなのでよく考えてみてください(すいません、...


3

あなたの現在のコードでは、せっかくAPIで取得したレスポンスをr.json()でデコードしてpythonのList, Dictionaryに変換したもの(data)をdumpで文字列に変更してしまっています。 つまりこんなことをやっているのと同じことです。 jsonText = '''\ [ { "type": "challenge", "battleTime": "20190509T081821.000Z" ... ''' print(jsonText[0]["type"]) jsonText[0]が最初の1文字'['を文字列として返しますので、その文字列に対して["type"]と言うインデックスを参照しようとしているので、TypeError: ...


0

pygame.event.get()のイベントハンドラの中でpygame.quit()していたのが原因です。 pygameだけを使っているプログラムで同様のことをやっていても問題無いのは、その直後にsys.exit()を呼んでプログラムを終了しているからでしょう。 いったんwhileループを抜けてからpygame.quit()すれば問題無いです。 def game(): の部分を以下のようにしてみてください。 def game(): (w,h) = (400,400) # 画面サイズ (x,y) = (w/2, h/2) pygame.init() # pygame初期化 pygame.display.set_mode((w, h), 0, 32) # ...


1

コマンドプロンプトからpip installとガチャガチャやっていたら、pipをアップグレードしてくれと注意が来たので、アップグレードし、jupyterで同様に import matplotlib.pylab as plt import numpy as np x = np.array([1,2,3,4,5,6]) y = np.array([6.246, 26.0417, 97.0874, 340.909, 1166.67, 3870.97]) plt.plot(x,y) plt.savefig("test.eps") と行ったところ、epsファイルが生成されました。 どうやら最新のバージョンにする必要があったみたいです。解決しました。


0

re.searchがうまく動かなかったので、以下の通り、ディレクトリ内の画像のサイズを取得する際に書いたコードに追加をしたところ、上手くいきました。お騒がせ致しました。 import glob import os import cv2 import sys import shutil # 引数は画像のファイルパス # 画像を読み込み、解像度情報を返す関数 def get_resolution(filepath): img = cv2.imread(filepath) # 画像ファイルの読み込みに失敗したらエラー終了 if img is None: print("Failed to load image file.") sys.exit(1) ...


3

1案ですが、numpy.einsumを使って以下のようにするのはどうでしょうか。 計算結果の形式がarrayのlistではなく、多次元のarrayにはなりますが。 (以下のコードのnew_dat0は元のコードのdat0をnp.array()で型変換したものと等しいはずです)。 def main(): start = t.time() x = np.array(xyz[:, :, 0]) y = np.array(xyz[:, :, 1]) z = np.array(xyz[:, :, 2]) cvec = vec[:, :] p0 = np.array([x.T, y.T, z.T]) p0 = [p0[:, i, :] for i in ...


3

目的の値を超えてもいい回数をlife回とすると、life == 1 の時 O(N) ですが、life > 1の時 O(N) より速く解けます 例えば life == 2 の場合 最初に目的の値を超えるまで、sqrt(N) 間隔で調べていき、目的の値を超えたら、最後に超えなかったところから 1 ずつ調べていきます この時、最初に超えるまでの比較が、O(N / sqrt(N)) ステップかかり、その後のステップが O(sqrt(N)) かかるので全体として O(sqrt(N)) で解けます これを一般化すると、 life == n (n > 1) の場合 最初に目的の値を超えるまで、step 間隔で調べていき、超えたら、最後に超えなかったから超えたところまでの区間を life <- n - 1 ...


1

typoです。 GET側のフォームにおいて、 method が mathod になっているため、常にGETで送信されています。修正したら正しく動きました。


0

おそらく難しいと思われます。 該当のエラーが発生した行は以下の内容になっていて、フォルダ名に相当する部分まで明示的に指定されているようです。 File "site-packages\wx\__init__.py", line 17, in <module> 17行目はこれです。 from wx.core import * 他の __init__.py のわずかな行数でも、色々とフォルダが固定で指定されている感じがします。 # Name: wx/__init__.py import wx.__version__ __version__ = wx.__version__.VERSION_STRING File "site-packages\wx\core.py", line ...


0

皆様、ありがとうございます。 自己解決できました。 原因は、OpenOfficeを使っていたことでした。異なるフリーソフトを導入したらうまくいきました。


0

@metropolis 氏のコメントにより、 datetime.date メソッドを使うことで解決したようです。 datetime.date() 同じ年、月、日の date オブジェクトを返します。 https://docs.python.org/ja/3/library/datetime.html#datetime.datetime.date


0

teratailの方でアドバイスをいただき、以下の通り修正したところうまくいきました(img_list = rn.sample(img_list, 50)としました)。質問の際、import random as rnとしてモジュールをインポート済みであることを記載しておらず、混乱させてしまい大変申し訳ありませんでした。貴重なお時間を割いてご確認やご提案をくださった皆様、ありがとうございました。 import random as rn img_size = (1000,500) dir_name ='./train' file_type = 'jpeg' img_list = glob.glob('./' + dir_name + '/*.' + file_type) for i in range(2):...


0

rn.sampleの動きがわからないので、たぶん、みなさん、回答できない気が。 その上で、以下は参考になりますか? train_size = x_train.shape[0] batch_size = 10 #ランダムに10個 batch_mask = np.random.choice(train_size, batch_size) x_batch = x_train[batch_mask] t_batch = t_train[batch_mask] 出典: 「ゼロから作るDeep Learning -- Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装」 (2017年7月28日 初版第10刷発行, 発行所 株式会社オライリー・ジャパン)


1

ファイルをデスクトップに保存/解凍したのであれば、フォルダは以下のパスの様になるはずです。 この中にsetup.pyファイルが含まれています。 (エクスプローラのアドレス欄にフォーカスを移してみてください) C:\Users\USERNAME\Desktop\pytermextract-0_01 一方で、コマンドプロンプトを開いた直後のカレントディレクトリ(自分自身がいる場所)は、デフォルトだと以下の様にログインユーザーのホームディレクトリにいるので、目的のファイルがある場所まで移動してからインストール用のコマンドを実行する必要があります。 C:\Users\USERNAME\ cdコマンドでフォルダを移動 C:\Users\USERNAME>cd Desktop\pytermextract-...


0

set_alphaでフェードアウトする方法がお手軽です。 ちなみにテキストなどのフェードアウトはspecial_flagsにBLEND_RGBA_MULTを指定するため、サンプルコードへついでに載せました。 import pygame as pg # Todo パス名を変更すること img_path = r"img\test.png" def main(img_path): clock = pg.time.Clock() screen = pg.display.set_mode((640, 480)) # 画像初期化 img_orig = pg.image.load(img_path).convert() colorkey = img_orig.get_at((0,...


0

conda update conda -n base -c default でconda をバージョンアップしたらできました。


1

matplotlib であれば、こんな感じで書けます。 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt from matplotlib.collections import LineCollection from matplotlib.colors import ListedColormap x = [1, 2, 3, 4] y = [4.3, 2.5, 3.5, 4.5] label = [0,1,0] cmap = ListedColormap(['b', 'r']) points = np.array([x, y]).T.reshape(-1,1,2) segments = np.concatenate([points[:-1], points[...


1

以下Rとggplot2パッケージ(tidyverseパッケージに含まれる)による例です。 library(tidyverse) dt <- data.frame( x = 1:4, y = c(4, 2, 3, 4), label = c("a", "b", "a", "a"), stringsAsFactors = FALSE ) print(dt) #> x y label #> 1 1 4 a #> 2 2 2 b #> 3 3 3 a #> 4 4 4 a dt %>% ggplot() + # group = 1としておくことで1本の線としてつなげる # group ...


0

コメントありがとうございました。 pyenvをインストールするところで躓いてしまい、どうにもならなくなったので、ubuntu16.04を再インストールして対処しました。手順通りにやれば普通に使えるようになりました。 あと、自分の勘違いだったんですが、ubuntu18.04はpython2.7はインストールされていない(?)んですね。


4

scikit-learnのバージョンによる違いだと思います。私の環境で確認したところ、バージョン0.18では4で、 $ pip install scikit-learn==0.18 Collecting scikit-learn==0.18 Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/e9/fc/d923732ac9ddee7eb883d94dd3d127425280c9986ef47bae8656db34fe9f/scikit_learn-0.18-cp35-cp35m-manylinux1_x86_64.whl (11.3MB) 100% |████████████████████████████████| 11.3MB 1.0MB/...


1

https://qiita.com/keisuke-nakata/items/0255104b7f807a0e499f をみたんですけど、pyenv使わないとダメかな。 今のpythonのバージョンいくつですか? python -V で3.6.8がでてしまうとだめだとおもいます。


1

列結合を行うにはどうしたらよいのでしょうか? pandas.concat() のパラメータに axis=1 を指定してください。 https://pandas.pydata.org/pandas-docs/stable/reference/api/pandas.concat.html ネットで見ると、恐らく表A、表Bの価格にカラム名がついていないから、同一カラムを見なされ、下に追加される形になると思うのですが、 同名のSeries同志でも列方向の結合はできます。 series型でのカラム名のつけ方がいまいちわかりません。。。。 Series.rename() をご使用ください。 https://pandas.pydata.org/pandas-docs/stable/reference/api/...


0

やり直し回答 concat だと @magichan さんの方式ですが、 他には単純に DataFrame を作って配列として代入するやり方があるようです。 python pandasでの列(column)へのSeriesの追加 これだとカラム名を付けなくても出来ます。Series作成は@magichanさん回答からコピー import pandas as pd ser1 = pd.Series([100,200,300],index=['4/1','4/2','4/3']) ser2 = pd.Series([200,500],index=['4/1','4/3']) df = pd.DataFrame() df[1] = ser1 df[2] = ser2 print(df) 結果はこうなります。 ...


1

import pandas as pd pd.DataFrame({'日付': s1, 'みかん': s2, 'りんご': s3}) のように、 DataFrame を普通に新規に作成することが、質問者様のやりたいことだと思っていますが、いかがでしょうか?


0

公式のドキュメントのこのあたりが参考になるのではないでしょうか。 https://devcenter.heroku.com/articles/dynos#restarting Dynos are also restarted (cycled) at least once per day to help maintain the health of applications running on Heroku. Any changes to the local filesystem will be deleted. The cycling happens once every 24 hours (plus up to 216 random minutes, to prevent every dyno ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています