次のタグが付いている話題の回答:

5

このエラーはunrollというパッケージをインストールするのに失敗しているのが原因です。 英語版でも同じ質問 “pip install unroll”: “python setup.py egg_info” failed with error code 1 があって、プラス投票が227あって、このエラーに困っている人が多くいるのではないかと思います。また、回答が18というのはかなり混乱した状態です。 このエラーの原因には、2つの要素が絡んでいるのが、英語版の方で混乱している理由です。 1番目は、pipにバグがあったことです。インストール中にエラーになれば、インストールせずに終了しないといけないのに、中途半端な処理が行われ結果として毎回エラーになるというバグです。このバグについては修正されているので、...


3

Docker は「ふたつのコンテナイメージを足す」ことはできません。「あるコンテナイメージを元に追記していく」という直感の方が合っています。 Jupyter Notebook は前提として Python がインストールされていないと動きません。このため、設計としては: Python 2 イメージの上に Jupyter Notebook をインストールしたイメージ Python 3 イメージの上に Jupyter Notebook をインストールしたイメージ のふたつを用意して使い分ける形が素朴に思いつきます。 また、Jupyter Notebook は Python 2 kernel と Python 3 kernel を同居させることもできるので、用意したい環境がさほど複雑でないなら、 Python ...


3

すでに解決されているそうですが、個人的にはもっとスマートにできると思います。 が、その前に最初の問題について。 自分も最初、unicodeに変換すればいいでしょ、と思いましたが、 Python/C API リファレンス - Unicodeオブジェクトとcodec - Unicode型 Py_UNICODE この型は Unicode 序数 (Unicode ordinal) を保持するための基礎単位として、 Python が内部的に使います。 Python のデフォルトのビルドでは、 Py_UNICODE として 16-bit 型を利用し、 Unicode の値を内部では UCS-2 で保持します。 UCS4 版の Python をビルドすることもできます。(最近の多くの Linux ...


3

クラス STF のインスタンスを作るにあたって STF(sys.argv[1]) と書くと、内部処理の途中で STF の __init__ メソッドが __init__(self, sys.argv[1]) と呼び出されます。ここで引数は 2 つ与えられていますが、STF の __init__ は引数が 1 つであることを期待しているので今回のエラーが出ています。 def __init__(self): self.endian = '>' self.chunks = ['APSG']


3

README.md に書いてあるとおり、go-python は基本的に Python/C API for CPython 2 を Go 1 向けに移植したものなので、Python/C API のサンプルコードを探すのが分かりやすいと思います。go-python はどちらかというと Python を拡張するモジュールを Go で書くためのものですが、一応 PyRun_SimpleFile を使うと外部の Python スクリプトを実行することができます。 package main import ( "github.com/sbinet/go-python" ) func init() { err := python.Initialize() if err != nil { ...


2

os.makedirsが返った時ディレクトリがキャッシュにしかできていない可能性があります。 このケースでは、直前に削除を行っていますが、大量のデータの削除をしていませんか。その場合、キャッシュの処理は終わり戻り値が帰ってきているが、ディスク本体の処理が終わっていないという状態になります。書き込みをしようするディレクトリー名が削除しているディレクトリー名が同じなので、削除処理が完了しないと処理が競合してしまのでエラーが発生することは十分考えられます。 とりあえず削除でなくて、ディレクトリー名の変更にしておいて、後で削除したらどうでしょうか。renameの処理は高速です。 try: if os.path.isdir(self.aaa): os.rmname(self.aaa, self....


2

テーブルには20行があるのに、1行しか取得できないの原因は soup.find('div', {'id':'contents_liquid'}).findAll('tbody') tbody は一つしかないので、for ループが1回だけ走らせしました。tbody から各 tr を取り出す必要があります。すなわち soup.find('div', {'id':'contents_liquid'}).find('tbody').findAll('tr') なお、tr.findAll('td')[0].string は NavigableString タイプのオブジェクトを取り出すことです。その後 CSV に書き込むから、tr.findAll('td')[0].text で文字列を取得すべきです。 ...


2

内包表記と3項演算子を使ってみました。 行数は削減できますが直感的ではありませんので、素直にimportや多重forを使った方が保守しやすいように思います。 Python 2.7.5, 3.6.1で動作確認済みです。 dict_list = [{(1,2):10, (1,3):10, (2,4):10} , {(1,2):15, (2,3):15, (2,4):15} , {(1,1):3 ,(2,2):3 }, {(1,1):60, (1,2):60}] result = {} for (k, v) in [(k, p[k]) for p in dict_list for k in p]: result[k] = result[k] + v if k in result.keys() else v ...


2

愚直に for 文で実装してみました。Python 2.7.15 および 3.6.2 で動作確認済みです。 dct_lst = [{(1,2):10, (1,3):10, (2,4):10}, {(1,2):15, (2,3):15, (2,4):15}, {(1,1):3 ,(2,2):3}, {(1,1):60, (1,2):60}] result = {} for dct in dct_lst: for k, v in dct.items(): if k in result.keys(): result[k] += v else: result[k] = v print(result)


2

シンボリックリンクにパスを追加することによって、うまくいきました。 ■手順 ▼envで現在のPATHをチェック ▼sudo ln -s /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.5/bin/python3 /usr/local/bin/pythonでpython3のファイルがあるディレクトリをシンボリックリンクに追加 ▼conda create -n py35 python=3.5 anacondaで3.5をインストール ▼conda activate py35でアクティベート 完了 みなさまありがとうございました。


2

pyenv install の実行結果の出力に、 /root/.pyenv/plugins/python-build/bin/python-build: line 1539: patch: command not found と表示されていますので、patch コマンドがインストールされていないと思われます。 おそらく yum コマンドで patch パッケージをインストールすれば解決するかと思われます。


2

resultは class result(Screen): とあるのでクラスであってインスタンスではありません。 kivyは分かりませんけど、 sm.add_widget(result(name = "ans")) とありますから、「result(name = "ans")」の戻り値(おそらくresultのインスタンス)を参照すべきであって、resultクラスそのものを参照したために発生したエラーなのでしょう。 解決策としてインスタンスをグローバルに参照できるようにする手もありますが、 ScreenManagerのメソッドにget_screen(name)というメソッドがあるようなので、 def clicked(self): x = np.random....


1

metropolis さんの回答、およびコメントに対する補足です。 Amazon Linux で使用する yum コマンドは基本的に個別のパッケージ単位で指定しますが、オプションを使用することで関連するパッケージを「グループ」という単位で管理することができます。 具体的には yum groupinstall に続けてグループ名を指定します。 今回のようにソースコードのコンパイルが必要になるときには、"Development Tools" というグループを指定してインストールしておくと便利です。 実行例: $ sudo yum groupinstall "Development Tools" Amazon Linux インスタンスでソフトウェアのコンパイルを準備する - ...


1

"\x01\x00~" という文字列ではなく、"\\x01\\x00~" という文字列として取得したい、という意味だと理解しました。 16 進表記に自分で変換する方法 文字列からコードポイントを得られる組み込み関数 ord などを使えば、この 16 進表記の文字列を自作することができます。 from struct import * a = ''.join(map(lambda c: '\\x%02x' % ord(c), pack('hhl', 1, 2, 3))) print(a) print(len(a)) # 64 が出力されます。 ※マルチバイト文字が含まれる場合はこれだと上手くいきません。また Python 3 ...


1

通りがかりですまないが、件の参考記事の「pyenv にパスを通す」は実行しただろうか? pyenv にパスを通す | pyenvを使ってMacにPythonの環境を構築する - Qiita もし、やっているなら、次に以下のコマンドでシェルを確認してほしい。 echo $SHELL macOS Catalina からはデフォルトのシェルが zsh になってしまったのだが、上記コマンドの結果が bash でないのなら、「pyenv にパスを通す」が bash のプロファイルに対して行われたが、zsh のプロファイルにないため機能していない可能性がある。


1

pyenv を使った場合、忘れそうなのは以下の点です。 pyenv のパスを通す。echo $PATH の出力に pyenv へのパスが含まれていますか? 設定したはずなのに含まれていない場合、設定したあとシェルを再起動するなどして設定スクリプトを読み込ませましたか? pyenv rehash する。 pyenv global によるシステム全体のバージョン指定か、pyenv local による特定のディレクトリ下でのバージョン指定を行う。特に pyenv local の場合は .python-version があるディレクトリ下でないと駄目です。


1

pyenv 環境で Google Cloud SDK をインストールする - Qiita を見たんですけど、pyenvを使わないとダメかな。 今のPythonのバージョンいくつですか? python -V で3.6.8が出てしまうとだめだと思います。


1

from chainer import functions as F crossEntropy = - F.sum(t * F.log_softmax(y)) もし確率分布の距離を最小化したいのであればKL-divergenceを使ったほうがいいと思うよ.ぜひ貴方のメンターと相談してみてください. entropy = - F.sum(t[t.data.nonzero()] * F.log(t[t.data.nonzero()])) klDivergence = (crossEntropy - entropy) / y.shape[0] 追記: なんでdonw voteされてるのかわからないのですが,まだ質問者がいるようなので,メモを残しておきます. 「確率分布の距離」...


1

読み込み時ではなく、書き込み時の fp.write(text) でエラーが発生しているのではないでしょうか。 for.write(text.encode("utf-8")) とできませんか?


1

どのような Widget を配置したいのかが書かれていないので想定となりますが、例えば Canvas Widget に Scroll Bar を付ける場合は以下のように Root Window 上に Scrollbar Widget と Canvas Widget を配置 Scrollbar.config(command=Canvas.yview) にてScrollbarを動かしたときにCanvasに通知する処理を追加 Canvas.config(scrollregion=()) にてScrollの範囲を設定 Canvas.config(yscrollcommand=Scrollbar.set) にてCanvasの可動域をScrollbarに通知する処理を追加 で動作するかと思います。 # -*- ...


1

一つずつ説明していきます。 まず、 labels = initialize_label(X_train); labels.shape これは正解データのはずです。正解データは計算で求めるものではなく、T_train にあるので、 以下のように修正します。 labels = T_train 次に、 if labels[i] == k: grad = grad - X[i]*(1 - softmax(z[i])[k]) else: grad = grad + X[i]*softmax(z[i])[k] これは符号が逆です。 if labels[i] == k: grad = grad + X[i]*(1 - softmax(z[i])[k]) else: grad = ...


1

いくつかバグがあるので気づいたものを箇条書きします。 特徴空間における距離の計算 (E step) と、どのクラスタに属するかの計算 (M step) は分けて行うべきです。距離の計算を行っている最中にクラスタの割り当てを変えてしまうと、クラスタサイズが計算途中に変わってしまいます。 クラスタサイズの計算は各イテレーションごとに行う必要があります。 data と tmp_data、および j と j+1 を取り違えている箇所があります。E step と M step を分けるとそもそも tmp_*** を作る必要もインデックスをずらす必要も無くなり、単純になると思います。 収束判定が無いので毎回 max_iter 回繰り返しています。ただしこれは無くてもクラスタリング結果は変わりません。 また、...


1

f.close() した時点で続きを書き込めなくなり、2行目以降が出力されないのでしょう。 f.close() を削除してください。


1

ちょっと探していますと、ここにたどり着きました。 gstreamer home 画面 ここでDownloadの項目をクリックすると、様々なOSの欄が出て来て、hereというところから、msiがダウンロードできるようになっています。おそらく、これと同じものでインストールされることを試みられたのではないでしょうか?(gstreamer-1.0-devel-x86_64-1.14.0.1.msiをインストール後と書かれているので。) このサイトの中を探索してみると、Documentationの項目に入り、Installing Gstreamerから、再度OSを選ぶ場面に行きました。  Windowsの絵を選びまして、(アイコンで選ぶようになってまして)こちらに、Windows7~...


1

compile()自体はほとんど使うことがない関数だと思いますが、例えば、Pythonコードを文字列やファイルで入力してそれを実行するPythonプログラム、といったメタプログラミング的用途が挙げられるそうです。その場合もexec()などでできますが、何度も実行する場合はコンパイルコードで持っていたほうが効率的です。 https://stackoverflow.com/questions/22443939/python-built-in-function-compile-what-is-it-used-for


1

ご回答させていただきます。 Kivyのon_key_upイベントに結び付くメソッドの引数として keyboardとkeycodeのみとなります。つまり、text, modifiersを指定する必要はありません。 なので def _on_keyboard_up(self, keyboard, keycode, text, modifiers): ではなく def _on_keyboard_up(self, keyboard, keycode): となります。 APIのリファレンスなどを参考にするとよいかもしれません。 https://kivy.org/docs/api-kivy.core.window.html


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります