次のタグが付いている新しい回答:

0

PermissionErrorがでてるということは, 複数のプロセスを実行しているのですね? その場合は, 「複数のプロセスからの単一ファイルへのログ記録」で以下の手法が紹介されています ネットワーク越しの logging イベントの送受信 別の方法として、 Queue と QueueHandler を使う方法 logging.config に関して logging.config の fileConfigは, 設定ファイルを用意しておけば簡単に設定できるが JSON / YAML などで記述し(loadして) dictConfigしたほうが, 記述が分かりやすく便利に思える 標準の ロギングハンドラー (RotatingFileHandler や TimedRotatingFileHandler 程度)...


0

3.25(10) -> 110.01(2) こんな感じにしたいのなら import math a=float(input('10進数の数字')) b=int(input('変換したい進数')) first_digit='' #tは少数部 fは整数部 sgn = '-' if a < 0 else '' a = math.fabs(a) (t,f) = math.modf(a) i = int(f) result = '' if i != 0 else '0' while i > 0: result += str(i%b) i //= b z = t f_limit = 10 # 適当 while z != 0.0: t = str(z * b) ...


0

views.TestListView.as_view()の戻り値は関数です。requestを引数にしてこれを呼ぶ必要があります。つまり return views.TestListView.as_view()(request) とすればいいでしょう。


2

ヘッドレスChromeの言語設定を英語→日本語にすることで解決しました。 参考: 【Selenium】ヘッドレスChromeの言語設定を英語→日本語にする 以下のオプションを追記 options.add_argument('--lang=ja-JP') ありがとうございました。


2

エラーメッセージにある通り、 AttributeError: 'tuple' object has no attribute 'iloc' tuple は pandas.DataFrame や pandas.Series とは異なる型ですので iloc メソッドを持っていません。記載されているソースコードを見ますと、以下の様にすれば同じ結果になるかと思われます。 message = '' for row in ws["A1:C2"]: for col in row: if col.column_letter == 'C' and col.data_type == 'n': col.value = f'{col.value*100:.1f}%' ...


1

col.number_format や col.style を変更しても内部の数値表現形式には反映されないので、スクリプト内で計算してしまうと良いかと思います。 import openpyxl wb = openpyxl.load_workbook('test.xlsx', data_only=True) ws = wb.worksheets[0] for row in ws["A1:C2"]: values = [] for col in row: if col.column_letter == 'C': col.value = f'{col.value*100:.1f}%' values.append(col.value) print(...


0

x += 1といった累算代入文でxが一度しか評価されないというのはどういう意味ですか? 文字通り x が一度しか評価されないという意味ですが、式 += 1 を意図していると思います。 OOPer さんが示されている内容と本質的に同じですが、代入文との違いが出る例を提示します。 7.2.1. 累算代入文 (augmented assignment statement) augmented_assignment_stmt ::= augtarget augop (expression_list | yield_expression) augtarget ::= identifier | attributeref | subscription | slicing augop ...


0

wolframalphaで k**2-40>0 , k>0 整数 https://ja.wolframalpha.com/input/?i=k**2-40%3E0+%2C+k%3E0+%E6%95%B4%E6%95%B0 結果: k>=7


1

a = '11:15' result = (lambda h,m: int(h)*60 + int(m))(*a.split(':')) print(result) # 675


0

str.split() したものをリスト内包表記で処理するのも何かと面倒そうなので @kunif 氏の回答同様, datetime を使った方法です from datetime import timedelta,datetime timedelta(**dict(zip(('hours', 'minutes', 'seconds'), datetime.strptime('11:15', '%H:%M').timetuple()[3:6])) ).seconds /60 datetime.strptime().timetuple()[3:6] によって, 時, 分, 秒(念の為) の tuple を取り出し timedelta ...


0

lambda を使うというアイデアで: a = '11:15' print((lambda tmp: int(tmp[0]) * 60 + int(tmp[1]))(a.split(':'))) 一応、tmp を lambda 内のローカル変数に閉じ込めただけの形なのですが、グローバルな名前空間は汚さなくて済むということでよければ。


0

split()で文字列として分割するのでは無く、時間/時刻に関する情報として処理する方法も考えられます。 from datetime import * midnight = datetime.strptime('00:00','%H:%M') a = '11:15' result = int((datetime.strptime(a,'%H:%M') - midnight).total_seconds() / 60) print(result)


0

①の回答:sympyで行列式の結果を分数56/5でだす方法を教えて下さい。 from sympy import * def myKoten_LineLine(a,b,c,d,e,f): ans = solve([a*x+b*y+c, d*x+e*y+f], x, y) return ans[x],ans[y] var('a b c d e f x y my_ans') var('a1 b1 c1 a2 b2 c2 a3 b3 c3') my_ans=myKoten_LineLine(a,b,c,d,e,f) x=my_ans[0] y=my_ans[1] x1=x.subs([(a,a2), (b,b2), (c,c2),(d,a3), (e,b3), (f,c3)]) y1=y.subs([(...


0

例えばこのようなデータを考えてみます 横に月が並ぶ 縦(行頭)が ID とする 連続した三ヶ月分の最小値を取り出し, 一定値を超えているかどうか 2月から 4月分までの場合, 4月が該当する月, という判断にします (つまり(どのようなデータであっても) 1月, 2月は件数ゼロ) import pandas as pd import numpy as np # とりあえずランダムな値を実験用に用意 df = pd.DataFrame(np.random.randint(1000, 20000, (4, 12))) df.rename(columns=lambda v: f'{v+1}月', index=lambda v: f'ID_{v:03d}', inplace=True) display(df) #...


0

その後の追記・更新が無いようですが、以下のような記事が参考になるでしょう。 Pandas DataFrame select rows based on values of multiple columns whose names are specified in a list pandasで欠損値NaNを除外(削除)・置換(穴埋め)・抽出 Pythonのrange関数の使い方 iloc - Pandasで要素を抽出する方法(loc,iloc,iat,atの使い方) Pythonの組み込み関数all(), any()の使い方 pandasで行数、列数、全要素数(サイズ)を取得 Pythonのf文字列(フォーマット済み文字列リテラル)の使い方 最初のKINGAKU_Sの列がID 次の列が直近月のデータで、...


0

左辺 x に副作用があるとき「一度だけ評価」が規定されていないと困ったことになります 他言語でよければ c の例 int* p=&array[i]; *p++ += 1; // *p++ = *p++ + 1; に置き換えると「未定義動作」 // 一度だけ評価が無いと p[i] が変わるのか p[i+1] が変わるのか不明 c++ の例 int a, debugcount; int& func() { ++debugcount; return a; } func() += 1; // 同上、一度だけ評価なら debugcount は1増えることが確定


7

「x が一度しか評価されない」については、字句通りにxを1つの識別子として理解するのではなく、累積代入文の左辺に来得る任意のものを表していると解釈した方がわかりやすくなるのではないでしょうか。 i = 0 def inc(): global i i += 1 return i list = [1, 2, 3] list[inc()] += 1 print(list) //->[1, 3, 3] このような例であれば、list[inc()] += 1とlist[inc()] = list[inc()] + 1の違いははっきりとわかるかと思います。


-1

x += 1といった累算代入文でxが一度しか評価されないというのはどういう意味ですか? 私は「代入」も評価に数えていると解釈しました。 x = x + 1の場合 x + 1を計算する --> xを評価(1回目の評価) 結果をxに代入する --> xを評価(2回目の評価) x += 1の場合 xに1を足し込む --> xを評価 しかしながら x += 1 のような累算代入式は、 x = x + 1 のように書き換えてほぼ同様の動作にできますが、厳密に等価にはなりません。累算代入の方では、x は一度しか評価されません。 の「累算代入の方では、x は一度しか評価されません。」は余計な説明だと思います(※)。 「厳密に等価にならない」のは「評価回数の違い」で起こるのではなく、...


1

代入文との比較の話だと思います。 「x = x + 1 の場合は右辺の x と左辺の x の計2回評価するけど、x += 1 では1回だけだから厳密 (内部の処理的) に等価にはなりません。」 程度の意味ではないでしょうか。


0

自己解決しました。mysql.connector.errors.IntegrityErrorをtryに設定すれば良いので、 def like(interger, username): try: cursor.execute( 'INSERT INTO likes (tweetnumber,username,liketime) values("{}","{}","{}")'.format(interger, ...


5

一般論として、プログラミング言語では expression; 式 と statement; 文 とを区別しています。1 + 1は式ですし、以下はif文です。 if x > y: x else: y そして、文に式を含めることはできますが、その逆、式に文を含めることはできません。何を式とし、何を文とするかはプログラミング言語毎に異なります。 その上で、式を構成する要素にoperator; 演算子があります。1 + 1では加算演算子が登場しています。 という前提の元、Pythonにおける演算子は次のように定義されています。 2.5. 演算子 以下のトークンは演算子です: + - * ** / // % @ &...


2

私の知る限り、「演算子 (operator)」という言葉について Python 一般で広く使われている公式の定義は無いはずです。もう少し限定して「Python の字句解析に置ける operator」だったら定義があったりしますが、だからと言って代入の = を演算子と呼んではいけないとまでは言い切れないはずです。Python ドキュメントの用語集 (Glossary) にも "operator" は載っていませんし、言葉の綾かもしれませんが 1 箇所 "assignment operator" と書いてある箇所もあります。 ただし、よくある区別としては、Python の代入は「文 (statement)」であるが「式 (expression)」ではない、という話があります。...


1

行列式の値は分数になっていると思いますよ。代入面積が小数表示なのは、面積の計算式に浮動小数点数が含まれているためです。 それはどこかというと、先頭にある1/2です。これは先に計算されて0.5になってしまいます。 代わりに式の最後に2で割るようにするか、これをRational(1,2)に置き換えるかすればいいでしょう。


1

エラーメッセージに示されているように、文字列と変数の編集指定であるf"ERROR: {exc}"はフォーマット済み文字列リテラルと言って、Python 3.6 からサポートされている仕様です。 お使いの3.5.1ではサポートしていないためSyntaxError: invalid syntaxになっているのでしょう。 Pythonのf文字列(フォーマット済み文字列リテラル)の使い方 Python3.6からf文字列(f-strings、フォーマット文字列、フォーマット済み文字列リテラル)という仕組みが導入され、冗長だった文字列メソッドformat()をより簡単に書けるようになった。 3.5以前のバージョンでは使えないので注意。 フォーマット済み文字列リテラル(f文字列)...


0

I just tested the Sony Spresense board with latest version of Zerynth studio, I couldn't replicate your error as I was able to register and virtualize the device. For troubleshooting, Which version of Zerynth studio and OS are you using? Please check that you have the appropriate software drivers for the board, more information about the drivers are in this ...


0

execの代わりにevalを使うのはいかがでしょう s = """"model.{}.{}.{} = nn.Conv2d(3, 64, kernel_size=(3, 3))".format(x,y,z)""" eval(s) print("model.backbone.body.conv1:", model.backbone.body.conv1) execの場合と同じ結果になりました。 model.backbone.body.conv1: Conv2d(3, 64, kernel_size=(3, 3), stride=(1, 1)) ...


3

ヘルプファイルは EmEditor 自身でダウンロード出来ます。 EmEditor の [ヘルプ]->[設定]を「ローカルヘルプ」にして、 その段階でローカルに無かったら更新のチェックを行えば自動でダウンロードされると思います(確認はしていません)、 そして EmEditor上から Ctrl-F1 でローカルのヘルプファイルを開くことが出来ます。 少なくとも通常のアップデートでヘルプファイルもアップデートする設定にしていれば自動でダウンローダされます。 標準で C:\ProgramData\Emurasoft\EmEditor\Help\emeditor_ja.chm 辺りに本体があるのでこれのショートカットを作るのも良いでしょう。 更にブラウザで見たかったら、適当な場所にディレクトリを掘って > ...


0

英語版における以下のページを参考にしました。 (参考) https://stackoverflow.com/questions/52683842/cvxpy-vector-constraints import cvxpy as cvx import numpy as np def myMax_cvxpy(my_objective,my_constraints): prob = cvx.Problem(cvx.Maximize(my_objective), my_constraints) A = prob.solve() my_ans=np.append(x.value,A) return my_ans def myMin_cvxpy(my_objective,...


2

DEBUGレベルだけをdebug.logにロギングするコード例です。 import logging logger = logging.getLogger('default') formatter = logging.Formatter("%(asctime)s [%(levelname)s] %(message)s") class LevelFilterDEBUG(logging.Filter): def filter(self, record): return record.levelname == 'DEBUG' handler_debug_only = logging.FileHandler('logs/debug.log') ...


2

Python loggingの資料には, 各種の機能の説明やサンプルが載ってます Logging HOWTO Logging クックブック その中の Filterを使用して, LogRecord を調べ, 場合によっては弾くことができます (他にも各種の事例が載ってるので一度目を通しておくとよいでしょう) class LevelFilter(logging.Filter): def filter(self, record): return record.levelname == 'DEBUG' logger.setLevel(logging.DEBUG) fh.setLevel(logging.DEBUG) fh.addFilter(LevelFilter()) logger....


1

コメントに書きましたが、df_from,df_toでは全体が送られるので、ループカウンタを行位置としてdf_from[i],df_to[i]のように指定します。 他の指摘も含めて以下のようにすれば出来るでしょう。 ####でコメントした所を見ておいてください。 from selenium import webdriver import pandas as pd import time df = pd.read_excel("交通費.xls") df.fillna('',inplace=True) #### NaN を消す df_from = df["出発"] df_to = df["到着"] df_cnt = len(df) print(df....


1

関数部分は間違っていませんが、その場合のメインルーチンはこのような形になると思います: x = cvxpy.Variable() y = cvxpy.Variable() my_Ans = myMax_cvxpy(2*x + y , [4*x+y <= 9, x+2*y >= 4,2*x-3*y >= -6]) print("# x,y,Max:", np.round(x.value,3), np.round(y.value,3), np.round(my_Ans, 3)) my_Ans = myMin_cvxpy(2*x + y , [4*x+y <= 9, x+2*y >= 4,2*x-3*y >= -6]) print("# x,y,Max:...


1

problem.solve() を problem.solve(pulp.PULP_CBC_CMD(msg = False)) とすれば、答だけを出力できますが、それ以外のメッセージは Welcome を含めてすべて省略されます。


1

VS Code の launch.json で引数 (args) を指定する場合 もともと "args"は list構造になっているので, 複数指定することができます "args": [ "--lr-steps", "16", "22" ] (ArgumentParser として引数を文字列で与え 結果を数値で取得する, はずなので あとの数字も文字列として指定します)


3

文字列表現データ(リスト) からデータ構造を復元する場合 よく使われるのは JSONです。 (すでに evalで解決しているようですが, 手っ取り早く簡単でも危険性をはらんでいるので, 例えば外部サービスに利用するなどは止めたほうが良いでしょう) import json data_string = ''' ["明日","昨日","晴れ"] ''' val = json.loads(data_string)


0

以下の方法で解決しました。ご回答ありがとうございました。 # カラーコード color_dict = { 0:"#adffad",1:"#adffff", 2:"#ffffad",3:"#d6adff", 4:"#ffd6ad",5:"#bfc0c1" } # パターン pattern1 = ['A','B','C','','E',''] pattern2 = ['AA','BB','CC','DD','EE','FF'] # パターン分の箱 value,n1 = [''] * len(pattern1),[''] * len(pattern1) text,n2 = [...


0

dict を ',' で連結するデータ構造はありませんが データ構造の中に組み込むことは可能です payload = { "attachments": [{ "fields" : "TEST", "color" : "#adffad", }, *data ], } print(payload) 参考 https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html?highlight=アンパック


0

styleframeはpandasとopenpyxlのラッパーらしいので、ExcelWriterはpandasを呼んでいると思われます。 styleframe A library that wraps pandas and openpyxl and allows easy styling of dataframes. Docs » Basic Usage Examples Creating ExcelWriter object: ew = StyleFrame.ExcelWriter(r'C:\my_excel.xlsx') sf.to_excel(ew) ew.save() 一応pandasのExcelWriterにはmode=パラメータは有りますが: pandas.ExcelWriter ...


0

https://pypi.org/project/PyInputPlus/ pip install pyinputplus でライブラリをインポートするか、環境パスが通っていない可能性があります。


0

@metropolis さんよりコメントでいただいた for p in callIsPrime(1000): print(int('1' * p) % p) で解決いたしました。


2

※ネタバレ注意:この回答は「どのような素数 p が質問文の条件を満たすのか」についてネタバレを書いてしまっています。もしご自身で解きたい場合はご注意ください。 短い答え:Python であれば、定義にそって for 文で足し上げていくだけでとりあえずは大丈夫です。 以下、長い答えです。 プログラムで検算してみる 素数 p について、n = 1+10+10^2+...+10^(p-1) を p が割り切ることができるのかどうかについて考えてみましょう。試しに手で計算してみます。p = 2 のときは n = 11 であり、割り切れません。p = 3 のときは n = 111 であり、割り切れます。p = 5 のときは n = 11111 であり、割り切れません。p = 7 のときは n = 1111111 であり、...


1

int('1' * p) と書くことで解決いたしました。 コメントくださった方、ありがとうございました。


0

Windows10のdjango 3.1.7上で、末尾のpowershellスクリプトを実行して動作確認したところ、正しくカスタム404が表示されました。 下記の設定にお間違えがないかをご確認ください。 manage.pyと同階層にtemplatesフォルダを作っている settings.pyをDEBUG = Falseに切り替えている (デバッグモードでは強制的に詳細なエラーメッセージが表示されます) ※手順が冗長になるので割愛しましたが、polls.pyを作成してget_object_or_404を呼び出しても設定を間違えなければカスタム404が表示されることを確認しました。 powershellスクリプト: # C:\django にプロジェクトページを新規作成 $django = "C:\...


1

コンテナを使う理由はある状態に出来上がったランタイムを使うということなので、例えばPythonイメージのコンテナを使って構築することで環境に依存せず実行環境を統一することができます。 「Pythonの新しいバージョンが出たらまたイメージを作り直さなければならない」というのはそのとおりで、だからこそ出来上がったイメージは改めて手作業する必要なくすぐに構築できるものなので、そういうためのものだと思います。 コンテナは通常、目的のものを動かすために関係のないものはできるだけ削ぎ落としてあります。そのため別の目的のことをするためには改めてたくさんのものをインストールしなければならなくなります。 なのでちょっと解答とは逸れますが、コンテナ内にpyenvのビルド環境を作って複雑な状態を構築し、...


1

下記の文を書いたところうまく行きました! MAC OSではこのように書く必要があるんですね。 desired_cap={} driver = webdriver.Edge(('/Users/mymac/Downloads/edgedriver_mac64/msedgedriver', capabilities=desired_cap)


上位 50 件の最近の回答が含まれています