次のタグが付いている新しい回答:

0

torch 1.6.0でmatmulもmmも動作しているように思います。 >>> import torch >>> a = torch.randn(3, 1) >>> b = torch.randn(1, 3) >>> a.size() torch.Size([3, 1]) >>> b.size() torch.Size([1, 3]) >>> torch.matmul(a, b) tensor([[ 0.0096, 0.3664, 0.2490], [-0.0145, -0.5553, -0.3773], [ 0.0282, 1.0820, 0.7353]]) &...


3

SyntaxErrorの行については、class_に入れたい箇所をシングルクォーテーション'で囲めば解消されます。 title = moviedetail.find( 'span', class_='"h2 ng-binding", ng-bind="$ctrl.product.Name"') こちらは正規表現について調べてみることをおすすめします。 しかしながら、そのまま実行しても同じエラーが発生します。このmodal-contentは「もっと見る」をクリックしてから現れるものなので、moviedetailの中にはNoneが入ることになります。 BeautifulSoupは静的な構文解析ライブラリなので、...


0

「# リストにモデルを追加。それぞれの引数は警告を出さないための設定」という行と、 「# for文でリストからモデルを取り出し、学習と予測、F1値の出力を行う」という行の間で、4つのモデルを、配列model_listに追加(append)していますから、配列の中身は以下のようになっているはずです。 model_list[0]に、LogisticRegression(solver='lbfgs', multi_class='multinomial', max_iter=1000) model_list[1]に、DecisionTreeClassifier(criterion='entropy') model_list[2]に、RandomForestClassifier(n_estimators=100) ...


0

Not able to pip install pickle in python 3.6 - StackOverflow より import sys import numpy as np src = sys.argv[1] # path to your file data = open(src).read().replace('\r\n', '\n') # read and replace file contents dst = src + ".tmp" open(dst, "w").write(data) # save a temporary file world = pickle.load(open(dst, "rb"), encoding=...


1

意図されていることは以下でしょうか? if all(i > 0 for i in suuji): print('suuji[すべて]>0') 10月26日「補足」に対する追記 一つ 解の虚数がIと表示されます。Pythonでは虚数はjのはずです。 そのせいで、複素数の型の数字に使える諸々のメソッドが機能しません。 complex 型コンストラクタを使用して変換しましょう。 https://docs.sympy.org/latest/modules/evalf.html に You can also use the standard Python functions float(), complex() to convert SymPy expressions to regular ...


0

ブラウザでアクセスした時も同様ですが、結果が一定以上ある場合にはページ分割がされると思います。 今回のようにすべての結果を取得したい場合には、for ループなどを使って繰り返し処理する方法が考えられます。 以下のページのコードスニペットにはいくつかのサンプルが載せてあるので、これらが参考になるんじゃないかと思います (私自身は普段 Python を書かないので、サンプルそのままの紹介に留めます)。 コードスニペット — tweepy 3.6.0 ドキュメント このスニペットは、認証されたユーザーのすべてのフォロワーをフォローします。 for follower in tweepy.Cursor(api.followers).items(): follower.follow() また、"...


1

質問を書いている時間で def application(environ, start_response): start_response('200 OK', [('Content-Type', 'text/plain')]) yield str(environ).encode() などとして動かしてみればすぐわかることです。 例えばuwsgiで動かせば {'REQUEST_METHOD': 'GET', 'REQUEST_URI': '/', 'PATH_INFO': '/', 'QUERY_STRING': '', 'SERVER_PROTOCOL': 'HTTP/1.1', 'SCRIPT_NAME': '', 'SERVER_NAME': 'xxxxxx', 'SERVER_PORT': ...


0

よくよくWerkzeugのドキュメントを確認してみると、 "The environ contains all incoming information, the start_response function can be used to indicate the start of the response." 『environ には全ての受信情報が含まれており、start_response 関数はレスポンスの開始を示すために使用されます。』(拙訳) と書いてありました。わかったようなわからないような感じはまだありますが...


2

正規表現で場所を抽出する方法はいかがでしょうか。 import re myList = ['オレンジ', '3回仙台10日目', 'orange', '1234','12回大阪1日目'] pattern = re.compile(r'\d{1,2}回(札幌|仙台|東京|名古屋|大阪|博多)\d{1,2}日目') for i in range(len(myList)): m = pattern.match(myList[i]) if m: myList[i] = m.group(1) print(myList) # ['オレンジ', '仙台', 'orange', '1234', '大阪']


1

file = open(pdf_name , "wb") の処理で一枚ずつ画像を読み込む度にpdfを新規作成し直しているのが原因で、最後に読み込んだ画像のみを含むpdfファイルができているようです。 下記のサンプルコードで複数画像を1つのpdfにまとめたファイル作成できます。(python 3.6.1で確認) サンプルコード import img2pdf import os import re from PIL import Image from pathlib import Path base_Image = r"jpegが入っているファイルのパス" Create_pdf = r"できたpdfを入れたい場所のパス" path = Path(...


1

metropolis さんの回答、およびコメントに対する補足です。 Amazon Linux で使用する yum コマンドは基本的に個別のパッケージ単位で指定しますが、オプションを使用することで関連するパッケージを「グループ」という単位で管理することができます。 具体的には yum groupinstall に続けてグループ名を指定します。 今回のようにソースコードのコンパイルが必要になるときには、"Development Tools" というグループを指定してインストールしておくと便利です。 実行例: $ sudo yum groupinstall "Development Tools" Amazon Linux インスタンスでソフトウェアのコンパイルを準備する - ...


2

pyenv install の実行結果の出力に、 /root/.pyenv/plugins/python-build/bin/python-build: line 1539: patch: command not found と表示されていますので、patch コマンドがインストールされていないと思われます。 おそらく yum コマンドで patch パッケージをインストールすれば解決するかと思われます。


1

以下は pandas.DataFrame.agg を使用する方法です。 import pandas as pd df = pd.DataFrame ({ '時期': ['2020/1/1', '2020/2/1', '2020/3/1', '2020/4/1', '2020/5/1', '2020/6/1', '2020/7/1', '2020/8/1', '2020/9/1', '2020/10/1', '2020/11/1', '2020/12/1'], '平均': ['A', 'A', 'C', 'C', 'B', 'B', 'B', 'B', 'A', 'C', 'A', 'B'], '1組': ['B', 'A', 'C', 'A', 'B', 'A', 'A', '...


0

applyを使えば列ごとに連結処理を行えます。 df4 = df.iloc[:,2:].apply(df['平均'].str.cat) df4 = pd.concat([df['時期'], df4], axis=1) これで次のようなデータフレームが得られます(4組以降、2020-04-01以降は省略)。 時期 1組 2組 3組 0 2020-01-01 AB AC AA 1 2020-02-01 AA AC AC 2 2020-03-01 CC CB CA


2

以下の方法では、ある単語が他の単語にハイフン付で含まれている場合には text を検索しない、という処理にしています。 import re text = "orange/apple:grape-peach T-shirt [fruites]" words = ['apple', 'orange', 'grape', 'peach', 'T-shirt', 'fruites', 'T', 'shirt'] matches = [ w for w in words if all([ not(re.match(fr'.*(-{w}|{w}-).*', u)) for u in words if u != w ]) and w in text ] ...


2

【2020/10/21 追記】 おおよそ解決したのですが、仮にもっとデータの列があった場合、例えば連結したデータフレームが以下のように'rank'があったとします。 fruit price store rank 0 apple 300 A Awesome 1 orange 200 B Great 2 banana 150 C Good 3 apple 300 A Awesome 4 orange 200 C Good 5 banana 200 C Good 6 strawberry 120 ...


0

素直にfunc_1の戻り値としてフォルダ名の変数値(この場合はimg_dir0)を返し、それをfunc_2のパラメータに指定すれば良いでしょう。 A.pyのfunc_1の最後でreturn img_dir0とする メインプログラムでB.func_2(A.func_1(img,name))とすれば1行で両方を呼び出せて、戻り値を覚えておくための作業用変数も不要になる メインプログラムの別の処理でA.func_1の戻り値が必要ならば、2行にして作業用変数も用意しておく ちなみに質問記事のソースコードは、いろいろと不足していたり間違っていたりするので、そのままでは動作しません。(なおパラメータの受け渡しだけチェックするためにPILの細かい処理は削って動かしたので、そのへんはチェックしていません) ...


0

[obj for _ in range(n)] と書いた場合同じ obj を参照する要素を n 個持つリストを生成します。 _ = [0 for i in range(5)] board = [_ for i in range(5)] これは board = [[0, 0, 0, 0, 0] for i in range(5)] ということであり、1つの [0, 0, 0, 0, 0] オブジェクトを参照する要素を5つ持つリストを生成してしまいます。 board = [[0 for _ in range(5)] for _ in range(5)] とすれば、同じ 0 を参照する要素を5つ持つ [0, 0, 0, 0, 0] オブジェクトを5回生成し、これを要素にしたリストを生成できます。 ...


2

id(object) を使用して board変数(リスト型)の中身を調べてみます。 id(object) Return the “identity” of an object. This is an integer which is guaranteed to be unique and constant for this object during its lifetime. Two objects with non-overlapping lifetimes may have the same id() value.  CPython implementation detail: This is the address of the object in memory. >>> def ...


2

以下は matplotlib.figure.Figure.add_subplot と matplotlib.pyplot.tight_layout を使う場合です。データフレームは乱数で適当に作成しています。 import numpy as np import pandas as pd import matplotlib.pyplot as plt w, h = 5, 5 fig = plt.figure() for n in range(1, w*h+1): df = pd.DataFrame({ 'x': np.linspace(0, 1.0, 11), 'y': np.random.rand(11), }) ax = fig.add_subplot(w, h, n) ax....


2

SomeException(custom exception)を定義する必要があります。 import unittest class SomeException(Exception): def __init__(self, error_code): self.error_code = error_code def do_something(): raise SomeException(3) class Test_Do(unittest.TestCase): def test_do(self): with self.assertRaises(SomeException) as cm: do_something() ...


0

defブロック以降はインデント削除し、jp_us関数の呼び出しを追加する。 jp_us #jp_us関数の呼び出し matplotlib.pyplot.plot(year, japan, color='#FF0000', label='japan') matplotlib.pyplot.plot(year, usa, color='#00FF00', label='usa') matplotlib.pyplot.legend() matplotlib.pyplot.show()


1

以下は pandas.DataFrame.resample を使う方法です。 import pandas as pd def get_freqency_by_month(date_series, month): sampling = date_series.to_frame().resample('M').size() return sampling[month][0] if month in sampling else 0 if __name__ == '__main__': dates = pd.DatetimeIndex( ['2019-06-05', '2019-06-14', '2019-06-24', '2019-07-03', '2019-07-30', '...


2

こんな感じでどうですかね? days = pd.to_datetime(['2019-06-05', '2019-06-14', '2019-06-24', '2019-07-03', '2019-07-30', '2019-07-31', '2019-08-06', '2019-08-28', '2019-09-03', '2019-09-26', '2019-10-11', '2019-10-18', '2019-10-24', '2019-11-19', '2019-11-20', '2019-12-17', '2019-12-19', '2019-12-20', '2020-01-15'...


2

以下は pandas.Series.map を使う場合です。 import pandas as pd df = pd.DataFrame({ 'ID': [10, 10, 10, 10, 10, 20, 20, 20, 20, 20], 'name': ['A', 'A', 'A', 'A', 'A', 'B', 'B', 'B', 'B', 'B'], '月': ['2017/1/1', '2017/2/1', '2017/3/1', '2017/4/1', '2017/5/1', '2017/1/1', '2017/2/1', '2017/3/1', '2017/4/1', '2017/5/1'], '売上': [9786, 8464, 20291, 13130, ...


1

Seriesに存在しないappend()を呼び出しているのでエラーになっています。 条件付きで「評価」列の値を更新する場合は、以下のようにします(他にも方法はありますが)。 sm_data.loc[sm_data["売上"] < 8000, '評価'] = 'C' それから、if分がおかしいです。 if i < 20000: sm_data['評価'].append('A') elif i < 8000: これでは8000より小さい値でも最初のif文内に入るので、Aになります。 追記:「売り上げが20000を超えたら」という条件であれば、以下の3行で十分です。 sm_data['評価'] = 'B' sm_data.loc[...


1

関数またはメソッドの引数にデフォルトオブジェクトを指定する場合、関数またはメソッドの呼び出し毎に、関数定義時に評価されたデフォルトオブジェクトを引数に代入する動作となります。 class Stack: def __init__(self, data=[]): self.data = data は class Stack: def __init__(self, data=None): if data is None: data = [] self.data = data とすれば意図した動作になるでしょう。 なお、Stack クラスを実装するのであれば list を継承して class Stack(list): def push(self, v): ...


0

基本的な時系列解析(Arima,var等のモデル)は、全て知っています。このデータは、通常の連続時系列データとは異なり、離散サンプリングが行われているデータになります。(観測時系列の感覚が等間隔ではないという意味です)。その点で通常の時系列解析には乗らない解析になります。イメージとしては、非定常点過程における時間変更定理が適応される前の非常に汚いデータをイメージしていただくのが分かりやすいかと思います。


1

コメントのやり取りで解決したようなので、回答として投稿しておきます。 lsimはmatplotlibではなくcontrol.matlabのメソッドのようですね。 control.matlab.lsim python control での lsim の使い方 PythonControlで正弦波に対する応答を求める。 他にscipyにも同名のメソッドがあり、機能としては類似らしいですが、こちらは戻り値の内容や並び方が違うので別物のようです。 scipy.signal.lsim 「三つの返り値を設定してやらないと動きません。これはなぜでしょうか?」というのは、以下のようにそれがこのメソッドの仕様だからです。 control.matlab.lsim(sys, U=0.0, T=None, X0=0.0) ...


1

全ての CSV ファイルを読み込んで単一のデータフレームに格納した後、pandas.DataFrame.groupby() で企業別に分割します。次に、分割したデータフレームを「月」をキーにして outer join(pandas.DataFrame.merge()) します。そのため、欠損値は NaN になります。 import pandas as pd from functools import reduce data = pd.DataFrame({'ID': [10, 20, 10, 20, 10, 20]}) outfolder = '...r/' dfs = reduce( lambda l, r: pd.merge(l, r, how='outer', on='月'), pd....


0

selenium-webdriver - Pythonを使ったスクロール | selenium-webdriver Tutorial from selenium import webdriver from selenium.webdriver.common.action_chains import ActionChains driver = webdriver.Chrome('PATH to chromedriver.exe') driver.get('http://www.w3schools.com/') target = driver.find_element_by_link_text('BROWSE TEMPLATES') actions = ActionChains(driver) actions....


0

「稀に売上データに欠損値がある場合」が、例えばある会社は2017/02分の1行が抜けていることがある、という意味であれば、最初に対象の月のDataFrameをつくっておいて、そこに1社ずつマージしていけばいいと思います。 # ファイル指定 outfolder = '...r/' df_base = DataFrame({ '月': ['2017/01','2017/02','2017/03','2017/04','2017/05','2017/06','2017/07','2017/08','2017/09','2017/10'] }) #loopでデータ読込したい(ID(10と20)はdataというデータフレームで保持している) for index, id in enumerate(data['ID']....


1

os.pathモジュールを使う方法です。 from os.path import abspath, join, split split(abspath(join(__file__, '../..')))[-1]


1

コメントで解決とのことなので、一応回答として記述しておきます。 おそらく現時点ではWindowsのAnacondaでインストールできるTensorFlowはPython3.8をサポートしていない2.1.0版と思われます。 以下は現時点でのAnacondaのパッケージ情報 anaconda/packages/tensorflow 2.2.0 Installers conda install linux-64 v2.2.0 win-64 v2.1.0 osx-64 v2.0.0 To install this package with conda run: conda install -c anaconda tensorflow Python3.8で動作するTensorFlowは 2.2 以後という記事 ...


1

"\x01\x00~" という文字列ではなく、"\\x01\\x00~" という文字列として取得したい、という意味だと理解しました。 16 進表記に自分で変換する方法 文字列からコードポイントを得られる組み込み関数 ord などを使えば、この 16 進表記の文字列を自作することができます。 from struct import * a = ''.join(map(lambda c: '\\x%02x' % ord(c), pack('hhl', 1, 2, 3))) print(a) print(len(a)) # 64 が出力されます。 ※マルチバイト文字が含まれる場合はこれだと上手くいきません。また Python 3 ...


0

dash(最近の Ubuntu の /bin/sh で使われているシェル)などのシェルでは source コマンドが存在しません。代わりに . コマンドを使ってください。あるいは、dash を使わずに bash や zsh を使ってください。 また、もし Windows 環境をお使いなのであればコマンドが異なります。https://docs.python.org/3/library/venv.html にプラットフォームごとの一覧表があるので参考にしてください。


1

以下は pandas.DataFrame.groupby() を使う方法です。 import pandas as pd data = pd.DataFrame({ 'ID': [10, 10, 10, 20, 20, 20, 30, 30, 30, 40, 40, 40], 'name': ['A', 'A', 'A', 'B', 'B', 'B', 'C', 'C', 'C', 'D', 'D', 'D'], 'week': [1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3], '売上': [100, 200, 300, 50, 60, 70, 1, 2, 3, 500, 600, 700], }) #フォルダを指定 outfolder = './' # ...


1

for index, id in enumerate(data['ID'].unique()): tmp_data = data[data['ID'] == id] tmp_data.to_csv(outfolder + fprefix + str(index+1) + '_0.5h.csv', index=False) こんな感じでいいと思いますけど、どうでしょう?df.unique()でIDの一覧を取得して、そのIDの行のみを抽出して(data[data['ID'] == id])、連番をつけてファイルに出力しています。


0

もしこれがプログラムの全てなのであれば、関数が定義されているだけで呼び出されておらず、したがって関数の中身が実行されていません。関数を呼び出してあげてください。


0

docker-compose.ymlファイルの中でcontainer_name:を任意の名前で設定したところ実行することができました。


1

@Kohei TAMURA さん回答への補足(蛇足?)と、今後の学習のための考え方として、「何かを疑問に感じたら、使用しているAPIや元となっている仕様を調べてみましょう。」を心掛けてください。 以下にAPIの仕様が記述されています。 xgboost.train(params, dtrain, num_boost_round=10, evals=(), obj=None, feval=None, maximize=False, early_stopping_rounds=None, evals_result=None, verbose_eval=True, xgb_model=None, callbacks=None) evals_result (dict) – This dictionary stores ...


1

はい。交差検証を用いたグリッドサーチは、パラメーターチューニングで一般的に使われるので、scikit-learnでは(GridSearchCVに)実装済みです。


1

evals_resultには何も代入していないのに、なぜか@B時点には何やらが代入されています。 まずそこがよくわからないです。 何も代入されていない(空の辞書であった)evals_resultに対して、xgb.train()の処理中に要素(学習用データと検証用データの損失)が追加されています。 xgb.trainのところでも「カラのevals_resultを.trainの引数evals_result引数に代入している」ように見えます。 はい。そうです。xgb.train()の処理中にevals_resultに値が代入(要素が追加)されるように、引数で渡しています。「参照渡し」を理解されていないのかもしれませんね。このキーワードでググってみて下さい。 またxgb....


0

QSettingsを使う方法が手ごろではないでしょうか。 サンプルコード from PyQt5.QtWidgets import QApplication, QWidget, QPushButton, QLineEdit from PyQt5.QtCore import QSettings, QPoint, QSize, Qt class myApp(QWidget): def __init__(self): super(myApp, self).__init__() def initUI(self): self.settings = QSettings("my_settings.ini", QSettings.IniFormat) ...


0

elif x.str.contains(urls_Y): # 文字列の部分一致を判定 ではなく、 elif urls_Y[0] in x or urls_Y[1] in x: # 文字列の部分一致を判定 とかですかね。in演算子で文字列の中に特定の文字列が含まれているか判定できます。 'str' object has no attribute 'str' この意味ですが、そもそもxが文字列型なので、.strという属性が無いということです。


0

システム全体の設定を変えるなんてことも出来なくはないでしょうが、それは一般的では無いですし何か一部だけ変えると整合性が取れなくなる可能性もあります。 以下は意図せず変わってしまった例。 Windows10 キーボード言語設定の変更方法 最近実はキーボードで通貨記号の半角の¥マークが入力できないという事例にあたってしまいます。 そのためメモ帳で試されたのと同様に、それぞれのアプリケーションに固有の設定機能によって変更することになります。 ただしアプリケーションに機能が無ければ変えることはできません。 jupyter notebookの場合は以下の記事が参考になるでしょう。 Jupyter Notebookでバックスラッシュを表示する Jupyter Notebookに個人用のcssを作成することで、...


0

訓練(評価)データとテストデータで評価結果が異なる理由が知りたいです。 これは簡単な話で、機械学習モデルは訓練データを元に学習して、それに適応した結果を出すように訓練されるからです。すでに答えを学習させているのだから一般的には訓練データのほうが評価がよくなります(損失が少なくなる)。 一方でテストデータ、交差検証データは機械学習の学習には使わずにとっておき、評価にのみ使用します。そのため、学習がうまく汎化していればいい評価が出ますが、過学習していた場合悪い評価となります。 参考: Wikipedia - 過剰適合 また、交差検証以外で汎化性能を上げる方法が知りたいです。 コメントにあるとおり、...


0

自分も同じエラーでつまづいていました。 ユニコード関連のエラーのようで、 コントロールパネル → 時計と地域 → 地域 → 管理 → システムロケールの変更 → utf-8を使用 の後 pip install markovify でうまくいきました。


1

pandas.DataFrame.isin と numpy.where を使って以下の様にも書く事ができます。 import pandas as pd import numpy as np pd.set_option('display.unicode.east_asian_width', True) df = pd.DataFrame({ 'pref': ['東京都', '神奈川県', '北海道', '埼玉県', '千葉県', '静岡県', '長野県'], 'city': ['渋谷区', '横浜市', '函館市', '浦和市', '浦安市' , '浜松市', '岡谷市'], }) df = df.assign( pref_flg=np.where( df.pref.isin(('...


1

more-itertools: More routines for operating on iterables, beyond itertools に、unique_everseen というメソッドがあります。 more_itertools.unique_everseen(iterable, key=None) Yield unique elements, preserving order. これと、numpy.array_split() を使う方法です。 from more_itertools import unique_everseen from numpy import array_split A = [ 1, 3, 5, 2, 4, 6, 7, 9, 11, 8, 10,...


上位 50 件の最近の回答が含まれています