次のタグが付いている新しい回答:

0

以下のコードで解決といたします。 def get_request(): request_luids = request.args.getlist('luid') or '' result = {} for i in range(len(request_luids)): request_luid = str(request_luids[i]) client = bigquery.Client() query = """SELECT EXISTS( SELECT 1 FROM `test-project-281806....


-2

回答 print(0 or (1 and 2))と入力した場合、返ってくる値は2ですが、 print(0 or (2 and 1))とした場合、返ってくる値が1になるのはなぜですか? 0 orの0(偽)では式全体の真偽が確定せず、評価が継続します。 orに続く(1 and 2)または(2 and 1)の評価は、 1 andの1が真なのでは真偽の評価が確定せず、評価が継続します。 2 andの2も真なので同様に評価が継続します。 andに続く値が最後ですので、式全体の評価が確定し、結果はandに続く値になります。 どうしてそうなのかはlehshellさんの回答にあるとおり、Pythonの文法6.11. ブール演算 (boolean operation)に説明があります。 確かめたこと 結構長くなりました、...


1

u8 = u'' + motoの行をu8 = bytes.fromhex(moto)に置き換えてみてください。 この辺の記事を参考に。 classmethod fromhex(string) bytes.fromhex と bytes.hex


4

Python 言語リファレンス https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html#boolean-operations の 6.11. ブール演算 (boolean operation) に 式 x and y は、まず x を評価します; x が偽なら x の値を返します; それ以外の場合には、 y の値を評価し、その結果を返します。 と規定されています。


0

提示コードだと典型的「無手順通信」です。つまり電文がどこから始まってどこから終わるのか受け取る側 = Arduino にとって不明です。そのためたまたま電文の途中から受け取る可能性があって、そうすると化けて見えます。ボーレートによって化けたり化けなかったりはたまたまですね(もっと詳しい「化け原理」の解説が必要ですか?) なので手順(開始+終了の約束)を決めてください。これをプロトコルと言います。 STX + 本文 + ETX でもいいし 本文 + 改行 でもいいし 本文 + 無信号時間 でもいいし あなた独自の手順でもよいです(開始終了が確実にわかればヨシ) 最初のやつなら受け取る側は 受信データが STX 以外の値なら全部無視する STX が来たら ETX までを受け取る (...


1

quiver(x, y, u, v, *args, **kwargs)というメソッドで出来ます。 日本語化解説はこちら。 Pythonで世界地図(matplotlib basemap toolkit翻訳)-3 *args, **kwargsに指定できるものはこちら。 matplotlib.pyplot.quiver 処理的には以下で、zorderが指定してあるのは矢印の元と先が丸に隠れたため。 場所や方向によっては何かもう少し複雑な計算が必要かもしれませんが。 u = np.subtract(xunknown2, xunknown) v = np.subtract(yunknown2, yunknown) bmap.quiver(xunknown, yunknown, u, v, scale=1, units='...


0

シミュレーションでなく実物を制御するなら時間が大事です。 モーターやジャイロに指示を送る通信にも一定の時間が必要で 指示に対してアクチュエータが反応するまでにも一定の時間が必要で アクチュエータ上の「もの」が反応するまでにも一定の時間が必要で 「もの」の動きを読み取る装置が反応するにも一定の時間が必要で 「機械」の実動作は CPU からみると超絶遅いので、その動作時間を無視して CPU 的にできる最速ループを回しても早すぎて破綻するだけです。提示コードの待ち時間は「通信」分だけですよね。ではどれだけ待てばよいかは系の反応速度であるとか消費してよい電力量とかの案件で異なります。 結論を言うと「式は P 制御に見える」「制御が早すぎて破綻している」でしょう。


1

C++では以下のような宣言で、疑似できるかと思う 提示されたコードは単に32bitデータの一部を16bitまたは8bit単位で取得・設定できると言うだけのものなので、それと同等のことであれば、プロパティを使って似たようなことはできます。 class REG: def __init__(self): self.e = 0 @property def x(self): return self.e & 0xFFFF @property def xh(self): return (self.e >> 16) & 0xFFFF @property def l(self): return self.e & 0xFF @...


1

単に計算の過程で丸められただけだと思います。 プログラムで計算する際、数値を 4byte や 8byte などの固定のバイト数で表現するので、どうしても細かい数字は四捨五入のような処理をせざるを得ません。 (どのようにして小数を表現するか: 倍精度浮動小数点数 - Wikipedia) その結果、例えば10進数5桁の精度しかなかった場合、 89.999 + 0.0008 = 89.9998 = 90.000 のようなことが起こります。 import sys goal=90 M1=0.00 Kp=0.8 t_list=[] M_list=[] t=50 t_list.append(0) M_list.append(0.00) print(sys.float_info) ...


0

timeout=(3.0, 7.5) となると connect timeout が 3秒 read timeout が 7.5 秒ですが、この条件で timeout したものを続けて再帰処理を行うことに意味があるのか疑問に感じます。 for s in data: if s in links: next_links += [s] else: url = s とするのであれば data にはヒットした url とヒットできなかった場合の link を混在して使う前提になっているのではありませんか? (あまり気持ち良い設計ではないですね) 最も大きな問題は else: url = s としているため data の最後が None の場合は url が None ...


0

「操作量」について誤解があるような? 操作量とは操作できるものの量(=現在値) 弁を開閉する場合、操作量とは弁開度(0点から何ステップ回した) 自動車を走らせるとき、操作量とはアクセル開度 モーターを回すとき (ブラシレス DC モータなら) インバータの出力周波数 実際に制御する上で必要なのは「操作量の差分」っスよね。 追加で何ステップ開ける閉じる アクセル板の末端高さで何ミリ踏み込む戻す 周波数をいくつ下げる上げる だから紹介されたページにも「今回の操作量=前回の操作量+今回の操作量差分」とちゃんとありますよね。欲しいのは「今回の操作量差分=今回の操作量-前回の操作量」となれば操作量の漸化式から提示の式となります。


1

仮想環境内で使用するPythonコマンドの場所を指定して実行すれば良いと書いてあるのですがこの場合は、source activateを使用して仮想環境内に入らなくても良いのでしょうか? はい。そうです。 質問に貼ってあるURLのページにもそのように書いてあると思います。 「仮想環境に入らずにモジュールが使えるのはなぜか」というのは問い立てが逆なのです。 「元のPythonとは別のディレクトリをサイト固有パスとして使うような、Python実行ファイルを用意すること」が仮想環境の一番大事な点です。 そして「"元のPythonとは別のディレクトリをサイト固有パスとして使うPythonコマンド"が優先して実行されるようにすること」を「仮想環境内に入る」と呼んでいると思えばいいかと思います。 ...


0

python3タグでの質問ですので、 apt install python3でPythonをインストールしたと仮定します。 その場合pythonコマンドではなくpython3コマンドを使う必要があります。


0

一つ 以下で挙げたように、時々刻々と繰り返しのアウトプットをする関数を作ったとします。その出力結果を毎回上書きして表示させることはできますか? エスケープシーケンスを解する端末で実行するなら、以下のコードで上書き表示できます。 print('\x1b[1;1H', end='') #カーソルを1行1桁目に設定 print('\x1b[2K', end='') #行末までクリア print(enemy[N]) 本格的にプログラミングするのであればCursesを使う方がよいでしょう。 Python で Curses プログラミング ※リンク先はhttps://docs.python.org/ja/3/howto/curses.htmlです。 二つ ...


1

プログラムが終了しないのは、現状の仕組みだとclass_ProgressThreadをthreadとして起動するstart()が呼ばれているけれども、そのスレッドを終了させる処理が無いか動いていないのが原因です。 簡単な対策は以下のようにスレッドをデーモンとして指定することでしょう。こうするとメインスレッドが終了すると特に指定しなくてもサブのclass_ProgressThreadスレッドも終了するので、プログラムが終了するようになります。 self.instThr = class_ProgressThread(parent=self) self.instThr.setDaemon(True) #### ←この処理を追加する ただしこの方法だとデストラクタは呼ばれないようです。...


1

恐らくダウンロードしたファイルが破損していたのがエラーの原因だったようです。 gz ファイルをいったん削除し、再度 mnist.py を実行したところ上手くいきました。 この投稿は @sketch さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


1

リストが意図している形式かわかりませんが、サンプルを提示しますね。 store_list = [     [0, "札幌店",   "北海道", 43.062083, 141.354389],     [1, "仙台店",   "宮城県", 38.268056, 140.869722],     [2, "東京店",   "東京都", 35.689472, 139.691750],     [3, "名古屋店", "愛知県", 35.181389, 136.906389],     [4, "大阪店",   "大阪府&...


2

asyncio ではありませんが threading.Thread を使って want_item_url の実装をマルチスレッドにしたサンプルです。 import threading # 省略 def want_item_url(links, name, color): lock = threading.Lock() target_url = [] def search_item(url, name, color): item_page = requests.get(url) soup = BeautifulSoup(item_page.content, 'lxml') item_name = soup.select('h1[...


0

参考になさっているページの該当コードが載っているところから少し読みすすめると、以下の記述があります。 JavaScript では async 文を使って作成した非同期関数はそのまま実行することができましたが、 Python のコルーチンはそのまま関数として実行しても処理されません。コルーチンオブジェクトが生成されて終わりです。 これはコルーチンの実態がジェネレータだからというのが理由です。 ジェネレータはイテレーションを進めたときに初めて 最初のyield文まで実行されますよね。 お察しの通り、このコルーチンを実行してくれる(イテレーションを進めてくれる)のがイベントループということになります。 IOの待ち時間には他の処理を割り当てるなどの裏方もやってくれる偉い子です。 ...


0

Pythonには、iterable という概念があり、iter()の(第一)引数には 任意のiterableなクラスのオブジェクトを渡すことができます。 あなたが挙げた配列やタプルは組み込みのiterableなオブジェクトの代表例ですが、iterableでさえあれば、自作のクラスを渡すこともできます。 iterable An object capable of returning its members one at a time. Examples of iterables include all sequence types (such as list, str, and tuple) and some non-sequence types like dict, file objects, and ...


0

@metropolis さんコメントで解決とのことで、それを基にコミュニティWikiとして回答。 質問時点での状況: >>> import pandas as pd >>> >>> df = pd.read_csv("test.csv") >>> >>> print(df) 名前 国語 数学 英語 理科 社会 0 A太 83 89 76 97 76 1 B介 66 93 75 88 76 2 C子 100 84 96 82 94 3 D郎 60 73 63 52 70 4 E美 92 62 84 80 78 5 F菜 ...


3

文字列の比較が単純な全文一致で良いなら、not inが使えると思います。 status = 'status_invalid' if status not in ['status_1', 'status_2', 'status_3']: print('invalid status')


1

その本のことは何も知らないですが、Color を足すとよさそうです。 修正前: from pybricks.parameters import Port, ImageFile, SoundFile 修正後: from pybricks.parameters import Port, ImageFile, SoundFile, Color 参考資料: https://pybricks.github.io/ev3-micropython/examples/color_sorter.html


1

この問題は 403 のアクセス拒否が原因でした。 この投稿は @wataru さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


0

自己解決できたので追記 v_cをint(v_c)にしたら問題がなくなった。


2

少しづつ仕様(アクセス範囲とか?)の違う複数の手段があるようですね。 __slots__のように明示的に作成していないと存在しないのもありますが。 いずれもリストとか辞書が返されるので、それを基にアクセス出来るようです。 @shingo.nakanishiさん回答の__dict__ vars() dir() __slots__ この辺の記事を参考に。 Python クラスのプロパティ情報取得 dict系 object.__dict__.items() 全プロパティの名前と値を取得 object.__dict__.keys() 全プロパティの名前だけ取得 object.__dict__.values() 全プロパティの値だけ取得 実質は上記dictと同じvars([object]) モジュール、クラス、...


1

ちょっと質問が漠然としていてどのようにfor文でアクセスしたいのは不明ですが、下記のようなコードを書いてみました。 まず属性の名前を取り出して、その後その名前でforを回して属性の値を取り出しています。 class Hoge: def __init__(self): self.ii = "foo" self.jj = "bar" hoge = Hoge() hogeKeys = hoge.__dict__.keys() print(hogeKeys) for key in hogeKeys: print(getattr(hoge, key)) 実行結果: dict_keys(['ii', 'jj']) foo bar ...


1

Python Untokenize a sentence - Stack Overflow が参考になりそうです。 私はこのnltkに詳しくないですし(というか今初めて使いました)、質問者さんも join をお使いになりたいようなので、joinを使っている回答を参考にします。 import nltk import string sentences = """Kate forgot John's login ID, and was not able to use the computer. """ def replace_if_all_uppercase(word): # もし単語のすべての文字が大文字ならば、すべて小文字に変換 if ...


2

以下は functools.reduce() を使う方法です。 from functools import reduce : for sentence in sentences.splitlines(): # nltkを使って分かち書き&品詞の取得 tokens = nltk.word_tokenize(sentence) tagged = nltk.pos_tag(tokens) conved = list(map(lambda s: replace_if_all_uppercase(s), tagged)) print(reduce( lambda x, y: x+y if y.startswith(('.', ',', "'...


0

最高スコアの保持者であるジローの名前を出力したいです オブジェクトの属性を比較対象としてmaxを使用した例 オブジェクトの属性(今回であればscore)を比較対象としたmaxの使い方が下記です。 class Player: def __init__(self,name,score): self.name=name self.score=score p1=Player("Taro",10) p2=Player("jiro",12) p3=Player("saburo",9) max_p = max(p1, p2, p3, key=lambda p: p.score) print(max_p.name) 実行結果: jiro ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています