次のタグが付いている話題の回答:

3

shutils.make_archive() のソースコード を参考にすると(というよりコピペですが)、以下の様に書けます。 import os from zipfile import ZipFile, ZIP_DEFLATED def make_zipfile_from_multiple_directory(zip_filename, src_dirs): save_cwd = os.getcwd() with ZipFile(zip_filename, 'w', compression=ZIP_DEFLATED) as zf: for base_dir in src_dirs: path_dir, path_base = os.path.split(os.path....


3

shutilだと, 二度実行すると zipが置き換えられるし, 一度に複数ディレクトリー指定というのもなさそうです。 とりあえずひとつ分のディレクトリーで shutilで作成し, もう一つ分のディレクトリーを zipfile で追加するとか, 最初からすべて zipfileで行うかになるでしょう 以下は zipfile使ったコードです (Ubuntuにて動作) from zipfile import ZipFile,ZIP_DEFLATED from pathlib import Path desktop = Path.home()/ 'Desktop/' with ZipFile(desktop/'newzip.zip', 'w', compression=ZIP_DEFLATED) as zf: ...


3

検索には7日間という制限があります。Standard Searchでは、それを超えての検索はできません。 Standard search API | Docs | Twitter Developer Platform until Returns tweets created before the given date. Date should be formatted as YYYY-MM-DD. Keep in mind that the search index has a 7-day limit. In other words, no tweets will be found for a date older than one week.


3

本家(英語)StackOverflowの Is there a built-in or more Pythonic way to try to parse a string to an integer に様々な回答がついていますが、質問中の用途であれば素直に例外機構の利用をおすすめします。exceptでは値変換に失敗したことを表す ValueError例外 の明示が好ましいです。 try : b = int(a) # 数字だったときの処理 except ValueError: # 文字列だったときの処理 pass 何でも try and except に投げるのはよくないと聞きました。 プログラム設計の一般論として、むやみに例外機構を用いるのが好ましくないことは合意します。 ...


3

重み (Weight) の初期値をなぜ np.random.randn にするのか ゼロから作るDeepLearning 6章を学ぶ 〜重みの初期値について〜 の記事が詳しいかも 勾配がゼロになると学習が進まなくなるので, 勾配損失が起きないような初期値を与えることは大切です ニューラルネットワークの学習でしていること なども参考になるかも? np.random.randnは「平均0、分散1(標準偏差1)の正規分布(標準正規分布)」 サイコロ振って 5回とも違う目が出て, 6回目は残ってる最後のひとつに決まってる … などということはありません。 99回の乱数出たあと, 残りひとつでちょうど平均ゼロになったなら, 「numpy.random さん, 仕事しろ !!」って話になります import ...


3

Too Many Requestsというメッセージから、Twitter APIの利用制限にひっかかっているとわかります。公式のドキュメントを見てみると、Rate limit(利用制限)という項には次のように書かれています("15-minute window"というのは、「過去15分間で」という意味です)。 App rate limit: 300 requests per 15-minute window App rate limit: 1 request per second 利用制限や、その回避方法についてはドキュメントで詳しく解説されています。この場合、検索結果を一定期間保存しておいて、以降の同じクエリに対してAPIを呼び出さない方法が考えられます。...


3

単純にfor文の末尾でbreakする方法で対応可能です。 またはfor文を使わずにok,x=mail.fetch(i,'RFC822')を ok,x=mail.fetch(data[0].split()[0], 'RFC822')に書き換える方法もあります。 本家SOの類似質問 Python imaplib: get the first unread email ※コメントを回答化しました。


2

aが文字列で、前に符号(+-)がつかない、かつ前後に空白が入らないなら、isdecimalあたりはどうでしょうか。 a = "基本的に数字が入るが、たまに数字を含まない文字列が入る" b = 0 if a.isdecimal(): b = int(a) # 数字だったときの処理 else: # 文字列だったときの処理 pass intは意外と幅広い引数を受け付けるので、上記でダメならtryでもいいような気はします。


2

質問から察するに変数aが文字列かどうかを判定したいというのが目的に感じました。 この場合、「isinstance」で文字列か整数かどうかを調べることができます。 例えば、こんな感じでどうでしょうか。 if isinstance(a, str): # 文字列のときの処理 elif isinstance(a, int): # 整数のときの処理 b = a else: # その他の型のときの処理 print("不正な値です。")


2

以下は pandas.read_table() の date_parser を使う方法です。 import pandas as pd import codecs from datetime import datetime as dt with codecs.open(filename, "r", "Shift-JIS", "ignore") as file: df2 = pd.read_table( file, delimiter=",", parse_dates=['A'], date_parser=lambda d: dt.strptime(d, '%y-%m-%d %H:%M:%S').date() )...


2

コメントいただきまして、findallで取得することができました。 以下が取得したコードになります。 text = "3\t名詞,数,,,,,\n年\t名詞,接尾,助数詞,,,,年,ネン,ネン\n前後\t名詞,副詞可能,,,,,前,マエ,マエ\nEOS\n" r = re.findall('(^|(?<=\n))(.*?)(?=\\t)', text) print(r) # [('', '3'), ('', '年'), ('', '前後')] みなさまありがとうございました。


2

置換(削除)する部分をreモジュールで行えば良いのでは? Pythonで複数の文字列を削除したい ー re.subを使う import reしておけば、このように出来るでしょう。 text = re.sub(r"[--]", "", cell.value) cell.value = text


2

先読み後読みする必要がなかったため以下に変更したところ動きました。 import re data = '<td>1</td>, <td class="stationName"><a href="http://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCD=866">新宿</a></td>, <td>355,778</td>, <td>419,608</td>, <td>775,386</td>, <td>△ 1.8</td>' r = re....


2

【回答1】 data=のところです。 seaborn.histplot(data=None, *, x=None, y=None, hue=None, weights=None, stat='count', bins='auto', binwidth=None, binrange=None, discrete=None, cumulative=False, common_bins=True, common_norm=True, multiple='layer', element='bars', fill=True, shrink=1, kde=False, kde_kws=None, line_kws=None, thresh=0, pthresh=None, pmax=None, cbar=False, ...


2

その参照している matplotlib.axes のページに色々と出てきていますが、それらのことでは不足なのでしょうか? 例えば最初の方の説明(太字化は回答者) The Axes contains most of the figure elements: Axis, Tick, Line2D, Text, Polygon, etc., and sets the coordinate system. sharex, sharey : Axes, optional The x or y axis is shared with the x or y axis in the input Axes. あるいは下の方の表?にいくつもaxisが出てきます。 Text and annotations ...


2

pipe を flush するという方法もあるかと思います。 main.py import subprocess import sys with subprocess.Popen( [sys.executable, "sub.py"], stdin=subprocess.PIPE, stdout=subprocess.PIPE, encoding="utf-8", ) as p: for msg in ['hoge', 'fuga', 'piyo']: print(msg, file=p.stdin, flush=True) line = p.stdout.readline() print(...


2

弾の座標などを管理するリストの元の数を必要以上に大きくしていたことが原因でした. 小さくすると動作しました.


1

binwidth=引数でbinの幅を指定できます。 おそらくこちらがご希望に沿ったものでしょうか。 幅を指定するだけでなく区切りの位置を500の倍数に確実に合わせたい場合は binrange=引数の指定を併用します。 ax = sns.histplot(df["value"], kde=False, binwidth=500, binrange=(0,5500)) また、bins=引数は区切りのリストも受け付けます。ですので ax = sns.histplot(df["value"], kde=False, bins=range(0,6000,500)) みたいにしても500ずつ区切りにできます。


1

実際には 18 になっています。 : import matplotlib.ticker as ticker : ax = sns.histplot(df["value"], kde=False) ax.yaxis.set_major_locator(ticker.MultipleLocator(3)) plt.show()


1

お使いのTwitterAPIは api = TwitterAPI(consumer_key, consumer_secret, auth_type='oAuth2') のように指定することでOAuth2のApp Only Authenticationが利用できるようです。 ref: TwitterAPI/authentication.rst


1

棒グラフのエラーについて 記事が古いか何かで, APIが古くなってる可能性があります bar = ax.bar(left=x_idx, height=df['value'], align='center', tick_label=df['name'], alpha=0.7 ) … これを この様に書き換えればよいかも bar = ax.bar(df['name'], df['value'], align='center', alpha=0.7) グラフ重ね合わせについて 複数のグラフを同時の場合 subplots を用いて ax あるいは複数の ax (axes) を準備し, ...


1

データフレームの内容を見ますと、df.value の範囲は [100, 10000] で df.accumulative_ratio は [0, 1.0] となっています。つまりスケールが大幅に異なっている、という事です。実際には df.accumulative_ratio もプロットされているのですが、X 軸とほぼ重なっています。 >>> df name value accumulative_ratio 0 A 10000 0.602410 1 B 5000 0.903614 2 C 1000 0.963855 3 D 500 0.993976 4 E ...


1

translateによる一括置換方法もあります。 参考: Pythonで文字列を置換(replace, translate, re.sub, re.subn) import openpyxl wb = openpyxl.load_workbook('Book1.xlsx') ws = wb.worksheets[0] hyphens = ["-", "-"] trans = str.maketrans({"-": "", "-": ""}) for r in range(ws.max_row): #6は置換したい文字列が存在する列 cell = ws.cell(row=r+...


1

事前にカラム数の最大値を取得しておく方法も考えられます。 import pandas as pd import csv with open('data.csv') as f: ncol = max(len(r) for r in csv.reader(f)) f.seek(0) df = pd.read_csv( f, names=range(ncol), header=None, na_filter=False, converters={c: str.strip for c in range(ncol)}, skip_blank_lines=False) print(df) print(f'4行3列の値 = {df.iloc[3, 2]}')...


1

こちらの記事の回答を応用すれば、CSVデータ内容に応じたDataFrameを取得出来るでしょう。 Pandas read_csv expects wrong number of columns, with ragged csv file の回答 ヘッダー行の有無とかを調整するなら、それに応じた処理を追加する必要がありますが。 こんな感じになります。 import pandas as pd def ragged_csv(filename): f=open(filename) max_n=0 for line in f.readlines(): words = len(line.split(',')) #### 区切り文字は , に戻す if words &...


1

1行の中で,を使って2つの文を書いているからです。 seisu1='6',seisu2='7' Pythonでこういう書き方はしないはずですね。 このように2行に分ければ良いでしょう。 seisu1='6' seisu2='7' あるいはこういう風に書きたかったのかもしれませんが。 seisu1,seisu2='6','7' こちらを参考に: Python 構文 代入文・空行・行継続・複数文・インデント ちなみに上記参考先の途中に @metropolis さんのコメントの書き方も書いてありました。 ちょっと気付かなかったですね。追記しておきます。 複数文 1行で記述可能な単純文は、セミコロン (;) で区切って継続することが可能 セミコロン (;) は、コロン (:) より優先


1

効率が良いのかどうかは不明ですが、以下の様な方法が考えられます。 i, l = 0, len(word_list)-1 while i < l: if word_list[i] =='焼肉' and word_list[i+1]=='定食': word_list[i:i+2] = ['焼肉定食'] l -= 1 i += 1 print(word_list) # 実行結果 ['東京', '人気', 'お店', 'メニュー', '焼肉定食', '300円', '期間', '限定', '焼肉', '単品', '250円', '焼肉', 'サラダ', '定食', '焼肉', '増量'] 単語を結合した場合に word_list の長さ(要素数)が一つ減りますので l -= 1 ...


1

「焼肉」が見つかったら、リストのスライスを使ってそこからlen(s)個をsと比較・置き換えするのがシンプルと思います。 def replace(word_list, s): i = 0 s2 = ''.join(s) # "焼肉定食" while i < len(word_list): if word_list[i] == s[0] and word_list[i:i+len(s)] == s: word_list[i:i+len(s)] = [s2] i += 1


1

video.write()はスレッド内でも行うことができますが、スレッドを開始する前に camera1.release() camera2.release() video1.release() video2.release() cv2.destroyAllWindows() が行われてしまっており、カメラからの入力を読み取れていなかったために、再生不可能なファイルが生成されてしまっていたようです。 よって、この前にt_music.join()を入れることで解決しました。


1

環境変数を取り出している部分 _api_key: str = os.getenv('API_KEY'), _secret_key: str = os.getenv('SECRET_KEY'), これが, この様に解釈されてしまってるようです _api_key = (os.getenv('API_KEY'),) _secret_key = (os.getenv('SECRET_KEY'),) 行末のカンマを取るとよいかも


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります