次のタグが付いている新しい回答:

0

ありがとうございます。 「ate_range の頻度?を細かくして補間し, そこから求める頻度でリサンプリングする方法」 多分理解できました。解決できたと思います。 1.アップサンプルは、reindex+interpolate(もしくはresample)を利用する。  interpolateで指定した単位より、細かい日時のレコードは線形補間の対象外となるので注意。 2.ダウンサンプルは、asfreqを利用する。  asfreqはあくまで抽出なので、少なくとも等間隔のレコードが含まれている必要がある。 3.時系列のインデックスは、等間隔なインデックスに統一したほうが処理しやすい  ある不揃いな(等間隔ではない)データの、インデックスに合わせるより、日ごと、時間ごとなどの等間隔なインデックスに変換(統一)...


1

質問タイトルに対する答えとしては、おそらく以下のようなことでpandas.read_csvのparsing engineの処理を行うか否かで変わってくると推測されます。 dictからDataFrameを生成した場合 元となる dict あるいはその中の list を作成した時点で、各要素のデータ型が決まっている。 DataFrameを作る際に、特に指定しなければそのデータ型がそのまま(あるいは対応するpandasやnumpyのデータ型で?)使われる。 質問記事の場合、DataFrameのパラメータにしたこの時点で1.1はfloat、--はstringになっているでしょう。 {"x": [1.1, "--"]} なので@metropolisさんの回答とは逆の方向で、...


0

>>> import pandas as pd >>> df2 = pd.read_csv("input.csv") >>> >>> df2.x.apply(type) 0 <class 'str'> 1 <class 'str'> Name: x, dtype: object pandas.read_csv — pandas 1.3.4 documentation dtype : Type name or dict of column -> type, optional Data type for data or columns. E.g. {'a': np.float64,...


1

ありがとうございます。 インデックスのTimestampにミリ秒以下の値が含まれていると、線形補間の対象外となることが分かりました。 上段に期待結果、下段にreindexを利用したときの結果を添付いたします。 reindex便利そうですね。 値なしのSeriesオブジェクトを作成しconcatしたところがスマートではないですね。 使いこなせるようもう少し調べてみます。 ファイル添付できないようなので、参考情報として、以下にin_data.csvの一部を記載いたします。 ,value 2021-02-03 00:00:00+09:00,10000 2021-02-11 04:32:25.945945946+09:00,10330 2021-02-19 09:04:51.891891892+09:00,10660 ...


0

date_range の頻度?を細かくして補間し, そこから求める頻度でリサンプリングする方法 def convert_index(df:pd.DataFrame, target_index:pd.DatetimeIndex=None)-> pd.DataFrame: if target_index is None: target_index = pd.date_range(start=df.index.min().floor('D'), end=df.index.max().ceil('D'), freq='1h') ...


2

難しく考えず、シンプルに 正常終了、異常終了 と表現するのが一般的だと思います。 正常終了 | 用語検索 - ZDNet Japan 正常終了とは、実行したプログラムやジョブ、またはシステムの終了時に、障害が発生することなく、意図したとおりに終了することである。 正常終了に対して、不具合の発生などを原因として通常どおりに終了できないことは、異常終了と呼ばれる。 余談 質問中で例として挙げられている「通る」は『テストを通る (=パスする)』、「走る」はエラー等を考慮せず単にプログラムが『実行される』だと思うので、想定している場面で使うのは不適当です。


0

自分の数学もいまいちが、中心極限定理みればでそちらの計算は賛同! なので p2-p1 = 0.9831... は「平均が65点から69点の範囲にある確率」かなと思う。 中心極限定理 - Wikipedia


1

自分は下記を参考して、 https://stackoverflow.com/questions/34968112/how-to-give-jupyter-cell-standard-input-in-python inputのあとにprintを入れて実行できました。そちらのコードは全然問題なかった。 import random comp = random.randint(0,2) n = int(input("手を選んでください")) print(n) # ここ一旦Cell切り分け


2

a*の変数にはそれぞれの値を, b*の変数には共通の計算式を 与えるなら, こんな風 >>> a1,a2,a3 = 1,2,3 >>> b1,b2,b3 = [n**2 for n in(a1,a2,a3)] 追記 (項目が多い場合など)ひとまとめのセット用いるなら, こんな風にも vals = a1,a2,a3 = 1,2,3 b1,b2,b3 = [n**2 for n in vals]


0

Python 3.8 以降であればセイウチ演算子(walrus operator)を使って以下の様に。 b1, b2, b3 = (a1:=1)**2, (a2:=2)**2, (a3:=3)**2 ※ お勧めはしません


1

リストにすると良いかと思います。 a = [1, 2, 3] b = [i**2 for i in a]


0

SymPy Live で解いてみるとこんな感じですね↓ 文字数が足りない


0

exp(-1/x**2) = exp(-2/x**2) - exp(-3/x**2) 1/x**2 を y と置けば、 exp(-y) = exp(-2y) - exp(-3y) 少し変形すると、 exp(y) + exp(-y) = 1 グラフを描けば、解がないことがわかる。 ただしそれは実数の世界での話で、虚数を持ち込むなら、更に進める。 y=zi と置けば、 exp(zi) + exp(-zi) = 1 オイラーの公式を使って、 cos(z) + isin(z) + cos(-z) + isin(-z) = 1 求めると、 z = ±π/3 + 2πn (n は整数) 元に戻っていって、 y = zi = (±π/3 + 2πn)i 1/x**2 = (±π/3 + 2πn)i ...


0

全て staticmethod なので関数に置き換えて実行してみました(内容は変更していません)。期待通りの結果ですね(new:new.txt のみ出力)。 import xml.etree.ElementTree as ET def existSameFileName(files, name_value): for file in files: if(file.get('file_name') == name_value): return True return False def diffDeleted(prev_files, last_files): for prev_file in prev_files: ...


0

質問のコメント欄で紹介いただいたサイト([Python] インスタンスのプロパティへ動的にアクセスする )を参考に解決できましたので、自己回答させていただきます。 pythonの組み込み関数のgetattr()を使うと、インスタンスのプロパティにアクセスできます。 下記のように多重に使うことで無事に実行できました。 print(getattr(getattr(getattr(model, x), y), z))


0

テストデータがあると確認しやすいかな、と思いまして少し調べてみると以下のサイトにありました。 ダウンロード情報|社会保険診療報酬支払基金 ここから以下のデータをダウンロードしました。   電子レセプトのCSV情報及びレセプト電子データのサンプルデータ   令和2年4月診療分 医科:18件(ZIP:930KB) 中に入っている CSV ファイルを取り出して、ファイル名を RECEIPTC.UKE に変更します。Pandas の read_csv() を使用して読み込みます。 import pandas as pd df = pd.read_csv('RECEIPTC.UKE', 'r', encoding="shift-jis") : ...


0

line変数が文字列型である場合, in 演算は文字列が含まれるかどうかを Boolで返します (Bool: 真偽値, True あるいは False) 参考: https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html#membership-test-operations and 演算子や or 演算子も, (たいていは) Boolを取り扱い, 結果も Boolです 参考: https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html#boolean-operations このため複数の文字列のいずれかが含まれているかどうかは, ジェネレーター式を使って以下のように記述できます id_list = [&...


0

Pythonでのやり方になりますが、他言語でもほぼ同じだと思います。 input = "XXXXXXXXX" #sys.argvなど使うと引数として取れます。 if len(input) != 9: //error message degit = list(input) #3つのIDに分ける gakubu_id = "".join(degit[:4]) year_id = "".join(degit[4:6]) gakka_id = "".join(degit[6:]) 全データがあると思いますので、それをHash_Tableなどに入れておき、それを参照すると良いかと思います。


0

これは Sympyを使わないといけない問題なのでしょうか? ただ単にxについての方程式はどのようにして解けばいいでしょうか? 自分の理解が足りないだけかもしれませんが、 Sympyはそこまで複雑な数式を答えてくれるとは思っていません。 もし回答方法を知りたいのであれば、Stackoverflowの趣旨とは少し違いますが、 少しだけヒントをあげておきます。 両辺にLn(ナチュラルログ)を掛け、数式を2、3回展開するだけで解けると思いますよ。


0

よく問題を理解できていないだけかもしれませんが、 Pythonのany()はTrueかFalseを返すと思います。 (数字の場合は0以外、Booleanの場合はTrueがリストの中に一つでもあればTrueを返します。) ですので、上記されているコードでは、 any(["8847450" or "3625014" or "3625037" or "8831472"] この部分はTrueしか返っておらず、結果として if (("◯◯" in line) and (True in line)): となっており、調べたいことに合致していないと思います。 ですので、もし全ての番号がわかっておられるのであれば、 簡単に ...


0

list_1の値が、list_2にも存在すれば、outputに追加するという形でやってみました。 list_1 = "abcabcabcabc" list_2 = ["b", "a", "a", "c", "b"] output = [] for num in list_1: if num in list_2: list_2.remove(num) output.append(num) print(output)


0

list_1 = "abcabcabcabc" list_2 = ["b", "a", "a", "c", "b"] p = {i: 0 for i in {*list_1}} order = [(i:=list_1.index(x, p[x])+1) and p.update({x: i}) or i for x in list_2] output = [v for _, v in sorted(zip(order, list_2), key=lambda x: x[0])] print(output) # ['a', 'b', 'c', 'a', 'b']


0

コードを変更していなのであれば、おそらくYouTubeの仕様が変更され、それに伴って動作しなくなったと思うのでpytubeライブラリのアップデートをしてみて下さい。 最新の物にしたい場合 $ python -m pip install pytube からだとまだ最新バージョンが適用されていない可能性があるので、GitHubのリポジトリを指定して更新する事をお勧めします。 $ python -m pip install git+https://github.com/pytube/pytube


0

素直に書いてあるロジックどおりの実装をしました。 L = [16, 1, 9, 26, 1] while len(L) > 1: L = [num + L[i+1] for i, num in enumerate(L[:-1])] #末尾の1つ前の要素まで print(L) print(L[0]) 出力結果 [17, 10, 35, 27] [27, 45, 62] [72, 107] [179] 179 内包表記をつかわないとしたらこんな感じです。 L = [16, 1, 9, 26, 1] while len(L) > 1: tempL = [] for i, num in enumerate(L[:-1]): tempL.append(...


0

最終的にlist内が1つになったら終了します。 [16, 1, 9, 26, 1]→[17, 10, 35, 27]→[27, 45, 62]→[72, 107]→[179] # 最終出力結果 179 上記の通りに処理を行う場合は以下。 from functools import reduce lst = [16, 1, 9, 26, 1] result = reduce(lambda s, _: list(map(sum, zip(s, s[1:]))) or s[0], lst, lst) print(result) # 179 補遺 憶測になりますが、これは二項係数を使って解く事が期待されている課題なのではないかと思います。 [a1, a2, a3, a4, a5] => [(a1+a2), ...


0

マイクロソフトのサイトによれば下記の文字が使用禁止とされています https://docs.microsoft.com/en-us/windows/win32/fileio/naming-a-file < (less than) > (greater than) : (colon) " (double quote) / (forward slash) \ (backslash) | (vertical bar or pipe) ? (question mark) * (asterisk) 更にWindowsでは上記に加えて、OSのデフォルト設定言語によりUTF-8との変換の関係で各種文字に関するトラブルが発生します。(詳細は割愛します) 加えて、ブラウザで表示との事で 「...


1

matplotlib.axes.Axes.set_zorder で ax 自体の z_order を変更してみました。 import pandas as pd import matplotlib.pyplot as plt df = pd.DataFrame(data={ 'value':[ 100, 200, 300, 200 ] }, index=[ 10, 20, 30, 40 ]) ax = df.plot() x = [ 100, 200, 300 ] y = [ 20, 25, 30 ] twin_ax = ax.twiny() twin_ax.barh(x, y, color='#00ff00', height=50) # 横棒グラフ ax.set_zorder(2) ax.patch....


1

$variable あるいは {variable} の形式で変数を渡すことが可能です 参考: IPython Shell Assignment file = "book.csv" out = !cat $file print(out.l)


0

ありがとうございます。 index.contains() を利用して抽出することで解決しました。 Pandasのindex系のAPIたくさんあるのですね。 import pandas as pd df = pd.DataFrame( data={ '品名':[ 'りんご', 'バナナ', 'みかん' ] }, index=[ pd.Interval(pd.Timestamp('2021/08/01'), pd.Timestamp('2021/08/10')), pd.Interval(pd.Timestamp('2021/09/01'), pd.Timestamp('2021/09/10')), pd.Interval(pd.Timestamp('...


0

pandas.IntervalIndex.contains()あたりの応用で以下のように出来そうです。 selected = df[df.index.contains('2021/08/05')] 何でpd.Timestamp('2021/08/01 00:01')を使った回答されたか不思議だったのですが、上記方法だと'2021/08/01'の時に検出出来ないからですね。 これはDataFrame作成時の指定方法が関係していると考えられます。 pd.Interval(pd.Timestamp('2021/08/01'), pd.Timestamp('2021/08/10')) 上記の方法で作成すると、closedパラメータが指定されていないためデフォルトのrightになって、...


1

Beautiful Soup Documentation を眺めてみると、Installing a parser という項目があります。 Another alternative is the pure-Python html5lib parser, which parses HTML the way a web browser does. Depending on your setup, you might install html5lib with one of these commands: $ apt-get install python-html5lib $ easy_install html5lib $ pip install html5lib HTML parser を使いたい場合は、こちらの ...


3

改行しないで1行で。 from dateutil.relativedelta import relativedelta


1

sumは組み込み関数 としてすでに存在するので, 少し名前変えます from functools import partial def sum2(a, b): return a+b plus1 = partial(sum2, 1) print(list(map(plus1,[1,2]))) #[2,3] 参考: functools --- 高階関数と呼び出し可能オブジェクトの操作


2

lxml で行けました。あと文字化けについては、response.encoding の指定で直せます。 #res = requests.get('https://himawari.5ch.net/test/read.cgi/livetx/1523962661/') res = requests.get('https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523982845/') res.encoding = res.apparent_encoding soup = BeautifulSoup(res.text, 'lxml') print(soup)


2

それはありえないですね。print(find_id)の結果からNameErrorが発生するはずです。 print(find_id) は、もしかしたらfind_id=...のすぐ下になっていないでしょうか? ids = [] for i in soup.find_all(class_=['text-box']): if 'HOUSE' in i.text: ids += [i.parent.parent.parent.get('id').split('-')[-1]] print(ids[1])


0

どうも numPyの power() 関数は、負や複素数の累乗には対応していないようです。 私も同じことでひっかかってしまい、この質問に達しましたが、いろいろとぐぐっているうちに、英語のページに同様の質問があり、同様の推察がなされていました。 2乗などの時は、おそらくこの問題は発生しないのですが、1.7乗などとすると、対象がマイナスでなくてもエラーになるようです。 私の対策としては、abs() で絶対値をとってしまうことで、多少効率は悪くなりますが対応できました。 z = np.power(abs(x), y) z = abs(x)**y という感じです。


2

Base64 エンコードされているだけです。得られたメッセージボディの文字列をデコードすれば完了です。 簡単な例: import base64 print(base64.b64decode( b'VEVTVOOAgA0KVEVTVOODgeOCseODg+ODiOOBp+OBmeOAgg==' ).decode()) 出力: TEST  TESTチケットです。


2

https://docs.python.org/ja/3/library/collections.abc.html __iter__と__len__をサポートするcollections.abc.Collection でいいと思います。 from collections.abc import Collection def foo(user_ids: Collection[str]): ...


0

記号の削除と dtype を変更します。 # object type の列名を抽出 cols = Miyagi_temp.select_dtypes('O').columns # 数字と負号("-")と "." 以外を削除して dtype を object から float64 へ変更 Miyagi_temp[cols] = ( Miyagi_temp[cols].replace(r'[^\d.-]', '', regex=True).astype('float64')) pd.set_option('display.unicode.east_asian_width', True) print(Miyagi_temp.dtypes) # 年 ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています