次のタグが付いている新しい回答:

0

言語選択がPHPになっていたのが一つ問題だったみたいです! Python3に直したら起動することは出来ました!


2

質問のエラーも含めて幾つか typo があります。 以下のようにすれば動作するでしょう。 import cv2 image = cv2.imread(r"C:\library_cv\sky_006.jpg") gray = cv2.cvtColor(image, cv2.COLOR_BGR2GRAY) cv2.imwrite(r"C:\write_cv\gray_006.jpg", gray) imreadのファイル名の"が閉じていない(質問時の転記ミスでしょう) cvtcolorのcolorは大文字で始まるcvtColor cv2.COLOR.BGR2GRAYはcv2.COLOR_BGR2GRAYの間違い(.ではなく_で接続する) ...


0

プログのリンクが不明で, たぶんここかな?と 言ってることは, (イテレーターだと) 使い切ってしまうと それ以上は使えない … ですね。 リストの場合 lst = [10,20,30] for i in lst: print(i) # 10 # 20 # 30 for i in lst: print(i) # 10 # 20 # 30 ジェネレーターの場合 def gen1(): for n in [10,11,12]: yield n g1 = gen1() for i in g1: print(f'1度目 {i}') # 10 # 11 # 12 for i in g1: print(f'2度目 {i}') # 出力なし ファイルの場合 (試してないけど) with ...


0

組み込み関数open()を使用してテキストファイルを作成します。 import pandas as pd from scipy.interpolate import interp1d import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt date="1214" x=np.array([0, 6, 11 , 20, 30, 40]) y=np.array([92, 105, 114 , 125, 148, 141]) f_line = interp1d(x, y) f_CS = interp1d(x, y, kind='cubic') time_list=np.array([0, 3, 11 , 20, 30, 40]) #for ...


1

numpy.savetxt のパラメーター fname は, filename or file handle ファイル名の指定は, (numpy.savetxt に限らず大体において)一度きりの使用を目的としているようです。 何回呼び出そうが, 新規にファイル作成・書き込む … ので結果的に最後の書き出ししか残りません。 ファイルハンドルを使う必要があります。 with open(f"{date}-target", 'w') as fp: for i in time_list: print(f'X = {i:2} の時の Yの値 = {f_CS(i)}') a = np.array(f_CS(xnew)) np.savetxt(fp, [...


0

私の場合、トークンではないですが秘密データを扱う際は Google Driveにパスワード付きzipでアップロードしておいて、実行時に パスワードを入力し解凍して使用しています。 import getpass p = getpass.getpass() !unzip -P {p} (path-to-file)/xxx.zip


0

頂いたコメント(コメント1、kunifさんより)で解決したため、解決済み扱いにするために自分でコメントを書いておきます。 頂いたコメントの最後のSet Colorbar Range in matplotlibが上手く動きました! pxx, freq, bins, t = plt.specgram(sig_1 ,Fs = 48000, cmap = 'jet', vmin = -40.0, vmax = 40.0)のようにすることで指定することができました。


0

もう試していらっしゃるかもしれませんが、パッと思いついたのはこのような作業です。 ・同じような問題に取り組んでいる先行文献の設定に従う ・データ数がそれほど多くないならnn.Dropout(0.5)をもう少し小さくして0.1~0.2くらいにする ・accuracyを見ると上昇傾向にはあるので、もう少し長い時間回す ・もしまだ行っていなかったら、入力データの正規化(例えば、平均を引いて分散で割る)を行う ・オプティマイザーを変更する。


0

画像のパス表記を訂正したところ、正常に実行できました。 この投稿は @user7341567 さんのコメントなどを元に編集し、コミュニティWikiとして投稿しました。


0

@route('/<action>/<user>') のルーティングが原因です。 @route('/object/<id:int>') とバッティングしているため、先に記述されているuser_api関数が呼ばれます。 @route('/<action>/<user>') を削除するか、このuser_api関数をcallback関数の後に記述することで回避できます。 また、assertはエラーの時のみエラーを返します。 True, Falseを返したい時はreturn str(isinstance(id, int))などで文字列を返さないと正しく表示されません。 from bottle import route, run, template @...


0

condaを使用している場合: conda install -c conda-forge cis それ以外の場合は使用: python3.8 -m pip install cis


1

エラーメッセージの最後の方にある File "/Users/user名/Documents/html.py", line 2, in from bs4 import BeautifulSoup が原因では? 実行しようとしている File "/Users/user名/Documents/20210114.py", line 1, in from bs4 import BeautifulSoup と同じフォルダに BeautifulSoupでも使っているhtmlモジュール?と同じ名前になるhtml.pyが存在するため、BeautifulSoupが使用したいhtmlではなく、そちらを読み込んでしまってエラーになっているのだと思われます。 /Users/user名/...


1

再帰実行の度に string → list → string へ変換するのは手間なのと、インデックス(left, right)にマイナス値を使う事ができると良いかも知れません。 reverse_string.py def reverse(string, left, right): if left < 0: left += len(string) if right < 0: right += len(string) if left >= right: return ''.join(string) l = list(string) if isinstance(string, str) else string l[left], l[right] = l[right], l[...


1

2つのオプションがあります: クラスでオブジェクトを開始してから、そのオブジェクトで目的のメソッドを呼び出します 使用する @classmethod 関数をクラスメソッドに変換するには 例: class A(object): def a1(self): print(num) @classmethod def a2(cls): """ This a classmethod. """ print "Hello from class A" class B(object): def b1(self): print A().a1()...


0

グーグルドライブを使用して、あなたはあなたの.pyコードをアップロードすることができます from google.colab import files src = list(files.upload().values())[0] open('mykey.py','wb').write(src) import mykey key = mykey.key() そしてmykey.pyは次のようになります #mykey.py def key(): return 14873987298749827349#キーの例 すみません、私の日本語はあまり上手ではありません


0

プロパティを移動先フォームに追加して、移動元でセットしてからShowするのはいかがでしょう? Window間で値の更新を反映したいならBindする手もあります。 下記は関数で値を渡すサンプルコードです。 import wx class frmModify(wx.Frame): def __init__(self): wx.Frame.__init__(self, None, wx.ID_ANY, "遷移先") self.SetSize((680, 80)) pRoom = wx.Panel(self) self.text_room_no = wx.TextCtrl(pRoom, wx.ID_ANY, ...


0

※ line 54 で SyntaxError: invalid syntax と表示されたので、54行を見るべきなのでしょうが... Google Colab は、クラウド上の Jupyter notebookですよね。 件のサンプルプロクラムを、Code セルに打ち込んで、さらに python execute_action_api.py find_object "{\"TargetType\":\"pinkball\"}" を追加して実行してみたということですね。 そのコードセルを実行しても、find_object は実行されないはずです。 sys.argv[1] は find_object ではないからです。 if __name__ == ...


1

Python から MySQL に接続するための "MySQL Connector" をインストールしたいということであれば、下記の通り pip コマンドでインストールするのが一番簡単そうです。 MySQL Connector/Python Developer Guide :: 4.2 Installing Connector/Python from a Binary Distribution Installing Connector/Python with pip Use pip to install Connector/Python on most any operating system: shell> pip install mysql-connector-python


1

以下のコードの「ここ!!」とした部分ですが、なぜreturnする必要があるのでしょうか。 それは2つの処理の塊が排他的な条件で(どちらかだけ)実行されるべきものだからでしょう。 headがNoneの時に行う処理:空のheadに1つのnew_nodeをリンクする if self.head is None: self.head = new_node return  <-----ここ!! headがNone以外の時に行う処理:リンクをたどっていって、最後に1つのnew_nodeをリンクする last = self.head while last.next: last = last.next last.next = new_node 上記のreturnを削除すると、...


1

@payaneco さんの指摘に加えて、関数に戻り値を返す処理が記述されていないので、結果の確認やそれを次の何かに繋げることが出来ない状態です。 両方併せて対処するとすれば以下のようになるでしょう。 def reverse(string, left, right): if left >= right: return string #### 反転終了時の戻り値(string)を指定 work = list(string) #### 以下は @payaneco さん指摘のリスト化して行う処理 t = work[left] work[left] = work[right] work[right] = t return reverse(''.join(work), ...


0

文字列を配列のように取り出すことはできますが、一度代入された文字列変数はイミュータブル(変更不可能)なので配列のように部分的に変更することはできません。 文字列の一部を書き換えたい場合はスライスやリストを使って一部を書き換えた変数を再度代入する必要があります。 本家SOの類似回答 #スライス s = 'abcde' s = s[:2] + 'o' + s[3:] #cをoに書き換え print(s) #abode #リスト l = list(s) l[1] = l[3] #bをdに書き換え s = "".join(l) print(s) #adode


0

リンクによると、 上記のいずれかのバージョンを使用して「Requested runtime is not available for this stack」というエラーが表示される場合は、アプリが最新バージョンのPythonビルドパックを使用していることを確認してください。 とのことです。 リンクに書いてある様に、 heroku buildpacks:clear heroku buildpacks:add heroku/python heroku buildpacks のコマンドを実行してみましょう。


2

原因はtry: except:のexcept:時の処理が記述されていないためです。 目的の機能を完成させるためにはどうだか分かりませんが、エラーを解除するためだけなら、例えばこんな感じにpassでも入れてみてください。 cell = [[0,0,1], [0,1,1], [1,1,0]] def count_neighbor(cell, i, j): count = 0 for x in range(len(cell)): for y in range(len(cell[x])): try: if x == y != 1: if cell[i+x-1][...


1

builtins — Built-in objects モジュールを使って、sakana.sakanaAPI を sakanaAPI という名前でアクセスできる様にする方法も考えられます。 なお、__SAKANA_SETUP__ を使っているのは多重インポート時に初期化が何度も行われる事を防ぐためです。 sakana.py try: __SAKANA_SETUP__ except NameError: __SAKANA_SETUP__ = False if not __SAKANA_SETUP__: class sakanaAPI(): def get_maguro(self): return "maguro" import builtins ## ...


1

返信とPython init.pyの書き方を参考に記述と、ファイル構成を変えてみました。フォルダーにモジュールをまとめました。 これによりimport sakanaAPIするだけで読み込めるようになりました。 sakanaAPI -- init.py -- sakana.py test.py init.py from sakanaAPI.sakana import * sakana.py def get_maguro(): return "maguro" test.py import sakanaAPI text = sakanaAPI.get_maguro() print(text) ただ問題としてPythonのclassを使っていないのでコードとして微妙感がありますが、...


0

次のコードはモジュールsakanaからクラスsakanaAPIをインポートしています。 ※簡単にいうとモジュールはコードが書かれたファイルです、モジュール名はファイル名から.pyを除いたものです。 from sakana import sakanaAPI api = sakanaAPI() 次のコードはモジュールsakanaをインポートしていますが、クラスなどのオブジェクトはインポートしていません。 import sakana api = sakanaAPI() このため、api = sakanaAPI()はエラーになります。 api = sakanaAPI() NameError: name 'sakanaAPI' is not defined 次のように、クラス名を明示すればエラーは解消します。...


0

on_messageに条件をつけることで特定のチャンネルだけにできます。 @client.event async def on_message(message): を @client.event async def on_message(message): if message.channel.id != チャンネルID: return @client.event async def on_message(message): if message.channel.id not in [チャンネルID, チャンネルID2]: return


0

公式ドキュメント(https://django-allauth.readthedocs.io/en/latest/configuration.html)のConfigurationに、例えばACCOUNT_LOGOUT_REDIRECT_URLなど、settings.pyで設定できる項目がすべて書いてありますが、そこにはご希望の設定値は無いようでした(念のため見てみてください)。 そうすると・・・venv\Lib\site-packages\allauth\account\views.pyに定義してある class PasswordChangeView(AjaxCapableProcessFormViewMixin, FormView): template_name = "account/...


0

いろいろと試したところ、解決しました。 結論 パーミッションの問題にて解決 解決に至るまでの経緯 nginxのエラーログを見直したところ「13:Permission denied」があることに気が付きパーミッションの見直しを試みたところ解決。 解決方法 全てのルートディレクトリに実行権限を与えた。 sudo chmod +x /home sudo chmod +x /home/[ User ] sudo chmod +x /home/[ User ]/Django sudo chmod +x /home/[ User ]/Django/[file]/[ project name ] sudo chmod +x /home/[ User ]/Django/[file]/[ project name ]/[ app ...


2

f() 関数の戻り値を dict 型のインスタンスにして functools.reduce を使います。 from functools import reduce def f(s): k = s * 2 v = s * 3 return {k: v} l = ['a', 'b'] d = reduce(lambda d1, d2: (d1.update(d2) or d1), map(f, l), {}) print(d) => {'aa': 'aaa', 'bb': 'bbb'}


2

f(s) の戻り値をタプルにした上でジェネレーター式にすれば高速に書けそうです。 d = dict(f(s) for s in l) これならリストへの変換もはさみません。 追記: 今こんな感じで比較してみたんですけどあんまり差ないですね……。 >>> def f(x, n): ... y = [x for x in 'xyzw' * 100] ... return (x+str(n), x+random.choice(y)) ... >>> timeit.timeit('x = dict([f(x, n) for n, x in enumerate(\'abcdef\'*10000)])', globals=locals(),number=100) 41....


0

以下のように2つの部分を変更してください。 変更元: #df1 year = df1.index price = df1['Adj Close'] 変更後 #df1 df1['year'] = df1.index.year df1['price'] = df1['Adj Close'] 変更元: if i == df1['year]: nikkei_year.append(i) nikkei_price.append(df['price']) 変更後 df = df1[df1['year'] == i] if not df.empty: nikkei_year.append(i) nikkei_price.append(...


0

いろいろコメントしましたが、@payaneco さんが示したように乗り換え案内的な処理を考えているなら、まあ普通に考えられるケースということでしょうか。 時刻の差分計算はコメントに紹介したり、先に回答されているようにdatetimeモジュール(ライブラリ?)を使います。 例えば @akira ejiri さんと @payaneco さんの処理の組み合わせで以下のように出来ます。 diff = str(int((dt.strptime(出発時刻,"%H%M") - dt.strptime(現時点,"%H%M")).total_seconds() // 60)) ただし提示された条件ならば、全部のデータを時刻に変換してから差分計算を行う必要は無くて、直近(直後)...


0

# 取り出した原子位置間の距離を計算 Dis=np.sqrt((P_sample_all[PP[0],0]-P_sample_all[PP[1],0])**2+ (P_sample_all[PP[0],1]-P_sample_all[PP[1],1])**2+ (P_sample_all[PP[0],2]-P_sample_all[PP[1],2])**2) Dis_sample.append(Dis) を # 取り出した原子位置間の距離を計算 Dis=np.sqrt((P_sample_all[PP[0],0]-P_sample_all[PP[1],0])**2+ (P_sample_all[PP[0],1]-P_sample_all[PP[1],...


0

単純には二重ループを書いてはいかがでしょうか。 for _ in range(10): accepted = False while not accepted: x = generate() accepted = condition(x) sample.append(x)


0

改行時に前の文とつながりが生まれており、Disを定義した部分が変数定義として反映されていなかったのが問題でした。 前の文との間にある空白行を消すことで改善されました。そのあと再び改行してもエラーは出なくなりました。


0

特定の駅の時刻表であるtime_tableが用意されていて、ソートされていない時刻データの直近の値を取り出す場合はラムダ式を使う方法があります。 「直近」が文字通り「差分の最も少ない前後の時刻」ならばdatetimeの差分で求めたtimedeltaが最も小さいものを取ると良いでしょう。 「直近」が「直前」「直後」ならば、結局何分差かを求める際にtimedeltaが必要ですが、比較自体は内包表記による文字列比較で対応可能です。 from datetime import datetime arrived_time = ['1216', '1337', '1018', '1809', '2058', '1919', '1159'] time_table = ['0000', '1140', '1210', '...


0

時分を10進数で計算していることが問題です。 単位を分にそろえてから減算すれば期待する結果が得られます。 from datetime import datetime as dt t1 = dt.strptime('1216', '%H%M') t2 = dt.strptime('1130', '%H%M') d = (t1.hour*60+t1.minute) - (t2.hour*60+t2.minute)


1

JuliaのSparseArrays - rowvalと同等で、Pythonの相当する物は、scipy.sparse.csc_matrix - indicesでしょう。 その上で、JuliaとPythonのインデックス値に関する言語仕様の違いにより、それぞれの言語に従った普通の処理のままでは取得出来るのは同じ数値(のリスト)になり得ないと考えられます。 Julia インデックス値 = 1から始まる スライス範囲指定= 開始位置:終了位置 Python インデックス値 = 0から始まる スライス範囲指定= 開始位置:終了位置+1 質問の最初にあるJuliaの以下の行は: Au = A.rowval[A.colptr[u]:A.colptr[u+1]-1] uの値の考え方がJuliaのまま1オリジンであるならば、...


1

参考までに別解を挙げておきます。論理値(True/False)を整数値に変換(cast)して、それをリストのインデックスとしています。 tp = [] # 真陽性 fp = [] # 偽陽性 tn = [] # 真陰性 fn = [] # 偽陰性 theta = 0.8 # 閾値 lst = [fp, fn, tp, tn] [ lst[int(i in cancer_id)*2+int(data[i]<theta)].append(i) for i in range(len(data)) ] print(len(tp), len(fp), len(tn), len(fn)) => 4 5 4 12


0

おそらくやりたいのは以下のようなことだと思われます。 元の処理ではcancer_idをforループで回すという処理が間違っているのではないでしょうか? あと真陽性/偽陽性/真陰性/偽陰性の判定もおかしな感じだったので修正してみました。 陽性患者リストに含まれるか否かが陽性/陰性を決め、その分類と計測データ範囲が合っているか否かで真/偽が決まるのでは? data = [0.0049, 0.2351, 0.8173, 0.9115, 0.8093, 0.1836, 0.2198, 0.9955, 0.3846, 0.1468, 0.9478, 0.92, 0.9127, 0.3558, 0.8828, 0.9998, 0.5782, 0.5649, 0.4276, 0.1114, 0.6143, 0.7477, 0....


0

質問のプログラムは、以下のような構造になっています。 for i in data: // dataリストの長さは25なので、ループは25回実行される。 count += 1 for id_number in cancer_id: // cancer_idリストの長さは8なので、ループは8回実行される。 // if i >= theta and id_number == count: で始まるif-elseのブロックでは、4つのリスト(tp,fp,tn,fn)の一つに項目が追加される(どのリストに追加されるかは、dataリストとcancer_idリストの内容により決まる) 外側のforループが25回、内側のforループが8回実行されるので、 中に入っているif-...


0

その行のインデントに全角空白が使われています。 半角空白に修正してください。 コメント対応: そう言えば、エラーの行の直前の空白行が半角空白3桁になっていて、他の行と違っているようですが、それは影響あるでしょうか?試しに揃えてみてください。


0

下記のサンプルコードでお望みの操作を達成できるでしょうか。 配列をランダムに並べ替えた後に先頭から任意個のペアを取得し、配列を+演算子で結合することができます。 別のご質問への @metropolis さんのコメントの方がエレガントに同様の結果を出せるのでサンプルコードに追記しました。 import string import random # 下準備として ["a1", "a2", "a3"] から ["z1", "z2", "z3"] までの配列を作る arr = [] for c in string.ascii_lowercase[:26]: arr.append([f&...


2

bb<bcd、a<bなのでFalseということでしょうか? bb<bcdであるため、Falseになります。a<bは無関係のようです。 順を追って確認してみます。 >>> (1, 2, ('bb', 'a')) > (1, 2, ('bcd', 'b')) False は >>> ('bb', 'a') > ('bcd', 'b') False に起因するようです。試しに'a'と'b'を入れ替えてみると >>> ('bb', 'b') > ('bcd', 'a') False こちらもFalseになります。 このことから、式の評価がFalseになるのはbb<bcdであるためと思われます。 https://...


1

'PHP' < 'Perl' < 'Python' という式は 'PHP' < 'Perl' and 'Perl' < 'Python' に置き換えられます。 6. 式 (expression) — Python 3.9.1 ドキュメント 両方 True ですので結果も True となります。 タプルの比較ですが、まず 1, 2 と順番に比較していきますこの時実は内部では同じ値はすっ飛ばしています。そして次がタプルなのでタプルの中に入ります。またタプルを見ていきます。bb > bcd は False ではじめてでてきた結果ですね。これがそのまま結果となります。後ろのことは関係ありません。このようにタプルの比較では暗黙のうちに同値比較が行われています。そして「比較」...


0

まず適当な行列 a = np.array([[m*3 + n for n in range(3)] for m in range(20)]) があった時 b = a[np.random.choice(a.shape[0], 8, replace=False), :] でいけます。a.shape[0] で a の行サイズを取り出し np.random.choice でインデックスの乱数を作ります。replace=False が重複なしにするオプションです。これで a[n,:] という形で行を取り出すことが出来ます。


1

こちらの記事を応用してStringIOにDataFrameをto_csv()すれば出来ると思われます。 Writing A Pandas DataFrame To A Disk File Or A Buffer Example - To write a pandas DataFrame into a text buffer: This Python example passes an instance of a text stream like StringIO() to write the DataFrame as a CSV into the in-memory text buffer. from io import StringIO textStream = StringIO(); y3....


0

同じ形に戻すのであれば、処理前に numpy.ndarray.shape で次元・要素数を取得しておいて、numpy.reshapeの時にそれを指定すれば良いのでは? orgshape = da_all.shape #### shapeを取得して記録 da_all1=np.ravel(da_all)[None,:].T sc = StandardScaler() data_del_stand = sc.fit_transform(da_all1) data = scaler.transform(data_del_stand) data = data.T.reshape(orgshape) #### reshape時に指定


0

おかしな点としては、以下で pred = torch.mean(predicted, feed_dict={x: np.array([tmp])}) predictedを引数で渡しているけど、predictedは貰ったソースコード上定義されて無さそう


上位 50 件の最近の回答が含まれています