次のタグが付いている新しい回答:

0

スタートメニューには'Visual Studio Command Prompt'、"vcvarsall.bat"の名前では出ていません。 こちらの記事を参照して、使っているPythonの32bit/64bitに合わせて起動してください。 'Visual Studio Command Prompt' 方法: コマンド ラインで 64 ビットの x64 でホストされる MSVC ツールセットを有効にする このページの記述は VS 2019 になっているので、VS 2017 では少し違うかもしれません。 以下のページの開発者コマンド プロンプト ショートカットからすると、スタートメニューからは、x64またはx86で始まる Native Tools コマンドプロンプト が該当しそうですが、...


1

手元の環境(Python 3.6.1, pandas 0.24.2)では下記のコードで動作しました。 x1列のデータをstrにしてからcountを呼び出しています。 import pandas as pd df = pd.DataFrame(['$', '$$', '$', '$ド$ル$'], columns=['x1']) print(df.x1.str.count('$')) # print(df.x1.count('$')) # KeyError: 'Level $ must be same as name (None)' 質問文のコードを実行するとエラーが発生しますが、エラー内容が異なっています。 ...


0

本家SOの類似質問、コメントの類似質問のいずれもレジストリを書き換えて解決していました。 レジストリエディタから、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ProxyEnableの型をREG_DWORDに変更します。(REG_BINARY型になっている可能性があります) これは推測ですが、Windows 64bit版にPython 32bit版をインストールするとpipがネットワーク接続する時にproxyの判定でレジストリを読みに行き、エラーが発生するようです。 なので明示的にproxyを指定するとレジストリを使った判定ロジックを呼び出さずに正常動作すると予想しています。 ...


0

同じようなことを試そうとしています。 以下の論文にseq2seqで作ったモデルに制約をかけ、繰り返し単語が出力されることを防ぐ仕組みが記載されています。 Sparse and Constrained Attention for Neural Machine Translation 有志による論文の要旨 https://github.com/ymym3412/acl-papers/issues/218 通常のattentionではどの時刻tでも全ての単語に少なからずweightを与えてしまい、decode時のrepititionを引き起こしてしまう。そこでattentionのweightがsparseになるsparsemaxに、attentionをかける単語数/回数に制約をかけるconstrained ...


0

TypeError: can't convert cuda:0 device type tensor to numpy. Use Tensor.cpu() to copy the tensor to host memory first. このエラーメッセージに書いてある通りで、コピーのためにcudaを使っているTensorを一度cpuで扱うように変えないとだめではないでしょうか。 コードAはa(Tensor) + b(Tensor) をしているだけですが コードBはtargets[i] = rew(Tensor) + targ(Tensor) でnumpyへのコピーが発生しています。そこが違います。たぶんtargets[i]の型がndarrayとかなんでしょうね。


1

def A(x)内のelif節のeが抜けていたため、該当箇所のA(x)の値がNoneになっていました。 誤:elif 5.0*1-3 < x < 30: 正:elif 5.0*1e-3 < x < 30:


1

関数A(x)の引数がNumpy配列なので、以下のようにしてみました。 A(x)の引数で5.0と30が定義されてないので、その場合はnp.nanとしてあります。 import matplotlib.pyplot as plt from scipy.integrate import quad import numpy as np import math x = np.linspace(-100, 100, 10000) def A(x): lst = [] for i in x: if i < 5.0: lst.append(2*i) elif 5.0 < i < 30: lst.append(i*...


0

import matplotlib.pyplot as plt from scipy.integrate import quad import numpy as np import math x = np.linspace(-100, 100, 1000) a=2*x b=x**2 c=-3*x def K(x,a,b,c): if x < 5.0: f=a elif 5.0 < x < 30: f=b elif 30 < x: f=c return f vec_K = np.vectorize(K) y = vec_K(x,a,b,c) plt.plot(x,y) plt.show


0

ご質問の文章にありますように、subprocessで一ラインずつ拾って指定文字を含むラインからデータ抽出するコードを組むべきと思います。 下記は標準出力をリアルタイムに読み取ってオフセットの平均を出力する例です。 WindowsでPopenを用いてpowershellスクリプトを呼び出し、コンソールの表示をclsコマンドでクリアしながら再描画しています。 サンプルコード: import os import sys import subprocess from statistics import mean p = subprocess.Popen(["powershell", r".\test.ps1"], shell=True, stdout=subprocess....


0

「名前の付いたリスト」は辞書型で表現するのが一般的な方法です。 リスト1, リスト2などの単純な連番であれば、辞書型の代わりにリストのリストを作っても良いですが、回答からは割愛します。 サンプルコード: list = [] dict = {} while True: s = input() if s == "q1": key = "リスト{}".format(len(dict) + 1) dict[key] = list list = [] elif s == "q2": break else: list.append(int(s)) ...


2

ライブラリを使ってよいのであれば、mklnkが使えそうです(Win10で試して、作成できました)。内部的にはpylnk(pypi)を使っているようです。 import mklnk mklnk.create_lnk('C:\\Users\\username\\Desktop\\Downloads.lnk', target='C:\\Users\\username\\Downloads', mode='Normal', args='', description='', icon='', workingDir='',...


1

私自身は詳しい使い方の解説まではできませんが、python-pptx というそのものズバリな名前のライブラリがあるようです。 英語版 StackOverflow においても "[python-pptx]" でタグ付けされた 質問と回答が多数あります 。


0

【python】Powerpoint(パワーポイント)を操作する【→業務効率UP】 の記事が参考になるのでは?


1

nltkを使って形態素解析しつつ変換する例です。 import nltk sentences = """Kate forgot John's login ID. Her BLUE skirt looks good. """ def replace_if_all_uppercase(word): # もし単語のすべての文字が大文字ならば、すべて小文字に変換 if all(map(lambda w: w.isupper(), word[0].split())): return word[0].lower() return word[0] for sentence in sentences....


0

全部大文字の表現を小文字にしたいならば正規表現を使うことで柔軟に対応できます。 ただし下記のサンプルコードでは"I"が大文字判定され、数字を含むものや"MX."などの敬称が大文字だとちぐはぐな結果となりますので、条件や正規表現を工夫する必要があるかもしれません。 サンプルコード: import re samples = ["Kate forgot John's login ID.", "HEAD And TAIL", "OOPS, I DON'T know WHAT to do this. -- ID42", "He is MX....


2

以下は numpy.searchsorted を使う方法です。 import pandas as pd import numpy as np df = pd.DataFrame({ 'ID': range(1, 7), 'Age': [13, 8, 92, 86, 26, 96] }, dtype=int) bins = range(0, 61, 20) binned = np.searchsorted(bins, df.Age.values) - 1 data = np.zeros((len(df), len(bins)), dtype=int) data[np.arange(len(df)), binned] = 1 columns = ['ID'] + \ [f'Age({s+1 if ...


0

ややアドホックですが、 dummy_df["Age[21:41]"] = df.apply(lambda row: int(row.Age >= 21 and row.Age < 41), axis=1) のように使いたい条件式を使ってそれぞれの列の 0, 1 を計算するのは如何でしょうか。今回は列の数も少ないのでこんな感じで良さそうです。 以下、完全なコード例です。 >>> import numpy as np >>> import pandas as pd >>> age = np.random.randint(0,100,100) >>> df = pd.DataFrame(age, columns=[...


0

私も全く同じ事象に出くわしました。解決したのでご報告。 64bit版のPythonに対して、32bit版のMeCabを使っていないでしょうか? 私の場合、有志の方が投稿されているMeCabの64bit版をインストールしなおしたら解決しました。


0

すぐ上の行の括弧が閉じられていません。 print("\n".join(stage[:e]) 正しくはこうです。 print("\n".join(stage[:e]))


0

その程度ならVBAやVBSを使わなくても、エクセルの関数でも十分に対応可能です。 参考URL貼っておきますね。 Excelの条件付き書式でIF/COUNTIF関数と組み合わせる方法


-2

@Yuta Kitamuraさん回答にある紹介記事と、あと2つくらいの記事で補足すると以下になります。 髙 - ウィクショナリー日本語版 - Wiktionary 記事の下の方に-1990までのJIS X 0208系のShift JISにIBM拡張漢字として0xFBFC、NEC選定IBM拡張漢字として0xEEE0が入っていると記述されています。 Fehlersuchen und Verzeichnisse meines Windows このページで「02.05.27 はしご高」とタイトルされたパートの後半で、Windows上ではIME入力やコード変換で0xFBFCが選択されるとあります。 コードが重複している場合の動作は@Yuta Kitamuraさん2つ目の紹介記事の中に「3.「NEC選定IBM拡張文字」「...


5

ウィクショナリーの「髙」のページ に書いてありますが、まず、正式な意味での Shift_JIS (区切り文字にアンダースコアを使うのが正式名称です)に「髙」の字はありませんので、後者の例が失敗するのは正常です。「髙」の文字の CP932 としてのバイト列は(CP932 の解釈にもよりますが)、"EEE0" と "FBFC" の2通りがあり、どちらも正しいものです。 「髙」の文字は NEC選定IBM拡張文字 というもので、歴史的な事情で同じ CP932 でも IBM と NEC が同じ文字に違うコードを割り当ててしまった文字の1つです(ですから、"CP932" という呼び方は1つのエンコーディング方式を指しておらず、厳密には曖昧です)。Microsoft ...


0

例えばデータを以下のようにCSVにしたとすると: datetime,on_off 2020-05-31 11:31, 00000000000000000000000000000 2020-05-31 12:00,000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000 2020-06-01 13:00,111111000100000111100000000000000000000000000000000000000000 2020-06-03 14:18, 000000000000000000000000000000000000000000 2020-06-...


1

思考実験として 敢えて 要望通りにカレントフォルダ以外のパスからimportするのと、カレントフォルダも含めてimportするのを使い分けたい場合、こんな風にそれぞれのパスをセーブしておいて再設定すれば簡単に出来るのでは? C言語のような記号の違いでは無く、importを記述する行の位置で区別することになりますし、先にimportしたモジュールと同名の自前モジュールがあっても両方同時にはimportできません。更にメインとなるモジュール以外でもやろうとすると色々と煩雑なことになるでしょうが。 import sys import os ## 以下処理ではここでの import は不要だが追加のカスタマイズ等用 pathdefault = sys.path ## デフォルトをセーブ ...


0

1つ目の回答はdef pop(self):のreturnが抜けています。 下記の修正で意図通りに動くと予想されます。 修正前: self.items.pop() 修正後: return self.items.pop() 2つ目の回答はpop()を呼び出すたびに配列の末尾が1つポップしますので、お見込みの通り「stackの中身がなくなってstack.size()の戻り値が0になるまで」という解釈で合っています。


2

ディレクトリ構成から見直すべきです。 起動スクリプト(最初に実行されるスクリプト)とそれ以外のスクリプトに分け、それ以外のスクリプトはサブディレクトリに置きます。 run.py app/ sub1.py sub2.py そして、 起動スクリプト(上記の場合run.py)は、絶対importで他のスクリプトをimportする。 その他のスクリプトは、他のスクリプトを相対importでimportする。起動スクリプトはimportしない。(そのような処理は起動スクリプトには書かない) ようにします。 # sub1.py from . import sub2 このようにすれば、 自分のモジュール同士は相対importで呼び出すので、他人のモジュールとかち合うことはない。 ...


4

Python のつくりから言うと、同名のモジュールを通常の import で区別する手段はありません(コメントにあるように importlib を使うことで無理やり何とかできますが)。 ですので、通常は標準パッケージとかぶらないように名前をつけます。他人に使われることを想定したライブラリの場合では、モジュール名のトップレベルに独自の名前を置く(mylib.xxx のように)というのも一般的な慣習です。他人にコードを再利用されないようなアプリケーションでも同様にしているケースをよく見ます。


1

kunif さんから頂いたコメントを参考にしたところ、問題を解消できたので回答に記載します。 以下のサイトを参考にuser-agentを調べたところheadlessモードでも実行できました! 起動オプション - Google Chrome まとめWiki --user-agent="<ユーザーエージェント文字列>" ユーザーエージェントを偽装して他のブラウザに見せかけます。 私の方で追加で調べて参考にさせていただいた記事 pythonでUA偽装してseleniumでブラウジング - Qiita ここで入力するバージョンが気になったので、記事内のリンクに遷移 一番新しいchromeのバージョンが83だったのですが、ChromeDriverのバージョンを84.0.4147....


0

当該のページには幾つかの hidden parameter が埋め込まれています(例えば __EVENTVALIDATION など)。最初のアクセスでこれらのパラメータの値を取得して、フォームデータの送信(submit)を行います。 以下はその処理を行なう python スクリプトですが、レスポンス(HTMLファイル)には検索結果の最初の50件のみが含まれています。全ての検索結果を取得するためには、各ページへのリンクを辿ってHTMLファイルを取得する処理を追加する必要があります。 import urllib from bs4 import BeautifulSoup # first access: get hidden parameters url = r'https://nintei.nurse.or.jp/...


0

以下は f-string(PEP 498: Literal String Interpolation) を使う場合です。 with open('test4.txt', 'w') as f: f.write(''.join([f'[x={xs[i]:.1f}, y={F[i]:.6f}]\n' for i in range(len(xs))]))


0

別サイトの質問文のコードではmonorate_urlsという配列に複数のURLが入っています。 別サイトではfor文を使ってそれぞれのURLを取り出す処理はできているようなので、具体的に困っている内容は 「for文を使ってみたけど下記のうまくいかないコードだとmonorate_urlsの配列からURLの文字列を順番に取り出せない」ことであると予想しています。 うまくいかないコード: monorate_urls=['https://AAA.link/publish/data/1500/2020-06-24.zip?token=ppp', 'https://FFF.link/publish/data/1500/2020-06-25.zip?token=bbb', ...


0

zip関数でまとめるのがオーソドックスな方法だと思いますがいかがでしょうか。 サンプルコード: from scipy.special import kv import matplotlib.pyplot as plt from scipy.integrate import quad import numpy as np xs = np.arange(0.0,10,0.1) f = lambda z: kv(5/3,z) F = [quad(f,x,np.inf)[0]*x for x in xs] with open("test4.txt","w") as f: for x, y in zip(xs, F): print("[x=%....


0

ウェブサイト上での情報の持ち方/見せ方は千差万別であり、同じような目的で同じ業者が作成しているとかならともかく、別々のサイトに適用できる テンプレート と言えるようなものは存在しないでしょう。 何らかの テンプレート が存在する(適用できる)という考えは捨てて、対象サイトの内容/構成を調べる所から始めてください。 該当のページでは、特に指定しない限り初期値では「全て」の情報を取得出来るようです。 「認定看護師」「認定看護管理者」「専門看護師」の分類を指定して「検索」することで全てを取得出来るでしょう。 ただしそれぞれ1回の表示では50件だけですので、「次」ボタンをクリックして表示を進める必要があります。 提示されたソースではaタグのリストを取得してループし、その中で「検索」ボタンをクリックしていますが、...


1

re.split() は正規表現を区切りとして、区切り以外の部分を抽出してリスト化する関数です。street_addressは区切り文字列で始まっているので、空文字列が抽出されます。特殊な動作として、区切り文字正規表現にキャプチャがあるとキャプチャされた文字列も結果に入ります。 例示されているような用途にre.split()を使うのはとても奇妙で、re.search()かre.match()を使うのが適切ではないでしょうか。 match = re.search(pat, street_address) # 都道府県、市区町村、その他を表示 print(match.group(1), match.group(2), match.group(3))


2

https://docs.python.org/ja/3/library/re.html#re.split セパレータ中にキャプチャグループがあり、それが文字列の先頭にマッチするなら、結果は空文字列で始まります。同じことが文字列の末尾にも言えます。 メソッドの説明に書いてあるとおりです。 >>> re.split('(a|b)', 'cac') ['c', 'a', 'c'] >>> re.split('(a|c)', 'cac') ['', 'c', '', 'a', '', 'c', ''] この差を考えればいいでしょう。


0

PyTorchの場合に限らず、sqrt(x) は微分が 1 / (2 * sqrt(x)) になるので、xが0になると sqrt の微分がinfになってしまい、そのために、以後の計算の過程でNaNが出ているのだと思います。 安直には0に近い値値が出ないように torch.sqrt(torch.clamp(x, min=1.0e-6)) のように下駄を履かせてあげれば、エラーは出なくなるのではないかと思います。


1

変換を行っているソースコードはどうなっていますか? int(float(csvの何かの値の文字列))というのが本当ならfloat()で文字列を浮動小数点数に変換したとしても、その外側のint()の部分で整数に変換しているので、小数点以下部分を切り捨てるという正当な結果だと思われます。 浮動小数点数の値が必要なら、外側のint()は外してfloat()だけで変換しましょう。 あるいは、変換は必要なのでしょうか? 使われているというboto3やdynamodb自身にそうした指定のオプションがあるか探した方が良いかもしれません。 浮動小数点数への変換は表現誤差の問題が付きまとうので、なるべくなら変換しない方が良いかもしれません。


0

VBSからエクセルを開いて、ご質問のコードを実行する場合は下記サンプルコードのような記述になります。 VBSではxlUpが使えないなど、VBAと方言の違いがあるので注意が必要です。 Sub test1(oSheet, colNo) oSheet.Cells.Font.ColorIndex = xlNone For i = 2 To oSheet.Cells(oSheet.Rows.Count, colNo).End(-4162).Row If oSheet.Cells(i, colNo).value <> "A" Then oSheet.Rows(i).Font.ColorIndex = 3 '行全体の文字を赤くする ...


1

Excel本体で提供される条件付き書式を使用することをお勧めします。条件付き書式では自身のセルだけでなく別のセルの値に応じて書式を付けることができます。 Excel本体の機能のため、いちいちVBA / VBS / Python等で変更毎に書式を再設定する必要がなくなります。


0

挿入するwavファイルの先頭と末尾に無音区間を入れて、行列の要素数を揃えた上で合成すること自体は可能です。 import numpy as np from scipy.io import wavfile rate = 44100 pad_start_sec = 5 # データ挿入位置 # サンプルデータ(sin.wav, noise.wav)作成 def create_samplings(): seconds = 10 # 正弦波データ10秒 sin_wave = [i / 20 for i in range(0, rate * seconds)] # i/20は低音に抑えるため sin = np.int16(np.sin(sin_wave) * 32767) wavfile....


1

10秒の曲データsong1と、1秒のノイズデータsong2がある。 song1の5-6秒の1秒間にノイズ(song2)を重ね合わせたい。 という事ですから、 出来上がった曲は 0-5秒 song1の0-5秒と同じ (なにも変化させていない) 5-6秒 song1の5-6秒とsong2とを重ね合わせたもの 6-10秒 song1の6-10秒と同じ (なにも変化させていない) になるはずです。 song1の0-5秒と、song1の5-6秒、song1の6-10秒は、 song1[0:5 * sr]、song1[5 * sr : 6 * sr]、song1[6 * sr : 10 * sr]のように、song1のスライスで得られます。 song1[0 : 5 * sr]と、song1[5 * sr : 6 * sr]...


2

リストから読み込むときに文字列として[[や0 . などとなってしまい本来の小数に戻せません。 とのことですが、もしかしてこれは多次元の NumPy array をファイルに保存しようとなさってませんでしょうか。[[ が出力されているのは 1 次元ではなくて多次元のリストを出力した際の挙動です。また 0.0 を 0. と省略して出力するのは Python の普通の配列ではデフォルトだと行われないはずで、NumPy array などではデフォルトで行われます。 であれば、NumPy にはファイル書きこみおよび読み込み用の関数が用意されています。ドキュメントにコードサンプルが載っていますのでドキュメントにリンクしています。 バイナリ形式:np.save、np.load テキスト形式:np.savetext、np....


2

ファイルはテキスト/バイナリのどちらで作成しようとしていますか? 以下に簡単なファイル入出力の例を挙げておきます。 各APIの詳細はPythonのリファレンスを参照してください。 7. 入力と出力 — Python 3.8.5 ドキュメント テキストはエンドユーザーが直接読み書きすることもできますが、読み込み時のバリデーションの実装が難しくなります。また、浮動小数点数の場合、10進数で出力すると誤差が生じるケースがあります。指数形式で有効桁数をできる限り大きくするほうがよいですが、ファイルサイズが大きくなりがちです。拡張性や自己記述性の観点から、XML形式などの階層化に対応したフォーマットを採用することもあります。 バイナリはファイルサイズを削減でき、...


0

具体的にお求めの成果物が分かりかねますので、推量を含む回答です。 [['単語','単語'],['単語'.....]...]で単語を区切ったリストを作るならば、for文の中で作成したwordを別のリストに追加することで作成できます。 下記のサンプルコードは辞書(wordDic)のキーとしてreport_idを残し、質問文のコードとご質問のリストを両方出せるコードになっています。 サンプルコード from gensim.models.doc2vec import Doc2Vec from gensim.models.doc2vec import TaggedDocument import MeCab import csv mt = MeCab.Tagger() reports = [] # ...


1

コメントで解決されたようですので、回答として編集・転記いたします。 コマンドラインオプションによる解決法 ログレベルが DEBUG に設定されている場合、コマンドラインでオプションスイッチに --log-level=CRITICAL を追加してみてください。 > ipython --log-level=CRITICAL 設定変更による解決法 (コマンドラインのオプションスイッチでは)毎回--log-level=CRITICALと入力しないと正常に起動できません。 どこかに設定を保存できないのでしょうか? まず、ipython notebook --generate-config を実行してみて下さい。 実行後、~/.jupyter/jupyter_notebook_config.py ...


1

コメントを参考に全角と半角記号を使い分けることで、正しく処理されるのではないでしょうか。 本文の最初と最後を区切り文字として split() メソッドで削除 できてます。 文字列の置換や正規表現を使用して不要な文字列や記号を削除 サンプルコードを参考に、text.replace以下を見直してみてください。 不要な文字列の削除が終わったら句点で文章を一文単位で分割 できてます。 ※句点のみで区切ると見出しが次の本文に結合されます。 サンプルコード 実行する前に青空文庫からテキストファイル(ルビあり)のzipファイルをダウンロード、解凍してください。 file_pathを解凍後に生成されたテキストファイルのパスに書き換えて実行してください。 import re # todo ...


5

numpy.where()を使うと以下の様になります。 import numpy as np import pandas as pd df = pd.DataFrame( np.array([ [0, 0, 1], [1, 0, 1], [4, 0, 1] ]), index=[0, 1, 4] ) dfn = pd.DataFrame( [(df.columns[p[1]], df.index[p[0]]) for p in zip(*np.where(df == 1))], columns=('x', 'y') ) dfn.index += 1 print(dfn) x y 1 2 0 2 0 1 3 2 1 4 2 4


1

2重ループで該当の座標を抽出する方法です。 ※質問コメントの通り、ご質問の抽出結果は(index, x, y)=(4, 2, 4)の誤植と想定した回答です。 サンプルコード import pandas as pd import numpy as np df = pd.DataFrame(np.array([[0,0,1],[1,0,1],[4,0,1]])) df.index = [0, 1, 4] list = [] for c in df.columns: for i in df.index: if df.loc[i, c] == 1: list.append([c, i]) locs = pd.DataFrame(np.array(list)) ...


2

sympy と scipy ライブラリを区別してください。sympy は記号計算のためのライブラリであり、scipy ライブラリは数値計算のためのライブラリです。それぞれでは内部で用いられるアルゴリズムが違います。基本的に素のままでは共存はできないと思ってください。 今回のプログラムはおそらく Jypter Notebook 系のソフトウェア上で実行されており、質問文にあるプログラムも不完全なものになっています。特に、関数 f が定義されていません。しかし実行結果を見るに f の評価には成功しているようです。おそらく別のセルで定義されたか、一度定義されたものを削除した後リセットしていないのでしょう。 エラー ufunc 'kv' not supported for the input types ...


1

具体的な質問内容が 「リスト形式(['すもも', 'もも', 'もも', 'うち']) → 文字列形式('すももももももうち') の変換方法を知りたい」 であると想定して回答します。 その場合はstr.joinを使うことでリストを結合して文字列に変換できます。 質問文のコードを下記のように変更します。 変更前: return [token.surface for token in analyzer.analyze(text)] 変更後: return ''.join([token.surface for token in analyzer.analyze(text)]) このようなデータのTitle部分を下記関数でフィルタリングをかけて、そのまま(Data frame形式のまま?)出力したいのですが(...


上位 50 件の最近の回答が含まれています