質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている新しい回答:

0

QMenuBar Class に出てくるaddMenu(const QString &title)のパラメータ名titleに関連するクラス QMenu Class のメソッドsetTitle(const QString &title)が該当するでしょう。 項目が増えた場合はまた違う指定が増えるでしょうが、今の段階では以下のように出来ます。 def check(self): self.open_action.setText('日本語') self.open_action2.setText('英語') self.file_menu.setTitle('ファイル') def check2(self): self.open_action.setText('...


0

まず,グラフから座標を得る方法については不可能なのではと思います. 自分はmatplotlibの機能を全て把握しているわけではありませんが,あくまでグラフ描画ツールという性質上そのようなAPIはないと考えるのが自然です(必ずしもx座標とy座標が一対一対応するわけでもありませんし,何を返せばよいか定義しづらいというのもあると思います). ということで,できることとして大きく2つが考えられると思います. まずは,自分で計算する.点と点を結んでいるだけなので,近い2点から直線の式を計算して,x2を代入して求めるということですね.面倒ですが,一応可能です. 次に,matplotlib以外の描画ソフトを使うという手です.例えばplotlyというライブラリがあります. https://plot.ly/python/...


0

spyderは使っておらず、コマンドプロンプトから使っていますが、質問に書かれた内容をそのままbottle2.pyとして、以下のフォルダ・ファイル構成で表示出来ています。 index.htmlはテキストファイルではありますが、内容はHTMLの書式に従って(だいたいUTF-8で)記述されたものです。テキストドキュメントと言われる内容がどんなものかは不明ですが、言い方からして少し違うもののように思えます。 ただし、表示はされるでしょう。 カレントフォルダでpy bottle2.pyにより起動 カレントフォルダ ├ bottle2.py └ views └ index.html bottle.pyはpipでインストールしており、上記フォルダには無く、以下の場所にあります。 C:\Program ...


1

stdoutとstderrの順番が入れ替わることがある アプリ(bash) の 入力、出力が バッファリングされている可能性があって その バッファを アプリ側が 明示的に flush するような 起動オプションがないか調べる https://gist.github.com/riywo/874011 bash 自体に そのようなオプションはなさそうなので、 linux の標準出力のバッファサイズを小さくする方法 stdbuf -i0 -o0 -e0 <command> https://stackoverflow.com/questions/36847897/in-bash-how-can-i-force-a-flush-of-an-incomplete-line-printed-to-the-...


1

numpy.reshape() を使う事で 3 次元配列を 2 次元配列に変形できます。 HSV = HSV.reshape((width*height, datas)) 色相>彩度>明度の順でソート ソートには numpy.lexsort() を使います。 ## 色相(Hue): HSV[:,0]/彩度(Saturation): HSV[:,1]/明度(Value): HSV[:,2] HSV = HSV[np.lexsort((HSV[:,2], HSV[:,1], HSV[:,0]))] numpy.reshape() で 3 次元配列に復元します。 HSV = HSV.reshape((height, width, datas))


0

質問のデータ数の大小を誤解していました x1z1が3031点, x2z2が15点だと誤解していました。逆ですね。 そうすると、「そもそも何を導き出したいか」と、プログラムが合っていない可能性があります。 x1z1のデータが周期的に規則正しくずっと続くのが模範的な状態で、x2z2は実測値で、実際の物の動作なのでブレが生じるという感じでしょうか。 x1z1と同じ1回の周期が、x2z2のデータの何処から始まるかというのが分かっていて、さらにx1z1とx2z2の同一期間のデータ数が同じであるという前提が成立している必要がありそうです。 x1z1の15点と、x2z2の3031点から引き出した15点を比べるのではなく、15点を繰り返して3000点くらいまで拡張し、...


-1

グローバル変数でやってみます kunifさんご回答ありがとうございます。


0

初学者さんだと思うのですが、なるべくリファレンスを使ってみた方がいいです。 pythonでseleniumを使ってスクレイピングをするのであれば、以下の逆引きリファレンスが日本語で便利です。(もちろん英語が出来るなら公式に当たるべきです。) https://www.seleniumqref.com/api/webdriver_gyaku.html また、htmlの構造に関しても多少の知識が必要なので、chromeのデベロッパーツールからhtmlの要素のパスを取得する方法を学んでください。あとはpyhtonの文法がわかっていればすぐ出来るでしょう。


0

ser.isOpen() シリアルポートがOpenされていないのでは。


0

return np.array(im.resize([resize_h, resize_w]), PIL.Image.BILINEAR) だと,PIL.Image.BILINEARをnp.arrayに渡してしまっているので, return np.array(im.resize([resize_h, resize_w], PIL.Image.BILINEAR)) と,im.resizeに渡してあげる必要があると思います.


0

確かにそのような設定方法は問題になりますね。 PyCharmでDjangoをやっていますが、 以下の方法でできたり、できなかったり、 不安定で、原因不明です。 PyCharmの環境変数を「DJANGO_SETTINGS_MODULE=mysite.settings」で設定しています。 Djangoのプロジェクトは1個のみの場合問題にならず、気づきませんでしたが、 プロジェクトを1個追加してから問題が発生しています。 純粋Pythonではいけるようですので、PyCharmの設定問題かもしれませんね。 import sys, django sys.path.extend('../polls') django.setup() from polls.models import PriceLog


1

tf.summary.FileWrite は Tensorflow 1.x には存在していましたが Tensorflow 2.0 では削除されており、代わりに tf.summary.create_file_writer があります。質問者さんのプログラムでは Tensorflow 1 流で書いてらっしゃるようなので、とりあえずの解決法として tf.compat.v1.summary を使うことで回避できます。 tf.compat.v1.summary.FileWriter('./logs', sess.graph) より Tensorflow 2 流に書くのであれば、eager execution を意識して全体的に書き直す必要があります。詳しくはドキュメントの "Effective TensorFlow ...


2

短い答え はい。 長い答え sorted 関数のリファレンスを読んでみましょう。 key には 1 引数関数を指定します。これは iterable の各要素から比較キーを展開するのに使われます (例えば、 key=str.lower のように指定します)。 デフォルト値は None です (要素を直接比較します)。 組み込み関数 — Python 3.8.0 ドキュメント と記載されている通り、 1引数関数である get_age が指定されています。このため、sorted は最初に渡された iterable の各要素を get_age に渡していきます。 そして、 get_age が返す値(ここでは各要素の2番目の値、すなわち 15 、 21 、 23 )を sorted ...


0

IndentationError: expected an indented block このエラーを日本語に訳すと「インデントのエラー:ここにインデントされたブロックが入るはずです」というものです。 次のコードにするとこのエラーが出なくなるはずです。 tools = pyocr.get_available_tools() if len(tools) == 0: print("No OCR tool found") sys.exit(1) このプログラムでは、もし len(tools) == 0 が成り立つのであれば、print("No OCR tool found") と sys.exit(1) というプログラムを実行します。成り立っていなければ何もしません。 Python ...


2

1点目 リンク先のソースをそのままコピペした場合、print と sys.exit の前がそれぞれ全角スペースになっています。 2点目 Pythonではインデントが非常に重要です。プログラムが何をしているのかを見極めましょう。 「結果が無かったらprintで文字を出力してプログラムを終了する」なので、それぞれの命令を インデント(字下げ)する必要があります。 if len(tools) == 0: print("No OCR tool found") sys.exit(1) 3点目 リンク先では説明のため段落が分かれていますが、エラーメッセージを見る限りあなたが実行したソースではモジュールのインポート記述が足りていません。正しくは以下の様になるはずです。 from PIL import ...


0

tools = pyocr.get_available_tools() if len(tools) == 0: print("No OCR tool found") # two space before code sys.exit(1)


0

tensorflow 2.0では、tf.Sessionやtf.placeholderは使いません。 https://www.tensorflow.org/guide/migrate Every v1.Session.run call should be replaced by a Python function. - The feed_dict and v1.placeholders become function arguments. - The fetches become the function's return value. - During conversion eager execution allows easy debugging with standard Python ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています