次のタグが付いている新しい回答:

1

全角文字の範囲が明確に指定されていないので、一旦全ての全角文字を弾く実装をしてみました。 import re pattern = re.compile(r'[^\x01-\x7E]') list_a = [] list_b = ['a', 'b', 'A', '1', '1'] for elm in list_b: if not re.match(pattern, elm): list_a.append(elm) print(list_a) # => ['a', 'b', '0']


1

現在の状況について コメントの内容から察するに、「Windowsを使っており、Python3を公式サイトなどからダウンロードし、インストールした。左下のWindowsロゴ(いわゆるスタート)をクリックしたところ、「最近追加したもの」の蘭にインストールしたPython関連のファイルが表示された」ということだと推測します。 このため、質問に対する回答は以下のようになります。 Python3はダウンロードできているか はい。


2

こんにちは!OpenAPI Generator core teamの中野です。 下記のように、 tags の指定を追加するのはどうでしょうか? (例としてそれぞれに creatures を追加しています) /pets/{petId}: get: summary: Info for a specific pet operationId: showPetById tags: - pet + - creatures /animals/{animalId}: get: summary: Info for a specific Animal operationId: showAnimalById ...


0

ぱっと見ですが、def __call__(self, x):の行からインデントがずれていることに起因していませんかね。 def __call__(self, x): h0 = F.relu(self.l0(x)) h1 = F.sigmoid(self.l1(h0)) return h5 以下のようにしたら、どうなりますか? def __call__(self, x): h0 = F.relu(self.l0(x)) h1 = F.sigmoid(self.l1(h0)) return h5 AutoEncoderにforward()も__call__()...


3

質問する前にGoogleで検索したり、ドキュメントを読んだりした上で、何が分かって何が分からないのかを記載することをおすすめします。 randrange(len(x) - 1 ) とは random.randrange のドキュメントによると、最大の値が引数、ここでは len(x) - 1 になるようなランダムな整数を返します。 また、 組み込み関数の len(x)は、引数の要素数を返します。 ここで、 del_dict_items という関数では、引数として与えられた dict 型のランダムな要素を削除しようとしているようです。このため、 random_index に要素数-1のランダムな値をインデックスとして代入しているようです。 ...


1

コード全体の意味がよく分からない時は、コードを分割しながら動作を調べることで意味を理解できるかもしれません。 len(x)とは引数xの長さです。 ここで扱うxはリストなので、リストに入っている要素の数を返します。 x = [1, 2] print(len(x)) #2 random.randrange(i)は0からi-1までのランダムな整数を返します。 len(x)-1を指定するとリストの末尾の要素を削除しなくなりますが、ここで末尾を残す意図は質問文から推測できません。(random.randrange(0, len(x) - 1)ならば例外を発生させないことが目的と推測できます) x = [1, 2] i = len(x) #2 print(random.randrange(len(x)) - 1) #...


1

Flaskのビルトインサーバー上で動作させている場合は以下で出来るかと。 if __name__ == "__main__": app.run(host='localhost', port=5555, threaded=True) uWSGIで動作させている場合は、uWSGIの設定ファイル(uwsgi.ini)で"processes"を2以上に設定すると複数プロセスで並列処理が行われます。 [uwsgi] processes = 2


1

関数を定期的に実行し、DateFrameにデータを蓄積するコードの書き方。 特に、1度目実行したのち一定時間後再度実行した際に、またデータフレームが空の状態になってしまっているため、データが蓄積できていません。 色々省略しますが、以下のようなコードで実現できると思います。 import pandas as pd class TestClass: def __init__(self): self.__df = pd.DataFrame([]) def battle_info(self, name): # 省略 return data def selfdeck_list(self, name): ba = ...


2

短い回答 変数 num に格納されているのは整数値ではなく文字列値なので、range を取ることはできずエラーになっています。int() 関数を使って文字列を整数に変換してください。 長い回答 多くのプログラミング言語では「文字列」と「整数」は別物として扱います。たとえば "42" という文字列と 42 という整数は別のデータです。これはコンピュータ内部で文字列と整数の 2 進数としての扱いが異なることや、文字列と整数では掛け算ができるかなどの性質が異なることに由来します。 Python において、input() 関数から返ってくるのは文字列です。しかし range() 関数に渡すべきは整数であり、今回のプログラムではそうなっていないのでエラーが出ています。 TypeError: 'str' ...


0

aとbの設定がよくわかりませんが固定値として回答させてもらいます。またCSVファイルは、aaa.csvとしました。 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt data = np.loadtxt('aaa.csv', delimiter=',',skiprows=1) print("data\n",data) a = 1 b = 2 x1 = data[:,0] x2 = data[:,1] y = data[:,3] print(x1,x2,y) x = a*x1+b*x2 fig = plt.figure() ax = fig....


0

from main を from __main__ にすると、動作すると思います。 また、別の方が書かれているように、errorの内容を示されたほうが、回答が得やすいと思います。 Pythonのエラーは、比較的、わかりやすいと個人的には、思っています。


6

[]はその中に要素を並べてリストを作ることができます。したがって、前者は単一のmap objectからなるリストになります。 一方listはlist()とすれば空のリストを、list(iterable)のようにすればiterable(今回の場合map object)と同じ要素を持つリストを返します。 リスト自体もiterableですので、次の結果を見ると理解しやすいかもしれません。 In [4]: a = [[1,2,3]] In [5]: b = list([1,2,3]) In [6]: a Out[6]: [[1, 2, 3]] # [1,2,3]を要素に持つリスト In [7]: b Out[7]: [1, 2, 3]


2

import math arr = [1., 2., 3.] # 方法1: 愚直にforループを使う result = [] for x in arr: result.append(math.log(x)) # 方法2: リスト内包表記を使う result = [math.log(x) for x in arr] # 方法3: mapする result = map(math.log, arr)


1

外部ファイル入力を想定したワンライナー別解です。 import sys data = [n.strip() for n in sys.stdin.readlines()] print(data) 動作デモ:https://wandbox.org/permlink/pr6r7UrTzkU8rRhj


1

日本語入力の半角モードだとダメでABCならうまくいきました。


0

こんな感じで、基本のライブラリと pandas を使って実現できるでしょう。 import sys import os import pandas as pd # ファイル読み取り&コメント削除(有効なデータの中に'#'は無いものと仮定) lines = [] with open('test.vcf','r') as file: alltext = file.readlines() for line in alltext: str = line.strip().split('#') # 行の前後の空白を削除し、'#'で分割 if str[0]: # コメントでは無い部分だけリスト化 lines....


1

この数字がテキストファイル in.txt に書かれているのであれば、以下のように書けばリスト data に代入されます。 with open('in.txt', 'r') as f: data = [] line = f.readline() # 1行読む while line: data.append(line.rstrip()) # line には改行文字も含まれているので除く # (これだと空白文字も除かれるので注意) line = f.readline() # 次の行を読む


0

先の回答で記載したとおりCounterクラスは辞書型のサブクラスであるため、これを利用して実装可能です。 具体的には、dict.keys()でキーを一覧し、それからdelを行うことで可能でしょう。 また、辞書は順序の概念がないためソートは不可能ですが、これもキーを任意の順序にソートしてアクセスすることで対応可能です。 c_keys = c.keys().sort() for k in c_keys: if k[0] == '#': del c[k] else: print(k, c[k])


0

Ubuntu(=Linux)でのGUI表示にはXサーバという仕組みを利用しているので、GUIを起動するには 「どのディスプレイにウィンドウを表示するか」を環境変数DISPLAYに設定しておく必要があります。 VNCを使用しているので少しややこしいですが、プログラムをUbuntu上で実行してGUIもUbuntu上に表示するなら、環境変数DISPLAYを以下の通り設定してからPythonプログラムを実行してみてください。 $ export DISPLAY=":0.0" 参考: 環境変数:DISPLAY: UNIX/Linuxの部屋


3

collections.Counterをお使いください。 collections --- コンテナデータ型 — Python 3.7.3 ドキュメント これは、要素のキー毎に出現回数をカウントする dict のサブクラスで、まさにそのような用途のために存在するクラスです。 以下のようなコードで動作を確認できるかと存じます。 import sys import os from collections import Counter chars = [] with open('test.vcf','r') as file: lines = file.read().split('\n') for line in lines: a = line.split('\t') ...


1

方法1と方法2には違いがあります。 その違いを端的に示すコードは下記です。 初期化時にnode.next.next = Falseとしている点に注目してください。 # Linked Listのノードクラス class Node: def __init__(self, x): self.val = x self.next = None # 初期化(使いまわしのために関数化) def get_node(): node = Node(1) node.next = Node(2) ### 型安全ではないので、何でも入ります! node.next.next = False return node node = get_node() # ...


0

Pythonの仕様で、 result.to_csv('ディレクトリ名/ファイル名.csv',encoding='shift-jis') ではなく result.to_csv('ディレクトリ名\\ファイル名.csv',encoding='shift-jis')` ですね。よくある間違いです。 ここのエスケープシーケンスというところに書かれているものが参考になると思います。


1

結論、user10685さんに記載いただいた内容を参考にして、groupbyを意識したことにより、以下のtipsで解決いたしました。 Shuffle a pandas dataframe by groups fixしたコードは以下です。 lis = [2, 3, 1] test_df = pd.DataFrame({"parent-id": [1, 1, 1, 2, 2, 2, 3, 3, 3, 4, 4, 4], "child-id": [1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3]}) groups = [test_df for _, test_df in test_df[(test_df["parent-id"].isin(...


3

私はpython setup.py testを実行可能にする必要がありますか? 必要があるかどうかは、目的によりますが、だれかに手順を伝えたいのであれば、一般的な方法にしておくとよいでしょう。 Pythonパッケージ開発を行っている人にとって最も一般的な方法が python setup.py testだと思います。 他にも、tox.iniがあればtoxでテストするのだと分かります。MakefileはPythonパッケージ開発では一般的ではないかもしれませんが、Makefile自体が一般的なのですぐ気づくと思います。 3つのどの方法でもテストできるように提供する人もいると思います。実際、pytestをsetup.py testで起動するのは簡単に準備できます。 https://docs.pytest.org/...


1

utils_for_test.py はファイル名の先頭にtestが付いていないので、テストコードとして実行されない いいえ。 pytestはデフォルトで、 test_*.py と *_test.py に一致するファイル名どちらもテスト用モジュールとして読み込みます。 https://docs.pytest.org/en/latest/goodpractices.html#test-discovery


4

Sphinxのドキュメントは静的HTMLをホスティング出来るサービスであればどこでもかまいません。 https://sphinx-users.jp/cookbook/hosting/index.html でいくつか紹介しています。 ここに載っていないサービスもいくつもりますが、NetlifyでSphinxをホスティングする方法もあります。 Pythonパッケージのドキュメント、という意味では Read The Docs が一般的です。 Python Packaging User Guide でも、Read The Docsの利用が推奨(紹介)されています。 (Python Packaging User Guide は、Pythonのパッケージ関連をとりまとめているPython Packaging ...


0

applyした段階でDataFrameGroupByオブジェクトではなくDataFrameになり、小グループ単位での操作はできなくなります。ですので lis = [2, 3, 1] #parent-idが1~3までのものが出力対象 test_df = pd.DataFrame({"parent-id": [1, 1, 1, 2, 2, 2, 3, 3, 3, 4, 4, 4], "child-d": [1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3]}) f = lambda x: x[(x["parent-id"].isin(lis))].sample(frac=1, random_state=0) test_df.groupby(["...


1

同様の話題がpipenvのGithubのIssueに上がっていたので翻訳を載せておきます。 Pipenv is not smart enough to provide a better key (it really is not possible), so it just uses a hash to act as placeholder. It can be anything, so you are free to change the key to anything you want (as long as it does not duplicate other keys, of course). https://github.com/pypa/pipenv/issues/1744#...


3

標準で付属するtokenizeモジュールはいかがですか? https://docs.python.org/ja/3/library/tokenize.html


4

再帰ありの場合のアルゴリズム fibrecursive(n) の時間計算量が O( ((1 + sqrt(5)) / 2)ⁿ ) というのは正しいです。このアルゴリズムだと O(n) にはなりません。たとえば実際に n を大きくしながらプログラムの実行時間を測れば、O(n) じゃなさそうな結果が出ることでしょう。 質問者さんの間違えていそうな点として、まずはどういう計算に対して「時間 1」を割り振っていると仮定しているのかを確認してください。考えるべき行は return 1 の行ではなく if n == 0 の行ではありませんか? 更に fib(n-1) + fib(n-2) の部分の計算量を n-2 と書かれている部分は大きな誤解をなさっていそうなのでよく考えてみてください(すいません、...


0

下記のエラーメッセージに注目すると、gccがインストールされていないのが原因だと思われます。 x86_64-linux-gnu-gcc -pthread -DNDEBUG -g -fwrapv -O2 -Wall -g -fstack-protector-strong -Wformat -Werror=format-security -Wdate-time -D_FORTIFY_SOURCE=2 -fPIC -Dversion_info=(1,4,2,'post',1) -D__version__=1.4.2.post1 -I/usr/include/mysql -I/home/user/PycharmProjects/ygo/venv/include -I/usr/include/python3.6m -c ...


3

あなたの現在のコードでは、せっかくAPIで取得したレスポンスをr.json()でデコードしてpythonのList, Dictionaryに変換したもの(data)をdumpで文字列に変更してしまっています。 つまりこんなことをやっているのと同じことです。 jsonText = '''\ [ { "type": "challenge", "battleTime": "20190509T081821.000Z" ... ''' print(jsonText[0]["type"]) jsonText[0]が最初の1文字'['を文字列として返しますので、その文字列に対して["type"]と言うインデックスを参照しようとしているので、TypeError: ...


1

コマンドプロンプトからpip installとガチャガチャやっていたら、pipをアップグレードしてくれと注意が来たので、アップグレードし、jupyterで同様に import matplotlib.pylab as plt import numpy as np x = np.array([1,2,3,4,5,6]) y = np.array([6.246, 26.0417, 97.0874, 340.909, 1166.67, 3870.97]) plt.plot(x,y) plt.savefig("test.eps") と行ったところ、epsファイルが生成されました。 どうやら最新のバージョンにする必要があったみたいです。解決しました。


2

それは著者が作成したモジュールで、書籍のサイトからダウンロードするものじゃないですか? http://resources.codingthematrix.com/ を見るとplotting.pyほかいくつかのファイルがあります。


0

Pythonでplotというと、pyplotモジュールのplot関数が有名です。(インストール方法などは、【Python入門】plot関数でグラフを作成してみよう! などの記事を参照してください) S ={2+2j,3+2j,1.75+1j,2+1j,2.25+1j,2.5+1j,2.75+1j,3+1j,3.25+1j} Pythonで {}はディクショナリを表すのに使われます。上記のコードは、Sに複素数のリストを代入するものだと思われますので S =[2+2j,3+2j,1.75+1j,2+1j,2.25+1j,2.5+1j,2.75+1j,3+1j,3.25+1j] ではないでしょうか? ( {}ではなく、[]を使っています) 複素数のリストですので、x軸を実数部、...


1

あなたの環境に欠けているものはC言語ベースのyamlライブラリです。 PyPI上のPyYAML 3.12パッケージ(https://pypi.org/project/PyYAML/3.12/#files)にこの拡張子があります。 これはおそらくAnacondaを使用することによって引き起こされる問題です。これはPyPIや pipベースのインストールと完全な互換性がないためにしばしば問題を引き起こします。 通常のPythonのインストールを試してみて、Optunaをvirtualenvにインストールしてください。Anacondaは使わないでください。 (Apologies for the use of Google Translate, I studied Japanese for 2 years back ...


1

この使い方だとしたら、自分が alias を設定するのであるならば、クエリパラメータたちであるならば、 Param = Dict[str, Any] とすると思います。 get_hoge が実際に何をプログラム上表しているのかわからないので、それについては何とも言えないですが、たとえば Param, Response を Dict[str, Any] として記述したならば、だいたいの問題は解決しませんか?


0

re.searchがうまく動かなかったので、以下の通り、ディレクトリ内の画像のサイズを取得する際に書いたコードに追加をしたところ、上手くいきました。お騒がせ致しました。 import glob import os import cv2 import sys import shutil # 引数は画像のファイルパス # 画像を読み込み、解像度情報を返す関数 def get_resolution(filepath): img = cv2.imread(filepath) # 画像ファイルの読み込みに失敗したらエラー終了 if img is None: print("Failed to load image file.") sys.exit(1) ...


0

テキストだけで良いのであれば、以下で出来るでしょう。 from bs4 import BeautifulSoup import requests r = requests.get("********************") soup = BeautifulSoup(r.content, "html.parser") wordclass = soup.find_all("div", class_ = "word") wordlist = [x.text for x in wordclass] print(wordlist)


3

1案ですが、numpy.einsumを使って以下のようにするのはどうでしょうか。 計算結果の形式がarrayのlistではなく、多次元のarrayにはなりますが。 (以下のコードのnew_dat0は元のコードのdat0をnp.array()で型変換したものと等しいはずです)。 def main(): start = t.time() x = np.array(xyz[:, :, 0]) y = np.array(xyz[:, :, 1]) z = np.array(xyz[:, :, 2]) cvec = vec[:, :] p0 = np.array([x.T, y.T, z.T]) p0 = [p0[:, i, :] for i in ...


3

私も勉強中ですが、以下のようなことだと思います。 「編集可能なパス」ではなく、「指定されたパス」にあるファイル/パッケージは「編集される可能性があるものとして扱う」の方が相応しいのだと思われます。 「パス」は「開発しようとしているパッケージのルートフォルダ」だったり、「GitHub等のリポジトリ」だったりするでしょう。 pipenvのバージョン管理システムについての但し書き等を参照 「パス」自身も編集はできると思われます。 「現在の作業ディレクトリを指すのに便利な」ときは、「開発を始めるとき」とか、「パッケージとしてまとめる作業を始めるとき」と思われます。 以下に「pipenv は pip + virtualenvの統合」という記事があり、後に紹介している pip の情報が、pipenv ...


3

目的の値を超えてもいい回数をlife回とすると、life == 1 の時 O(N) ですが、life > 1の時 O(N) より速く解けます 例えば life == 2 の場合 最初に目的の値を超えるまで、sqrt(N) 間隔で調べていき、目的の値を超えたら、最後に超えなかったところから 1 ずつ調べていきます この時、最初に超えるまでの比較が、O(N / sqrt(N)) ステップかかり、その後のステップが O(sqrt(N)) かかるので全体として O(sqrt(N)) で解けます これを一般化すると、 life == n (n > 1) の場合 最初に目的の値を超えるまで、step 間隔で調べていき、超えたら、最後に超えなかったから超えたところまでの区間を life <- n - 1 ...


0

Qiitaの matplotlibで3次元プロットする際に3軸のスケールを揃える の記事が参考にしてはどうでしょう。


0

global関数で1つ変数を作り、そこで判定するようにしました。


1

上記 champon さんからのコメントをもとに解決できたのでそのコードを記載します    self.webElementClickOverlay(buttonInfo)     time.sleep(3)     options=self.driver.find_elements_by_class_name("exportSelectPopup")     contents = options[pullDownPosition].find_elements_by_tag_name('content')     [i.click() for i in contents if i.text == target] pullDownPosition ...


1

typoです。 GET側のフォームにおいて、 method が mathod になっているため、常にGETで送信されています。修正したら正しく動きました。


0

おそらく難しいと思われます。 該当のエラーが発生した行は以下の内容になっていて、フォルダ名に相当する部分まで明示的に指定されているようです。 File "site-packages\wx\__init__.py", line 17, in <module> 17行目はこれです。 from wx.core import * 他の __init__.py のわずかな行数でも、色々とフォルダが固定で指定されている感じがします。 # Name: wx/__init__.py import wx.__version__ __version__ = wx.__version__.VERSION_STRING File "site-packages\wx\core.py", line ...


-2

ApiClientクラスのユーザが、リトライ用の関数を変更できるようにしたいです。 クラスの利用者が随時処理を描き借るのなら、抽象クラスの利用。デフォルトを定義して必要に応じて書き換えるならば、クラスの継承で表現できませんか? 聞きたいことと乖離していたらすいません。 from abc import * class AbstractBase: def confirmmthod01(self): self.abmethod() @abstractmethod def abmethod(self): raise NotImplementedError class ConcClass(AbstractBase): def abmethod(...


1

Anacondaはインストールされてますか? もしされているようでしたら,もしかしたらAnacondaのパッケージの方に pyperclip がインストールされているのかもしれませんね. Pycharm で interpreter の設定がデフォルトのままでしたら Anaconda ではなくPCにデフォルトで入っていたPythonが使われていると思うので,そこを変更すれば治るかと思います.要するに,PycharmとAnacondaを連携させてやればできます.やり方を以下に説明します. File -> Setting -> Project:*** -> Project Interpreter ここまで開いていただいて,右上のほうの歯車マークからAddを選択します. Base ...


1

@metropolis さんのコメントが役に立ちました。 後から気がついたのですが、コロン(:)の直前にバックスラッシュ( \ )を置くと(python ext\://sys.stdout)、ext://sys.stdout として認識してくれる様です コロンはsite:youtube.comのようにサイト検索で使われるので、エスケープが必要なんですかね。 https://support.google.com/websearch/answer/2466433?hl=en


上位 50 件の最近の回答が含まれています