次のタグが付いている新しい回答:

1

ブラウザの開発者ツールでリクエストを見てみると次のことがわかります。 POSTするURLはhttps://auth.userlocal.jp/login POSTするデータにはauthenticity_tokenが含まれる authenticity_tokenは例えば次のようにすれば手に入るはずです。 url_accounts = "https://social-admin.userlocal.jp/accounts" res = session.get(url_accounts) soup = BeautifulSoup(res.text, 'html.parser') auth_token = soup.find('input', {'name': '...


1

エラーメッセージはきちんと読みましょう。英語が苦手ならエラーメッセージをそのまま翻訳サービスにかけましょう。 SyntaxError: invalid syntax (<string>, line 12) エラーメッセージには12行目が無効な構文である、と書かれています。 12行目をよくチェックしてください。 if for word not in choice_fruit: このような構文はpythonには存在しません。正しい構文になるよう、プログラムを考え直しましょう。


4

やろうとされていることはだいたい理解できましたが、いくつか別々の問題があるので、順に直していきましょう。 res = [] while True: num = int(input()) if sum(res) != 0: res.append(num) else: break まず上記の部分ですが、 while ループの初回実行時では res 変数のリスト(配列)は空っぽです。 このため、 sum(res) は 必ず 0 になります。 ゆえに、 input() で入力された数値にかかわらず、 break に到達してしまいます。 ここでは、以下のように sum 関数で総和を計算する前に、 res リストに入力した数値を追加するのが良いでしょう。 res = ...


2

res はリストなので list comprehension(リスト内包表記)を使います。 squares = sum(x*x for x in res) その他に numpy の dot product(ドット積:numpy.dot) を使うと同じ結果が得られます。 import numpy as np squares = np.dot(res, res)


1

以下は str.maketrans() と str.translate() を使う方法です。 specials = ('ëö', 'eo') name = input() name = name.translate(str.maketrans(*specials)) print(name) input() ではなくテストデータで確認してみます。 specials = ('ëö', 'eo') names = ('Björn Borg', 'Emily Brontë') for name in names: trans = name.translate(str.maketrans(*specials)) print(f'{name} => {trans}') ## 実行結果 Björn ...


2

「特殊な文字か」はあまり関係がなく、かつ for ループの処理が不要な気がします。 恐らく置換対象の文字を含むかを事前にチェックしつつ処理しようとしているのかと思われますが、replace 等は置換対象の文字を含まなければそのまま "何もしない" だけので、素直に呼び出すだけで済みそうです。 import re name = input() name = name.replace('ë', 'e').replace('ö', 'o') print(name)


0

以下は str.splitlines と iteration を使う方法です。 with open('text.txt') as f: for line in f.read().splitlines()[:3]: print(line)


2

Pythonの 標準ライブラリーに linecache があります。 (ただし, ファイルサイズが大きいと蓄える量も増えるので注意) 参考: (docs.python.org/ja) linecache --- テキストラインにランダムアクセスする (以下は colabで動作可能) import linecache fname = 'sample_data/README.md' print(linecache.getline(fname, 1).rstrip()) print(linecache.getline(fname, 5).rstrip()) print(linecache.getline(fname, 4).rstrip())


1

下記の変更で目的の行を読み込むことができます。(サンプルコード2) 変更前: line = fin.readline() 変更後: line = file_data[i].strip() もしくはfor i in range(3):とwith open("text.txt") as fin:の行を入れ替えることでも対応可能です。(サンプルコード1) readlineすると1行読んで次の行に内部カーソルが移動しますが、ファイルをopenした時に読み取る行の内部カーソルがまた1行目に初期化されます。 1行ずつ読み取るにはopenした後にfor文で各行をreadlineを行います。 ※この場合for文の中で複数回readlineを呼んではいけません どちらの方法でも問題ありませんが、...


1

単に文字コードを変換したいのであれば、初めのエラーになった CSV ファイルを Windows のメモ帳で開き、ファイルメニューの「名前を付けて保存」で表示されたダイアログで、「文字コード」のプルダウンから「UTF-8」を選んで上書き保存してみてください。


0

iconvコマンド、ありますよね。 sample.csvがシフトJISなら iconv -f SJIS -t UTF-8 saple.csv -o sample_utf8.csv sample.csvの文字コードを確認するには type sample.csv


0

以下は list comprehension + 文字列の比較です。 str2 = 'abcdefabcdeghicde' query = 'cde' len_s, len_q = len(str2), len(query) result = [i for i in range(len_s-len_q+1) if query == str2[i:(i+len_q)]] print(result) # 実行結果 [2, 8, 14] 余談 ところで、re.finditer() は正規表現による capture なので、単なる文字列(fixed string)での正規表現では部分文字列の overlap を処理しません。 import re str2 = 'xxx' query = 'xx' print([m....


0

いろいろな方法がありますが、正規表現を使って行う方法があります。 正規表現(reモジュール)のfinditerメソッドを使ってMatchオブジェクトのイテレータを取得し、Matchオブジェクトのstartメソッドの返り値を見ればよいです。 re --- 正規表現操作 — Python 3.9.4 ドキュメント import re str2 = "abcdefabcdeghicde" res_iter = re.finditer("cde", str2) res_list = [] #結果を入れるリスト for res in res_iter: res_list.append(res.start()) print(res_list)


0

データを作成するdf=df['主任以上']でpandasのDataFrameではなくSeriesが出来ているからでしょう。 df=pd.DataFrame(df['主任以上'])とするか、最初から以下のようにその形でDataFrameを作成すれば良いと思われます。 a=[[0.21],[0.185]] df=pd.DataFrame(a,index=['体育会出身','その他'],columns=['主任以上']) グラフの作成はこちらのようにx,y,dataを指定すれば良いでしょう。 colorは指定しないとそれぞれの棒が別の色になります。 sns.barplot(x=df.index, y="主任以上", data=df, color='steelblue') その上で、...


0

1つ目はおそらくvcomp140.dllというdllが見つからない、というものでしょう。 OpenMP ライブラリ リファレンス 何かの原因でそのdllがアンインストールされたとか、dllのサーチパスから外れたとかが考えられます。 Pythonのコマンドプロンプトを終了・再起動させてみるとか: VC++の再頒布可能パッケージを入れ直してみるとか: 最新のサポートされる Visual C++ のダウンロード Pythonのscikit-learnをアンインストール/再インストールしてみるとか: 古い版かもしれませんが、こんな記事があります。 Problem of install in windows #15899 Error: Missing vcomp140.dll #18088 scikit-...


0

こちらの記事のようにすれば、Jupyter-labの作業ディレクトリが確認出来るでしょう。 記事はJupyter-notebookのものですが、Jupyter-labでも同様と思われます。 カレントディレクトリの確認 カレントディレクトリは、標準ライブラリのosモジュールを使って確認できます。 os.getcwd() osモジュールをインポートして、os.getcwd()を実行します。 import os os.getcwd() 'C:\\Users\\user' windows環境での例ですが、Cドライブの上記フォルダがカレントディレクトリと確認できました。 実際に実行した場合に後ろのuserは貴方のユーザー名になります。 質問の内容については、以下のいずれかによって対処出来るでしょう。 ...


4

JPドメイン名の登録管理業務とDNSを運用しているのは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)で、質問にある yahoo.co.jp ドメインに関する whois 情報は以下の様になります。 $ whois -h whois.jprs.jp yahoo.co.jp Domain Information: [ドメイン情報] a. [ドメイン名] YAHOO.CO.JP e. [そしきめい] やふーかぶしきがいしゃ f. [組織名] ヤフー株式会社 g. [Organization] Yahoo Japan Corporation k. [組織種別] ...


1

要約:理由は分からないが直った 他の任意のプログラムも動作速度 1/2 になっていますか? なっていればクロック初期化のところで誤って動作周波数が 1/2 になっているものと推定されます。 使用感に変化は感じておらず,他のプログラムが遅くなったような気はしません. 体感だけでは何とも言えないので,現在のクロック周波数を調べるためにcpufrequtilsを入れてみました. まず,クロック周波数を測ってみると900MHzで,遅めの値が出ました. これが原因だったのかと(機能しないこと前提に)irrp.pyを操作したところ,正常に消灯され,驚きました. この直後に測ったクロック周波数は1.4GHzでした. このことから,クロック周波数が原因だと考えました. しかし,その後も何回か追加で操作してみると,...


2

The Bokeh Visualization Library を使うのはどうでしょうか。 ただし、 できればpythonだけで実現し、JavaScript HTML CSSを使う事は避けたい クリックイベントを検出してコールバックを実行するので JavaScript や CSS を使用しています。 import os import random from bokeh.plotting import figure, output_file, show from bokeh.models.widgets import Select, Button, Div from bokeh.models.layouts import Spacer from bokeh.models.callbacks import ...


0

以下は pandas.DataFrame.div を使う方法です。 ※ 120 + 80 = 200 なので lst を一部修正しています。 lst = [[120,80,200],[280,120,400]] df1 = pd.DataFrame(lst,index=['a','b'],columns=['A','B','合計']) pd.set_option('display.unicode.east_asian_width', True) print(df1.div(df1['合計'], axis=0)) # A B 合計 a 0.6 0.4 1.0 b 0.7 0.3 1.0


0

まず, 合計を算出するところから。 割合は, 前の行との比較・割合なら pandasで用意されてるものがあるけど, このような場合は見つからなかったので普通に計算 import pandas as pd lst=[[120,80], [280,120]] df = pd.DataFrame(lst, index=['a','b'], columns=['A','B']) df['合計'] = df.sum(axis=1) for item in ['A', 'B']: df[f'{item}(割合)'] = df[item] / df['合計'] display(df) print() df[['A(割合)', 'B(割合)', '合計']]


0

各行に対してapplyすることでlambda式で列の比率を求めることができます。 import pandas as pd lst = [[120,80,200],[280,120,400]] df1 = pd.DataFrame(lst, index=['a','b'], columns=['A','B','合計']) df2 = df1.apply(lambda x : [x[c] / x['合計'] for c in df1], axis=1) print(df2) #出力結果 a [0.6, 0.4, 1.0] b [0.7, 0.3, 1.0] dtype: object


0

「plotlyでCanvasに自由に描画」する機能はあります。 点や線や画像を描画可能です。 しかしサンプルコードの通りグラフに特化した描画機能の延長で描画しているので、若干無理やりな感じは否めません。 目的や用途、そしてPythonコードのみで解決すべきかThree.jsなどjavascript側の描画フレームワークを使って良いのかなどの条件を質問文に追記していただけるとより的確な回答を得やすいかもしれません。 コメントにあるように「利用者が自由に描画」できる仕組みはstreamlit-drawable-canvasなどのライブラリが用意されています。 サンプルコード import plotly.graph_objects as go fig = go.Figure() # Create scatter ...


1

それ以外にも問題があるかもしれません。どのようにすれば改善すれば良いでしょうか。 input() を使用する場合、EOF(End of File) を検出すると EOFError が発生します。以下の様に iteration を利用すれば EOF で for loop が自動的に停止します。 7.2.1. Methods of File Objects For reading lines from a file, you can loop over the file object. This is memory efficient, fast, and leads to simple code: >>> for line in f: ... print(line, end='') ....


1

質問の直接の答えは比較演算子が違うからです。以下2つの記事を良く見てください。 問題の箇所は==が正しく、つまり=が一つ足らないことが原因です。 4.1. if 文 6.10. 比較 他にはこれらの課題があります。 数値を入力できるのが先頭行の1回だけで、複数の数値を繰り返し入力出来るようになっていません。ループの中(の先頭)に移動する必要があるでしょう。 whileの条件部と、途中のif文の両方でループ終了を判定するのは冗長で間違いやすいので判定は1ヵ所に絞りましょう。 appen()というメソッドはありません。append()のtypoですね。 最後の.を入力したら、結果を出力せずにプログラムを終了する形になっています。 mean()...


2

いわゆる「多次元配列」などと呼ばれるもので、以下の通り参照すれば実現と思います。 print (lst[0][0]) # 12


0

NumPyのBoolean配列によるIndexing機能を利用した別解です。 import numpy as np A = [2, 4] B = np.array([[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9], [10, 11, 12], [13, 14, 15]]) # Bからの行選択用フィルタ配列を用意 selector = np.ones(len(B), dtype=bool) selector[np.array(A) - 1] = False # array([ True, False, True, False, True]) print(B[selector]) #...


上位 50 件の最近の回答が含まれています