次のタグが付いている話題の回答:

8

(Python に限らず) eval では任意のシステムコマンドを実行できてしまうので、Webフォームなどと組み合わせて使ってしまうと、例えば単に「年齢(数字)を入力してください」としていたところに、悪意のあるユーザーは「パスワードファイルの表示」や「ファイルの削除」を試みるコマンド文字列を入力してくるケースが想定されます。 参考: eval #セキュリティ上のリスク (Wikipedia) これを防ぐためには、evalされる文字列はすべてエスケープしたり、潜在的に危険な機能を利用できないようにして実行するなどの対策が必要となる。


7

処理しないだけで、一応if文内の方にも入る動きをするのがインタプリタ言語なのでしょうか? プログラムの読み込みと実行は別です。 読み込み時点では、Pythonの文法に従って全行を読み込みます。 このとき、文法が間違っているとSyntaxErrorが発生します。 書かれているコードの例では、 print という文字列が何を指すのかを解釈しようとします。そこで、 print が組み込み関数だということをPython内部で理解して、その続きを読み進めようとします。しかし続けて、スペースと '2' が登場しているため、Pythonはこれを解釈するのに失敗し、続きの行を解釈できなくなるため、 SyntaxErrorを発生させて読み込みを中止します。 最後まで文法エラーなく読み込めれば、...


6

python による自動化になりますが、探す文字列が "犬" のように決まっており固定であるならば、 文字列の count メソッドを使用したフィルタリングが高速でよいと思います。 count メソッドを使うと、文字列に含まれる、特定の文字列の数を数えることができます。 (例えば "abracadabra".count("abra") は実行すると 2 となります。) 以下にコードを載せておきます。 def hantei(s, KW, th): return s.count(KW) >= th strings = ["犬はよく泣いています。", "その家の犬は良く吠える犬です。", "その犬はご飯を食べました。"] KW = "犬" th = 2 ...


6

eval 関数で 任意のコマンドが実行できるからです。 >>> eval("print('hello')", {}) hello >>> eval("__import__('os').system('uname -a')", {}) Linux C077 4.4.0-18362-Microsoft #476-Microsoft Fri Nov 01 16:53:00 PST 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux 0


5

more-itertoolsのwindowedをお探しではありませんか? https://more-itertools.readthedocs.io/en/stable/api.html#more_itertools.windowed import itertools from more_itertools import windowed for a in windowed(itertools.count(), 2): print(a) if a[0]>10: break


5

編集後のご質問の主文 違う結果が出力される場合はどのようなときなのでしょうか? だけに限っての回答ですが。 ちなみに、上記のお題はAtCoderの「AtCoder Grand Contest 041」のA「Table Tennis Training」です。 といった情報は最初からご質問に含めておいた方が良いでしょう。 出題中にこんな制約があります。 2≤N≤10¹⁸ 1≤A<B≤N 入力中のすべての値は整数である。 この値の範囲を見ると、分かる人なら「ははぁん」と納得して、「どのようなとき」に「違う結果が出力されるか、すぐに例が作れてしまうでしょう。 a = 2 b = 1000000000000000000 ans = (b-a)/2 print(int(ans)) #->...


4

計測のために関数を用意しました。 グローバル変数アクセスコストの影響を避けるために、必要な値は引数で渡します。 >>> def f1(n, nums): ... for i in range(n): ... if len(nums) > 0: ... pass ... >>> def f2(n, nums): ... for i in range(n): ... if nums: ... pass これを測定すると以下のような結果になりました。 >>> import timeit >>> _nums = [1,2,3,4,5] &...


4

「"犬" が 2 回以上出現している」というのは "犬" が少なくとも 2 回出現していれば良いので、.*犬.*犬.* で検索できます。


4

計算量に関する考え方が根本的に間違っています。 問題に対して変化する数量、この問題の場合はiやjに対して計算量がどれぐらいのオーダーで変化するかどうかです。たとえば、もし、1x1行列でも3x4行列でも10000x10000行列でも計算回数(時間計算量)もメモリ使用量(空間計算量)も変わらないようなアルゴリズムであればO(1)です。しかし、もし、1x1行列の計算量にたいして、3x4行列では最大で4倍、10000x10000行列では最大で10000倍、ほとんどの場合で最大でmax(i, j)倍になるようであれば、O(max(i,j))であろうとなります。つまり、3x4行列だけを考えてもダメで、色々変化していくときにどうなるかを考える必要があります。 このように、変化して行くであろう数量に対して、...


4

普通、連番のついた変数名を生成するのは避けて、タプルやリストを使います。これらであれば添え字で自然に連番がつきます。 つまり、こうするのではなく、 r1 = "aaa" r2 = "bbb" r3 = "ccc" こうします。 result = ("aaa", "bbb", "ccc") # または result = ["aaa", "bbb", "ccc"] # 各要素には result[0], result[1], result[2] として参照できます # タプルは長さが決まっているので、今回の例ではタプルの方が向いていそうです また、辞書の形にしてもう少し柔軟に名前をつけることもできます。


4

短い答え はい。 長い答え sorted 関数のリファレンスを読んでみましょう。 key には 1 引数関数を指定します。これは iterable の各要素から比較キーを展開するのに使われます (例えば、 key=str.lower のように指定します)。 デフォルト値は None です (要素を直接比較します)。 組み込み関数 — Python 3.8.0 ドキュメント と記載されている通り、 1引数関数である get_age が指定されています。このため、sorted は最初に渡された iterable の各要素を get_age に渡していきます。 そして、 get_age が返す値(ここでは各要素の2番目の値、すなわち 15 、 21 、 23 )を sorted ...


4

<頂いたコメントから>itertools.tee() を使う方法 頂いたコメントから itertools.tee() を使って以下のように書くことにしました。 ありがとうございました。 import itertools it1, it2 = itertools.tee(it) for a,b in zip(it1, itertools.islice(it2, 1, None)): ...


4

ask_utils.is_request_type は関数を返す高階関数ではありませんか? https://python.atelierkobato.com/high/#outline__1_2 return ask_utils.is_request_type("LaunchRequest")(handler_input) は以下を一行で書いたものです。 func = ask_utils.is_request_type("LaunchRequest") return func(handler_input) 定義を確認してみると: https://github.com/alexa/alexa-skills-kit-sdk-for-python/blob/...


4

一般的なCSVフォーマットでは、値に"が含まれる場合、出力されるCSVテキストは aa"b"cc -> "aa""b""cc" こうなります。なので正常に処理されているように見えます。 読み込み側のソフトで"が含まれるデータが想定されているのであれば、そのまま読み込めるはずです。


3

コメントしたように KeyError with specific character · Issue #68 · miurahr/pykakasi というIssueを作成し、一旦推移を見守っておりましたが、2019年6月6日にこれを修正するコミットが行われ、先述のIssueはクローズされました。 Fix #68 · miurahr/pykakasi@3d92897 という訳で、最新版(下記のv0.95)で確認したところ、無事記載されたコードは正しく動きました。 Release v0.95: README: fix azure-pipelines badge · miurahr/pykakasi という訳で、本質問に対する回答としてはv0.95以上にアップデートするとなります。


3

レーベンシュタイン距離は各編集操作それぞれに別々のコストを割り当てることが可能です。ライブラリが出力したものは、挿入・削除・置換にコスト1を割り当てた場合のレーベンシュタイン距離だと思われます。グラフで求めているものは、挿入・削除にコスト1、置換にコスト2が割り振った場合(あるいは置換操作がなく、削除と挿入にした場合)のレーベンシュタイン距離となります。


3

提示された負のコストを持つデータには、負となる閉路があります。 route = [ [INF, 2, 3, INF, INF, INF], [2, INF, 4, 3, -5, INF], [3, 4, INF, 6, 4, INF], [INF, 3, 6, INF, 1, 5], [INF, 5, 4, 1, INF, 3], [INF, INF, INF, 5, 3, INF]] B->E: -5 E->D: 1 D->B: 3 となっており、B->E->D->Bと一周すると、コストが -1 になります。つまり、この閉路を回れば回るほどコストは下がっていくので、この閉路を永久に探索していくため、...


3

まず最初に、Big-O表記では定数倍の違いは無視するので、O(log2(n))という書き方はしません。O(log(n))か、数学の式に近い書き方でO(log n)ですね。 ループ絡みの計算量は、 ループの実行回数 ×ループ1回あたりの計算量 となります。 「繰り返し回数は log2(n)+1 なので、オーダ記法だと全体として O(log2(n))」が成立するためには、 「ループ1回あたりの計算量」がO(1)であること が条件となります。意図せずO(1)より計算量の多いメソッド等を使用していないかも注意すべきです。 というわけでループしているところを順番にチェック。 for i in range(num+1): #<-実行回数: num+1 depth_list.append(...


3

次のような配列numsがあったときに、配列の要素数が0かそれ以外かを判定する方法で、 実装方法によってパフォーマンスに後述のような差がありました。どういう理由でこのような差が生まれてくるのかを教えてほしいです。 こちらだけ。 cpython限定ですが、試しにCでループ内処理を書いてみました。 /* Py_DECREF忘れてるよっ!というのはご愛嬌 */ void exec1(PyObject *obj) { if (PyObject_IsTrue(PyObject_RichCompare(PyObject_Size(obj), PyLong_FromLong(0l), Py_GT))) { exec(); } } void exec2(PyObject *obj) { ...


3

「何ををくっつけて何を分解するかという基準」を記述したものが辞書なので、そこに介入したいなら辞書をいじるしかないです。 「外国人」はipadicにもnaist-jdicにもjumandicにもないですね。 ipadic-neologd にはそのあたりの複合語のエントリが多く入っているので(実際「外国人」はあります)、ipadic-neologd を使うという手はありかと思います。 https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd あと、本筋ではないですがまったく固有名詞ではありませんよ。


3

値を書き換える場合にnonlocalが必要なのであって、参照だけなら不要らしいですよ。 【Python3】nonlocalを使って、ある名前空間の外の変数にアクセスする ある名前空間の外の変数に代入したい時に使います。 Python Tips:Python 3 の nonlocal を使いたい ただし、関数の内側から外側の変数へのアクセスは基本的に「参照」のみが可能です。値を更新するには nonlocal 宣言をしなくてはなりません。 Pythonのglobalとnonlocal宣言 関数内に関数を定義する場合、内側の関数から外側の関数内の変数を変更するために利用 考え方は、global変数と同じ。 Pythonにおける名前空間とスコープを理解する上でのポイントを押さえよう (4/...


3

MeCabをSHIFT-JISでインストールした時の現象と酷似しています。 コマンドラインやPowerShellから下記のコマンドを実行して、標準で使う辞書の文字コードを確認してください。 PS D:\root\usr\MeCab> mecab -D filename: D:\root\usr\MeCab\etc\..\dic\ipadic\sys.dic version: 102 charset: SHIFT-JIS type: 0 size: 392126 left size: 1316 right size: 1316 charset: SHIFT-JISになっている場合は、SHIFT-JISの辞書を読み込んでいることが原因です。 ...


3

質問について 2つ目の with を使わないサンプルコードにおいて、for文を使っているのが原因です。 1つ目のサンプルコードと等価なコードは以下のようになります。 f = open(filepath) print(f.read()) f.close() 解決方法について それぞれで使われている read はファイル全体を読み込むメソッドです。 一行ずつ読み込まれるのが期待する挙動です。 この目的の場合、readline や readlines を使うとよろしいでしょう。 例: with open(filepath) as f: lines = f.readlines() print(lines[0]) # => id,name 7. 入力と出力 — Python 3.7....


3

前者が正しいです。つまり、Case 1 と 2 とで回数は異なります。requests.get(...) の呼び出し回数以前に、z() の呼び出し回数が異なることや、取得したデータがどのようにメモリに格納されているかを想像してください。不安であればテスト用に z() の関数定義の内部に print("呼び出されました") のように書いておいて、出力が何回出てるか確認してみてください。 ところで Case 2 では単に return data とすれば良いです。


3

sys.pathは現在実行しているモジュールではなく、Python インタプリタを起動したスクリプトのあるディレクトリが重要です。 もしrun.pyをpkg_bの下にこのように移動して実行すると、ModuleNotFoundErrorとエラーが発生する。 $ cat pkg_b/run.py from cls_b import ClsB ClsB.hello() $ tree . ├── pkg_a │ ├── __init__.py │ └── cls_a.py └── pkg_b ├── __init__.py ├── cls_b.py └── run.py $ cd pkg_b; python3 run.py Traceback (most recent ...


3

numba.types.functions.Dispatcher._type を利用する方法はどうでしょうか。以下は単純な実行例です。 from numba import jit, int32, float64 from numba import types @jit(int32(int32)) def a(x): return 2 + x @jit(int32(int32)) def b(x): return 2 * x @jit(float64(int32)) def c(x): return 2 / x @jit([ (f._type.get_call_signatures()[0][0].return_type)(int32, f._type) for f in ...


3

apt remove コマンドはデフォルトでは設定ファイルを削除しません。パッケージに関連する設定ファイルも含めて削除するには 代わりに purge コマンドを指定してください。 $ sudo apt purge PACKAGE


3

glob.globはマッチするパスのリストを返します。 glob --- Unix 形式のパス名のパターン展開 — Python 3.7.6 ドキュメント pathname (パスの指定を含んだ文字列でなければいけません) にマッチする、空の可能性のあるパス名のリストを返します。pathnameは (/usr/src/Python-1.5/Makefileのように) 絶対パスでも、(../../Tools//.gifのように) 相対パスでもよく、シェル形式のワイルドカードを含んでいてもかまいません。結果には (シェルと同じく) 壊れたシンボリックリンクも含まれます。 そのため返されたリストの要素をfor文などを使ってrenameに渡してやる必要があります。 (/になっている部分を\に変えてあります)...


3

string モジュールに string.lowercase が定義されていますので(string: Common string operations)、それと index() を使うと以下の様にも書くことができます。 from string import ascii_lowercase def alphabet_position(text): return [ ascii_lowercase.index(c) + 1 for c in text.lower() if c in ascii_lowercase ] if __name__ == '__main__': print(alphabet_position('Who are you man!')) => [...


3

コマンドそのものは root 権限で正しく実行できるとのことですので、 sudo crontab -e でエディタが起動するので、 0 18 * * * source /home/ubuntu/venv/bin/activate && python3 /home/ubuntu/project/manage.py custom_command && deactivate と書いて保存し、エディタを終了すれば、18:00 に root 権限で実行されるはずです。 もしこれで動作しない場合は、代わりに 0 18 * * * ( source /home/ubuntu/venv/bin/activate && python3 /home/ubuntu/...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります