次のタグが付いている話題の回答:

12

tracebackモジュールのprint_exc()を使えば、スタック情報も表示します。 def f1(a, b): return f2(a) + f2(b) def f2(x): return 1.0 / x try: f1(1.0, 0.0) except: import traceback traceback.print_exc() 出力は: Traceback (most recent call last): File "C:\Miniconda\Scripts\test_traceback.py", line 9, in <module> f1(1.0, 0.0) File "C:\Miniconda\Scripts\...


12

「99900桁目までを直接計算することなく、99901桁目からの100桁を得たい」という意図と解釈しました。現在、10進数でそのようなことをする方法は知られていないと思います。 16進数でしたら、n桁目までを飛ばしてそれ以降を直接計算する方法が知られています。Bailey–Borwein–Plouffe formulaを使います。具体的な手順は以下のページの中程に出ています。 https://en.wikipedia.org/wiki/Bailey%E2%80%93Borwein%E2%80%93Plouffe_formula 2011年のサーベイ論文で他のいくつかの超越数に対しても類似のアルゴリズムが挙げられていますが、10進数には言及がないので、まだ見つかっていないのだと思います。 https://...


12

Pythonで & はビット演算のANDですから、1,2,5を2進数にして考えましょう。 1 = 0001 2 = 0010 5 = 0101 ビット演算のANDなので、両方の数のビットが立っている(1である)桁の結果は1、それ以外は0になります。 1 & 5だと 0001 & 0101 0001 となります。 また、2 & 5だと 0010 & 0101 0000 となります。 そして、0がFalseに、0以外がTrueですから、1&5がTrue、2&5がFalseになります。


12

(Python ドキュメント日本語訳プロジェクトの管理者の1人です.) TL;DR ・常に全く同一と考えて良いのでしょうか? この問いへの回答は「常に全く同一であるとは限らない」です. (2017/11/01 時点, 2018/03/31 時点) 簡単にまとめると以下のようになります. docs.python.jp 内容: やや古い 翻訳: 最新 [2018/03/31 追記] ただし部分的に未訳の可能性あり docs.python.org 内容: 最新 翻訳: やや古い (もしくは部分的に未訳) [2018/03/31 修正] 最新 両者のドキュメントの違い docs.python.jp と docs.python.org それぞれにある日本語ドキュメントの違いを説明します. (情報は ...


12

知っているものを列挙します。少しずつ用途が違うので、場合によって選ぶ必要があるでしょう。 PyInstaller PyInstaller は、Python パッケージを固定し、スタンド・アローンで動かせるようにするためのツールです。依存している Python スクリプトを集め、Python インタプリタと共に同梱することで動かします。2018年3月現在、最終更新は2018年です。 Windows、macOS、Linux、FreeBSD、Solaris および AIX に対応しています。 py2exe py2exe は、Python の distutils を拡張したツールであり、Python スクリプトがスタンド・アローンで実行できるようにすることを目的としています。...


12

A, B = B, A は、2 つの変数 A, B の内容を入れ替えています。多重代入などと呼ばれており、「B の値を A に代入」と「A の値を B に代入」を同時に行っていると解釈できます。この代入の前後で A, B の内容を print すると分かりやすいです。 Python 以外の言語だと、2 つの変数の入れ替え操作 (いわゆる swap 操作) は以下のように 3 つ目の一時的な変数を用意して行うのが一般的なことがあります。 tmp = B B = A A = tmp Python ではこれと同様のことを 1 行で書けます。 A, B = B, A より正確には、この代入はタプルへのパックとシーケンスのアンパックで実現されています。つまり、右辺がタプル (B, A) として解釈されたあと、...


12

簡単なお返事 本質的にシグネチャが違うメソッドを定義するからです。 詳細なお返事 シグネチャ メソッドの メソッド名 引数の量とその型の登場する順序 戻り値の型 をあわせた情報をシグネチャといいます。 メソッドのオーバライドとオーバロードはそれぞれ オーバライド: 親クラスの 同一シグネチャなメソッド の実装を変更する形でメソッドを定義するもの オーバロード: 新しく メソッド名は同一だが、異なるシグネチャのメソッド を定義するもの という形で理解する事ができる言葉です。 ただし理由は後述しますがシグネチャには暗黙の第一引数である self (自クラスの型) は含まれません。 シグネチャの意義 シグネチャが変わってしまうと、利用者サイドコードでは そのメソッドに対する使い方(呼び出し方と、...


11

setuptoolsのinstall_requiresを使うべきです。 requirements.txtとinstall_requiresでは現時点では目的が異なっています。setup.pyに指定したinstall_requiresはパッケージ化の際にメタデータとしてパッケージに同梱されます。 requirements.txtを同梱してもそのような動作にはなりません。そのため、利用者がpip install hogehogeとしてそのパッケージをインストールしたときに正しく依存パッケージをインストールできるのは install_requiresを設定した場合です。また、メタデータはPythonのPEP345やPEP426でフォーマットと項目が規定されている標準仕様です。 requirements....


11

後処理しないとリソースの残る物であればなんでも良いのではないでしょうか。 python2.7 の標準添付ライブラリを軽く調べてみた感じ unit テストライブラリの開始と終了をハンドリングしている (unittest) プロセスの管理、およびプロセス間通信の同期をハンドリングしている (multiprocessing) で使っている様です。実際には __enter__ と __exit__ が宣言されていればユーザ定義オブジェクトでも使用出来るので、個人的にはどんどん使っていったら良いと思います。


11

いろいろやり方はあります。簡単な順に書きますと IO.popenなどのプロセス間通信を使ってRubyからPythonのプログラムを呼び出す FlaskやDjangoなどで別のウェブを裏で立ち上げて、RoRからはリバースプロキシでアクセスする。 redisなどでタスクキューを作って、RoRからは計算タスクをジョブ番号と共にタスクキューに追加する。ジョブ番号をブラウザに通知する。Pythonはタスクが入る度に計算して、ジョブ番号をキーにして結果をDBに保存。ブラウザはジョブ番号でRoRに結果を問い合わせ。ステータスを表示 (計算待ち、計算中、計算済み)。計算済みなら結果を表示。 3のやり方は、例えばPythonの計算が重たくて数分以上かかるときに特に有効です。計算終了を待たずに、...


11

Djangoに限らず、一般的にはアプリケーションサーバを直接公開せず、Apache や nginx などのWebサーバを介して公開します。 これはアプリケーションサーバではCPU・メモリ効率が悪いため、画像・スタイルシート・スクリプトファイルなどの静的なファイル高速なウェブサーバに任せるため、というのが大きな理由です。 その他、アクセス制御などのインフラ周りの処理はアプリケーション側ではなくWebサーバに持たせたい、複数のアプリケーションサーバを利用する場合にも柔軟に対応出来る、Webサーバが持つ高機能な仕組みを利用したい (アプリケーションサーバはWebサーバとして低機能なことが多い) などの理由もあります。


11

Python 3 に移行しましょう。 もしどうしても Python 3 に移行できない場合は、 list(xml) をやめて print xml でどうでしょう? 解説: 一般的に言われる「文字化け」は、テキストの実際のエンコーディングと違うエンコーディングで デコードしようとしたときに起こります。(EUC-JPでエンコードされた文字列をcp932でデコードするなど) しかし、今回のケースでは事情が異なります。 まず、 Python 2 のバイト文字列を使っているために list(xml) は1文字(厳密には1codepoint)ごとのリストではなく、1バイトごとのリストになっていて、 utf-8 が1文字のために数バイトを利用しているときにその文字がバラバラになってしまっています。 また、Python 2 ...


11

標準ライブラリの pprint を試してみてはどうでしょう。 http://docs.python.jp/3.5/library/pprint.html 以下は pprint の例 の引用です。 >>> import pprint >>> stuff = ['spam', 'eggs', 'lumberjack', 'knights', 'ni'] >>> stuff.insert(0, stuff[:]) >>> pp = pprint.PrettyPrinter(indent=4) >>> pp.pprint(stuff) [ ['spam', 'eggs', 'lumberjack', 'knights', ...


11

dict.pop を使いましょう a = dict(a=1, b=2) a.pop('c', None) # None print a # {'a': 1, 'b': 2} a.pop('a', None) # 1 print a # {'b': 2} If key is in the dictionary, remove it and return its value, else return default. If default is not given and key is not in the dictionary, a KeyError is raised. pop(key[, default]) は辞書からキーを削除して、要素の値、あるいは ...


11

evalについて 今回の場合、evalを使いたい理由の1つは、シェルの環境変数や関数を設定したいということにあると思います。変数でも関数でも状況は大体同じなので、以下では変数についてのみ説明します。 evalをつけずにinitスクリプトを実行するとわかりますが、pyenv initやrbenv initではそれぞれの環境変数を設定するためにexportを使っています。 しかし、シェルにおいてシェルスクリプトはサブシェル等で実行されるため、コマンド内で変数をexportしても元のシェルにはなんら影響がありません。 たとえば、bashにおいて変数EXAMPLEを1に設定したかったとします。このとき、exportしているシェルスクリプトを直に実行しても意味がありません。 $ cat test1.sh ...


10

Flask.run() は開発用サーバーであり、実際にサービスを提供するために利用するためのものではありません。 一般的な構成には、 静的ファイル配信を nginx で行い、 nginx からリバースプロキシして gunicorn か uWSGI で Flask アプリを動かす。 Apache と mod_wsgi を使う。 といった選択肢があります。個人的には前者がお勧めです。


10

既に出ているmattnさんの回答にあるように「後処理」が必要ならところには便利です。 以下のような実装がある場合: cwd = os.getcwd() os.chdir('/tmp/foo') try: run() # 何か finally: os.chdir(cwd) withで使えるように次のようなcdを実装して: @contextlib.contextmanager def cd(target_dir): cwd = os.getcwd() try: os.chdir(target_dir) yield finally: os.chdir(cwd) 以下のように使えます: with cd('/tmp/...


10

not in が使えます。 演算子 in および not in は、帰属 (membership) を調べます。 x in s の評価は、 x が s の要素であれば真となり、そうでなければ偽となります。 x not in s は x in s の否定 (negation) を返します。 i not in li


10

これは、引数のデフォルト値がどういう挙動をするかという問題ですね。 Python 言語定義の 7.6 関数定義のところを読むと ** デフォルトパラメタ値は関数定義を実行する際に値評価されます。 ** これは、デフォルトパラメタの式は関数を定義するときにただ一度だけ評価され、同じ ” 計算済みの ” 値が全ての呼び出しで使われることを意味します。デフォルトパラメタ値がリストや辞書のような変更可能なオブジェクトである場合、この使用を理解しておくことは特に重要です : 関数でこのオブジェクトを ( 例えばリストに要素を追加して ) 変更すると、実際のデフォルト値が変更されてしまいます。 とあります。つまり、今回の場合は memo のデフォルトの辞書は、ただ一つだけ生成され、fastFib ...


10

「関数の返値はNone型です」、という意味です。 つまり、その関数は何も返さないということになります。 以前からその書き方で説明している文章はありましたが、Python3.5から導入された「型ヒント」でもその記法が採用されています。 http://docs.python.jp/3.5/library/typing.html


10

utf-8 にエンコードしてみると別の文字であることが分かります。 >>> u'-'.encode('utf-8') b'-' >>> u'\u2013'.encode('utf-8') b'\xe2\x80\x93' また、Unicodeとしてどんな文字なのかを知る方法があります。 >>> import unicodedata >>> unicodedata.name(u'-') 'HYPHEN-MINUS' >>> unicodedata.name(u'\u2013') 'EN DASH'


10

http://dsas.blog.klab.org/archives/2017-08/python-dev.html docs.python.org に言語スイッチのドロップダウンリストが追加されました。docs.python.org は Fastlyを使っているので、 docs.python.jp よりも高速に閲覧できると思います。 docs.python.jp にあるセクション単位での英語ドキュメントへのリンク機能などがまだなくて単純な翻訳でしか無いので、すぐには docs.python.jp を止めるつもりはありませんが、将来的には docs.python.jp は docs.python.org/ja/ にリダイレクトすることを考えています。


10

動作の確認 x = AlwaysPositive(-20) この記述によってAlwaysPositiveクラスの__init__メソッドが呼ばれてx.nに-20がセットされるのはわかりますか? 同様に y = AlwaysPositive(10) この記述によってy.nに10がセットされます。 x+y この記述によって、xはAlwaysPositive型であるので、AlwaysPositive型の__add__メソッドが呼び出されます。 otherに対する制約 問題なのはxとyの型にはどのような制約がかかっているかです。y(other)もAlwaysPositive型でなければならないと考えるかもしれませんが実際はy.nを持てば動きます。 class HasN(): def ...


10

まずは中で何が起こっているのか把握するために、print文で覗いてみましょう。 そのまま実行すると1万や10万回print文が実行されるので、number引数(-n, --number)で回数を制限します。 ついでにrepeat引数(-r, --repeat)で試行回数(best of rのrに該当する回数)も減らしておきます。 PS C:\Users\payaneco> python -m timeit -r 1 -n 3 -s "a=map(str, range(1000))" "s=''" "for i in a: s+=i;" "print(len(s))" 2890 0 0 3 loops, best of 1: 211 usec per loop PS C:\Users\payaneco&...


9

大掛かりなテンプレートでなく basic_package テンプレートなら、直下のディレクトリにトップレベルパッケージが作成されるようです。 paster -t basic_package


9

原始的な感じですが、 __class__.__name__ が使えます。。 class Foo: def whoAmI(self): print( "I am " + self.__class__.__name__) Foo().whoAmI()


9

sysモジュールのexc_info()で現在処理中の例外を参照できます。 try: hoge() except: print(sys.exc_info())


9

Python は C やその他の言語のように機械語にコンパイルできますか? http://docs.python.jp/2.7/faq/design.html?highlight=pyc#python-c 内部的には、Python のソースコードはいつもバイトコード表現に翻訳されていて、そのバイトコードが Pythonの仮想マシンによって実行されます。めったに変更されないモジュールの解析が繰り返されることによるオーバーヘッドを避けるため、このバイトコードはモジュールが解析されるたびに名前が”.pic” で終わるファイルに書きこまれます。対応する .py ファイルが変更されたとき、そのファイルは再び解析および翻訳されて .pyc ファイルは書き直されます。 一旦 .pyc ...


9

pointにa, b, c, dが全て含まれるかを評価するにはset(集合)型を使った比較を行います。 次のようなif文になります。 if set(['a', 'b', 'c', 'd']) <= set(point): print(True) else: print(False) https://docs.python.jp/3.6/library/stdtypes.html?highlight=set#set-types-set-frozenset x in y の場合 y に x が含まれるかの演算となり、質問の例の場合 point に 'd' が含まれるかの演算になります。 https://docs.python.jp/3/reference/expressions.html#...


9

loggerを使いましょう。 https://docs.python.org/ja/3/library/logging.html 使い方については、以下に説明があります https://docs.python.org/ja/3/howto/logging.html


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります