次のタグが付いている新しい回答:

1

先のお二方の回答の方が正しいと思われますが、そこを敢えて何かするとしたら。 バッチファイルやスクリプトファイルならば、そのファイル自身が何処に移動しても、その時点での絶対パスを取得する方法があり、親フォルダーのパスを取得することもできます。 バッチファイル How to get windows batch's parent folder こちらの答えの方です for %%I in ("%~dp0.") do for %%J in ("%%~dpI.") do set ParentFolderName=%%~dpnxJ echo %ParentFolderName% バッチファイルの中に以下の行があるので: set VIRTUAL_ENV=C:¥仮想環境パス ...


1

実際に使っているわけではなく少し調べた程度ですので、もしかしたら間違いがあるかもしれません。 venv で管理するのは Python インタプリタ (= Python 自体のバージョン等) ではなく、あくまでライブラリやモジュール、およびそれらのバージョン情報です。 また、既に確認された通り venv で作成した環境に含まれる pyvenv.cfg 等には環境依存のファイルパスが含まれるので、これらは異なる環境にそのまま共有できるわけではなさそうです。 (Git でクローンしたら即使えるようになるわけでない) venv の環境を共有したい場合、venv ディレクトリを直接共有するのではなく、venv 環境にインストールしたパッケージの情報をまとめた requirements.txt を作成し、...


1

これらを相対パスの記述にするにはどうすればよいでしょうか? できません。 pyvenv.cfgにはAppDataフォルダパスの記述であり、Clone環境下で同じような相対パス(ユーザーごとの)が保証されているわけではないことが問題でしょうか? いいえ。 上記1.2では問題がある場合、仮想環境をgit内のvenvフォルダからリモート環境に複製することが可能でしょうか? いいえ。 そもそも、venvディレクトリはポータブルではないため、他の人、PC、ディレクトリ、に持ち運べません。 それぞれで作成する


0

3.25(10) -> 110.01(2) こんな感じにしたいのなら import math a=float(input('10進数の数字')) b=int(input('変換したい進数')) first_digit='' #tは少数部 fは整数部 sgn = '-' if a < 0 else '' a = math.fabs(a) (t,f) = math.modf(a) i = int(f) result = '' if i != 0 else '0' while i > 0: result += str(i%b) i //= b z = t f_limit = 10 # 適当 while z != 0.0: t = str(z * b) ...


2

ヘッドレスChromeの言語設定を英語→日本語にすることで解決しました。 参考: 【Selenium】ヘッドレスChromeの言語設定を英語→日本語にする 以下のオプションを追記 options.add_argument('--lang=ja-JP') ありがとうございました。


0

x += 1といった累算代入文でxが一度しか評価されないというのはどういう意味ですか? 文字通り x が一度しか評価されないという意味ですが、式 += 1 を意図していると思います。 OOPer さんが示されている内容と本質的に同じですが、代入文との違いが出る例を提示します。 7.2.1. 累算代入文 (augmented assignment statement) augmented_assignment_stmt ::= augtarget augop (expression_list | yield_expression) augtarget ::= identifier | attributeref | subscription | slicing augop ...


1

a = '11:15' result = (lambda h,m: int(h)*60 + int(m))(*a.split(':')) print(result) # 675


0

str.split() したものをリスト内包表記で処理するのも何かと面倒そうなので @kunif 氏の回答同様, datetime を使った方法です from datetime import timedelta,datetime timedelta(**dict(zip(('hours', 'minutes', 'seconds'), datetime.strptime('11:15', '%H:%M').timetuple()[3:6])) ).seconds /60 datetime.strptime().timetuple()[3:6] によって, 時, 分, 秒(念の為) の tuple を取り出し timedelta ...


0

lambda を使うというアイデアで: a = '11:15' print((lambda tmp: int(tmp[0]) * 60 + int(tmp[1]))(a.split(':'))) 一応、tmp を lambda 内のローカル変数に閉じ込めただけの形なのですが、グローバルな名前空間は汚さなくて済むということでよければ。


0

split()で文字列として分割するのでは無く、時間/時刻に関する情報として処理する方法も考えられます。 from datetime import * midnight = datetime.strptime('00:00','%H:%M') a = '11:15' result = int((datetime.strptime(a,'%H:%M') - midnight).total_seconds() / 60) print(result)


0

例えばこのようなデータを考えてみます 横に月が並ぶ 縦(行頭)が ID とする 連続した三ヶ月分の最小値を取り出し, 一定値を超えているかどうか 2月から 4月分までの場合, 4月が該当する月, という判断にします (つまり(どのようなデータであっても) 1月, 2月は件数ゼロ) import pandas as pd import numpy as np # とりあえずランダムな値を実験用に用意 df = pd.DataFrame(np.random.randint(1000, 20000, (4, 12))) df.rename(columns=lambda v: f'{v+1}月', index=lambda v: f'ID_{v:03d}', inplace=True) display(df) #...


0

その後の追記・更新が無いようですが、以下のような記事が参考になるでしょう。 Pandas DataFrame select rows based on values of multiple columns whose names are specified in a list pandasで欠損値NaNを除外(削除)・置換(穴埋め)・抽出 Pythonのrange関数の使い方 iloc - Pandasで要素を抽出する方法(loc,iloc,iat,atの使い方) Pythonの組み込み関数all(), any()の使い方 pandasで行数、列数、全要素数(サイズ)を取得 Pythonのf文字列(フォーマット済み文字列リテラル)の使い方 最初のKINGAKU_Sの列がID 次の列が直近月のデータで、...


0

左辺 x に副作用があるとき「一度だけ評価」が規定されていないと困ったことになります 他言語でよければ c の例 int* p=&array[i]; *p++ += 1; // *p++ = *p++ + 1; に置き換えると「未定義動作」 // 一度だけ評価が無いと p[i] が変わるのか p[i+1] が変わるのか不明 c++ の例 int a, debugcount; int& func() { ++debugcount; return a; } func() += 1; // 同上、一度だけ評価なら debugcount は1増えることが確定


7

「x が一度しか評価されない」については、字句通りにxを1つの識別子として理解するのではなく、累積代入文の左辺に来得る任意のものを表していると解釈した方がわかりやすくなるのではないでしょうか。 i = 0 def inc(): global i i += 1 return i list = [1, 2, 3] list[inc()] += 1 print(list) //->[1, 3, 3] このような例であれば、list[inc()] += 1とlist[inc()] = list[inc()] + 1の違いははっきりとわかるかと思います。


-1

x += 1といった累算代入文でxが一度しか評価されないというのはどういう意味ですか? 私は「代入」も評価に数えていると解釈しました。 x = x + 1の場合 x + 1を計算する --> xを評価(1回目の評価) 結果をxに代入する --> xを評価(2回目の評価) x += 1の場合 xに1を足し込む --> xを評価 しかしながら x += 1 のような累算代入式は、 x = x + 1 のように書き換えてほぼ同様の動作にできますが、厳密に等価にはなりません。累算代入の方では、x は一度しか評価されません。 の「累算代入の方では、x は一度しか評価されません。」は余計な説明だと思います(※)。 「厳密に等価にならない」のは「評価回数の違い」で起こるのではなく、...


1

代入文との比較の話だと思います。 「x = x + 1 の場合は右辺の x と左辺の x の計2回評価するけど、x += 1 では1回だけだから厳密 (内部の処理的) に等価にはなりません。」 程度の意味ではないでしょうか。


1

エラーメッセージに示されているように、文字列と変数の編集指定であるf"ERROR: {exc}"はフォーマット済み文字列リテラルと言って、Python 3.6 からサポートされている仕様です。 お使いの3.5.1ではサポートしていないためSyntaxError: invalid syntaxになっているのでしょう。 Pythonのf文字列(フォーマット済み文字列リテラル)の使い方 Python3.6からf文字列(f-strings、フォーマット文字列、フォーマット済み文字列リテラル)という仕組みが導入され、冗長だった文字列メソッドformat()をより簡単に書けるようになった。 3.5以前のバージョンでは使えないので注意。 フォーマット済み文字列リテラル(f文字列)...


0

以下の方法で解決しました。ご回答ありがとうございました。 # カラーコード color_dict = { 0:"#adffad",1:"#adffff", 2:"#ffffad",3:"#d6adff", 4:"#ffd6ad",5:"#bfc0c1" } # パターン pattern1 = ['A','B','C','','E',''] pattern2 = ['AA','BB','CC','DD','EE','FF'] # パターン分の箱 value,n1 = [''] * len(pattern1),[''] * len(pattern1) text,n2 = [...


0

dict を ',' で連結するデータ構造はありませんが データ構造の中に組み込むことは可能です payload = { "attachments": [{ "fields" : "TEST", "color" : "#adffad", }, *data ], } print(payload) 参考 https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html?highlight=アンパック


0

https://pypi.org/project/PyInputPlus/ pip install pyinputplus でライブラリをインポートするか、環境パスが通っていない可能性があります。


0

Windows10のdjango 3.1.7上で、末尾のpowershellスクリプトを実行して動作確認したところ、正しくカスタム404が表示されました。 下記の設定にお間違えがないかをご確認ください。 manage.pyと同階層にtemplatesフォルダを作っている settings.pyをDEBUG = Falseに切り替えている (デバッグモードでは強制的に詳細なエラーメッセージが表示されます) ※手順が冗長になるので割愛しましたが、polls.pyを作成してget_object_or_404を呼び出しても設定を間違えなければカスタム404が表示されることを確認しました。 powershellスクリプト: # C:\django にプロジェクトページを新規作成 $django = "C:\...


上位 50 件の最近の回答が含まれています