次のタグが付いている話題の回答:

7

「x が一度しか評価されない」については、字句通りにxを1つの識別子として理解するのではなく、累積代入文の左辺に来得る任意のものを表していると解釈した方がわかりやすくなるのではないでしょうか。 i = 0 def inc(): global i i += 1 return i list = [1, 2, 3] list[inc()] += 1 print(list) //->[1, 3, 3] このような例であれば、list[inc()] += 1とlist[inc()] = list[inc()] + 1の違いははっきりとわかるかと思います。


6

Python 言語リファレンス https://docs.python.org/ja/3/reference/expressions.html#boolean-operations の 6.11. ブール演算 (boolean operation) に 式 x and y は、まず x を評価します; x が偽なら x の値を返します; それ以外の場合には、 y の値を評価し、その結果を返します。 と規定されています。


6

一般論として、プログラミング言語では expression; 式 と statement; 文 とを区別しています。1 + 1は式ですし、以下はif文です。 if x > y: x else: y そして、文に式を含めることはできますが、その逆、式に文を含めることはできません。何を式とし、何を文とするかはプログラミング言語毎に異なります。 その上で、式を構成する要素にoperator; 演算子があります。1 + 1では加算演算子が登場しています。 という前提の元、Pythonにおける演算子は次のように定義されています。 2.5. 演算子 以下のトークンは演算子です: + - * ** / // % @ &...


5

以下は setdefault() を使う方法です。 d = {} for item in (a + b): d.setdefault(item['id'], {}).update(item) c = list(d.values()) print(c) => [{'id': 1, 'add': 'add', 'name': 'aaa'}, {'id': 2, 'name': 'bbb'}, {'id': 3, 'add': 'add', 'name': 'ccc'}]


5

numpy.where()を使うと以下の様になります。 import numpy as np import pandas as pd df = pd.DataFrame( np.array([ [0, 0, 1], [1, 0, 1], [4, 0, 1] ]), index=[0, 1, 4] ) dfn = pd.DataFrame( [(df.columns[p[1]], df.index[p[0]]) for p in zip(*np.where(df == 1))], columns=('x', 'y') ) dfn.index += 1 print(dfn) x y 1 2 0 2 0 1 3 2 1 4 2 4


5

ウィクショナリーの「髙」のページ に書いてありますが、まず、正式な意味での Shift_JIS (区切り文字にアンダースコアを使うのが正式名称です)に「髙」の字はありませんので、後者の例が失敗するのは正常です。「髙」の文字の CP932 としてのバイト列は(CP932 の解釈にもよりますが)、"EEE0" と "FBFC" の2通りがあり、どちらも正しいものです。 「髙」の文字は NEC選定IBM拡張文字 というもので、歴史的な事情で同じ CP932 でも IBM と NEC が同じ文字に違うコードを割り当ててしまった文字の1つです(ですから、"CP932" という呼び方は1つのエンコーディング方式を指しておらず、厳密には曖昧です)。Microsoft ...


5

CSS セレクターを打ち間違えています。正しくは #listBook ですが #listbook になっています。 おまけ:思考の流れ 「URL が表示される」ためには、print(url) の行が実行される必要があります。URL が表示されないということは、おそらくこの行が実行されていないのでしょう。 print(url) の行は for 文の中にあります。この行が実行されないということは、for 文の中身が 1 回も繰り返されなかったのでしょう。とりあえず html.cssselect('#listbook > li > a[itemprop="url"]') が怪しいので、これを print してみましょう。 print してみると、html.cssselect('#...


4

もしそのコードをそのまま提出してるのでしたら、単純に最大公約数を出力し忘れてるだけです


4

Python のつくりから言うと、同名のモジュールを通常の import で区別する手段はありません(コメントにあるように importlib を使うことで無理やり何とかできますが)。 ですので、通常は標準パッケージとかぶらないように名前をつけます。他人に使われることを想定したライブラリの場合では、モジュール名のトップレベルに独自の名前を置く(mylib.xxx のように)というのも一般的な慣習です。他人にコードを再利用されないようなアプリケーションでも同様にしているケースをよく見ます。


4

エラーは、「%(env)」だからです。「%(env)s」(後ろに「s」を付ける)にするとエラーがなくなります。 >>> import configparser >>> parser = configparser.ConfigParser() >>> parser.read_string(''' ... [DEFAULT] ... env = development ... ... [s3] ... bucket = serverlogs.%(env)s ... ''') >>> parser['s3']['bucket'] 'serverlogs.development' >>>


4

ちなみに質問時の転記ミスでしょうか、classがKusanagiで他はkusanagiと、Kの大文字小文字が混在しています。 そしてw=wexalでは後ろの()が不足しています。 クラスの継承とメソッドのオーバーライドに関するものですね。 例えばこちらの記事が参考になるでしょう。 【Python入門】クラスの継承、メソッドのオーバーライドとsuper その上で、答えは以下になります。 [A]のself.m()の意味がわかりません 自分のインスタンスのmメソッドを呼び出しています。 [B]はインスタンス化しているということでしょうか? 親クラスのメソッドと同じ名前のメソッドをオーバーライドして定義しています。 wexalクラスインスタンスでmメソッドが実行された場合は、こちらの処理が行われます。 [C]は空の()...


4

これは class の中で値を取得しようとしているために起きている現象なのでしょうか? 違います。単なる関数でも同じです。 それとも根本的に何か考え方が間違っていますでしょうか? 物理的に上に書かれている必要はなく、該当関数呼び出し以前に該当関数が読み込まれていれば問題ありません。 def funcA(): print('funcA') funcB() def funcB(): print('funcB') funcA() は問題ありませんが def funcA(): print('funcA') funcB() funcA() funcA() def funcB(): print('funcB') は funcA() 内で funcB() ...


4

エラーメッセージの通りです。 "docker build" requires exactly 1 argument. dockerともWindowsとも関係なく、コンピューターにおけるプログラムの起動方法としての一般論です。引数は空白などで区切られるため、Path名に空白が含まれていると分割して解釈されます。""で括り、"/Users/name/Desktop/MyDocker"等することで一つの文字列であることをプログラムに明示する必要があります。


4

Pythonのドキュメントに以下のように書いてあり、C言語とかでの基本的な使い方とは違います。 質問のiはループカウンタではなく、range(10)で作られた整数のリストの各要素を順番に取り出したものとなります。 その他の言語で言えばforeachと呼ばれる機能と類似したものと言えるでしょう。 4.2. for 文 Python の for 文は、読者が C 言語や Pascal 言語で使いなれているかもしれない for 文とは少し違います。 (Pascal のように) 常に算術型の数列にわたる反復を行ったり、 (C のように) 繰返しステップと停止条件を両方ともユーザが定義できるようにするのとは違い、Python の for 文は、任意のシーケンス型 (リストまたは文字列) にわたって反復を行います。...


3

答えが10^18と大きくなるので浮動小数点演算を使うと誤差が出ます。


3

直接的にはwords.append(song(numbers[i]))という行が、song(numbers[i])という関数があって呼ばれているように見えるが、そんなものは無いのでエラーになっているということです。 songは文字列なので、それとnumbers[i]との関係が、本当は何をしようと考えていたか? で修正内容が変わってくるでしょう。 コメント対応: 単純には( )を[ ]に変えることで、songから1文字づつwordsに追加する処理に出来ます。 words.append(song[numbers[i]]) しかしそれをすると、今度は4回目に実行されたnumbers.pop(i+1)の行でIndexError: pop index out of rangeになります。 この時iは11で、...


3

型アノテーションだけの行でエラーが起てしまうようだと「型アノテーションだけをする」というのが不可能になるからです。 (追記) PEP526に記載ありました。 https://www.python.org/dev/peps/pep-0526/#global-and-local-variable-annotations Being able to omit the initial value allows for easier typing of variables assigned in conditional branches: sane_world: bool if 2+2 == 4: sane_world = True else: sane_world = False ...


3

pythonのgroupbyと辞書のupdateを使う方法です。 from itertools import groupby a = [{'id': 1, 'add': 'add'}, {'id': 3, 'add': 'add'}] b = [{'id': 1, 'name':'aaa'}, {'id': 2, 'name': 'bbb'}, {'id': 3, 'name': 'ccc'}] ab = a+b ab.sort(key=lambda x: x['id']) c = [] for k, g in groupby(ab, key=lambda x: x['id']): d = dict() for i in g: d.update(i) c.append(...


3

nltkを使って形態素解析しつつ変換する例です。 import nltk sentences = """Kate forgot John's login ID. Her BLUE skirt looks good. """ def replace_if_all_uppercase(word): # もし単語のすべての文字が大文字ならば、すべて小文字に変換 # ただしそれが固有名詞のときは除く if all(map(lambda w: w.isupper(), word[0].split())) and word[1] != "NNP": return word[0].lower() ...


3

ライブラリを使ってよいのであれば、mklnkが使えそうです(Win10で試して、作成できました)。内部的にはpylnk(pypi)を使っているようです。 import mklnk mklnk.create_lnk('C:\\Users\\username\\Desktop\\Downloads.lnk', target='C:\\Users\\username\\Downloads', mode='Normal', args='', description='', icon='', workingDir='',...


3

右辺の計算結果を代入してるだけかと思います。 つまりneed_sizeはbool型になるかと。 pythonのversionが少し古いですが以下実行結果になります。 あくまで返り値のある式である限り代入はできますのでこんなこともできます。 pythonの実行環境が整ってあるようであればシェル上でpythonを実行すれば対話モードで簡単にpythonコードを実行できますので、そちらで検証してくださればと思います! 対話モードとは


3

前回の質問への回答 は読んでいただけましたか? IDLE は Python 向けの IDE なので、特に指定がなくても Python のコードを入力すればハイライトされるのでしょう。 一方、VSCode は Python 以外の言語を記述する際にも使用できるので、新規作成でコードを入力しただけでは、そのコードが何の言語なのか判別できないため、ハイライトされません。 Python のコードとしてハイライトして欲しいなら、いったん FILE.py のように .py の拡張子を付けて保存するか、コマンドパレットを呼び出して "Change Language Mode" から言語を選択してあげる必要があります。 参考: VSCodeで拡張子がついていないファイルでもSyntax ...


3

re.match を re.search に変えると上手く動くと思います。 パターンが \s で始まっていて re.match を使った場合、行が空白で始まる場合だけマッチします。re.search はパターンに当てはまる部分文字列を探します。


3

前回の質問の回答で紹介されている mklnk の README を見ると、対応しているのは Python 2.x のみのようです (Python 3.x は未対応)。 Requires Python 2 (pylnk does not support python 3)


3

文字列の比較が単純な全文一致で良いなら、not inが使えると思います。 status = 'status_invalid' if status not in ['status_1', 'status_2', 'status_3']: print('invalid status')


3

SQLiteには以下のSQLがあるようです(実際に試したわけではありません)。 リンク先は「SQLiteリファレンス」です。 データがあれば更新、無ければ追加するSQL文 on conflict do 句 データがあれば置き換えて、無ければ追加するSQL文 replace into 文 これらの違いが分かっていませんが参考になればと思い回答します


3

SyntaxErrorの行については、class_に入れたい箇所をシングルクォーテーション'で囲めば解消されます。 title = moviedetail.find( 'span', class_='"h2 ng-binding", ng-bind="$ctrl.product.Name"') こちらは正規表現について調べてみることをおすすめします。 しかしながら、そのまま実行しても同じエラーが発生します。このmodal-contentは「もっと見る」をクリックしてから現れるものなので、moviedetailの中にはNoneが入ることになります。 BeautifulSoupは静的な構文解析ライブラリなので、...


3

三項演算子のように記述することでワンライナーを実現できます。 testInt = 2; print("testInt is 2") if testInt == 2 else print("testInt is not 2"); print("finish!")


3

numpy.diagflat を利用します。 ## 行 >>> np.diagflat(a.sum(axis=1)) matrix([[ 8, 0, 0], [ 0, 13, 0], [ 0, 0, 12]]) ## 列 >>> np.diagflat(a.sum(axis=0)) matrix([[13, 0, 0], [ 0, 12, 0], [ 0, 0, 8]])


3

C系(C・C++・C#・Java・PHP・Python等)の開発言語における関係演算子の一種で、「非等価演算子」すなわち「等しくない」を表す演算子になります。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります