次のタグが付いている新しい回答:

0

問題点は再現しませんでしたが、以下の修正ではいかがでしょうか? glutSwapBuffers() を display() の最後の行に移動して、他をコメントアウトします。 ScreenShort() 内では、 Blend を行う必要がないので、コメントアウトします。


0

下記で、anacondaとなってますよね。 (抜粋)Location: /Users/user/anaconda3/lib/python3.7/site-packages さらに、Pycharmですよね。 かなり、ややこしいと思います。 anacondaならanaconda、PycharmならPycharmのみ、みたいにされるのが、 無難だと思います。 pipとかcondaとか、モジュール管理ツールがいろんなことをするし、 どこに何がインストールされて、それが、どこで有効になるか、わかりにくいと思います。 慣れるまでは、 ひとつの環境のみにのる、のがいいと思います。


0

もしかして、バイトコンパイルされた org.pyc というファイルが batchMailer\Resources フォルダに残っていたりしないでしょうか? -- これは、metropolis さんのコメントをコミュニティ wiki 回答として投稿するものです。


1

subprocess.Popen() を使う場合、with 文(context manager)で以下の様に書くこともできます。 import subprocess import sys if len(sys.argv) < 2: print("None arguments.", file=sys.stderr) sys.exit(1) args = sys.argv with subprocess.Popen([ 'gcc', '-Wall', '-Wextra', args[1] + '.c' ], stderr=subprocess.PIPE, encoding='utf-8') as proc: lines = proc.stderr.readlines() print(...


1

Popenではなくrunを使ってください。 gccへの引数にハイフンが足りません。 proc.stderrはバイナリ文字列になりますから適宜デコードが必要です。 import subprocess import sys args = sys.argv lines = [] proc=subprocess.run(['gcc','-Wall','-Wextra',args[1]+'.c'],stderr=subprocess.PIPE) lines = proc.stderr.decode('utf-8').splitlines(keepends=True) print(lines)


1

VerQueryValueWは状況によって文字数を返したりバイト数を返したりします。今回の場合、Unicode文字列のバイト数を返しているため、文字数としては値を半分にする必要があります。 実際、TestApp\x004\x0e\x01Pro は7文字14バイトのところを14文字取り出してしまっています。


1

for ループの前に、配列を空にする必要があります。 def Sortenrollinglist(Namelist,Genderlist,Birthdaylist,Nationallist): StudentList = sorted(Namelist) print(StudentList) # 以下3行を追加 StudentGender = [] StudentBirthday = [] StudentNationality = [] for i in range (0,len(Namelist)):#恐らくここに問題があります StudentGender.append(Genderlist[Namelist.index(...


1

リスト操作(append等)の戻り値は処理結果のオブジェクトを返していません。 5. データ構造 insert,remove,sortなどのリストを操作するメソッドの戻り値が表示されていないことに気が付いたかもしれません。これらのメソッドはNoneを返しています。[1] これは Python の変更可能なデータ構造全てについての設計上の原則となっています。 この場合はlineそのものが書き換えられていますので、それを使えば良いでしょう。 ただし「csvで読み込んだ行に情報(synonym='great')を追加して」という意図と、line.append('synonym')という処理が合っているようには見えないのですが。


3

お世話になります。 結局今回の場合は、プロセスハンドルがわかっていたので、ctypesで取得することができました。 コメントや回答でアドバイスをくださり、ありがとうございました。 一応サンプルを掲載しておきます。 from ctypes import * def getExeFileName(processHandle): exeFileName = create_unicode_buffer(wintypes.MAX_PATH) length = wintypes.DWORD(wintypes.MAX_PATH) if windll.Kernel32.QueryFullProcessImageNameW(processHandle, 0, exeFileName, byref(...


0

wmicを使ったコードを実際に動かしてみました。 体感ですが、結構早いです。予想外でした。 wmicコマンドを起動するため、多用するとシステムに負荷を与えることは否めませんが、単発で使う分には問題ないと思います。。 コード import subprocess pid = 16252 cmd = "wmic process where (ProcessId = " + str(pid ) + ") get ExecutablePath /format:CSV" result = subprocess.check_output(cmd, shell=True) print(result.decode(encoding='shiftjis')) 出力結果 Node,ExecutablePath XXXX,C:...


1

劇的な効果があるかわかりませんが: グローバルで処理を行わない np.random.shuffle を使う である程度改善しませんか。 import numpy as np import torch def modify(data): np.random.shuffle(data) return torch.from_numpy(data).float() def main(file_listx, file_listy): # 定義済みの変数 file_listx = [f"x{i+1}.npy" for i in range(10)] file_listy = [f"y{i+1}.npy" for i in range(10)] for path ...


1

リモート環境でもコード通りに動くようになりました。 原因は、デプロイ後に collectstaticコマンドをしていなかった事です。django-bootstrap-datepicker-plusはCSS関係と大きく関係しているので必要でした。


0

subprocess.check_output() を使う場合には subprocess.CalledProcessError を捕捉する事になります。 それから、これは本題とは関係がありませんが、検索語に空白文字(TAB やスペースなど)が含まれている場合、質問欄のコードではエラーが発生してしまいます。以下では検索語をシングルクォートで囲み、subprocess.check_output() で shell=True を指定しています。 import subprocess animal = ['dog', 'cat', 'horse', 'pig', 'bird', 'wild boar'] WORD = [] cmd = r"grep -c '{}' test.txt" for name in ...


0

下記のサイトページを参考にする事で解決できました(アイコンの表示に不具合残りますが、機能は果たしています。 https://monim67.github.io/django-bootstrap-datepicker-plus/configure/ 質問で紹介した場合ですと、 event.htmlとlayout.htmlに変更を加える必要がありました。 event.html {% extends "layout.html" %} {% block extrahead %} {{ form.media }} {% endblock %} layout.html {% load bootstrap4 %} {% bootstrap_css %} {% bootstrap_javascript jquery=...


1

subprocess.check_outputは実行したコマンドの終了コード(exit status)が0以外の場合にCalledProcessErrorを出します。grepは探している文字列がマッチしたときだけ終了コードが0になります。check_outputの代わりにrunをつかった場合はこうなります。 # -*- coding: utf-8 -*- import subprocess animal = ["dog", "cat", "horse", "pig", "bird"] WORD = [] cmd = "grep -c {} test.txt" for ani in animal: c = subprocess.run(cmd.format(ani).split(), ...


3

コマンドそのものは root 権限で正しく実行できるとのことですので、 sudo crontab -e でエディタが起動するので、 0 18 * * * source /home/ubuntu/venv/bin/activate && python3 /home/ubuntu/project/manage.py custom_command && deactivate と書いて保存し、エディタを終了すれば、18:00 に root 権限で実行されるはずです。 もしこれで動作しない場合は、代わりに 0 18 * * * ( source /home/ubuntu/venv/bin/activate && python3 /home/ubuntu/...


1

hour、minuteともにint型だからかエラーが出てうまくいきません。 だったら文字列型に変換するとよいのでは import pandas as pd df = pd.DataFrame({'hour':[1,2,3], 'minute':[10,20,30]}) r = df.hour.astype(str) + ":" + df.minute.astype(str) #0 1:10 #1 2:20 #2 3:30 #dtype: object apply 使うとこんな感じ r = df[['hour','minute']].astype(str).apply(':'.join ,axis=1) #0 1:10 #1 2:20 #2 3:30 #dtype: ...


2

In [2]: df = pd.DataFrame([[1, 15], [2, 30], [3, 0]], columns=['hour', 'minute']) : df Out[2]: hour minute 0 1 15 1 2 30 2 3 0 上記のようなデータフレームが与えられたとして、 dataframe 自身のの文字列操作だけでやるとすると、 In [3]: df[['hour', 'minute']].astype(str).apply(lambda s: s.str.zfill(2)).apply( : lambda s: s.str.cat(sep=':'), : ...


0

iniファイルをメモ帳で編集した際、BOMが付加されていたのが原因のようです。 替わりに秀丸でファイルを新規作成することで問題が解決しました。 参考にしたサイト: 「File contains no section headers. file: …」とエラーが表示されTracプロジェクトが開けなくなる この投稿は @Tani chan さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


2

invalid literal for int() with base 10: '\ufeff1' のエラーは views.py を以下の様に変更する事が正しい対応でした。 csvfile = io.TextIOWrapper(form.cleaned_data['file'], encoding='utf_8_sig') 参考としたサイトはこちらです。 djangoにて日本語のcsvをインポートする方法 - teratail


0

ドキュメントを見ると、 model.compile(loss='categorical_crossentropy', optimizer=Adam(lr=0.01)) この行に, metrics=["accuracy"]を追加したら、うまくいきそうに見えますが、どうでしょう? model.compile(loss='categorical_crossentropy', optimizer=Adam(lr=0.01), metrics=["accuracy"])


8

(Python に限らず) eval では任意のシステムコマンドを実行できてしまうので、Webフォームなどと組み合わせて使ってしまうと、例えば単に「年齢(数字)を入力してください」としていたところに、悪意のあるユーザーは「パスワードファイルの表示」や「ファイルの削除」を試みるコマンド文字列を入力してくるケースが想定されます。 参考: eval #セキュリティ上のリスク (Wikipedia) これを防ぐためには、evalされる文字列はすべてエスケープしたり、潜在的に危険な機能を利用できないようにして実行するなどの対策が必要となる。


6

eval 関数で 任意のコマンドが実行できるからです。 >>> eval("print('hello')", {}) hello >>> eval("__import__('os').system('uname -a')", {}) Linux C077 4.4.0-18362-Microsoft #476-Microsoft Fri Nov 01 16:53:00 PST 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux 0


-2

とりあえずgoogle翻訳 SyntaxError: 行継続文字の後の予期しない文字 あるあるなのが全角文字が混じってたとか、全角空白がはいってたとか。


0

sign_up_players()関数において、MenberIdが未定義かと思います。 どこかに定義すると治ると思います。


2

string モジュールに string.lowercase が定義されていますので(string: Common string operations)、それと index() を使うと以下の様にも書くことができます。 from string import ascii_lowercase def alphabet_position(text): return [ ascii_lowercase.index(c) + 1 for c in text.lower() if c in ascii_lowercase ] if __name__ == '__main__': print(alphabet_position('Who are you man!')) => [...


1

組み込み関数ordが使えそうです。 def alphabet_position(text): answer = [] ofs = ord('a') - 1 for c in text.lower(): if c.isalpha(): answer.append(str(ord(c)-ofs)) return ' '.join(answer) print(alphabet_position('who are you man!'))


4

編集後のご質問の主文 違う結果が出力される場合はどのようなときなのでしょうか? だけに限っての回答ですが。 ちなみに、上記のお題はAtCoderの「AtCoder Grand Contest 041」のA「Table Tennis Training」です。 といった情報は最初からご質問に含めておいた方が良いでしょう。 出題中にこんな制約があります。 2≤N≤10¹⁸ 1≤A<B≤N 入力中のすべての値は整数である。 この値の範囲を見ると、分かる人なら「ははぁん」と納得して、「どのようなとき」に「違う結果が出力されるか、すぐに例が作れてしまうでしょう。 a = 2 b = 1000000000000000000 ans = (b-a)/2 print(int(ans)) #->...


0

正しいか間違っているかは、その問題に書かれた答えるための条件によるでしょう。 問題の内容が提示されておらず、単なる2行のコーディングを示されただけでは、推測は付きますが判断は出来ません。 まあ引っ掛け問題かもしれませんけど、「答えを整数で求めて表示せよ」みたいな感じで出されていて、結果を格納する変数の値や属性まで整数でなければならないとか、そういう解釈になっている可能性が考えられます。 つまり表示される結果は1で同じですが、変数aの値としては上は浮動小数点数の1.5で、下は整数の1です。 この辺の、細かく見て対応しなければならないような「条件」が問題に記述されていたのではありませんか? ちなみにPython 演算子 //で検索すると、以下のような記事が見つかるので、...


0

/と//はともに除算の演算子ですが、計算方法が異なります。 3 / 2の結果はfloat(浮動小数点数)です。 >>> type(3 / 2) <class 'float'> 3 // 2の結果はint(整数)です。 >>> type(3 // 2) <class 'int'> a = 3 / 2 print(int(a)) # 今までのやり方 この方法はfloatで演算した結果をintに変換しています。 a = 3 // 2 print(a) # 正しいやり方(?) この方法ではintのまま演算しています。 どちらの方法も間違ってはいるわけではありませんが、除算結果を切り捨てるときは//を使うのがよいです。


1

re.findallは引数として検索パターンと検索対象文字列の最低2つが必要です。 質問のコードは引数に検索パターンのみが指定されているためエラーとなっています。 下記のサンプルコードはftp.nlstを使ってシンプルなファイル一覧を取得して、正規表現で該当するファイル名を探すコードの抜粋例です。 ここではre.matchを使っていますが、マッチング方法や戻り値が違うだけで引数はre.findallと同様です。 import re # items = ftp.nlst(".") # ファイル一覧が配列で返る items = [ 'item201912301913-1.csv', 'item201912301913-1.xlsx', 'item2019[8文字ならOK-!.csv', 'readme.txt'...


0

以下の方法で解決出来ましたので、紹介します。 なお、DetailViewでoverrideして、idを利用する方法(↓)は、 pk_url_kwarg = 'id' エラーが出て解決できなかったので、デフォルトのpkを使う方法で対応しました。 ①urls.py,views.pyの設定 urls.py urlpatterns = [ path('detail/<int:pk>/', views.DetailView.as_view(), name='detail'), ] views.py idは使わず、デフォルトのpkを使用 class DetailView(LoginRequiredMixin, generic.DetailView): model =...


0

自己回答となりますが、下記のサイトに関係する内容がありましたので、今回の質問の対応について紹介させてもらいます。 参考サイト)https://speakerdeck.com/thinkami/djangocongress-jp-2019-talk EMAIL_BACKEND = 'django.core.mail.backends.console.EmailBackend' の設定で、コンソールにメールの内容を表示する場合は、件名が日本語にならないのが、デフォルトの設定のようです。 私の場合も、最初の質問で載せた、ファイルとコードのまま、本番環境へデプロイを行い、問い合わせフォームより、メールを送信すると日本語で表示されました。 それでも、ローカルの環境で件名を日本語で見たい場合は、console....


2

こちらのサイトを参考にし、 settings.pyに、 EMAIL_BACKEND = 'django.core.mail.backends.console.EmailBackend' を加える事でエラーが出なくなりました。


上位 50 件の最近の回答が含まれています