次のタグが付いている話題の回答:

2

以下は itertools.groupby() で部署毎にグルーピングしておいて、json.dumps() で JSON 形式に変換する方法です。 from itertools import groupby from operator import itemgetter import json tbl = [ ['部署A', 'ID100', 10], ['部署A', 'ID101', 11], ['部署B', 'ID200', 8], ['部署B', 'ID201', 30], ] lst = [{ 'department': dep, 'data': [{'ID': d[1], 'value': d[2]} for d in data] }...


2

この => は少なくとも比較演算子ではありません。おそらく地の文の矢印です。


2

一般的なオブジェクト指向の言い方で説明すると、これはメソッドのオーバーライドをしています。子クラスが親クラスのメソッドを上書きしているような挙動をします。つまりある名前のメソッドを呼び出そうとしたとき、その名前のメソッドが自分に実装されているのであれば親クラス側のメソッドが直接呼び出されることはありません。 明示的に親クラスの同名メソッドを呼び出してあげると、親クラスのメソッドも実行されます。 class Car(): def exclaim(self): print('Im a car.') class Yugo(Car): def exclaim(self): super().exclaim() # ←親の exclaim も実行する ...


1

おそらく出題中のこの設定がキーになっているものと思われます。 この問題では、砂糖が全く溶けていない水も濃度0 [%] の砂糖水と考えることにします。 つまり、条件を満たすようにすると濃度0%の砂糖水しかできない場合、それを結果として出力しないといけません。 次のような入力で試してみてください。 1 2 10 20 1 200 あなたのコードからはこんな結果が出ます。 0 0 濃度0%がOKなら、これもOKのように思われるかもしれませんが、0/0の値は定義できませんし、砂糖水自体が0gというのは出題の条件を満たしているとは言えないでしょう。 出題から読み取れる正しい結果は、 100 0 または、 200 0 と考えられます。 私の目検だけですが、回答方針の1., 2....


1

アルゴリズムの改善ではありませんが、コードの改善でも、ある程度の効果が期待できます。  あらかじめ使用予定数のリストを用意しておき、appendを使わないコードでプロファイルをとってみました。  私の環境では200000回のappend版との差は0.187秒でした。 変更例 ships = [0] * M for i in range(M): f, t = map(int, input().split()) ships[i] = Ship(f, t)


1

上記の回答では ダイクストラ法を使って 到達目的の島の最短距離を求めて 最終的に その距離が 2 であれば OK というロジックになっていると思います。 Python が詳しくないので C# で 上記コードと同じアルゴリズムを実行した結果 2つの問題で TLE が発生する事を確認しました。 何パターンかアルゴリズムの改善を試してみましたが、 for ship in ships とする部分が 船の数が多い時に ループの回数が多くて遅くなっているようです。 島を特定して その島から 次の島を判定するために 200,000 も 定期便があった場合に 処理速度が遅くなっているのだと思います。 最初の 読み込み時に 島から 定期便1本で行ける 次の島の情報を リストに保管しておくことで 無駄なループが減り ...


1

まず単純に while len(search_list): がN回ループして、for ship in ships: がM回ループするならそれだけでTLEです。 if reachable_islands[now_island] == float('inf'): このガード節がうまく働けば内側のループが減ると期待してるのかもしれませんが、search_listに追加される時点でreachable_islandsは更新されてるのでこのガードは働きません。 さらに言えばsearch_listをスタックとして使っているので、同じ島が何度も追加される可能性があります。 # 新たな島に移動できたなら次も探索する while len(search_list): now_island = search_list.pop(...


1

.py ファイルの関連付けを修正し、pythonに関連付けすればいいです


1

おそらく、受験番号と点数を混同されているのではないでしょうか。 変数 num について、num = 'A03' という代入をしているように、num には受験番号の文字列 'A03' が入っています。点数は入っていません。今回出ているエラーは「<= っていうから数値かと思ったら、文字列だからできないよ」というもので、実際 num は文字列なので 0 <= num という比較はできません。 点数を知るためには辞書 result からもらってこなければいけません。たとえば 'A03' の点数は result['A03'] と書くと取得できます。 ところで、今の条件分岐のやり方だと受験番号と点数の混同を直しても上手く動きません。今のままだと result に点数が格納されているだけで「合格」...


1

この記事の応用で、column名を指定して.strを追加すれば良いでしょう。 pandasの文字列を区切り文字や正規表現で複数の列に分割 以下のようになります。 split_oid0 = read_oid0['OID'].str.split('/', expand =True) ただし、そうするとNaNとかNoneになるところも出てきます。 元がこんなデータだった場合、 OID 0 1618544796/1043253441/1468827215 1 1618544796/1043253441/1468827215 2 1618544796/1043253441/1468827215 3 1618544796/1043253441/...


1

原因(0が表示される) for listA[number] in range(0, 3): のループの最初の処理でlistA[0]に0(※)が格納されています。   ※ range(0, 3)の初回の値 改善 for listA[number] in range(0, 3):を以下のように修正すればよいと思います。 for i in range(len(listA)):


1

Anaconda環境でやってみたけれど動かすことが出来なかったので、素のPythonに切り替えて動かしてみました。そのため幾つか版数が変わっていて、以下になっています。 素の64bit Python 3.6.8, pyocr 0.7.2, Pillow 7.1.2, pdf2image 1.13.1, PyPDF2 1.26.0, PyInstaller 3.6 tesseract 5.0.0-alpha.20200328, poppler-0.68.0, poppler-data-0.4.9 tesseract 5.0.0-alpha.20200328はC:\Program Files\tesseract-OCRフォルダにインストールし、データはC:\Program Files\tesseract-OCR\...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります