次のタグが付いている話題の回答:

7

まず、1番目の例でrejectがキャッチされないことは2つの観点から説明できます。 try文は中で発生した例外(エラー)をキャッチできるものです。そして、Promiseのrejectは例外ではありません。 このtryの中でやっていることは全体として見ると「async関数を呼び出す」というだけであり、async関数の中での失敗は外側に伝播するのではなく返り値のPromiseのrejectionという形で現れます。 このtryの中ではasync関数が実行されていますが、async関数の実行は一般には非同期的に行なわれます。つまり、実行が完了するのは今動いているプログラムの実行が完了した後となります。 2については以下のコードで確かめられます。 try { (async () =>{ ...


5

node.jsのバージョンが古いと思われます。 Promiseのfinallyは比較的新しいメソッドなので、古い環境では使用できません(MDN)。 node.jsで使用するには、node.jsのv10以上が必要です。


5

6.1.7.2 Object Internal Methods and Internal Slots に説明があります。それに基づくと回答は以下になります。 プロパティとは異なる? 異なります。 内部的な場所なので、意図的にアクセスすることはできない? できません。正確には、アクセスする方法は規定されていません。 ただし slot によってはアクセスする方法が規定されている場合もあります。 決められたルールに従って処理されるので利用者は気にする必要がない、ということでしょうか? 基本的にはその通り、気にする必要はありません。 それとも__proto__みたいに、非推奨だけれどもアクセスする方法はあるのでしょうか? 実装やslotの内容によってはある可能性があります。 ...


5

then がある: $.get("/") .then(function(originalResult){ return "OK"; }) .done(function(result){ //result === "OK" });


4

async / await は非同期処理(Promise)の完了待ちを明示するための仕組みです 通常、quicksort は同期的に処理できるので、同期的に処理すればよいと思います quicksort の処理が順に進む様子を確認するためには、generatorを使うのがよいと思います 以下の例は「quicksort を1段階進めるたび、500ms sleepする」という例です { async function wait(ms) { console.info(`wait for ${ms}ms...`); return new Promise(resolve => setTimeout(resolve, ms)); } function* qsort(...


2

Promiseといえば、.then()がPromiseのもっとも重要なメソッドで、まさにkawtyさんが求めているものです。 .then()メソッドは関数を受け取り、その関数が返す値を代表するPromiseを返します。例えば、 var d = $.Deferred(); d.promise().then(function (v) { snippet.log(v); // 9 return v * 2; }).then(function (v2) { snippet.log(v2); // 18 return v2 + 7; }).then(function (v3) { snippet.log(v3); ...


2

async/await はPromiseの糖衣構文なので、より簡単な書き方という理解で良いと思います。JavaScriptのCallback地獄からPromiseが生まれ、そこからまたPromise地獄が生まれたのでasync/awaitが生まれた、という経緯です。 https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Learn/JavaScript/Asynchronous/Async_await


1

「それぞれ長所短所があれば知りたいです」についてです。 Generators Async/AwaitはGeneratorsとPromisesを組み合わせたような「文」です。このような表現ができます。 for await (variable of iterable) { } 手続き的な表現 Async/Awaitは文なので関数内で処理を遅らせるような表現ができます。 (async () => { const response = await fetch('/test'); const json = await response.json(); console.log(json) })(); エラー処理 Promiseはcatchメソッドを用いてエラーを処理できます。 fetch(...


1

「JavaScript逆引きレシピ」でどのように説明されているか知りませんが、コードから読み取れる意図で回答いたします。 fetch_json.phpをブラウザで開くとエラーになるのはなぜか このコードはブラウザで直接URLを入力して開かれることを想定してません。get_file_contents('php://input')してますから、<form action=...>, XHR, fetch などで POST リクエストを送らないと何もデータを持ちません。 fetch_json.jsを実行するには ブラウザでJavaScriptリソースのURLを直接開いてもコードは実行されません。HTMLページなどからJavaScriptリソースを読み込む必要があります。 <!DOCTYPE ...


1

scripts/fetch_catch.jsの13行目において、messageをmessgaeと打ち間違えています。 想定されるものの代わりにundefinedが得られる場合は、このようにプロパティ名(message)を打ち間違えている(存在しないプロパティ名を指定したのでundefinedが返されている)ことがよくありますので、重点的に確認されるとよいと思います。


1

生成されたpromiseListはPromiseオブジェクトを要素とする単なる配列ですので、resolveを暗黙のうちに待ってくれたりはしません。Promise.allなるAPIを用いて、すべてのPromiseオブジェクトがresolveされたときresolveされる新たなPromiseオブジェクトを生成すれば、期待する動作が得られるでしょう(op.1)。 "理想動作"に関して、もしブロッキング動作をするような書き方を望まれるのであれば、Promiseのシステムを使いやすく拡張した構文であるasync/awaitを用いる必要があります(op.2)。この構文は古い処理系(ブラウザ・nodeなどのこと)では対応していない可能性があるので、対象の環境が対応しているか確認してください。 function ...


1

(下手な日本語で失礼します) 簡単に直すには、各.thenをこう変えたらほぼ予想通りに動くと思います: // v-- getBase64Imageを返します .then((myData) => getBase64Image(myData[0]['path_img'], myData[0]['image01'], myData)) .then((myData) => getBase64Image(myData[0]['path_img'], myData[0]['image02'], myData)) そして最後にこうします resolveData.then(result => console.log(result)); ...


1

ちょっと求められているのとは異なりますが、 以下のように wrapTransform() 関数を定義して、 done で呼び出すべき関数、をwrapTransform()の引数としてしまうという方法はどうでしょうか。 function wrapTransform(fn) { return function (originalResult) { return fn(someTransform(originalResult)); } } $.ajax(...) .done(wrapTransform(function(result) { // result には someTransform(originalResult) が渡される。 }));


1

ECMA Script 2015 の仕様書の Promise(executor) の記述 に従うと、回答は以下のとおりになります。 reject('テスト');が実行されるタイミングは? Promise(executor) の実行中です。 promiseオブジェクトが作成される前、それともpromiseオブジェクト作成後に実行? 利用する観点では、作成される(完了する)前です。厳密に言うと作成中ですね。 Promise {[[PromiseStatus]]: は"pending"後"rejected"? それとも最初から"rejected"なのでしょうか? 利用する観点では、最初から rejected です。厳密には、内部状態として pending 後に rejected ...


1

同じ意味です。 前者の executor には function(resolve, reject) { .... } という2引数の関数を渡す必要が有る、ということを示したかったのでしょう。つまり以下の様な、別のものを渡す使い方はできない(しない)、ということでもあります。 // 何も渡さない new Promise(); // オブジェクトを渡す new Promise({ run: function() {... } }); // 引数のない関数を渡す(resolveできないので、やる意味が無い) new Promise(function() { // do something }); JavaScriptの関数引数には型を指定する方法がありませんので、...


1

promise内での計算値(result, AJAXの取得値など)を他モジュール(DOM操作とか)で利用したい、ということだと思います. グローバル変数の危険さ、タイミング調整の難しさを考慮すると、then内で完結するように書くのが望ましいです. resultを使った処理中に起こるエラーもcatch内で処理できるようになるので、処理が一箇所にまとまって幸福度が高くなります. // ----otherModule.js---- OtherModule.otherModuleFunction1_UseTaskB_Result = function(result) { // がんばってresultを使う処理部分を固めて、モジュール化します // taskBの計算値を引数経由で渡すと安全です }; ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります