次のタグが付いている話題の回答:

12

簡単なお返事 本質的にシグネチャが違うメソッドを定義するからです。 詳細なお返事 シグネチャ メソッドの メソッド名 引数の量とその型の登場する順序 戻り値の型 をあわせた情報をシグネチャといいます。 メソッドのオーバライドとオーバロードはそれぞれ オーバライド: 親クラスの 同一シグネチャなメソッド の実装を変更する形でメソッドを定義するもの オーバロード: 新しく メソッド名は同一だが、異なるシグネチャのメソッド を定義するもの という形で理解する事ができる言葉です。 ただし理由は後述しますがシグネチャには暗黙の第一引数である self (自クラスの型) は含まれません。 シグネチャの意義 シグネチャが変わってしまうと、利用者サイドコードでは そのメソッドに対する使い方(呼び出し方と、...


10

動作の確認 x = AlwaysPositive(-20) この記述によってAlwaysPositiveクラスの__init__メソッドが呼ばれてx.nに-20がセットされるのはわかりますか? 同様に y = AlwaysPositive(10) この記述によってy.nに10がセットされます。 x+y この記述によって、xはAlwaysPositive型であるので、AlwaysPositive型の__add__メソッドが呼び出されます。 otherに対する制約 問題なのはxとyの型にはどのような制約がかかっているかです。y(other)もAlwaysPositive型でなければならないと考えるかもしれませんが実際はy.nを持てば動きます。 class HasN(): def ...


10

まずは中で何が起こっているのか把握するために、print文で覗いてみましょう。 そのまま実行すると1万や10万回print文が実行されるので、number引数(-n, --number)で回数を制限します。 ついでにrepeat引数(-r, --repeat)で試行回数(best of rのrに該当する回数)も減らしておきます。 PS C:\Users\payaneco> python -m timeit -r 1 -n 3 -s "a=map(str, range(1000))" "s=''" "for i in a: s+=i;" "print(len(s))" 2890 0 0 3 loops, best of 1: 211 usec per loop PS C:\Users\payaneco&...


9

loggerを使いましょう。 https://docs.python.org/ja/3/library/logging.html 使い方については、以下に説明があります https://docs.python.org/ja/3/howto/logging.html


9

PEP-8 に記述があります。 This PEP does not make a recommendation for this. Pick a rule and stick to it. When a string contains single or double quote characters, however, use the other one to avoid backslashes in the string. It improves readability. つまり、どちらが良いということはないけど、どちらかを選んでそれを統一的に使いましょう、ということですね。Google Python Style Guide でも同様に書いてあります。


8

文字列中に変数や式を埋め込むためのもので、「フォーマット済み文字列リテラル(f-strings)」と呼ばれるものです。 Python 3.6 から導入された機能で、str.format() を使うよりも短く記述することがきます。 # 以下は同じ出力が得られます。 # str.format() を使った場合 print('{}?{}{}'.format(base_url, qs, page_num)) # f-string を使った場合 print(f'{base_url}?{qs}{page_num}') 詳しくはリファレンスをご確認ください。 Python 言語リファレンス


8

~/.config/pip/pip.conf (Windowsなら %APPDATA%\pip\pip.ini) ファイルにこのように書いてください。 [install] user = yes 参考: Configuration | pip User Guide


7

set が破壊的なのではなく、ジェネレーターが破壊的なのです。 map()が返すのはリストではなく、ジェネレーターです。 ジェネレーターは一度取り出した中身は失われ、次に取り出すものは前回の続きになります。 このため、 'set(d)' とした時点で、ジェネレーターdの中身がすべて取り出され、次に同じことをしても既にdは空になっています。 d = [int(i) for i in range(5)] こうやって作った場合、dはリストとして作られるため、何度でも中身を取り出せます。 あるいは以下のように、setの結果を変数に代入しておいてもよいでしょう。 d = map(int, [i for i in range(5)]) s = set(d) # ここでdは空になる print(len(s)) ...


6

画像の読み込み => scipy.misc.imread : RGB (赤緑青) 画像の書き出し => cv2.imwrite : BGR(青緑赤) とモジュールごとに色素空間の扱いが異なることから、opencvがBとRを逆にして画像を保存していることが原因です。 RGBからBGRに画像を変換してから保存すると大丈夫です。 if cat_count == 1: img = cv2.cvtColor(img, cv2.COLOR_RGB2BGR) # RGBからBGRに変換する cv2.imwrite('./Cat/''cat'+str(i)+'.jpg', img) 参考: http://lang.sist.chukyo-u.ac.jp/classes/OpenCV/...


6

ast パッケージを利用する方法もあるかと思います。 pass2tb.py import sys import ast import astunparse class Pass2Traceback(ast.NodeTransformer): trace_stmt = 'import traceback;traceback.print_exc()' def visit_Try(self, node): for h in node.handlers: if len(h.body) == 1 and isinstance(h.body[0], ast.Pass): h.body = ast.parse(self.trace_stmt).body return ...


6

set型、及びfrozenset型はiterableです。以下のコードでTrueを表示するようなオブジェクトはiterableであるといえます。 s = set() try: iterator = iter(s) print(True) except TypeError as e: print(False) iterable について 用語集 — Python 3.7.2 ドキュメント iterについて 組み込み関数 — Python 3.7.2 ドキュメント


6

実行結果は正常です。 print(hoge)のように関数に括弧をつけず実行すると、関数オブジェクトの識別子を表示します。 関数名は特殊属性として、識別子は組み込み関数id()で取得できます。 すなわち "<function {0} at {1}>".format(hoge.__name__, hex(id(hoge))) で質問の表示内容を再現できます。 この機能の何が嬉しいのかというと、関数自体を別の関数や配列に代入できることです。 ともあれ定義済みの関数名をprintするとエラーにならず、関数自体を識別する一意の値が返ります。 括弧を付けないと関数の中身は実行されないのでご注意ください。 def hoge(): return "foo" print(hoge()) #foo ...


6

[]はその中に要素を並べてリストを作ることができます。したがって、前者は単一のmap objectからなるリストになります。 一方listはlist()とすれば空のリストを、list(iterable)のようにすればiterable(今回の場合map object)と同じ要素を持つリストを返します。 リスト自体もiterableですので、次の結果を見ると理解しやすいかもしれません。 In [4]: a = [[1,2,3]] In [5]: b = list([1,2,3]) In [6]: a Out[6]: [[1, 2, 3]] # [1,2,3]を要素に持つリスト In [7]: b Out[7]: [1, 2, 3]


6

python による自動化になりますが、探す文字列が "犬" のように決まっており固定であるならば、 文字列の count メソッドを使用したフィルタリングが高速でよいと思います。 count メソッドを使うと、文字列に含まれる、特定の文字列の数を数えることができます。 (例えば "abracadabra".count("abra") は実行すると 2 となります。) 以下にコードを載せておきます。 def hantei(s, KW, th): return s.count(KW) >= th strings = ["犬はよく泣いています。", "その家の犬は良く吠える犬です。", "その犬はご飯を食べました。"] KW = "犬" th = 2 ...


6

そのelseは、if文に対応するものの「インデント数が違って」いるのではなく、for文に対応するものです。Pythonのfor文(やwhile文などのループ文)はelse節を持つことができ、「breakせずにループが最後まで実行された場合」にelse節が実行されます。 4.4. break and continue Statements, and else Clauses on Loops その観点で、ご掲載のコードの挙動を再度チェックすれば、すぐにその通りの動作になっていることが確かめられると思います。 英語込みで検索すると、「なんでelseなんだ」とか言う議論の方がたくさん見つかりましたが、概ね「慣れれば自然に思える」的に締めくくられているようです。


5

rangeを使って1~99の間で循環させる方法 数学的には「99で割った剰余 + 1」で表現できます。 start = 98 num = 5 li = [1 + ((n - 1) % 99) for n in range(start, start + num)] # li == [98, 99, 1, 2, 3]


5

丸め誤差ですね。このページを読んでみてください。 Python チュートリアル - 15. 浮動小数点演算、その問題と制限


5

関数定義部分で yield が使われている関数はジェネレータとして扱われるため、通常の関数とは return の意味合いが変わります。たとえば次のプログラムが小さい動作例になります。 def f(b): if b: yield "x" yield "y" yield "z" else: return "abc" if __name__ == '__main__': print(f(False)) # 文字列ではなく <generator object f> が返ってきます この挙動は PEP 255 や PEP 380 などで規定されています。要約すると「ジェネレータの中の return ほにゃらら は ...


5

Apache、nginxが必要になるのですか? ApacheやNginxなどのWebサーバをAPサーバのフロントに配置する主な目的は、以下のようなことだと思います。 負荷分散 セキュリティの強化 静的ファイルの処理の高速化 Webサーバにしかない機能の利用 Webサーバが無くても要件を満たせるのであれば、APサーバだけでも問題無いです。 色々種類あるwebサーバは何が違うのですか? 機能やアーキテクチャなどいろいろ違います。「Apache vs Nginx」とか「Apache Nginx 比較」とかでググればたくさん情報が出てきます。


5

結果の部分に記載された内容を元に、本質問の目的を リストの中に、変数a と b の組(タプル、tupleとも言います)を格納していきたい であるものとして回答します。 その場合、以下のような方法で実現可能です。 def append_tuple(x, a, b): t = (a, b) # tuple x.append(t) # 上記は x.append((a, b)) と書くことも可能です def main(): x = [] append_tuple(x, "abc", 3) append_tuple(x, "def", 4) print(x) # => [('abc', 3), ('def', 4)] if ...


5

この記事が参考になりそうです。 pythonですべての例外をキャッチし、詳細を表示させたい。 pythonのtry,exceptを用いる際にエラーごとに処理を分ける方法 変更は、複数行・複数ファイルの grep,置換 が行えるエディタで一気にやってしまうとか。 私は秀丸エディタでやってます。 参照先をまとめると以下になります。 tracebackモジュールのprint_exc()を使えば、スタック情報も表示します。 except: traceback.print_exc() sysモジュールのexc_info()で現在処理中の例外を参照できます。 except: print(sys.exc_info()) tracebackの情報じゃなくて、ただ、...


5

パッケージング時のメタデータに配布名として使用できる文字は以下のとおりです: ASCII文字([a-zA-Z]) ASCII数字([0-9]) アンダースコア(_) ハイフン(-) ピリオド(.) そのほかに、 先頭と末尾はASCII文字または数字でなければなりません。 自動化ツールにおいては、これに従わない名称はリジェクトするよう求められています。 大文字小文字は区別されますが、ハイフンとアンダースコアは同等とみなされます。 などなど… とのことです。 PEP 426 -- Metadata for Python Software Packages 2.0 その他参考: PEP 423 -- Naming conventions and recipes related to packaging


5

python3.xではわざわざ前後の「"」を削除しないと目的は達成できないはずです。 input1 = input("パスのコピーを取って貼り付けてください\n>>>").strip('"') print(input1) python2.xにはraw_inputという関数がありまして、inputを直接evalで関数として評価することで副次的に前後のクォーテーションを削除できます。 python3.xではeval(input())で同様の動作を実現できますが、意図しない結果になる上にインジェクション攻撃にも使われかねないので推奨できません。 input1 = eval(input(r'input "C:\hoge">>>')) print(input1) #C:\hoge ...


5

コメントに書かせていただきましたが、ご質問中のコードは解釈の余地も何もなく明確にO(n^3)なので、あなたが見つけなければいけないのは、明確にO(n^2)のコード、と言うことになります。 (「sumの呼び出し回数」と言うことなら質問のコードはO(n^2)ですが、そんなものはアルゴリズムを議論する場合の計算量とは言いません。) コメントの2個目のリンク中の質問側のコードを修正したものですが。これならO(n^2)になります。 def solution(A): start = None end = None max_total = 0 for i in range(len(A)): tmp = 0 for j in range(i, len(A))...


5

現時点では、Google Style GuideはDeprecatedである関数・メソッドについての記載方法を提供していません。このため、回答としては「そのような方法はないので独自の形式で表現してください」となります。 styleguide/pyguide.md at gh-pages · google/styleguide 一方、reStructuredTextにはdeprecatedを表すディクレティブが存在します。もしSphinxでドキュメントを生成する場合、これが利用できます。 .. deprecated:: 3.1 Use :func:`spam` instead. ディレクティブ — Sphinx 3.0.0+/9a795cb0 ドキュメント


4

一般論のお話 他の方もおっしゃられているように、設計はケースバイケースです。 システムに与えるべき理想的な構造 を目指すのが望ましいでしょう。 では理想的なシステムとは? しかしそもそも、このような質問をしたくなる理由を想像します。 すると理想的な構造を目指そうというときに 「関数や、クラスを使い分けるメリット・デメリットの判断には、どんな 観点 があるの?」 という疑問が隠れているように思います。 またその観点自体を理解できれば、この問題に あなた自身 が考えはじめることができるでしょう。 (これを考えられること自体が、プログラマとして大事なわけですね。) そこで、この疑問にある程度の範囲で、お答えします。 大域的に持つべき観点 まず改めて強調しておきたいことは、現実の状況、たとえば ...


4

辞書型の場合は、次のようにキーと値を指定すると追加・更新ができます。 with open('test.csv', 'r') as csv_file: reader = csv.DictReader(csv_file) d ={} for row in reader: d[row['Name']] = row['Date'] なお、辞書型の場合は、csvを使うよりもjsonを使うほうが相性がよく、次で書き込みが、 import json data = {'hito': 61, 'hiro': 54, 'yuto': 17, 'osamu': 67, 'keiko': 71} with open('name.json', 'w') as f: json....


4

この質問のケーズでは、繰り返しをやめてNumpyやPandasのベクトル計算を使うのは必要なメモリーが莫大になるで、繰り返し処理はそのままにして、NumbaかCythonを使って高速化するのがいいと思われます。 Numbaは簡単に使えるのでとりあえずNumbaを試してみてはどうですか。 import numba @numba.jit def calc(): NMAX = 10000000 #オーバフローしない数値にしておく Win_Pro = np.zeros(NMAX) Cum_return = np.zeros(NMAX) TE = np.zeros(NMAX) N = np.zeros(NMAX, dtype=int) A = np.zeros((...


4

naoki fujitaさんの回答の前半をもう少し噛み砕いてみました。 class AlwaysPositive: def __init__(self, number): self.n = number def __add__(self, other): return abs(self.n + other.n) AlwaysPositiveというクラスを作って x = AlwaysPositive(-20) AlwaysPositiveクラスの__init__が呼び出されてx.n=-20であるxが定義されました。 y = AlwaysPositive(10) 同様にy.n=10であるyが定義されて、 print(x + ...


4

answer = {} まず注目すべきはここです。answerを{}としました。 辞書型は{key1: value1, key2: value2, ...}という風に書けますから、{}は中身がない辞書です。 よってanwserは辞書型です。 さて、辞書型に中身を追加する場合dict[key] = valueという風に書けます。 この場合はdictという辞書にkey: valueを追加します。 (念のために書き添えておくとkeyやvalueが変数の場合は展開されて中身が使われます。) answer[character] = text_list.count(character) というわけで上記のように書くと辞書に中身を追加できるのです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります