次のタグが付いている新しい回答:

1

この記事 Selecting rows from a NumPy ndarray の質問の2つ目のコードを参考にすると、以下の様に書けるのでは? 1000万行までサポートできるか? は不明ですが。 arr = arr[arr[:, 2] != 'Yokohama'] 参考: If I wanted only rows where the second value is 4, it is easy: >>> test[test[:, 1] == 4] array([[ 3, 4], [ 7, 4], [16, 4], ... [81, 4], [83, 4], [88, 4]]) ...


2

try, except は無関係で、count = 0およびprint(count)のcountと、def check(d, w, count, poi):の中のcount += 1のcountが別の物を指しているからです。 count += 1の結果は1つのdef check(d, w, count, poi):の呼び出し中だけで有効であり、その外側のcountや次の呼び出しのcountには影響を与えません。 同じcountを使うためには、def check(d, w, count, poi):からパラメータとしてのcount,は削除して、その処理の先頭でif d > w:の前に、global countを挿入しましょう。 以下の様になるでしょう。 inin = input().rstrip()....


0

ファイルタイプを判別する方法が別にありました。 これを参照してください。https://stackoverflow.com/questions/5743548/how-to-know-the-filetype-through-python 具体的には以下のコードで十分です。日本語名のファイルも読み込めました。 import mimetypes ret = mimetypes.guess_type(path, strict=True)


0

ファイルの種別を判断するためのlibmagicというライブラリがあります。 libmagic(3) - Linux manual page このlibmagicのPythonラッパーがいくつか存在するので、これを利用してみてはいかがでしょうか。 python-magic ahupp/python-magic: A python wrapper for libmagic >>> import magic >>> magic.from_file("testdata/test.pdf") 'PDF document, version 1.2' >>> magic.from_buffer(open("testdata/test.pdf").read(...


0

Qiitaの 機械学習の勉強すっぞ!Keras-TensorFlowでCNN(畳み込みニューラルネットワーク)の演習をやろうとしたらエラーが出た件 の記事に書かれている状況と似ているように思われます。 記事に書かれている解決方法を試してみては、いかがでしょう。


3

値を書き換える場合にnonlocalが必要なのであって、参照だけなら不要らしいですよ。 【Python3】nonlocalを使って、ある名前空間の外の変数にアクセスする ある名前空間の外の変数に代入したい時に使います。 Python Tips:Python 3 の nonlocal を使いたい ただし、関数の内側から外側の変数へのアクセスは基本的に「参照」のみが可能です。値を更新するには nonlocal 宣言をしなくてはなりません。 Pythonのglobalとnonlocal宣言 関数内に関数を定義する場合、内側の関数から外側の関数内の変数を変更するために利用 考え方は、global変数と同じ。 Pythonにおける名前空間とスコープを理解する上でのポイントを押さえよう (4/...


0

Select を取得しているのですから以下のメソッドで選択されているoption要素がすべて取得できます。 Select#all_selected_options 単一選択なら以下のようにすればよいのでないでしょうか? from selenium.webdriver import Chrome, ChromeOptions from selenium.webdriver.common.keys import Keys from selenium.webdriver.support.ui import Select, WebDriverWait from selenium.webdriver.support import expected_conditions as EC from selenium....


4

計算量に関する考え方が根本的に間違っています。 問題に対して変化する数量、この問題の場合はiやjに対して計算量がどれぐらいのオーダーで変化するかどうかです。たとえば、もし、1x1行列でも3x4行列でも10000x10000行列でも計算回数(時間計算量)もメモリ使用量(空間計算量)も変わらないようなアルゴリズムであればO(1)です。しかし、もし、1x1行列の計算量にたいして、3x4行列では最大で4倍、10000x10000行列では最大で10000倍、ほとんどの場合で最大でmax(i, j)倍になるようであれば、O(max(i,j))であろうとなります。つまり、3x4行列だけを考えてもダメで、色々変化していくときにどうなるかを考える必要があります。 このように、変化して行くであろう数量に対して、...


3

「何ををくっつけて何を分解するかという基準」を記述したものが辞書なので、そこに介入したいなら辞書をいじるしかないです。 「外国人」はipadicにもnaist-jdicにもjumandicにもないですね。 ipadic-neologd にはそのあたりの複合語のエントリが多く入っているので(実際「外国人」はあります)、ipadic-neologd を使うという手はありかと思います。 https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd あと、本筋ではないですがまったく固有名詞ではありませんよ。


0

実現したことはこんな感じでしょうか? コードの修正箇所は 右側のテキストボックスの配置を右側のグリッド縦3つを使用するようにパラメータを column=1, row=0, rowspan=3 に修正 右側のWidgetは複数行の入力が可能なようにEntry Wdigetから Text Widgetに変更 右側の3つのWidgetは特にFill(グリッド全体に拡大)して表示する必要が無いので、 sticky='nsew' のパラメータを削除 Windowを拡大した際に右側のgridのエリアは拡大する必要がないので、root.grid_columnconfigure(0, weight = 1) をコメントアウト` Windowを拡大した際に縦方向にも全体を拡大できうように、grid_rowconfigure()...


0

B.loc[A > 0, 'apple'] でよいのでは


2

getはデフォルトの返答を第二引数を渡せるため、以下の書き方ができます。 # no.1 animals = life.get("animals", {}) # もしanimalsが無い場合は空辞書が返される cats = animals.get("cats") # もし上で空辞書が返った場合、catsも無いのでNoneが返される if cats is not None: print(cats) # つなげると cats = life.get("animals", {}).get("cats") if cats is not None: print(cats)


0

tag_config() を使うのが簡単でしょうね。 import tkinter as tk root = tk.Tk() txt = tk.Text(root) txt.pack() txt.tag_config('info', foreground="blue") txt.tag_config('warning', foreground="pink") txt.tag_config('error', background="yellow", foreground="red") txt.insert('end', "START\n") txt.insert('end', "[INFO]\n", 'info') txt.insert('end', "[WARNING]\n", 'warning') ...


0

同様のエラーメッセージが出る例を見つけました(これはpyenv上のpysideですが)。 Install pyside on Ubuntu 17.04 using pyenv : recompile with -fPIC · Issue #69 · pyside/pyside-setup そこで、この問題を解決したコメントを参考に、以下のようにpyenvを利用して --enable-shared フラグ付きでPythonをインストールしてみてください。 $ PYTHON_CONFIGURE_OPTS="--enable-shared" pyenv install 3.6.4 $ pyenv local 3.6.4 $ python3 -c 'import keras'


1

Tensorflow のドキュメントによると tf.image.rgb_to_grayscale 関数は、以下のように最後の次元が 3 であることが必要と書かれています. https://www.tensorflow.org/api_docs/python/tf/image/rgb_to_grayscale Args: images: The RGB tensor to convert. Last dimension must have size 3 and should contain RGB values. しかし問題となっているソースコードを見ると img = tf.convert_to_tensor(img) # TensorShape([992, 622, 4]) ...


1

以下のように plt.hist と plt.savefig を同じセルで実行するとどうでしょうか。私の環境ではこれで期待通りの挙動になりました。plt.hist を実行したセルと plt.savefig を実行したセルが違う場合(これらの関数に限らず plt.plot、 plt.scatter なども同様)、ユーザーから見ると待通りの動作とならないことがあるようです。原因については一番下に記載しました。 原因について: plt.hist や plt.savefig は内部の隠滅されたステートフルなグラフに対して、描画を行ったり、参照して保存を行う関数です(他にも plt.plot や plt.scatter など同様の関数はたくさんあります)。同じセルの範囲内であれば、...


1

愚直な方法ですが、開始日から終了日まで datetime オブジェクトを1日ごとに作成、groupby で月単位でグループにわけ、そのグループの最小値と最大値を求めることで所望の結果が得られます。行っていることは @metropolis さんのものとほぼ同じで、インデックスの代わりに min, max 関数を使用している分遅いのですが、可読性が上がったのかは微妙なところです。 from datetime import datetime, timedelta from itertools import groupby def hoge(start, end): # datetime(start) から datetime(end) までの1日ごとに datetime オブジェクトのリストを作成 ...


1

エラーの原因は変数 data のリストの末端の要素が文字列であることです。np.sum は基本的には数値の合計を求めるものですから、文字列の合計は定義されておらずエラーとなっていると思われます。data 変数のリストの要素がすべて数値を表す文字列であるなら、以下のように、数値を表す文字列を、数値に変換することができます。これにより、np.sum でエラーは発生しなくなると思います。 (修正前) data = [v for v in reader] (修正後) data = np.asarray([v for v in reader], dtype=np.float32)


6

python による自動化になりますが、探す文字列が "犬" のように決まっており固定であるならば、 文字列の count メソッドを使用したフィルタリングが高速でよいと思います。 count メソッドを使うと、文字列に含まれる、特定の文字列の数を数えることができます。 (例えば "abracadabra".count("abra") は実行すると 2 となります。) 以下にコードを載せておきます。 def hantei(s, KW, th): return s.count(KW) >= th strings = ["犬はよく泣いています。", "その家の犬は良く吠える犬です。", "その犬はご飯を食べました。"] KW = "犬" th = 2 ...


2

私初心者ですが、ちょうど今日Pythonの正規表現の勉強をしたところなので、やってみました。 slist = ['犬はよく泣いています。', 'その家の犬は良く吠える犬です。', 'その犬はご飯を食べました。'] for words in slist: found = re.findall(".*犬.*犬.*", words) for match in found: print(match) インタプリタでやったのですが、以下のように真ん中の文だけ印字されました。 >>> その家の犬は良く吠える犬です。


4

計測のために関数を用意しました。 グローバル変数アクセスコストの影響を避けるために、必要な値は引数で渡します。 >>> def f1(n, nums): ... for i in range(n): ... if len(nums) > 0: ... pass ... >>> def f2(n, nums): ... for i in range(n): ... if nums: ... pass これを測定すると以下のような結果になりました。 >>> import timeit >>> _nums = [1,2,3,4,5] &...


4

「"犬" が 2 回以上出現している」というのは "犬" が少なくとも 2 回出現していれば良いので、.*犬.*犬.* で検索できます。


3

次のような配列numsがあったときに、配列の要素数が0かそれ以外かを判定する方法で、 実装方法によってパフォーマンスに後述のような差がありました。どういう理由でこのような差が生まれてくるのかを教えてほしいです。 こちらだけ。 cpython限定ですが、試しにCでループ内処理を書いてみました。 /* Py_DECREF忘れてるよっ!というのはご愛嬌 */ void exec1(PyObject *obj) { if (PyObject_IsTrue(PyObject_RichCompare(PyObject_Size(obj), PyLong_FromLong(0l), Py_GT))) { exec(); } } void exec2(PyObject *obj) { ...


0

確かクレジット設定してないと出来ないですよ


1

test1.pyに関してはloggerの名前が異なっていることが原因ですね。 log = getLogger("logger") を log = getLogger("test1") に変えてみてください。 test2.pyに関してはHandlerが設定されていないことが原因です。 試しにtest2()の前に次の行を追加してみてください。 getLogger("test2").addHandler(logging.StreamHandler()) これらの変更を施して実行してみると次のような出力が得られます。 start test2 initialized. finished. result=120 finished logging.basicConfig()...


1

getLogger で取得したロガーがそれぞれ異なっているのが問題です。 一旦以下のようにすることで test1 内部のログを取得可能です。 また、 test2 についても、モジュールとして構成する場合は通常 __name__ として参照することで同様にログを出力することが可能です。 import logging from logging import getLogger, FileHandler, Formatter def main(): print("start") log = getLogger(__name__) log.info("main initialized.") def log_init(): hLogHandler=FileHandler("...


2

ダイクストラ法では前提として「コストが負ではない」というものを仮定してます。 ルートが正しく表示されているのは偶然ですね。 例えば与えられたグラフにA->Dのコスト3の辺を追加するとコストもルートも共に間違ったもの(A->D:cost=3)が出力されます。(求めたいのは元のA->C->B->D:cost=2のまま)


2

一言でいうと、このプログラムは、すべての辺が正であることを仮定したアルゴリズムを使っているため、うまく動きません。以下は、プログラムのwhileループを抜き出したものです。説明のために# for ループ 1と# for ループ 2というコメントを入れています。 while True: min = INF # for ループ 1 for i in range(size): if visit[i] == NOT_VISITED and cost[i] < min: x = i min = cost[x] if min == INF: break visit[x] = VISITED ...


0

df.resample('1Y').mean() では? pd.Series(df.index).min() pd.Series(df.index).max() df.index[0] df.index[-1] df.idxmin() df.idxmax() indexの最大と最小は用途によって使い分ければいいかと


2

インスタンスを作成したときに変数に代入されるのは、インスタンスそのものではなくて、作成されたインスタンスへの参照です。ほかの変数への代入や関数呼び出しの引数に渡されるのは、全て、参照です。 class Apple: color = 'green' def __init__(self, _id): self.id = _id def ripen(self): self.color = 'red' def change_color(apple): apple.ripen() def main(): first_apple = Apple(1) change_color(first_apple) 上のコードで、main()...


2

ご指摘の通り、Python3においてはクラス変数への変更は、関数の中であるか外であるかにかかわらず、複数のインスタンスで共有されます。 # https://stackoverflow.com/a/207128 >>> class A: foo = [] >>> a, b = A(), A() >>> a.foo.append(5) >>> b.foo [5] Python3の公式ドキュメントには次の通り説明があります。 一般的に、インスタンス変数はそれぞれのインスタンスについて固有のデータのためのもので、クラス変数はそのクラスのすべてのインスタンスによって共有される属性やメソッドのためのものです: 名前とオブジェクトについて ...


0

上のコードにいくつか追加でコードを書いて挙動を確認しましたが、やはりインスタンス変数は変更されてしまうんですね...。 コード class Apple: color = 'green' def __init__(self, _id): self.id = _id def ripen(self): self.color = 'red' def ripen_apple_class(self): Apple.color = 'rainbow' def change_color(apple): apple.ripen() def main(): first_apple = Apple(1) ...


1

まず、Python3ではメンバ変数ではなくクラス変数、及びインスタンス変数と言います。 9. クラス — Python 3.7.4rc1 ドキュメント その上で回答すると、 どのように値をセットしたかによって変わります。 以下に、インスタンス変数をセットしたもの、クラス変数を変更した例を示します。 class Apple: color = 'green' def __init__(self, _id): self.id = _id def ripen(self): self.color = 'red' def ripen_apple_class(self): Apple.color = 'rainbow' def ...


3

レーベンシュタイン距離は各編集操作それぞれに別々のコストを割り当てることが可能です。ライブラリが出力したものは、挿入・削除・置換にコスト1を割り当てた場合のレーベンシュタイン距離だと思われます。グラフで求めているものは、挿入・削除にコスト1、置換にコスト2が割り振った場合(あるいは置換操作がなく、削除と挿入にした場合)のレーベンシュタイン距離となります。


3

提示された負のコストを持つデータには、負となる閉路があります。 route = [ [INF, 2, 3, INF, INF, INF], [2, INF, 4, 3, -5, INF], [3, 4, INF, 6, 4, INF], [INF, 3, 6, INF, 1, 5], [INF, 5, 4, 1, INF, 3], [INF, INF, INF, 5, 3, INF]] B->E: -5 E->D: 1 D->B: 3 となっており、B->E->D->Bと一周すると、コストが -1 になります。つまり、この閉路を回れば回るほどコストは下がっていくので、この閉路を永久に探索していくため、...


2

ダイクストラ法については詳しい解説が山ほどあるので、詳細まで踏み込みませんが、その手続きを簡単に説明するなら [新たに最短経路が確定した頂点を見つけて、その頂点に隣接する頂点の最短経路を更新する] という作業をすべての頂点の最短経路が確定するまで続ける というものです。 サンプロコードでいうと while True: #ここが最短経路が確定した頂点を見つける部分 min = INF for i in range(size): if visit[i] == NOT_VISITED and cost[i] < min: x = i min = cost[x] #...


1

こんばんは。元のコードの中に変数の値を確認するprint文を入れて実行してみました。 >>> def x(number): list=[0, 1, 2] for i in list: print("number={}, i={}".format(number, i)) number += i print("number + i = {}\n".format(number)) >>> x(0) number=0, i=0 number + i = 0 number=0, i=1 number + i = 1 number=1, i=2 ...


1

自分の理解ですと、負の閉路がある時点でそれは最短経路問題としては解けないことになります。(ぐるぐるまわると、無限に負の重みを稼げるから) 2度と同じ枝ないし頂点を通らないとした場合であっても、それは多分 NP 困難な問題になりそうだと思ってます。(要検証) 負の閉路がない、負の重みを持つ枝があるグラフ上で最短経路を求めるのがベルマンフォードで、負の重みがないグラフ上での最短経路を求めるのがダイクストラだという理解です。


0

#Python 3 li = ["kotoba","inu","neko"] li2 = [] for s in li:    s = ".*"+s+".*|" li2.append(s) for s in li2: print(s) #result: #.*kotoba.+| #.*inu.+| #.*neko.+| print("".join(li2)) #result:.*kotoba.+|.*inu.+|.*neko.+|


-1

※バッチにこだわっているわけでなく、他に良い方法があればそちらでも構わないです。 Windowsっぽいので ・エディタのマクロを使う ・EXCELを開いて張り付け、VBAマクロや、セル連結でほしい形を作ってコピペする ・言語のマクロを覚えなくても、キーボードマクロで簡略化する


0

回答では無くて、上記質問の先に作ろうとしているらしきもの、の情報です。 おそらくDataGridViewのような感じでデータの表示と操作もやろうとしていると思われますが、こんなライブラリがあります。 データ連携機能も組み込まれていて、開発量が減らせるのではないでしょうか。 dmnfarrell/tkintertable さらには同じ作者が pandas と連携した同様(おそらくもっと高機能)のライブラリを作っています。 dmnfarrell/pandastable 英語版StackOverflowの記事に、こんなのがあって、2番目の記事の回答がPython2.x用なんですが、これをPython3.x用に直す(2to3.pyに通す)と、@magichanさん回答のようなウインドウが表示されます。 Does ...


0

_InFrame_.grid(padx = 5, pady = 5, ipadx = 5, ipady = 5) _InFrame_.columnconfigure(0, minsize = 250) _TreeList_.grid(row = 0,column = 0, sticky = tk.N+tk.S+tk.E+tk.W ) tree_h_scroll.grid(row = 1,column = 0,sticky = tk.EW ) tree_v_scroll.grid(row = 0,column = 1,sticky = tk.NS ) の箇所を _InFrame_.grid(padx = 5, pady = 5, ipadx = 5, ipady = 5) # ...


1

JPEGのクオリティの設定が元の画像より高いのでサイズが大きくなっていると思います。 import cv2 im = cv2.imread('image1.jpg') cv2.imwrite('after10.jpg', im,[cv2.IMWRITE_JPEG_QUALITY,10]) cv2.imwrite('after20.jpg', im,[cv2.IMWRITE_JPEG_QUALITY,20]) cv2.imwrite('after30.jpg', im,[cv2.IMWRITE_JPEG_QUALITY,30]) cv2.imwrite('after40.jpg', im,[cv2.IMWRITE_JPEG_QUALITY,40]) cv2.imwrite('after70.jpg', im,[...


1

ちなみに、日付、Dateそれぞれindexとして定義してあります であれば、パラメータに , left_index=True と right_index=True を渡すだけではないでしょうか import pandas as pd df_A = pd.DataFrame({'価格':[100,110,120]}, index=pd.Index(pd.date_range('20000105', periods=3, freq='d'), name='日付')) df_B = pd.DataFrame({'price':[50,60,70]}, index=pd.Index(pd.date_range('20000105', ...


0

pythonと外部モジュールを使える環境でしたら、pythonでバッチ処理を行う方法をご提案します。 下記はクリップボードを読み取って標準出力とクリップボード出力を行うサンプルコードです。 あらかじめ外部モジュールpyperclipのインストールが必要です。 python版 import pyperclip src = pyperclip.paste() # ToDo 下記の文字列はテストコードなので削除してください src = '''ことば いぬ ねこ''' dest = '' for s in src.splitlines(): dest += '.*{}.*|'.format(s) # .*ことば.*|.*いぬ.*|.*ねこ.*|.*.*|.*表.*| print(dest) ...


0

おそらくこの記事が該当すると思われます。 How to Offset Pandas Pearson Correlation with Datetime Index 質問: I'm trying to get a correlation value for a previous week's inputs to the following week's output. For the sake of this example I've set it up where each week's input will be the following week's Output, and the df.corr() should give a 1.000000 result. ...


1

「ラベル名が異なる場合のmergeについて」⇒ラベル名を合わせろ!では回答になってないと思いますが 結果が欲しいなら下記の方法でできます。 indexとカラム名を変更して、concatでマージします。 import pandas as pd dateA = pd.DatetimeIndex(['2000-01-05','2000-01-06','2000-01-07'],name='日付') dateB = pd.DatetimeIndex(['2000-01-05','2000-01-06','2000-01-08'],name='Date') A = pd.DataFrame({'価格':[100,110,120]},index=dateA) B = pd.DataFrame({'price':[50,...


1

アルゴリズムの意味を考えるに、maze[x][0][y] は maze[y][x] か何かの間違いです。print(maze) とか print(maze[2][3]) とかを適当に実行することで中身を確認してみてください。 しかし、この修正をしてもまだ他の例ではエラーが出るはずです。関数 search の再帰呼び出しが止まるときの条件がきちんと設定されているかどうかをチェックするようにしてみてください。具体的には、search の再帰呼び出しが止まるのはざっくり言うと以下の条件のどれかが満たされるときですが、これに抜け漏れがないかどうか考えてみてください。 x が 0 未満のとき(左がはみだしたとき) y が 0 未満のとき(上がはみだしたとき) 見ているマスが "#" のとき(塀に当たったとき) ...


1

エラーメッセージにも書かれているこの行における関数の引数が間違っていそうです。 sample=population.rvs(size==size) 変数 population の定義が無いので rvs() が何なのか正確には分かりませんが(おそらくこれ?)オプショナル引数 size を指定するのであれば size=size と書くべきです。size==size だと比較になってしまい、この場合 True にしかなりません。


3

まず最初に、Big-O表記では定数倍の違いは無視するので、O(log2(n))という書き方はしません。O(log(n))か、数学の式に近い書き方でO(log n)ですね。 ループ絡みの計算量は、 ループの実行回数 ×ループ1回あたりの計算量 となります。 「繰り返し回数は log2(n)+1 なので、オーダ記法だと全体として O(log2(n))」が成立するためには、 「ループ1回あたりの計算量」がO(1)であること が条件となります。意図せずO(1)より計算量の多いメソッド等を使用していないかも注意すべきです。 というわけでループしているところを順番にチェック。 for i in range(num+1): #<-実行回数: num+1 depth_list.append(...


上位 50 件の最近の回答が含まれています