次のタグが付いている話題の回答:

12

A, B = B, A は、2 つの変数 A, B の内容を入れ替えています。多重代入などと呼ばれており、「B の値を A に代入」と「A の値を B に代入」を同時に行っていると解釈できます。この代入の前後で A, B の内容を print すると分かりやすいです。 Python 以外の言語だと、2 つの変数の入れ替え操作 (いわゆる swap 操作) は以下のように 3 つ目の一時的な変数を用意して行うのが一般的なことがあります。 tmp = B B = A A = tmp Python ではこれと同様のことを 1 行で書けます。 A, B = B, A より正確には、この代入はタプルへのパックとシーケンスのアンパックで実現されています。つまり、右辺がタプル (B, A) として解釈されたあと、...


12

簡単なお返事 本質的にシグネチャが違うメソッドを定義するからです。 詳細なお返事 シグネチャ メソッドの メソッド名 引数の量とその型の登場する順序 戻り値の型 をあわせた情報をシグネチャといいます。 メソッドのオーバライドとオーバロードはそれぞれ オーバライド: 親クラスの 同一シグネチャなメソッド の実装を変更する形でメソッドを定義するもの オーバロード: 新しく メソッド名は同一だが、異なるシグネチャのメソッド を定義するもの という形で理解する事ができる言葉です。 ただし理由は後述しますがシグネチャには暗黙の第一引数である self (自クラスの型) は含まれません。 シグネチャの意義 シグネチャが変わってしまうと、利用者サイドコードでは そのメソッドに対する使い方(呼び出し方と、...


10

動作の確認 x = AlwaysPositive(-20) この記述によってAlwaysPositiveクラスの__init__メソッドが呼ばれてx.nに-20がセットされるのはわかりますか? 同様に y = AlwaysPositive(10) この記述によってy.nに10がセットされます。 x+y この記述によって、xはAlwaysPositive型であるので、AlwaysPositive型の__add__メソッドが呼び出されます。 otherに対する制約 問題なのはxとyの型にはどのような制約がかかっているかです。y(other)もAlwaysPositive型でなければならないと考えるかもしれませんが実際はy.nを持てば動きます。 class HasN(): def ...


10

まずは中で何が起こっているのか把握するために、print文で覗いてみましょう。 そのまま実行すると1万や10万回print文が実行されるので、number引数(-n, --number)で回数を制限します。 ついでにrepeat引数(-r, --repeat)で試行回数(best of rのrに該当する回数)も減らしておきます。 PS C:\Users\payaneco> python -m timeit -r 1 -n 3 -s "a=map(str, range(1000))" "s=''" "for i in a: s+=i;" "print(len(s))" 2890 0 0 3 loops, best of 1: 211 usec per loop PS C:\Users\payaneco&...


9

loggerを使いましょう。 https://docs.python.org/ja/3/library/logging.html 使い方については、以下に説明があります https://docs.python.org/ja/3/howto/logging.html


9

PEP-8 に記述があります。 This PEP does not make a recommendation for this. Pick a rule and stick to it. When a string contains single or double quote characters, however, use the other one to avoid backslashes in the string. It improves readability. つまり、どちらが良いということはないけど、どちらかを選んでそれを統一的に使いましょう、ということですね。Google Python Style Guide でも同様に書いてあります。


8

"testあ"のUTF-8表現は、74 65 73 74 e3 81 82 (1バイトデータの表記は全部16進、以下同様, python3風に書くとb'\x74\x65\x73\x74\xe3\x81\x82')で、chardetが判定するのは「文字列」ではなく、このバイト列です。 ちなみにこのバイト列をUTF-8, Shift_JIS, EUC-JP, ISO-8859-1, Code Page 437, Windows-1254で解釈すると、以下のようになります。 UTF-8 testあ (まぁ、当たり前) Shift_JIS (不正) EUC-JP (不正) ISO-8859-1 testã (81 82 は制御コードにあたるので見えないが不正ではない) CP437 ...


8

文字列中に変数や式を埋め込むためのもので、「フォーマット済み文字列リテラル(f-strings)」と呼ばれるものです。 Python 3.6 から導入された機能で、str.format() を使うよりも短く記述することがきます。 # 以下は同じ出力が得られます。 # str.format() を使った場合 print('{}?{}{}'.format(base_url, qs, page_num)) # f-string を使った場合 print(f'{base_url}?{qs}{page_num}') 詳しくはリファレンスをご確認ください。 Python 言語リファレンス


8

~/.config/pip/pip.conf (Windowsなら %APPDATA%\pip\pip.ini) ファイルにこのように書いてください。 [install] user = yes 参考: Configuration | pip User Guide


7

if p1c > p2c: が実行される時に def __gt__(self, c2) のメソッドが実行されるのかなとは思いますが(もしかしたら違うのかも) 合っています。 なぜc1は書かれていないのでしょうか? この場合、> 記号の左にある p1c が __gt__ の引数 self になるからです。 ちょっと説明のために、あまり実践では使わない別の書き方を紹介します。 p1c > p2c は、以下のように別の書き方でも同じ動作をします。 p1c.__gt__(p2c) # p1c > p2c と同じ これはp1cの特殊メソッドを普通のメソッドのように呼び出すやりかたです。 言い換えると、 p1c > p2c のようにPythonコードを書いたときに、...


7

set が破壊的なのではなく、ジェネレーターが破壊的なのです。 map()が返すのはリストではなく、ジェネレーターです。 ジェネレーターは一度取り出した中身は失われ、次に取り出すものは前回の続きになります。 このため、 'set(d)' とした時点で、ジェネレーターdの中身がすべて取り出され、次に同じことをしても既にdは空になっています。 d = [int(i) for i in range(5)] こうやって作った場合、dはリストとして作られるため、何度でも中身を取り出せます。 あるいは以下のように、setの結果を変数に代入しておいてもよいでしょう。 d = map(int, [i for i in range(5)]) s = set(d) # ここでdは空になる print(len(s)) ...


6

Python標準のrandomとnumpy.randomは、どちらも擬似乱数を生成するもので、乱数生成器としてメルセンヌツイスタ(Mersenne Twister)を使っています。メルセンヌツイスタは、高速に統計的には問題のない疑似乱数を作成することができます。ただし、線形漸化式によって生成されるため予測可能なので、セキュリティ目的で使用する場合は、secretsモジュールを使用することが推奨されています。 Python ドキュメント 9.6. random --- 擬似乱数を生成する Numpy Doc Random sampling (numpy.random) 標準のrandomもC言語で作成されているため処理速度の方も変わりません。NumpyやPandasのように配列を使う場合は、numpy....


6

静的型付け/動的型付けの分類とメモリ管理手法との間に、強い関係はありません。型をいつ検査するかと、メモリ領域をどのように確保・解放するかは、ある程度独立に決めることができます。たとえば、自動的なメモリ管理の仕組みを備えた静的型付き言語は存在します。 いくつか簡単に具体例を見てみましょう。全てを理解する必要はありません。まずは色々な組み合わせがあることを確認してください。 C 言語は静的型付きであり、malloc 関数や free 関数などを使うことでプログラマが自分でメモリ領域の動的確保・解放を行います。 Go は静的型付きであり、ガベージ・コレクション (GC) によって、使わなくなったメモリ領域が自動的に解放されます。メモリ領域の動的確保については new や make ...


6

x=input() でのエラーについて 予想と反し、実際には Python 2 で実行していることが原因だと思われます。python <ファイル名> で実行するようにしてください。 コマンドプロンプト (cmd.exe) において .py で終わるファイル名のみを打ち込んだ場合、拡張子 .py に関連付けられたアプリケーションによってそのファイルが開かれます。今回の場合、コマンドプロンプトへ単に test_inpStr.py と打ち込んでいるため、関連付けられたアプリケーションによってスクリプトが解釈されています。出ているエラーから判断するに (※1)、おそらく以前どこかのタイミングで .py に Python 2 を関連付けており、Python 2 によってスクリプトが解釈されたのでしょう (※...


6

まず pip の NEWS.rst を見ると、pip 9.0.0 (2016-11-02) において .netrc からクレデンシャル情報を読み取る機能が追加されたと書かれています。これは pip の Issue #3569 で要望され、Pull Request #3715 で実装されています。ただし Pull Request の内容を見るに、このバージョン以前から .netrc を読み取る機構自体は依存ライブラリである requests に存在し、この Pull Request から pip でも使うようになったようです。 用途に関してですが、pip install は URI からインストールすることもできるので、プライベートなリポジトリからインストールする場合にはクレデンシャル情報が必要そうです。...


6

writerオブジェクトを生成しただけで、ファイルに書き込む処理が無いですね。 例外処理などを省略していますが(=ファイルが存在しない場合や半角スペース区切りではない場合を考慮していませんが)、以下のようなコードでいいと思います。 import csv import os os.rename('zepp.csv', 'backup_zepp.csv') with open('backup_zepp.csv') as fin, open('zepp.csv', 'w') as fout: o=csv.writer(fout) for line in fin: o.writerow(line.split())


6

元のTXTファイルにヘッダ行が無く、CSVファイルにもヘッダ行・Index列が共に必要無いと仮定すると、pandasでは import pandas as pd df = pd.read_table('zepp.txt', header=None, delim_whitespace=True) df.to_csv('zepp.csv', index=False, header=False) で良いかと思います


6

画像の読み込み => scipy.misc.imread : RGB (赤緑青) 画像の書き出し => cv2.imwrite : BGR(青緑赤) とモジュールごとに色素空間の扱いが異なることから、opencvがBとRを逆にして画像を保存していることが原因です。 RGBからBGRに画像を変換してから保存すると大丈夫です。 if cat_count == 1: img = cv2.cvtColor(img, cv2.COLOR_RGB2BGR) # RGBからBGRに変換する cv2.imwrite('./Cat/''cat'+str(i)+'.jpg', img) 参考: http://lang.sist.chukyo-u.ac.jp/classes/OpenCV/...


6

ast パッケージを利用する方法もあるかと思います。 pass2tb.py import sys import ast import astunparse class Pass2Traceback(ast.NodeTransformer): trace_stmt = 'import traceback;traceback.print_exc()' def visit_Try(self, node): for h in node.handlers: if len(h.body) == 1 and isinstance(h.body[0], ast.Pass): h.body = ast.parse(self.trace_stmt).body return ...


6

set型、及びfrozenset型はiterableです。以下のコードでTrueを表示するようなオブジェクトはiterableであるといえます。 s = set() try: iterator = iter(s) print(True) except TypeError as e: print(False) iterable について 用語集 — Python 3.7.2 ドキュメント iterについて 組み込み関数 — Python 3.7.2 ドキュメント


6

実行結果は正常です。 print(hoge)のように関数に括弧をつけず実行すると、関数オブジェクトの識別子を表示します。 関数名は特殊属性として、識別子は組み込み関数id()で取得できます。 すなわち "<function {0} at {1}>".format(hoge.__name__, hex(id(hoge))) で質問の表示内容を再現できます。 この機能の何が嬉しいのかというと、関数自体を別の関数や配列に代入できることです。 ともあれ定義済みの関数名をprintするとエラーにならず、関数自体を識別する一意の値が返ります。 括弧を付けないと関数の中身は実行されないのでご注意ください。 def hoge(): return "foo" print(hoge()) #foo ...


6

[]はその中に要素を並べてリストを作ることができます。したがって、前者は単一のmap objectからなるリストになります。 一方listはlist()とすれば空のリストを、list(iterable)のようにすればiterable(今回の場合map object)と同じ要素を持つリストを返します。 リスト自体もiterableですので、次の結果を見ると理解しやすいかもしれません。 In [4]: a = [[1,2,3]] In [5]: b = list([1,2,3]) In [6]: a Out[6]: [[1, 2, 3]] # [1,2,3]を要素に持つリスト In [7]: b Out[7]: [1, 2, 3]


6

python による自動化になりますが、探す文字列が "犬" のように決まっており固定であるならば、 文字列の count メソッドを使用したフィルタリングが高速でよいと思います。 count メソッドを使うと、文字列に含まれる、特定の文字列の数を数えることができます。 (例えば "abracadabra".count("abra") は実行すると 2 となります。) 以下にコードを載せておきます。 def hantei(s, KW, th): return s.count(KW) >= th strings = ["犬はよく泣いています。", "その家の犬は良く吠える犬です。", "その犬はご飯を食べました。"] KW = "犬" th = 2 ...


6

そのelseは、if文に対応するものの「インデント数が違って」いるのではなく、for文に対応するものです。Pythonのfor文(やwhile文などのループ文)はelse節を持つことができ、「breakせずにループが最後まで実行された場合」にelse節が実行されます。 4.4. break and continue Statements, and else Clauses on Loops その観点で、ご掲載のコードの挙動を再度チェックすれば、すぐにその通りの動作になっていることが確かめられると思います。 英語込みで検索すると、「なんでelseなんだ」とか言う議論の方がたくさん見つかりましたが、概ね「慣れれば自然に思える」的に締めくくられているようです。


5

この AttributeError は、メンバ変数かメンバ関数かにかかわらず「w という attribute が存在しない」ことを言っています。つまり「self.w のように参照しようとしたとき、 w が無いので失敗した」というエラーです。 さて、LogisticRegression クラスの __init__() では、w が None でなかったときだけ self.w を宣言しています。 def __init__(self, X, y, alg=0, eta=0.001, w=None): # ... 中略 ... if not (w is None): self.w = np.random.randn(self.n, 1) したがって w が None のときには ...


5

エラーでも何でもなく、mecab-ipadic-neologdの辞書にそう入っていて、mecabのデフォルト出力フォーマットが「辞書に入っている素性は全部出す」だからそう出ているだけです。 http://taku910.github.io/mecab/dic-detail.html 5カラム目以降は, ユーザ定義の CSV フィールドです. 基本的に どんな内容でも CSV の許す限り追加することができます.


5

例えば正規表現を使うとこんな感じでできます。(python3です。) import re def printer(letter): # 本来は何らかの処理 print(letter) sentence = "きょうは19あしたは20" for match in re.findall('[0-9]+|[^0-9]', sentence): printer(match) 結果: き ょ う は 19 あ し た は 20


5

re.sub を使う案です。 import re words_re = re.compile("|".join(re.escape(w) for w in alist)) result = re.sub(words_re, '', words) 削除文字列(alist)の内容によっては replace を繰り返した場合とは違う結果になるので注意して下さい。例えば、 words = "<abc>" alist = ["b", "abc"] だとすると、replace では b の削除のみが起こり結果は <ac>で、正規表現だと先に abc のマッチが始まるので abc が削除され結果は <> になります。


5

chardet.detect() は chardet/__init__.py で定義されています。内部的には以下の処理を行っています。 detector = UniversalDetector() detector.feed(byte_str) return detector.close() ステップ実行してみます。 $ python3 Python 3.6.6 >>> import chardet >>> chardet.__version__ '3.0.4' >>> u = chardet.UniversalDetector() >>> u.feed("testあ".encode("utf-8")) >>> u....


5

rangeを使って1~99の間で循環させる方法 数学的には「99で割った剰余 + 1」で表現できます。 start = 98 num = 5 li = [1 + ((n - 1) % 99) for n in range(start, start + num)] # li == [98, 99, 1, 2, 3]


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります