次のタグが付いている話題の回答:

3

MeCabをSHIFT-JISでインストールした時の現象と酷似しています。 コマンドラインやPowerShellから下記のコマンドを実行して、標準で使う辞書の文字コードを確認してください。 PS D:\root\usr\MeCab> mecab -D filename: D:\root\usr\MeCab\etc\..\dic\ipadic\sys.dic version: 102 charset: SHIFT-JIS type: 0 size: 392126 left size: 1316 right size: 1316 charset: SHIFT-JISになっている場合は、SHIFT-JISの辞書を読み込んでいることが原因です。 ...


2

if pprint(y) == pprint(x.upper()): としている部分を if y == x.upper(): に変えてみてください。 一般にpprintのように副作用(この場合は画面への出力)が主な機能であるような関数は返り値を持たないことも多いですが、Pythonでreturnを省略、または引数のないreturnを書くとNoneを返します。ソースを見ると分かるのですが、実際pprintにもreturnがなく、Noneを返すことが分かります。 In [1]: import pprint as pp In [2]: print(pp.pprint("abc")) 'abc' None さらにNone同士は等しいと判定されるのでifの条件は常にTrueとなります。 In [4]: ...


2

logging.getLogger によって取得されるロガーオブジェクトは、同一 name に対しては、同じインスタンスが返されるからです。なので、 addHander は同じ、 __main__ の名前を持った logger に対して実行されています。 (スクリプトとして実行したならば) print(repl(user_logger is app_logger)) # => True 例えばこうすると、やりたいことがひとまずはできると思います。 app_logger = logging.getLogger(f"{__name__}.app") user_logger = logging.getLogger(f"{__name__}.user") # -> 別々の logger になるので、...


2

rubyのタグもついているので、まずRuby on Railsならの話を。  もしRailsを利用していたら、Articleはモデルになるパターンと思われます。その場合、クラスメソッドでArticleのArrayを返すように実装するのが普通で、それだけで足りる場合も多かったりするので、このパターンで悩むことはなかったりします。また、Article自体が基本的なDB操作も実装したクラスのサブクラスになっているので、 # 記事全部 all = Article.all # writerのidを指定 articles = Article.find_by(writer: id) # 未読だけ unreads = Article.unread # unreadはArticleクラスでwhere(unread: ...


2

Content-Encoding= 'gzip' とあるようにgzip圧縮されているのでデコードしてやる必要があります。 以下はPython3.7、scapy2.4.3のREPLでのコード例です。 >>> sys.version '3.7.4 (tags/v3.7.4:e09359112e, Jul 8 2019, 19:29:22) [MSC v.1916 32 bit (Intel)]' >>> load_layer("http") >>> resp=HTTPResponse()/b'\x1f\x8b\x08\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x03+I-.\x01\x00\x0c~\x7f\xd8\x04\x00\x00\x00' ...


2

質問について 2つ目の with を使わないサンプルコードにおいて、for文を使っているのが原因です。 1つ目のサンプルコードと等価なコードは以下のようになります。 f = open(filepath) print(f.read()) f.close() 解決方法について それぞれで使われている read はファイル全体を読み込むメソッドです。 一行ずつ読み込まれるのが期待する挙動です。 この目的の場合、readline や readlines を使うとよろしいでしょう。 例: with open(filepath) as f: lines = f.readlines() print(lines[0]) # => id,name 7. 入力と出力 — Python 3.7....


1

実際の現象では時系列的に「処理5」よりも「処理6」の方が先に実行されています。 そして実際の「処理5」の中は、「tk.Textへデータを出力する」が先で「Queueを介してメインスレッドへ引き渡す」が後でした。 調査方法としては泥臭いprint()挿入でやってみました。 対処も含めて以下の様になります。 問題となっていそうなメインスレッドのdef send_clicked(self):のwhile len(recv_data) < 8:ループ内の適当な箇所にprint()を仕掛ける → 以下が判明 初期値が0のrecv_dataが8以上になったらループ終了のはず recv_dataのカウントアップはself.hQueue_GUIキューからのデータ取得 ただしself....


1

print()関数の表示結果だからそのように見えるのであって、dataを配列として考えれば1バイトづつ扱えるはずです。 例えばこんな感じで1バイトづつ16進数文字列と文字に対比して表示するとか、 for c in data: print(hex(c) + ' : ' + chr(c)) 結果は 0x4 : 0x72 : r 0x5f : _ 0x6 : 0x79 : y 0x9b : 0x60 : ` 0x81 : ...後略 とか、特定の位置から内容を取得するなら、 a = data[0] b = data[1] c = data[2] とかですね。 内容を書き換えたいなら、bytearray型に変換してから操作しましょう。 ba = bytearray(data) ba[3]...


1

おそらく、デフォルトではデスクトップスクリーンのピクセルサイズを100で割った値が最大値です。(あるいは縦はそれから上下のタイトルバー/ツールバーサイズを引いた分) 例えばフルHDの画面ならばpyplot.figure(figsize=(19.20, 10.80))でしょう。 マルチモニタで拡張画面にしていれば、その拡張した画面の最大値までです。 ただし、描画処理に使うモジュール(TkinterとかQtとかwxなど)の機能に依存するようなので、論理的な画面を実際のモニタ環境よりも大きく取れるモジュール(あるいはそのための設定)が使えれば、それに応じて拡大可能かもしれません。 Windows10のPython 3.7.4 Tkinterでは、デスクトップスクリーンよりも大きなサイズを指定した場合は、...


1

更新: こちらの方が少しだけシンプルかも import pandas as pd import numpy as np arr = [] for i in range(3): x = pd.DataFrame(np.random.rand(3)) arr.append(x) df = pd.concat(arr, ignore_index=True) print(arr) print(df) こんな処理で出来ます。 import pandas as pd import numpy as np df = pd.DataFrame() for i in range(3): x = pd.DataFrame(np.random.rand(3)) df = pd.concat([df,x],...


1

上手く出来ないのは、1行の処理の中でファイルのOpenと縦横比(アスペクト比)を保ったサイズ変換の両方を行おうとしているためでしょう。 PIL.Image.open PIL.Image.size / PIL.Image.width / PIL.Image.height PIL.Image.Image.resize Parameters: size – The requested size in pixels, as a 2-tuple: (width, height). resize()で縦横比を保つためには、元々のデータの縦横サイズ(ピクセル数)の情報が必要ですが、それはOpen()と同じ行の中では取得・指定することはできません。 コメントで紹介した Python/...


1

Python 3.7.4 と pandas 0.25.0 でやってみました。 既に何かのDataFrameのindexになっている状態ならば、以下の2行で出来るでしょう。 data.index = data.index + pd.Timedelta('0 days 10:00:00') data.index = data.index.tz_localize('Asia/Tokyo') 単独のDatetimeIndexオブジェクトならば、いったんDataFrameにしてから戻す、以下のような処理になるでしょう。 data = pd.DataFrame(data) data = data['日付'] + pd.Timedelta('0 days 10:00:00') data = pd....


1

通常はこのように書くことが多いです。 df.loc[df["two"] > 10, "three"]


1

正攻法とは言えないですが、 以下のようにすると一応移動しました。 import argparse parser = argparse.ArgumentParser() parser.add_argument('--project_id', type=str, help='Project ID') parser.add_argument('--user_id', type=str, help='User ID') parser.add_argument('--organization_id', type=str, help='Organization ID') # 共通のオプション引数 group = parser.add_argument_group("global optional arguments")...


1

以下のようにすればうまくいきました。 output.addLink(i, 0, [500,30,550,60], [0,0,0],"/XYZ", 0, 0,1) 以下のリンクを参照ください。 https://stackoverflow.com/questions/57448075/how-to-write-the-argument-of-fit-in-addlink-pypdf2


1

使う関数がstrip()ではなくsplit()にすべきなのと、多くても2次元のリストでしょうから、sum()で1次元化出来るでしょう。次元が増えるのなら紹介記事の他のやり方を試してみてください。 文字列の削除 split(), strip(), replace(), translate(), re.sub() split()  区切り文字(delimiter)を区切りとして、文字列を分割しリストを返す。 strip()  文字列の両端から指定文字をはぎとる。 Pythonでflatten(多次元リストを一次元に平坦化) sum() 組み込み関数のsum()を使う方法もある。 sum()の第二引数には初期値を指定できる。ここに空のリスト[]を指定すると、リストの+...


1

以下あたりの記事から関数をつくってみました。 簡単なテストしかしていないので、バグ等あると思います。 本当に使うならいろんなパターンで試して、改良等もやっておいてください。 Process escape sequences in a string in Python / 参考にした回答 how do I .decode('string-escape') in Python3? / 参考にした回答 質問の2.の部分を以下に作成しました。 元のデータはstrとbytesのどちらでも使えます。 ASCIIの範囲(~0x7F)を超えた文字やコードポイントがあった場合の処理をencoding,errorsパラメータで指定可能にしています。 複数のencodingが混在するようなデータは扱えません。 import ...


1

回答ではなく別環境での検証結果です。 下記の環境ではデバッグモードと通常実行で同一の動作をしました。 PyCharm 2019.2 (Community Edition) Runtime version: 11.0.3+12-b304.10 amd64 VM: OpenJDK 64-Bit Server VM by JetBrains s.r.o Windows 10 Home 64bit 1803 Virtualenv Python 3.6.0 ※\nは改行文字に読み替えてください。 1111\n2222\nをコピペした時の挙動 1行目入力してください: 1111 2222 1行目: 1111 2行目入力してください: 2行目: 2222 Process ...


1

https://keras.io/backend/#function このFunctionには「出力がない」という意味ではないでしょうか。 Tensorflowバックエンドの実装が https://github.com/keras-team/keras/blob/2.2.4/keras/backend/tensorflow_backend.py#L2724 https://github.com/keras-team/keras/blob/2.2.4/keras/backend/tensorflow_backend.py#L2509 このあたりです。 outputsに[]を指定すると、ここ https://github.com/keras-team/keras/blob/2.2.4/keras/...


1

回答になっていない気がしますが、 helpだと、以下のように見えます。 この領域、初心者につき、情報が間違えているかもしれません。 >>> from tensorflow.keras.optimizers import RMSprop, SGD, Adam >>> help(Adam) Help on class Adam in module tensorflow.python.keras.optimizer_v2.adam: class Adam(tensorflow.python.keras.optimizer_v2.optimizer_v2.OptimizerV2) | Adam(learning_rate=0.001, beta_1=0.9, beta_2=0.999, epsilon=1e-...


1

受信したテキストファイルの内容(文字列)を表示させたい 「受信した」という処理が何を示していて、その時のテータ内容がどうなっているかに依ります。 1.改行コードが読み込んだ時のまま(0x0Aや0x0D,0x0Aの内部表現?)変数等に入っている →そのままTextウィジェットにinsertする 2.改行コードが既に \n の文字列に置き換えられて変数等に入っている →変数の型がbytesなら.decode('unicode-escape')で、 strなら.encode().decode('unicode-escape')で変換してからTextウィジェットにinsertする 参考 Tkinter、Textウィジェットの使い方 Python3で文字列をUnicodeエスケープ/...


1

liblzma-devを入れてから、Python仮想環境(3.7.4)をいったん消して作り直す。


1

そのコードを最小限修正するとしたら以下のようになるかと思います。問題となっている部分は内側のforが毎回リストの最初からループを回している部分です。内側はiの次の要素から処理をすればすべての組み合わせを処理できるので、range(1, len(nums))をrange(i+1, len(nums))に変更します。次にループの内側を手直しして完了です。 class Solution(object): def twoSum(self, nums, target): """ :type nums: List[int] :type target: int :rtype: List[int] """ for i in ...


1

提示されているコードに不明点が多すぎたので、最後に記載されている↓の部分のみ回答します。 VAR_listのループをまわしてそれぞれにYEAR_BEGINを割り振りたいのですがうまくいきません。解決案はございますか? こちらに関しては、MorningMushroomさんが記載されている通り、そのままforで回せますが、items()を使用することでkeyとvalueが同時に取得できるためより良いかと思います。 YEAR_BEGIN = [1971,1979,1948] VAR_list = {0:'sst', 1:'precip',2:'air'} for k, v in VAR_list.items(): clim_ref_year = YEAR_BEGIN[k]


1

おそらく実行してみると、forループのところの「'i'が定義されていません。」とエラーが出ると思います。 forループをリストの要素で順番に回すときの基本文法を確認して、コードを書き直した方がいいと思います。 (VAR_list は辞書ですが、これもイテラブルなので、ループで回せます) 回答ではありませんが、回答へのきっかけになればと思います。


1

その処理を実行する前に、警告文の内容そのまま、以下を実行しておけばよいです。 from pandas.plotting import register_matplotlib_converters register_matplotlib_converters()


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります