次のタグが付いている話題の回答:

13

知っているものを列挙します。少しずつ用途が違うので、場合によって選ぶ必要があるでしょう。 PyInstaller PyInstaller は、Python パッケージを固定し、スタンド・アローンで動かせるようにするためのツールです。依存している Python スクリプトを集め、Python インタプリタと共に同梱することで動かします。2018年3月現在、最終更新は2018年です。 Windows、macOS、Linux、FreeBSD、Solaris および AIX に対応しています。 py2exe py2exe は、Python の distutils を拡張したツールであり、Python スクリプトがスタンド・アローンで実行できるようにすることを目的としています。...


12

A, B = B, A は、2 つの変数 A, B の内容を入れ替えています。多重代入などと呼ばれており、「B の値を A に代入」と「A の値を B に代入」を同時に行っていると解釈できます。この代入の前後で A, B の内容を print すると分かりやすいです。 Python 以外の言語だと、2 つの変数の入れ替え操作 (いわゆる swap 操作) は以下のように 3 つ目の一時的な変数を用意して行うのが一般的なことがあります。 tmp = B B = A A = tmp Python ではこれと同様のことを 1 行で書けます。 A, B = B, A より正確には、この代入はタプルへのパックとシーケンスのアンパックで実現されています。つまり、右辺がタプル (B, A) として解釈されたあと、...


10

pythonは\nを自動的にOS固有の改行に変換するため、os.linesepをWindowsで使うと余分な改行が入る場合があります。 サンプルコード: import os with open('hoge.txt', 'w') as f: f.write('hello' + os.linesep) f.write('world!') with open('hoge.txt', 'r') as f: #テキストモードで開く print(f.read()) with open('hoge.txt', 'br') as f: #バイナリモードで開く(改行コードなども表示できる) print(f.read()) 出力結果: hello world! b'hello\r\r\...


10

動作の確認 x = AlwaysPositive(-20) この記述によってAlwaysPositiveクラスの__init__メソッドが呼ばれてx.nに-20がセットされるのはわかりますか? 同様に y = AlwaysPositive(10) この記述によってy.nに10がセットされます。 x+y この記述によって、xはAlwaysPositive型であるので、AlwaysPositive型の__add__メソッドが呼び出されます。 otherに対する制約 問題なのはxとyの型にはどのような制約がかかっているかです。y(other)もAlwaysPositive型でなければならないと考えるかもしれませんが実際はy.nを持てば動きます。 class HasN(): def ...


8

Pythonでは、lambdaや関数で外部の値を参照したときに、変数の束縛(バインド)が行われます。 今回起こっていることをおおざっぱに解説すると、 fs = [lambda x: i*x for i in range(3)] ではループ毎に実値(0,1,2)を束縛するのではなく、変数(i)そのものを束縛しています。このため、束縛した変数 i はループごとに値が変わってしまい、最後の値(i=2)が束縛された状態で終了します。 結果として、後で使う時、 i*x の束縛変数iは常に2なので、2*x => 2*3=6 となります。 8/24追記 この説明だと最初の6 6 6の出力は理解できますが、後者の挙動が理解できません。 – termoshtt コメントを頂いたので、...


8

同じ質問が英語の方でありました。 https://stackoverflow.com/questions/20115954/would-a-stopiteration-make-python-slow 要は StopIteration に関してはコストが大きくならないように対処されていて、そのへんはPEP0234で言及されているとのことです。 https://www.python.org/dev/peps/pep-0234/ Pythonでもほかの例外の捕捉のコストは基本大きいですよ。ドキュメントに書いてあるとおり、 実際に例外を捕捉するのは高価です。 (※ただし StopIteration は除く) です。


8

文字列中に変数や式を埋め込むためのもので、「フォーマット済み文字列リテラル(f-strings)」と呼ばれるものです。 Python 3.6 から導入された機能で、str.format() を使うよりも短く記述することがきます。 # 以下は同じ出力が得られます。 # str.format() を使った場合 print('{}?{}{}'.format(base_url, qs, page_num)) # f-string を使った場合 print(f'{base_url}?{qs}{page_num}') 詳しくはリファレンスをご確認ください。 Python 言語リファレンス


8

(Python に限らず) eval では任意のシステムコマンドを実行できてしまうので、Webフォームなどと組み合わせて使ってしまうと、例えば単に「年齢(数字)を入力してください」としていたところに、悪意のあるユーザーは「パスワードファイルの表示」や「ファイルの削除」を試みるコマンド文字列を入力してくるケースが想定されます。 参考: eval #セキュリティ上のリスク (Wikipedia) これを防ぐためには、evalされる文字列はすべてエスケープしたり、潜在的に危険な機能を利用できないようにして実行するなどの対策が必要となる。


7

Windows かつ Anaconda 環境の場合の一般的な質問のようなので、一般的な方法を紹介します。 1. Anaconda Cloud に無いか確認する。 Anaconda は、公式では配布していないパッケージを第三者が配布するための仕組みとして、Anaconda Cloud を運営しています。有名なライブラリであれば、誰かが既にパッケージとして配布してくれているかもしれません。 たとえば今 Kivy で検索すると https://anaconda.org/krisvanneste/kivy が出てきます。多少古いですが、Windows 64 bit、Python 2.7 向けの Kivy 1.8.0 でよければここからインストールできます。サイトにも書いてあるように conda install -...


7

以下のようにリストの内包表記を利用するとシンプルに実現できます。 a = [[1,2,3],[4,5,6],[7,8,9],[10,11,12]] b = [x[1] for x in a] print(b) #=> [2, 5, 8, 11] 上記サイトに記載されているように、for文による方式やmapによる方式でも実現できますが、リストの内包表記がよりシンプルです。 参考: for文の例 a = [[1,2,3],[4,5,6],[7,8,9],[10,11,12]] b = [] for x in a: b.append(x[1]) print(b) #=> [2, 5, 8, 11] 参考: mapの例 a = [[1,2,3],[4,5,6],[7,8,9],[10,...


7

if p1c > p2c: が実行される時に def __gt__(self, c2) のメソッドが実行されるのかなとは思いますが(もしかしたら違うのかも) 合っています。 なぜc1は書かれていないのでしょうか? この場合、> 記号の左にある p1c が __gt__ の引数 self になるからです。 ちょっと説明のために、あまり実践では使わない別の書き方を紹介します。 p1c > p2c は、以下のように別の書き方でも同じ動作をします。 p1c.__gt__(p2c) # p1c > p2c と同じ これはp1cの特殊メソッドを普通のメソッドのように呼び出すやりかたです。 言い換えると、 p1c > p2c のようにPythonコードを書いたときに、...


7

set が破壊的なのではなく、ジェネレーターが破壊的なのです。 map()が返すのはリストではなく、ジェネレーターです。 ジェネレーターは一度取り出した中身は失われ、次に取り出すものは前回の続きになります。 このため、 'set(d)' とした時点で、ジェネレーターdの中身がすべて取り出され、次に同じことをしても既にdは空になっています。 d = [int(i) for i in range(5)] こうやって作った場合、dはリストとして作られるため、何度でも中身を取り出せます。 あるいは以下のように、setの結果を変数に代入しておいてもよいでしょう。 d = map(int, [i for i in range(5)]) s = set(d) # ここでdは空になる print(len(s)) ...


7

処理しないだけで、一応if文内の方にも入る動きをするのがインタプリタ言語なのでしょうか? プログラムの読み込みと実行は別です。 読み込み時点では、Pythonの文法に従って全行を読み込みます。 このとき、文法が間違っているとSyntaxErrorが発生します。 書かれているコードの例では、 print という文字列が何を指すのかを解釈しようとします。そこで、 print が組み込み関数だということをPython内部で理解して、その続きを読み進めようとします。しかし続けて、スペースと '2' が登場しているため、Pythonはこれを解釈するのに失敗し、続きの行を解釈できなくなるため、 SyntaxErrorを発生させて読み込みを中止します。 最後まで文法エラーなく読み込めれば、...


6

そうですね。確認すると確かにShiftJISで書かれています。 標準ライブラリで頑張るなら、 import cgi _v, param = cgi.parse_header(f.getheader('Content-Type') or '') text = f.read().decode(param.get('charset', 'utf-8')) とでもするといいでしょうか。 でも、Pythonのurllib.requestの公式ドキュメントの冒頭に"お奨めです"と書いてあるとおり、requestsライブラリを使った方が、自分で頑張るよりずっとずっとお奨めです。 http://docs.python-requests.org/en/master/ import requests r =...


6

print関数に*で引数展開で。(セパレータはデフォルトの空白文字でよい) data = [(3,2,1), (6,5,4), (9,8,7)] [print(*i) for i in data]


6

printはあくまで指定された文字列を出力する機能しか持ちません。出力先(たぶん端末?)が受け取った文字列をどう解釈するか、どう解釈するように設定されているかの問題です。 質問文では出力先のOSや端末が言及されていませんが、結果から見るに\bに対して文字を削除するよう設定されていないだけではないでしょうか? 「退屈なことはPythonにやらせよう」著者もその辺りのことを把握せず記載した、もしくは書籍のどこかに必要な設定が記載されているのかもしれません。


6

まず、input() が改行を出力しているわけではなく、ユーザが改行を入力しているものを端末がエコー(ユーザが入力した内容を確認できるように出力)しているため、改行が発生します。 そのため端末の設定を変更することでしか、ユーザの改行に対して出力される改行を抑止することはできません。 以下のコードは termios モジュールをサポートしている環境であればそれっぽい動作をするかと思います。(Windows 版 Python や IDLE では動作しません。 Windows 上の cygwin 版の Python なら動作するかと思います) import termios import sys import os class KeyScanner: def __enter__(self): ...


6

以下はprintを自前の関数に置き換え、元の組込みprintの実行前にメッセージを出す例です。 builtins 経由での全体的な置き換え builtinsモジュール経由で組み込みオブジェクトの名前空間を参照して、自前の関数に置き換える方法です。 この操作を行なうファイルだけでなく、他のモジュールにも影響します。 #!/usr/bin/python3 # 本物の組込みprint関数の値を保存しておく orig_print = print # 自前のprint用関数を定義する def my_print(*args): orig_print("# カスタム版printが呼ばれました") # 追加したい処理 return orig_print(*args) # 元のprintの呼び出し ...


6

Office のサーバーサイド オートメーションについてにて マイクロソフトは、現在のところ、無人の非対話型クライアント アプリケーションまたはコンポーネント (ASP、ASP.NET、DCOM、および NT サービスを含む) からの Microsoft Office アプリケーションのオートメーションに関して、推奨もサポートも行っていません。それは、このような環境で Office を実行した場合、Office で不安定な動作やデッドロックが発生する可能性があるためです。 と説明されています。タスクスケジューラではOutlookを実行できない前提で検討されることをお勧めします。


6

対話モードの都合上、入力できないコードがあります 質問のコードに構文の間違いはありません。これをファイルに保存して実行しても、構文エラーにはなりません。 ただし、Pythonインタープリタの対話モードの場合は入力する端から実行するという都合上、どうしても受け付けられないコードがあります。例えばこの質問のように、ブロック文の直後に空行をはさまずに次の文を入力する、というコードは受け付けられません。 対話モードではブロック文の後に空行が必要 対話モードで左側に ... が出ている時は、文字列やブロック文が前の行から継続している(と判断されている)と思って下さい。 最後のprint("happy new year")はwhile文の一部ではありませんので、左が...のうちは入力せず、空行を入れて>>&...


6

x=input() でのエラーについて 予想と反し、実際には Python 2 で実行していることが原因だと思われます。python <ファイル名> で実行するようにしてください。 コマンドプロンプト (cmd.exe) において .py で終わるファイル名のみを打ち込んだ場合、拡張子 .py に関連付けられたアプリケーションによってそのファイルが開かれます。今回の場合、コマンドプロンプトへ単に test_inpStr.py と打ち込んでいるため、関連付けられたアプリケーションによってスクリプトが解釈されています。出ているエラーから判断するに (※1)、おそらく以前どこかのタイミングで .py に Python 2 を関連付けており、Python 2 によってスクリプトが解釈されたのでしょう (※...


6

writerオブジェクトを生成しただけで、ファイルに書き込む処理が無いですね。 例外処理などを省略していますが(=ファイルが存在しない場合や半角スペース区切りではない場合を考慮していませんが)、以下のようなコードでいいと思います。 import csv import os os.rename('zepp.csv', 'backup_zepp.csv') with open('backup_zepp.csv') as fin, open('zepp.csv', 'w') as fout: o=csv.writer(fout) for line in fin: o.writerow(line.split())


6

元のTXTファイルにヘッダ行が無く、CSVファイルにもヘッダ行・Index列が共に必要無いと仮定すると、pandasでは import pandas as pd df = pd.read_table('zepp.txt', header=None, delim_whitespace=True) df.to_csv('zepp.csv', index=False, header=False) で良いかと思います


6

ast パッケージを利用する方法もあるかと思います。 pass2tb.py import sys import ast import astunparse class Pass2Traceback(ast.NodeTransformer): trace_stmt = 'import traceback;traceback.print_exc()' def visit_Try(self, node): for h in node.handlers: if len(h.body) == 1 and isinstance(h.body[0], ast.Pass): h.body = ast.parse(self.trace_stmt).body return ...


6

実行結果は正常です。 print(hoge)のように関数に括弧をつけず実行すると、関数オブジェクトの識別子を表示します。 関数名は特殊属性として、識別子は組み込み関数id()で取得できます。 すなわち "<function {0} at {1}>".format(hoge.__name__, hex(id(hoge))) で質問の表示内容を再現できます。 この機能の何が嬉しいのかというと、関数自体を別の関数や配列に代入できることです。 ともあれ定義済みの関数名をprintするとエラーにならず、関数自体を識別する一意の値が返ります。 括弧を付けないと関数の中身は実行されないのでご注意ください。 def hoge(): return "foo" print(hoge()) #foo ...


6

[]はその中に要素を並べてリストを作ることができます。したがって、前者は単一のmap objectからなるリストになります。 一方listはlist()とすれば空のリストを、list(iterable)のようにすればiterable(今回の場合map object)と同じ要素を持つリストを返します。 リスト自体もiterableですので、次の結果を見ると理解しやすいかもしれません。 In [4]: a = [[1,2,3]] In [5]: b = list([1,2,3]) In [6]: a Out[6]: [[1, 2, 3]] # [1,2,3]を要素に持つリスト In [7]: b Out[7]: [1, 2, 3]


6

python による自動化になりますが、探す文字列が "犬" のように決まっており固定であるならば、 文字列の count メソッドを使用したフィルタリングが高速でよいと思います。 count メソッドを使うと、文字列に含まれる、特定の文字列の数を数えることができます。 (例えば "abracadabra".count("abra") は実行すると 2 となります。) 以下にコードを載せておきます。 def hantei(s, KW, th): return s.count(KW) >= th strings = ["犬はよく泣いています。", "その家の犬は良く吠える犬です。", "その犬はご飯を食べました。"] KW = "犬" th = 2 ...


6

eval 関数で 任意のコマンドが実行できるからです。 >>> eval("print('hello')", {}) hello >>> eval("__import__('os').system('uname -a')", {}) Linux C077 4.4.0-18362-Microsoft #476-Microsoft Fri Nov 01 16:53:00 PST 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux 0


6

Python 言語リファレンス https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html#boolean-operations の 6.11. ブール演算 (boolean operation) に 式 x and y は、まず x を評価します; x が偽なら x の値を返します; それ以外の場合には、 y の値を評価し、その結果を返します。 と規定されています。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります