次のタグが付いている新しい回答:

2

anyを使ったらこんな感じですね. >>> any(i == 5 for i in range(10)) True >>> any(i == 11 for i in range(10)) False


0

git status はリポジトリの「状態」を確認するコマンドです。ファイルをステージング状態にするにはメッセージにも出ている通り git add FILENAME を実行してください。


0

ややこしいのですが、DELIMITER はクエリではなくて mysql クライアントのコマンドなのです。 mysql コマンドが ; をクエリの区切りと認識してしまうため、それを別の文字列に置き換えるのが DELIMITER です。 なので、DELIMITER を書かずに、そのまま CREATE FUNCTION echo(n int) RETURNS int BEGIN RETURN n; END とだけ書けばいいと思います。


0

browser.get('about:config') sleep (3) browser.find_element_by_id('warningButton').click() browser.find_element_by_id('about-config-search').send_keys('javascript.enabled') sleep (3) browser.find_element_by_class_name('button-toggle').click()


0

Herokuで当てはまるかどうか分かりませんが、以下のいくつかの記事を見ると、 opencv-pythonとopencv-contrib-pythonの両方をインストールしてはいけない。 どちらか片方のみをインストールすること、そしてfaceを使うならopencv-contrib-pythonらしいです。 ただし未承認ですが、逆に両方インストールで解決したという回答もあります。 AttributeError: module 'cv2.cv2' has no attribute 'faces' in OpenCV 承認マーク付き回答 Try update OpenCV with pip install opencv-contrib-python それに付いたコメント It worked in ...


0

自分も質問者様と、全く同じ問題にぶつかりました。 他の回答者様と同じ処理をやってから、最後に source ~/.zshrc を入力すれば、解決できました。 参考になれば幸いです。


0

Layer は AWS 上では /opt/ に配置されるみたいで /opt/python/mysql.ini を指定すれば読めました ただローカルでテスト実行するときに毎回このパスを変更するか 設定ファイルと /opt に配置しないといけなくなるので Layer 内での相対パスで読める方法があったら教えていただきたいです


1

Visual Studio Code用にGoogle検索してMS以外でヒットするのは以下のExtensionくらいでしょうか。 python-snippets 他にsnippetsだけでは無いですがこんな記事も。 10 Visual Studio Code extensions for Python development なお、@nekketsuuu さん回答のように、Marketplaceのページでsnippetsとpythonで絞り込むと、現在66個がヒットします。上記Extensionは関連ランクとしては7番目のようですね。 Search results - python | Visual Studio Code , Visual Studio Marketplace ...


0

以下の記事の様に良くある間違いでしょう。 カレントフォルダとか、Pythonのimport対象フォルダパスのどこか、本物のnumpyがあるよりも先に検索されるフォルダのどこかに、numpy.pyというファイルを作ってしまったのだと思われます。 それがimportされているので、質問のエラーが発生しているのでしょう。 紹介記事の中にもあるように、よく使われそうな名前でファイルを作るのは止めましょう。 Pythonで module 'XXX' has no attribute 'XXX' が出た時の解決方法 PythonでエラーのAttributeError: module ‘xxx’ has no attribute ‘xxx’が起きた場合の対処方法 くだらない理由でAttributeError: ...


2

@Fumu 7 さん回答のように、ソケットやファイル等の資源についてはcloseされるとしても、何かしらの後始末はやっておきたい場合は、root.protocol("WM_DELETE_WINDOW", callback) を使ってイベントハンドラを登録しておくと、それが呼ばれるようです。 ただし.afterで周期的に(多分マルチスレッドでの処理も含んで)何かしている場合は、処理ループの実行中でもそれが呼び出されるので、単純に終了処理destroy()を呼ぶのは不味くて、フラグを立ててループを終了するなど、後始末は工夫しましょう、という回答が以下の記事にあるようです。 How do I handle the window close event in Tkinter? Upvoteは無いですが、...


2

プログラム(プロセス)が終了したら、そこで使われていたソケットなどはcloseされますから、心配いりません。 パケットが届かない可能性があるUDP通信ですから、受信側にも影響ないです。


1

「有名なスニペット」という意味では、VS Code Marketplace で配布されている拡張機能に最初からいくつかスニペットが入っていることがあります。たとえば Microsoft/vscode-python には最初からこのようなスニペットが入っています。Marketplace で検索すると他にもスニペット用の拡張機能が見つかるので、ある意味スニペットが集まっていると言えそうです。


6

処理しないだけで、一応if文内の方にも入る動きをするのがインタプリタ言語なのでしょうか? プログラムの読み込みと実行は別です。 読み込み時点では、Pythonの文法に従って全行を読み込みます。 このとき、文法が間違っているとSyntaxErrorが発生します。 書かれているコードの例では、 print という文字列が何を指すのかを解釈しようとします。そこで、 print が組み込み関数だということをPython内部で理解して、その続きを読み進めようとします。しかし続けて、スペースと '2' が登場しているため、Pythonはこれを解釈するのに失敗し、続きの行を解釈できなくなるため、 SyntaxErrorを発生させて読み込みを中止します。 最後まで文法エラーなく読み込めれば、...


2

複数の問題があります。 data は非正方行列です。固有値は正方行列でないと存在しないものであり、非正方行列に対しては特異値など他の概念を使うことになります。特に numpy.linalg.eig は正方行列に対して使われることが想定されています。 コードを見ると data の相関行列 R の固有ベクトルが data の固有ベクトルであるかのように扱われています。 そもそも固有値がすべて求まっているのであればそれらを対角要素に並べれば対角化の結果になります。


0

自己解決いたしました。 どの操作が解決に至ったものだったのかわかりませんが、おそらく何らかの操作でconda init のコマンドで行われるはずの処理が初期化されてしまってたことが原因でした。conda init を打つことで解消できました。


1

Windowsの場合は環境変数PATHにPythonをインストールしたフォルダが設定されていないからです。 Windows10でPythonがPATHに設定されていない環境のコマンドプロンプトでPythonと入力すると、Microsoft StoreのPython紹介/取得画面が出るので違うのかもしれませんが。 インストーラーのオプションにチェックボックスがありますから、初心者だというならそれを指定してインストールしておけばよいのでは? 3. Windows で Python を使う 「Add Python x.x to PATH」の部分ですね。x.xにはPythonの版数が入ります。 自分で設定したい場合は、こちらを参考に。 環境変数PATHを設定する それと、Anaconda/...


0

ちなみに本当にPythonでやりたい場合は、subprocess.Popen()で、creationflagsパラメータにsubprocess.CREATE_NEW_CONSOLE を指定して実行ですね。 こちらはUnix系の記事 subprocess.Popenからシェルを実行する Windowsバッチの記事(英語の元記事と翻訳と) Python: How can I execute bat file in new cmd window? / Python:新しいcmdウィンドウでbatファイルを実行するにはどうすればいいですか?


2

docs2 = docs + [[d]] 他の回答にあるように、入れ子構造の場合浅いコピーでいいのか、深いコピーが必要なのかという問題がありますが、deepcopy が必要なければこれで十分でしょう。


3

more-itertoolsのwindowedをお探しではありませんか? https://more-itertools.readthedocs.io/en/stable/api.html#more_itertools.windowed import itertools from more_itertools import windowed for a in windowed(itertools.count(), 2): print(a) if a[0]>10: break


0

ちなみに単純に質問通りにdocs=[[A],[B],[C]]としたらエラーになったので、各要素は文字列に変えました。 以下は単純に入力した時のエラー >>> docs=[[A],[B],[C]] Traceback (most recent call last): File "<stdin>", line 1, in <module> NameError: name 'A' is not defined >>> 以下のようにコピーしてappendすれば出来るでしょう。 Pythonで配列や行列の結合 import copy docs = [['A'],['B'],['C']] docs2 = copy.deepcopy(docs) ...


1

以下、「より少ない行数に」という点では list conprehension を使っているので(実質的には) 1 行ではありますが、「実行効率を改善」という点ではあまり…でしょうか。まぁ、参考までにどうぞ(Numpy.array を利用するなどした方が良いのではないかと思います)。 なお、条件に合う要素が見つからない場合には比較元の要素のインデックスを使っています。例えば、findNextLessEqual(L) において、L[3] は 100 ですが、L[4:] においては 100 以下の要素が存在しません。 def findNextLessEqual(L): return [ next( filter( lambda x: x[1] <= v, ...


3

<頂いたコメントから>itertools.tee() を使う方法 頂いたコメントから itertools.tee() を使って以下のように書くことにしました。 ありがとうございました。 import itertools it1, it2 = itertools.tee(it) for a,b in zip(it1, itertools.islice(it2, 1, None)): ...


0

ValueError: invalid number of arguments の原因は、np.power の引数の数が足りてないことです。np.power(a, b) で a の b 乗を示します。2乗であれば np.power(なんとかかんとか, 2) と書けば良いです。 NumPy Array は演算を broadcast するので、今回の計算だと np.power を使わなくても簡単に書くことができます。 np.sum((data1 - data2) ** 2) あるいは ((data1 - data2) ** 2).sum() 上の書き方だと全ての要素について差の二乗をとって和を計算します。 もし t の軸について同じインデックスのもの同士それぞれ和を計算したいということであれば、np....


0

このコードの中でresultの変数を定義をし忘れている個所あるいは変数のミスを教えてください 最後の行の CALCULATOR(result) このときの 引数 result が未定義です。


0

DataFrame.groupby メソッドで集約した後、grouper.group_info を使ってナンバリングします。 前提条件は、対象のデータフレームが ID でソート、同じ ID 内では「日」でソート、同じ ID, 「日」 では「店舗」でソート済みになっている事です(ID, 「日」, 「店舗」が同一の行は連続している)。そうでない場合は誤った結果が得られるでしょう。 >>> ids = df.groupby(['ID']).grouper.group_info[0] >>> ids array([0, 0, 1, 1, 1, 2, 2, 2, 2, 3, 3, 3]) >>> comb = df.groupby(['ID', '日', '店舗']...


-1

user36828さんの回答ですでに決着していますが、整数を渡した場合と小数を渡した場合で具体的にどのような違いが出るのか興味が出てきましたので調べてみました。 ケース1 numerical_gradient(f2, np.array([3.0, 4.0])) と ケース2 numerical_gradient(f2, np.array([3, 4])) で、次の計算結果が変わりました。 x[idx] = tmp_val - h ケース1のとき、x[idx]はtmp_valよりhだけ小さい小数になりますが、 ケース2のときはtmp_val - hの計算結果の小数部が切り捨てられた整数がx[idx]に格納されます。 私も少し前「ゼロから作るDeep Learning」...


4

ndarrayは内部に「型」をもちます。 print(np.array([3.0, 4.0]).dtype) # float64 print(np.array([3, 4]).dtype) # int32 今回のような浮動小数点数の計算をしたい場合に、int系の型のndarrayを渡すと、結果がintに丸められてしまいます。 x = np.array([3, 4]) x[0] += 0.1 print(x) # [3 4] 次のようにすれば、[3.0,4.0]と同じ結果を得るはずです: numerical_gradient(f2, np.array([3, 4]).astype(np.float)) 参考: https://docs.scipy.org/doc/numpy/reference/...


0

私の手元でそのコードを実行してみましたが、エラーにはなりませんでした。 エラーがでたファイルが<pyshell#114> とのことですが、後から def rot(...) メソッドを追加して、orangeのインスタンスを作り直していない、ということはないでしょうか? orange.py 等のファイルにコードを書いて実行してみてください。


0

単純に、def __init__(self, w, c):とdef rot(self, days, temp):の間の空行が、改行コードだけだからでしょう。 ここには4桁の空白文字を入れてから改行する必要があります。 4桁の空白文字の無い改行だと、class Orange:の定義がそこで終わってしまったものとみなされて、class Orange:とdef rot(self, days, temp):は無関係な状態になります。 だいたい、質問のエラー以前にも、以下の様なエラーが発生しているはずなんですが。 IDLEでファイルを実行するのと、インタプリタに直接コードを入力するのとでは違うのでしょうかね。 以下は素のPythonを起動して入力した結果です。 >>> class Orange: ....


0

こちらのページでも同様にクエリパラメータを使えるのでしょうか? 「もっと見る」をクリックした直後に Firefox のウェブコンソールで覗いてみると、以下の様になっていました。 クエリパラメータとしては page と limit を指定する事になるのでしょう。random というパラメータが文字通りランダムな数値でよいのかどうかは不明ですが、適当に設定して HTTP GET を行うと JSON形式のデータが返ってきます。ただ、response データが addReleaseList( JSON format data ) という構造になっているので、以下の様にして取り出します(コマンドラインでの実行例)。 ## page=1, limit=20: 先頭20件のデータ $ curl -s 'https://...


0

Windows7, memory:16G, CPU:Intel Xeon 2.27GHz ですが、VScodeの実行はJupyterに比べて遅すぎます。 支障が出るほどとにかく遅いので、jupyterのほうがよいです。 インタプリタはどちらもAnaconda3です。


2

「自分の IP アドレス」を知りたいようですが、そもそも論として - 1つの LAN ポートには複数の IP アドレスを振ることができる - 1つの PC には複数の LAN ポートを設置できる - loopback アドレスも自分の IP アドレスである あたりから gethostbyname(gethostname()) の結果をもって自分の IP アドレスと呼ぶのは考慮が足らなさ過ぎて役に立たない可能性が高いです。誰かがオイラにこのような仕様を出してきたら、要求分析からやり直しと突っ返します。 XY 問題に陥っていませんか? gethostbyname() はホスト名から IP アドレスに変換する機能ですが、原則 ほかのマシンの ホスト名を与えて IP アドレスを得るのに使います。 mailx....


1

スライスは元のdataとは別の新しいインスタンスになります。 sort()は新しいインスタンスに作用するため、dataそのものは何も変わりません。


2

スライス結果のコピーをソートしているからです。 書かれているコード data[1:8:2].sort() print(data) これは以下と同義です a = data[1:8:2] a.sort() print(data) data[1:8:2] はスライス結果を返しますが、 data そのものは変更しません。


0

残念ながら、私の環境では『新たに2次元のプロット図が作成されてしまう』現象は再現されませんでした。 が、とりあえず現状 "文字列" として扱われているデータを "数値"して扱うことで真っ当なグラフが表示されることは確認できました。 データを数値として扱うには、データフレーム作成部の data = pd.DataFrame(data=list1, index=index1, columns=columns1) に dtypeパラメータを追加して data = pd.DataFrame(data=list1, index=index1, columns=columns1, dtype='float') と書くと良いかと思います。 今回動作がおかしいというグラフの整形部 ax = plt.subplot(...


1

主な処理をこのitertools.product()で出来そうです。 Pythonで複数のリストの直積(デカルト積)を生成するitertools.product itertools.product - return list instead of tuple 入出力はcsvなんで面倒ですが。それとこの辺のリスト処理を使って。 5.1. リスト型についてもう少し Python 3 で flatten する方法いろいろ import csv import itertools list1 = [] with open('list1.csv', 'r', newline='') as f: reader = csv.reader(f) for row in reader: ...


1

一時的に「データに共通の値」(以下では key カラム)を作成して、outer join します。 >>> import pandas as pd >>> df1 = pd.read_csv('list1.csv') >>> df2 = pd.read_csv('list2.csv') >>> df1.assign(key=0).merge(df2.assign(key=0), how='outer').\ drop(columns='key').to_csv('new_list.csv', index=False) $ cat new_list.csv route_node,X,Y,id,x,y 50775,-7882....


0

この2行を: plt.yticks([1,2,3,4,5], ["1","2","3","4", "5"], color="grey", size=7) plt.ylim(0,5) こちらに変えたら: plt.yticks([3,6,9,12,15], ["1","2","3","4", "5"], color="grey", size=7) plt.ylim(0,15) それらしき図になりましたけど。どうでしょうか? Y軸スケールの範囲指定の問題でしょうか。


0

自己回答です。 @ kunifさまのご教示に従って「Windows で複数バージョンの Python を使う」 https://qiita.com/landwarrior/items/1b5e0f9af5316a025fe0 を拝見しました。 私の Windows10 は 1903 で、確かに windows のフォルダに python.exe が入ってました。 なので取りあえず、私がインストールした Python2.17 をアンインストールし、 環境変数に追加した記述も削除してから、解説の多い Python3.7.5 をインストールしました。 Python3x であれば、「Add Python 3.x to PATH」のオプションがあるのも理由です。 C:\Users\kyoko>py -V ...


1

node = node.next のインデントの高さが elif node.feature.split(",")[0] == u"動詞":文の内部になってしまっているので、ほぼ無限ループに近い形になってしまっているのではないでしょうか。


0

ストップワードを除外したいだけならnode.surface not in stopwordの条件を付ければいいと思います。 from gensim.models.doc2vec import Doc2Vec from gensim.models.doc2vec import TaggedDocument import MeCab import csv mt = MeCab.Tagger() with open("reports.tsv",mode='r',encoding='utf-8') as f: # reports.tsvには一行にID,文章がtab区切りで保存されている reader = csv.reader(f, delimiter="\t") words = [] ...


0

最初のプログラム(tsvファイルを読み込み、mecabを用いて分かち書きし、ストップワードを除外するコード)の下記部分[品詞に関わらず、リスト化している(?)] while node: if len(node.surface) > 0: words.append(node.surface) node = node.next に、二つ目のプログラムの下記部分[名詞、形容詞、動詞に限って、リスト化している(?)] while node: if node.feature.split(",")[0] == u"名詞": keywords.append(node.surface) elif node....


0

わざわざ文字列にしなくても、リストのままその要素を順番に処理することができます。 commands = ['ter len 0', 'show clock', 'show version', 'sh inventory', 'exit'] for command in commands: # ここで command を使う


2

どうしても再帰的にしか処理できないのであれば、for ループをどれだけ速く回せるかという話になりそうです。 となると、Numba の JIT コンパイルや Cython のコンパイルを使って高速化するのがひとつの手段です。以下は Cython のコード例です。 %%cython import numpy as np cimport numpy as np cimport cython cdef np.float64_t f(np.float64_t x): return 3.5 * x * (1 - x) cdef np.ndarray[np.float64_t, ndim=1] generate_by_cython(int n): cdef np.ndarray[np.float64_t, ...


8

違いがある場合の一例としては以下の様なものがあります。 $ python3 Python 3.7.5rc1 (default, Oct 8 2019, 16:47:45) [GCC 9.2.1 20191008] on linux Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information. >>> import os >>> import os.getcwd as getcwd Traceback (most recent call last): File "<stdin>", line 1, in <module> ModuleNotFoundError: ...


2

pep8-ja 1.0 ドキュメントを見ると、 from myclass import MyClass from foo.bar.yourclass import YourClass の書き方で名前の衝突がある場合は、次のように明示的にimportするとの記述がありました。 import myclass import foo.bar.yourclass どのような場合に名前の衝突が起こるのかは私には分かりませんが、仕事でPythonを使う場合は名前の衝突のリスクを避けて、2番目の書き方に統一すると思います。 この質問に回答したときは import torch.nn と from torch import nn の違いの話だと思っていました。 ※ as barを見過ごしていました。   ...


1

levels に空文字列('')をセットした MultiIndex オブジェクトを作成して、df のインデックスにセットします。 >>> midx = pd.MultiIndex( levels = [ list(v) + [''] for v in df.columns.levels ], codes = [ [ y if n == 0 else (len(df.columns.levels[i]) if y == (list(v))[n-1] else y) for n, y in enumerate(list(v)) ] for i, v in enumerate(df.columns.codes) ...


0

ヘッダはcsvで、データはpandasの追記モード指定で、別々に書くという考え方があります。 決め打ちで作るならファイルへの書き出し部分をこちらで: import csv csvfilename = 'foo.csv' with open(csvfilename, 'w', newline='') as f: writer = csv.writer(f) # ヘッダ部を決め打ちで書き出し writer.writerows([['user1','','user2',''],['plan','work','plan','work']]) # データ部のみ追記 df.to_csv(csvfilename, index=False, mode='a', header=False) ...


0

Mac OS Mojave 10.14.6 です。自身も"ゲームを作りながら楽しく学べるPYTHONプログラミング"で同じ問題が出たのですが、 PYTHON 3.7.3 (brew install) pygame 2.0.0.dev1 を指定してインストールしたら 解決しましたよー。


1

辞書型変数やリストのリストを利用するというのがいまいちわからなかったのですが、ようやく理解できました。変数に代入するのではなく、リストに引数を入れいていくという発想が全くありませんでした。下記のように書き直すとプログラム動きました。歓喜! @metropolis 様、有難うございました、コメントが大きなヒントになりました。 Eva= [[],[],[]] Eva[0] = Eva_tour.objects.all() Eva[1] = Eva_som.objects.all() Eva[2] = Eva_aim.objects.all() totalscorelist = [0,0,0] n = 0 for i in Eva: score = 0 for j in i: ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています