次のタグが付いている話題の回答:

8

違いがある場合の一例としては以下の様なものがあります。 $ python3 Python 3.7.5rc1 (default, Oct 8 2019, 16:47:45) [GCC 9.2.1 20191008] on linux Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information. >>> import os >>> import os.getcwd as getcwd Traceback (most recent call last): File "<stdin>", line 1, in <module> ModuleNotFoundError: ...


8

(Python に限らず) eval では任意のシステムコマンドを実行できてしまうので、Webフォームなどと組み合わせて使ってしまうと、例えば単に「年齢(数字)を入力してください」としていたところに、悪意のあるユーザーは「パスワードファイルの表示」や「ファイルの削除」を試みるコマンド文字列を入力してくるケースが想定されます。 参考: eval #セキュリティ上のリスク (Wikipedia) これを防ぐためには、evalされる文字列はすべてエスケープしたり、潜在的に危険な機能を利用できないようにして実行するなどの対策が必要となる。


7

処理しないだけで、一応if文内の方にも入る動きをするのがインタプリタ言語なのでしょうか? プログラムの読み込みと実行は別です。 読み込み時点では、Pythonの文法に従って全行を読み込みます。 このとき、文法が間違っているとSyntaxErrorが発生します。 書かれているコードの例では、 print という文字列が何を指すのかを解釈しようとします。そこで、 print が組み込み関数だということをPython内部で理解して、その続きを読み進めようとします。しかし続けて、スペースと '2' が登場しているため、Pythonはこれを解釈するのに失敗し、続きの行を解釈できなくなるため、 SyntaxErrorを発生させて読み込みを中止します。 最後まで文法エラーなく読み込めれば、...


7

start_daemon.py は子プロセスを2つ作ったあと終了しようとしていますが、子プロセスを管理する必要があります。 systemd等のサービスマネージャーには、この start_daemon.py のPIDを管理させます。 サービスマネージャーから停止させるときは、 start_daemon.py にTERMシグナルを送信して、 start_daemon.py は signal.signalでTERMシグナルをハンドリングして、TERMシグナルが届いたら、2つの子プロセスのPIDに同様にTERMシグナルを送信して停止させてください。 実際の実装はエラーハンドリングなども含めてもうすこし複雑になると思います。 定期的に処理を実行するライブラリ APScheduler を利用したり、...


7

これは複素数です。a+bj の形をしていて、j が虚数単位です。1.54991569e+03-9.96587885e+03j は実部が 1.54991569e+03、虚部が -9.96587885e+03 の複素数です。 日本の高校数学などで使われる虚数単位は i で書かれていることが多いですが、分野によっては j が使われます。Python では標準で a+bj の形のリテラルが複素数として扱われることになっています。 https://docs.python.org/ja/3/library/stdtypes.html#typesnumeric 数値リテラルに 'j' または 'J' をつけると虚数 (実部がゼロの複素数) を与え、それに整数や浮動小数点数を加えて実部と虚部を持つ複素数を得られます。 ...


6

eval 関数で 任意のコマンドが実行できるからです。 >>> eval("print('hello')", {}) hello >>> eval("__import__('os').system('uname -a')", {}) Linux C077 4.4.0-18362-Microsoft #476-Microsoft Fri Nov 01 16:53:00 PST 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux 0


6

以下は setdefault() を使う方法です。 d = {} for item in (a + b): d.setdefault(item['id'], {}).update(item) c = list(d.values()) print(c) => [{'id': 1, 'add': 'add', 'name': 'aaa'}, {'id': 2, 'name': 'bbb'}, {'id': 3, 'add': 'add', 'name': 'ccc'}]


6

numpy.where()を使うと以下の様になります。 import numpy as np import pandas as pd df = pd.DataFrame( np.array([ [0, 0, 1], [1, 0, 1], [4, 0, 1] ]), index=[0, 1, 4] ) dfn = pd.DataFrame( [(df.columns[p[1]], df.index[p[0]]) for p in zip(*np.where(df == 1))], columns=('x', 'y') ) dfn.index += 1 print(dfn) x y 1 2 0 2 0 1 3 2 1 4 2 4


6

Python 言語リファレンス https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html#boolean-operations の 6.11. ブール演算 (boolean operation) に 式 x and y は、まず x を評価します; x が偽なら x の値を返します; それ以外の場合には、 y の値を評価し、その結果を返します。 と規定されています。


5

string formattingを使えば、クオートを書く回数が減ります。 https://realpython.com/python-string-formatting/ また、複数行にまたがる文字列を書く場合は、トリプルクオートを使うことが可能です。 https://docs.python.org/3/tutorial/introduction.html#strings template = """ i = {INDEX} if i%2==0: if i%3==0: print("{INDEX}") """ test_str = "" for i in range(10): test_str += template.format(INDEX=i) exec(...


5

more-itertoolsのwindowedをお探しではありませんか? https://more-itertools.readthedocs.io/en/stable/api.html#more_itertools.windowed import itertools from more_itertools import windowed for a in windowed(itertools.count(), 2): print(a) if a[0]>10: break


5

編集後のご質問の主文 違う結果が出力される場合はどのようなときなのでしょうか? だけに限っての回答ですが。 ちなみに、上記のお題はAtCoderの「AtCoder Grand Contest 041」のA「Table Tennis Training」です。 といった情報は最初からご質問に含めておいた方が良いでしょう。 出題中にこんな制約があります。 2≤N≤10¹⁸ 1≤A<B≤N 入力中のすべての値は整数である。 この値の範囲を見ると、分かる人なら「ははぁん」と納得して、「どのようなとき」に「違う結果が出力されるか、すぐに例が作れてしまうでしょう。 a = 2 b = 1000000000000000000 ans = (b-a)/2 print(int(ans)) #->...


5

print() の場合は以下のようにします。 print(*(i for i in range(5))) 0 1 2 3 4 print() は渡されたオブジェクトをそのまま表示するのがその機能なので値を表示したければ値を渡さなければなりません。 print(i for i in range(5)) だと (i for i in range(5)) というジェネレータが渡されたことを意味します。 アスタリスクを付けて *(i for i in range(5)) とすると、ジェネレータをアンパックします(評価した値を渡します)。


5

save_recodes()の仕様が「DBにデータを登録する。無視可能なエラーが出たらログに記録する」というものであれば、ログメッセージに必要な情報を堂々と渡せばいいと思います。save_recodes()の仕様を満たすために必要不可欠なわけですから。 この場合はむしろ、ログに求められる要件は何かを整理してみることをお勧めします。 いつでも同じフォーマットで標準エラーにメッセージを書き出すのであれば、今のコードでも特に問題はないと思います。しかし例えば、save_recodes()が他の関数、read_xml()やread_json()から呼ばれ、それぞれメッセージが異なるとか、ログの出力先が変わることがあるとか、そういう要件が考えられるのなら、ログのメカニズムを、ログクラスを作るなり、...


5

スタックトレースはFrameSummary毎に分かれてますので、文字列で処理しようとせずエラーから必要なスタックだけ抜き出して表示すればいいんじゃないかと思います。 #!/usr/bin/env python3 import json from traceback import TracebackException from traceback import StackSummary def sub(): return json.load('{') # わざと例外 def main(): try: sub() except Exception as err: tb = TracebackException.from_exception(err) ...


5

. は自分と同じパッケージを示しています。 Python では import をするとき、相対パスで import をすることもできるようになっています。たとえば「内部的に使っているパッケージを import したい」というときに使うことがあります。 相対パスで import をする際にはそのパスを書かないといけない訳ですが、「自分と同じパッケージにあるものを import したい」という際に from . import ~ という風に書きます。 また、「自分の隣にあるモジュールを import したい」というときに from .tonarinomodule import ~ と書くこともできます。 具体例を見てみましょう。次のようなディレクトリ構造があったとします。 myproject/ ├── ...


5

カラムは string.ascii_uppercase から作成しています。この場合、data1, data2, data3 には含まれていない F も結果に含める事ができます。 from string import ascii_uppercase from collections import Counter import pandas as pd data1 = ["A", "B", "C", "D", "E"] data2 = ["A", "B", "G", "H", "I"] data3 = ["A", "J", "K", "L", "M"] pd.DataFrame( [Counter(x) for x in (data1, data2, data3)], index=['data1', ...


5

ウィクショナリーの「髙」のページ に書いてありますが、まず、正式な意味での Shift_JIS (区切り文字にアンダースコアを使うのが正式名称です)に「髙」の字はありませんので、後者の例が失敗するのは正常です。「髙」の文字の CP932 としてのバイト列は(CP932 の解釈にもよりますが)、"EEE0" と "FBFC" の2通りがあり、どちらも正しいものです。 「髙」の文字は NEC選定IBM拡張文字 というもので、歴史的な事情で同じ CP932 でも IBM と NEC が同じ文字に違うコードを割り当ててしまった文字の1つです(ですから、"CP932" という呼び方は1つのエンコーディング方式を指しておらず、厳密には曖昧です)。Microsoft ...


4

普通、連番のついた変数名を生成するのは避けて、タプルやリストを使います。これらであれば添え字で自然に連番がつきます。 つまり、こうするのではなく、 r1 = "aaa" r2 = "bbb" r3 = "ccc" こうします。 result = ("aaa", "bbb", "ccc") # または result = ["aaa", "bbb", "ccc"] # 各要素には result[0], result[1], result[2] として参照できます # タプルは長さが決まっているので、今回の例ではタプルの方が向いていそうです また、辞書の形にしてもう少し柔軟に名前をつけることもできます。


4

close()を実行したほうが良い時というのはどのような時なのでしょうか? このコードにおいては、意味はありません。 しかし、一般的には、socketなどのファイルディスクリプタは、使い終わったらcloseするべきです。


4

短い答え はい。 長い答え sorted 関数のリファレンスを読んでみましょう。 key には 1 引数関数を指定します。これは iterable の各要素から比較キーを展開するのに使われます (例えば、 key=str.lower のように指定します)。 デフォルト値は None です (要素を直接比較します)。 組み込み関数 — Python 3.8.0 ドキュメント と記載されている通り、 1引数関数である get_age が指定されています。このため、sorted は最初に渡された iterable の各要素を get_age に渡していきます。 そして、 get_age が返す値(ここでは各要素の2番目の値、すなわち 15 、 21 、 23 )を sorted ...


4

ndarrayは内部に「型」をもちます。 print(np.array([3.0, 4.0]).dtype) # float64 print(np.array([3, 4]).dtype) # int32 今回のような浮動小数点数の計算をしたい場合に、int系の型のndarrayを渡すと、結果がintに丸められてしまいます。 x = np.array([3, 4]) x[0] += 0.1 print(x) # [3 4] 次のようにすれば、[3.0,4.0]と同じ結果を得るはずです: numerical_gradient(f2, np.array([3, 4]).astype(np.float)) 参考: https://docs.scipy.org/doc/numpy/reference/...


4

<頂いたコメントから>itertools.tee() を使う方法 頂いたコメントから itertools.tee() を使って以下のように書くことにしました。 ありがとうございました。 import itertools it1, it2 = itertools.tee(it) for a,b in zip(it1, itertools.islice(it2, 1, None)): ...


4

ふたつの勘違いがありそうです。期待する出力を返すコードはおそらくこれです。 def test(): return ['a', 'b', 'c'] print(test()) 勘違いしてらっしゃいそうなのは次のふたつです。 「関数そのもの」と「関数呼び出しの結果返ってきた値」を区別する。test は関数そのもの、test() は関数呼び出しの結果返ってきた値です。<function test at 0x0000025BA905C1E0> というのは関数そのものを print したときに出てくるものです。 関数から値を返すには return を使う。また、Python では関数の中で何もせずそのまま変数に代入すると、その関数の中でだけ有効な変数(ローカル変数)に代入される。 最後に、...


4

公式ドキュメントにTCPでの送信側と受信側のコード例があります。 https://docs.python.org/ja/3/library/socket.html#example


4

ask_utils.is_request_type は関数を返す高階関数ではありませんか? https://python.atelierkobato.com/high/#outline__1_2 return ask_utils.is_request_type("LaunchRequest")(handler_input) は以下を一行で書いたものです。 func = ask_utils.is_request_type("LaunchRequest") return func(handler_input) 定義を確認してみると: https://github.com/alexa/alexa-skills-kit-sdk-for-python/blob/...


4

一般的なCSVフォーマットでは、値に"が含まれる場合、出力されるCSVテキストは aa"b"cc -> "aa""b""cc" こうなります。なので正常に処理されているように見えます。 読み込み側のソフトで"が含まれるデータが想定されているのであれば、そのまま読み込めるはずです。


4

Q. tf に意味がありますか? 私の知る限り、特別な意味は無いです。単に慣習的なものです。その慣習と同じ語法を使ってドキュメントが書かれていても、特に不思議ではないです。TensorFlow の内部コードでも tf や TF といった略称は使われていますし、勘違いと言うのは言い過ぎでしょう。 Q. tf を import したいとき、その完全なパッケージ名を知る方法はありますか? ドキュメントを読んでください。TensorFlow のドキュメントではトップページに pip install tensorflow でインストールできるプロジェクトであると書かれていますし、チュートリアルに import tensorflow as tf と書かれています。 Python 一般の場合 PEP 423 で「...


4

** は- より演算子の優先順位が高いので -100 ** 0.5 は - (100 ** 0.5) と解釈されています。 (-100) ** 0.5 は 複素数 0 + 10j になり、np.float32では複素数を扱わずnanになります。 >>> -100 ** 0.5 -10.0 >>> (-100) ** 0.5 (6.123233995736766e-16+10j) >>> np.float(-100.0) ** 0.5 (6.123233995736766e-16+10j) >>> np.float_(-100.0) ** 0.5 nan >>> np.float32(-100.0) ** 0.5 nan ...


4

回答 なぜこのような違いになるのでしょうか? a=a.upper()において代入前のaはリストlの要素を示していましたが、a.upper()はリストlとは無関係なオブジェクトです。代入によってaはリストlの要素を示さなくなっただけで、リストlは変化しません。 新たにリストを作る必要があるのでしょうか? リストlの要素を置き換えれば、新たなリストは必要ありません。 for i in range(len(l)): l[i] = l[i].upper() コード l=["Mon","tue","Wed","sat"] for i in range(len(l)): l[i] = l[i].upper() print(l) 結果 ['MON', 'TUE', 'WED', ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります