次のタグが付いている話題の回答:

8

(Python に限らず) eval では任意のシステムコマンドを実行できてしまうので、Webフォームなどと組み合わせて使ってしまうと、例えば単に「年齢(数字)を入力してください」としていたところに、悪意のあるユーザーは「パスワードファイルの表示」や「ファイルの削除」を試みるコマンド文字列を入力してくるケースが想定されます。 参考: eval #セキュリティ上のリスク (Wikipedia) これを防ぐためには、evalされる文字列はすべてエスケープしたり、潜在的に危険な機能を利用できないようにして実行するなどの対策が必要となる。


7

処理しないだけで、一応if文内の方にも入る動きをするのがインタプリタ言語なのでしょうか? プログラムの読み込みと実行は別です。 読み込み時点では、Pythonの文法に従って全行を読み込みます。 このとき、文法が間違っているとSyntaxErrorが発生します。 書かれているコードの例では、 print という文字列が何を指すのかを解釈しようとします。そこで、 print が組み込み関数だということをPython内部で理解して、その続きを読み進めようとします。しかし続けて、スペースと '2' が登場しているため、Pythonはこれを解釈するのに失敗し、続きの行を解釈できなくなるため、 SyntaxErrorを発生させて読み込みを中止します。 最後まで文法エラーなく読み込めれば、...


6

eval 関数で 任意のコマンドが実行できるからです。 >>> eval("print('hello')", {}) hello >>> eval("__import__('os').system('uname -a')", {}) Linux C077 4.4.0-18362-Microsoft #476-Microsoft Fri Nov 01 16:53:00 PST 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux 0


6

Python 言語リファレンス https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html#boolean-operations の 6.11. ブール演算 (boolean operation) に 式 x and y は、まず x を評価します; x が偽なら x の値を返します; それ以外の場合には、 y の値を評価し、その結果を返します。 と規定されています。


5

more-itertoolsのwindowedをお探しではありませんか? https://more-itertools.readthedocs.io/en/stable/api.html#more_itertools.windowed import itertools from more_itertools import windowed for a in windowed(itertools.count(), 2): print(a) if a[0]>10: break


5

編集後のご質問の主文 違う結果が出力される場合はどのようなときなのでしょうか? だけに限っての回答ですが。 ちなみに、上記のお題はAtCoderの「AtCoder Grand Contest 041」のA「Table Tennis Training」です。 といった情報は最初からご質問に含めておいた方が良いでしょう。 出題中にこんな制約があります。 2≤N≤10¹⁸ 1≤A<B≤N 入力中のすべての値は整数である。 この値の範囲を見ると、分かる人なら「ははぁん」と納得して、「どのようなとき」に「違う結果が出力されるか、すぐに例が作れてしまうでしょう。 a = 2 b = 1000000000000000000 ans = (b-a)/2 print(int(ans)) #->...


4

<頂いたコメントから>itertools.tee() を使う方法 頂いたコメントから itertools.tee() を使って以下のように書くことにしました。 ありがとうございました。 import itertools it1, it2 = itertools.tee(it) for a,b in zip(it1, itertools.islice(it2, 1, None)): ...


4

ask_utils.is_request_type は関数を返す高階関数ではありませんか? https://python.atelierkobato.com/high/#outline__1_2 return ask_utils.is_request_type("LaunchRequest")(handler_input) は以下を一行で書いたものです。 func = ask_utils.is_request_type("LaunchRequest") return func(handler_input) 定義を確認してみると: https://github.com/alexa/alexa-skills-kit-sdk-for-python/blob/...


4

一般的なCSVフォーマットでは、値に"が含まれる場合、出力されるCSVテキストは aa"b"cc -> "aa""b""cc" こうなります。なので正常に処理されているように見えます。 読み込み側のソフトで"が含まれるデータが想定されているのであれば、そのまま読み込めるはずです。


4

もしそのコードをそのまま提出してるのでしたら、単純に最大公約数を出力し忘れてるだけです


3

numba.types.functions.Dispatcher._type を利用する方法はどうでしょうか。以下は単純な実行例です。 from numba import jit, int32, float64 from numba import types @jit(int32(int32)) def a(x): return 2 + x @jit(int32(int32)) def b(x): return 2 * x @jit(float64(int32)) def c(x): return 2 / x @jit([ (f._type.get_call_signatures()[0][0].return_type)(int32, f._type) for f in ...


3

apt remove コマンドはデフォルトでは設定ファイルを削除しません。パッケージに関連する設定ファイルも含めて削除するには 代わりに purge コマンドを指定してください。 $ sudo apt purge PACKAGE


3

sys.pathは現在実行しているモジュールではなく、Python インタプリタを起動したスクリプトのあるディレクトリが重要です。 もしrun.pyをpkg_bの下にこのように移動して実行すると、ModuleNotFoundErrorとエラーが発生する。 $ cat pkg_b/run.py from cls_b import ClsB ClsB.hello() $ tree . ├── pkg_a │ ├── __init__.py │ └── cls_a.py └── pkg_b ├── __init__.py ├── cls_b.py └── run.py $ cd pkg_b; python3 run.py Traceback (most recent ...


3

glob.globはマッチするパスのリストを返します。 glob --- Unix 形式のパス名のパターン展開 — Python 3.7.6 ドキュメント pathname (パスの指定を含んだ文字列でなければいけません) にマッチする、空の可能性のあるパス名のリストを返します。pathnameは (/usr/src/Python-1.5/Makefileのように) 絶対パスでも、(../../Tools//.gifのように) 相対パスでもよく、シェル形式のワイルドカードを含んでいてもかまいません。結果には (シェルと同じく) 壊れたシンボリックリンクも含まれます。 そのため返されたリストの要素をfor文などを使ってrenameに渡してやる必要があります。 (/になっている部分を\に変えてあります)...


3

string モジュールに string.lowercase が定義されていますので(string: Common string operations)、それと index() を使うと以下の様にも書くことができます。 from string import ascii_lowercase def alphabet_position(text): return [ ascii_lowercase.index(c) + 1 for c in text.lower() if c in ascii_lowercase ] if __name__ == '__main__': print(alphabet_position('Who are you man!')) => [...


3

コマンドそのものは root 権限で正しく実行できるとのことですので、 sudo crontab -e でエディタが起動するので、 0 18 * * * source /home/ubuntu/venv/bin/activate && python3 /home/ubuntu/project/manage.py custom_command && deactivate と書いて保存し、エディタを終了すれば、18:00 に root 権限で実行されるはずです。 もしこれで動作しない場合は、代わりに 0 18 * * * ( source /home/ubuntu/venv/bin/activate && python3 /home/ubuntu/...


3

お世話になります。 結局今回の場合は、プロセスハンドルがわかっていたので、ctypesで取得することができました。 コメントや回答でアドバイスをくださり、ありがとうございました。 一応サンプルを掲載しておきます。 from ctypes import * def getExeFileName(processHandle): exeFileName = create_unicode_buffer(wintypes.MAX_PATH) length = wintypes.DWORD(wintypes.MAX_PATH) if windll.Kernel32.QueryFullProcessImageNameW(processHandle, 0, exeFileName, byref(...


3

既に回答がありますが、global_list そのものではなく、そのリストのコピーを利用するのが回避策です。 リストにはコピーメソッドがあるので、 - list = global_list + list = global_list.copy() とするだけで目的の結果が得られます。


3

以下の3パターンくらいが考えられるでしょう。 プログラムをコマンド化して起動時に対象ファイルを引数で指定できるようにする 対象ファイルの検索や指定は呼び出す側のプログラム(シェルやコマンドプロンプト)に任せる コマンド化はこんな記事 pythonファイルの実行の自動化 Pythonでコマンドライン引数を扱う方法(sys.argv, argparse) sys.argvを使う 呼び出す側はこんな記事 シェルスクリプトのforループでフォルダやファイルを一括処理 for(バッチファイルで繰り返し処理をする) 処理対象ファイル名リストをテキストファイル化し、それを読み込んでループする 1行1ファイルでも、それ自体をcsvでも良いが、それに応じた読み込み処理を行う 例えばこんな記事でファイルからリスト作成 ...


3

データファイルが data.txt 2019 1 1 289 1 264 0.1 254 0.8 86 0.4 70 0.8 270 0.56 287 0.67 30 0.25 2019 1 2 274 2 255 0.13 257 0.22 254 0.12 270 0.15 242 0.77 233 0.11 244 0.75 として、 データをテキストファイルとして読み込み 上記のデータをリスト化 3行飛ばしでデータをまとめて、3つのDataFrame(date,wind_dir,wind_speed)をそれぞれ生成 date は pandas.to_datetime() にて日時データに変換 wind_dir/wind_speed は DataFrame.stack() にて縦並びのデータに変換 ...


3

alpha_numの定義は「リストのリスト」になっています。(このことは直後のprintによる表示からもわかると思います) 結果として、9行目のコードはリストに整数値を足すという意味になるため、そのようなエラーが出ます。 多分あなたがやりたかったのは次のようにalpha_numを定義することではないでしょうか? alpha_num = [0 for l in range(len(alpha))]


3

おそらくformat関数用の書式指定文字列でしょう。 以下のページ等の例とは少し違いますが、3桁の右詰め指定を表していると考えられます。 fmtに入るのは変換なり適用なりされた何かではなく、指定された文字列の{:>3}そのものだけですね。 書式指定ミニ言語仕様 > 利用可能なスペースにおいて、右詰めを強制します (いくつかのオブジェクトにおいてのデフォルト)。 幅 - 【Python入門】format関数で文字列の書き方 >任意の幅 任意の幅を取り、右詰め string1 = '左詰め' string2 = '中央寄せ' string3 = '右詰め' print('{0:<10}'.format(string1)) print('{0:^10}'.format(...


3

答えが10^18と大きくなるので浮動小数点演算を使うと誤差が出ます。


3

直接的にはwords.append(song(numbers[i]))という行が、song(numbers[i])という関数があって呼ばれているように見えるが、そんなものは無いのでエラーになっているということです。 songは文字列なので、それとnumbers[i]との関係が、本当は何をしようと考えていたか? で修正内容が変わってくるでしょう。 コメント対応: 単純には( )を[ ]に変えることで、songから1文字づつwordsに追加する処理に出来ます。 words.append(song[numbers[i]]) しかしそれをすると、今度は4回目に実行されたnumbers.pop(i+1)の行でIndexError: pop index out of rangeになります。 この時iは11で、...


3

型アノテーションだけの行でエラーが起てしまうようだと「型アノテーションだけをする」というのが不可能になるからです。 (追記) PEP526に記載ありました。 https://www.python.org/dev/peps/pep-0526/#global-and-local-variable-annotations Being able to omit the initial value allows for easier typing of variables assigned in conditional branches: sane_world: bool if 2+2 == 4: sane_world = True else: sane_world = False ...


3

入力する JSON ファイルを変更しない場合は以下の様になります。ここで、「allergies.json の"商品名"の値と menu.json の名前が一致したら、『素材』の項目を取得する処理」は products = ... 以降の部分になります。 import json from copy import deepcopy # menu with open('menu.json', 'r') as f: menu = json.load(f) # new dict for update updated_menu = deepcopy(menu) if 'メニュー' in menu: menu = menu['メニュー'] # allergie with ...


3

nltkを使って形態素解析しつつ変換する例です。 import nltk sentences = """Kate forgot John's login ID. Her BLUE skirt looks good. """ def replace_if_all_uppercase(word): # もし単語のすべての文字が大文字ならば、すべて小文字に変換 # ただしそれが固有名詞のときは除く if all(map(lambda w: w.isupper(), word[0].split())) and word[1] != "NNP": return word[0].lower() ...


3

ライブラリを使ってよいのであれば、mklnkが使えそうです(Win10で試して、作成できました)。内部的にはpylnk(pypi)を使っているようです。 import mklnk mklnk.create_lnk('C:\\Users\\username\\Desktop\\Downloads.lnk', target='C:\\Users\\username\\Downloads', mode='Normal', args='', description='', icon='', workingDir='',...


3

右辺の計算結果を代入してるだけかと思います。 つまりneed_sizeはbool型になるかと。 pythonのversionが少し古いですが以下実行結果になります。 あくまで返り値のある式である限り代入はできますのでこんなこともできます。 pythonの実行環境が整ってあるようであればシェル上でpythonを実行すれば対話モードで簡単にpythonコードを実行できますので、そちらで検証してくださればと思います! 対話モードとは


3

前回の質問への回答 は読んでいただけましたか? IDLE は Python 向けの IDE なので、特に指定がなくても Python のコードを入力すればハイライトされるのでしょう。 一方、VSCode は Python 以外の言語を記述する際にも使用できるので、新規作成でコードを入力しただけでは、そのコードが何の言語なのか判別できないため、ハイライトされません。 Python のコードとしてハイライトして欲しいなら、いったん FILE.py のように .py の拡張子を付けて保存するか、コマンドパレットを呼び出して "Change Language Mode" から言語を選択してあげる必要があります。 参考: VSCodeで拡張子がついていないファイルでもSyntax ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります