次のタグが付いている話題の回答:

4

full outer join実行時はonとして指定したcolumnでデータがソートされると考えてよいのでしょうか?仕様で保証されているものでしょうか? いいえ。 SQLのSELECT結果の順序については、この記述が全てを語っていると考えてください。 7.5. Sorting Rows After a query has produced an output table (after the select list has been processed) it can optionally be sorted. If sorting is not chosen, the rows will be returned in an unspecified order. The actual ...


4

Tera Termの質問ではなく、PostgreSQLの質問ですかね。 PostgreSQL 文書 - 第 22章多言語対応の「22.3.3. サーバ・クライアント間の自動文字セット変換」に解説がありますね。


3

定数を利用せずに、直接数値を指定して結果判定をしていいかということでしょうか? まず、動作するかどうかについてですが、定数を利用せずに直接数値で判定を行っても正しく動作すると思います。 しかし、よほど特別な理由がない限り避けた方がよいです。 プログラムに直接固定の数値を書くことを「マジックナンバー」と呼びます。 このマジックナンバーを多用すると「可読性低下」「保守性低下」などのデメリットが非常に多いです。 例えば、簡単な例ですが、次の2つのプログラムを見てください。 前者がマジックナンバーを使ったもの、後者が定数を使用したものです。 ・プログラムA: $result = func(); if($result != 1) { return; } ・プログラムB: $result = func()...


2

psqlコマンドはextra/postgresql-libsパッケージに含まれているようです。 https://www.archlinux.org/packages/extra/x86_64/postgresql-libs/ postgresqlの依存パッケージになっているので、PostgreSQLをインストールすると一緒にインストールされるのでしょう。


2

SO本家の方で回答頂きましたので転記いたします。 https://stackoverflow.com/questions/54481011/how-to-extract-record-using-multiple-filter-to-array Below is for BigQuery Standard SQL standardSQL SELECT id, arr_val FROM `project.dataset.table` t WHERE 2 = (SELECT COUNT(DISTINCT a) FROM t.arr_val line WHERE a IN (111, 222))


2

postggresql.orgのyumリポジトリからダウンロードできるpostgresqlであれば、PIDファイルが残っていてもpg_ctlコマンド(pg_ctl -w start)で起動してくれると思います。(警告は出ますが) #9.6.5で試してみました。 pacemakerでのpostgresqlの起動方法が「pg_ctl」になっているか確認してはどうでしょうか? RedHat提供のpostgresqlを利用しているのであれば、postgresql.orgが提供しているそれに置き換えてみるのはどうでしょうか?


1

インメモリDBというのは、通常はディスク上に作られる領域をメモリ上に保存するDBのことです。必然的に、製品自体が「メモリ上にDBを構築する」機能を持っている必要があります。PostgreSQLには現時点でその機能はありません。 OS側でRAMディスクを使り、その上にDB領域を作るということも考えられなくはありません。データの永続化などは一切できないなど、まともな環境とは言いがたいですが、一応インメモリといえないこともないかな、とは思いますが、 「DBはPostgreSQL、インメモリで構築」 という要件がそれを満たすかは謎です。 一般的な要件ではありませんので、その要件を出した人に、想定している構成を提示してもらってください。


1

WINDOWだの、SUM OVERだの、私には使いこなせていないあれこれのSQLの機能を利用されまくっているので、(しかも手元にPostgreSQLの処理系がないので)解析に手間取ってしまいましたが、結論から言うと full_outer_joinedの順序に依存するようなSQLにはなっていないから大丈夫 と言えます。 まず、carryoveredの内側のクエリーの結果を考えてみます。SUM OVER(ORDER BY)なんてのを使ってますが、この結果はOVER内に示したORDER BYの順序で決まりますので、full_outer_joinedの順序には依存しません。 full_outer_joinedの結果があなたのご質問の最後にあるような: stamp val1 val2 ----- ---- ---...


1

PostgreSQL において、コロン2つ :: は型のキャストを表します。つまりここでは 'm' を bpchar 型にキャストしています。 bpchar 型とは "blank-padded char" を表す型で、character(n) の内部的な名前です。varchar(n) や text とは別の型です。 この型キャストがないと 'm' の型が一旦 unknown として解釈されてしまうので、明示的に型キャストしているのでしょう。 参考 PostgreSQL Documentation 4.2.9 Type Casts Why char datatype is converted to bpchar automatically?


1

inputやfilterで同じDBのJDBCを使っているとエラーになるようでした


1

test_codeは文字列ですか? それとも数字ですか? もし文字列でしたらtest_codeの部分を' 'で囲んでみてください。そうすることによって、数字ではなく文字列として扱われます。


1

ウィンドウ関数のleadを用いることで、実現可能です。 テーブル CREATE TABLE events ( id integer NOT NULL, machine text COLLATE pg_catalog."default" NOT NULL, place text COLLATE pg_catalog."default" NOT NULL, "time" text COLLATE pg_catalog."default", CONSTRAINT events_pkey PRIMARY KEY (id) ); データ INSERT INTO "events" ("id","machine","place","time") VALUES (1,'機体A','...


1

検証したわけではないですが、 No だと思います。 というのも、例えば mysql データベースでは、それぞれの select を実行する時に、各読み込む必要があるテーブルに対してどのインデックスでアクセスしたらいいかを決定して、その通りに InnoDB から読むというような動作をします。(そして where 条件に合致しないものを片っ端から落としていく)その時に複数方法でのインデックスアクセスを許容するような構造をしていないと思っていて、 explain などのフォーマット的にも、多分そのようなことは無理なのではないかと思っています。


1

joinの結合条件になっている項目も出力してみると理解しやすいと思います。 回答コードの場合 select mems.firstname as memfname, mems.surname as memsname, mems.recommendedby as menby, recs.memid as recid, recs.firstname as recfname, recs.surname as recsname from cd.members mems left outer join cd.members recs on recs.memid = mems.recommendedby order by memsname, memfname; onの中身を入れ替えた場合 select mems....


1

質問にあるpostgresqlのドキュメントの 24.1. SQLによるダンプのページに次の記載があります。この記載が、pg_dump, pg_dumpallがaccess share modeであることを示していると思われます。 pg_dumpで作成されたダンプは、内部的に整合性があります。つまり、ダンプはpg_dumpが開始された際のデータベースのスナップショットを示しています。pg_dumpの操作はデータベースに対する他の作業を妨げません(ALTER TABLEのほとんどの形態であるような排他的ロックが必要な作業は例外です)。   pg_dumpallはコマンドを発令することによりロール、テーブル空間、およびデータベースを再作成し、それぞれのデータベースに対してpg_dumpを起動します。...


1

組み合わせテーブル.IDでレコードが一意になるのであれば、元のSELECT文を副問い合わせにして削除対象のIDを指定するのがよいと思います。 /* 例 */ DELETE FROM 組み合わせテーブル WHERE 組み合わせテーブル.ID IN ( SELECT 組み合わせテーブル.ID FROM 組み合わせテーブル INNER JOIN 番号テーブル AS InnerJoinTB1 ON 組み合わせテーブル.A番号 = InnerJoinTB1.番号 INNER JOIN 番号テーブル AS InnerJoinTB2 ON 組み合わせテーブル.B番号 = ...


1

関数内にCOMMITがあるのが原因です。 エラーメッセージの通り、PostgreSQLではユーザ定義関数内でコミットやロールバックといったトランザクション制御はできません。 https://www.postgresql.jp/document/10/html/plpgsql-structure.html より: PL/pgSQLのBEGIN/ENDは単にまとめるためのもので、トランザクションを始めたり終わらせたりしません。 関数とトリガプロシージャは常に外側の問い合わせで確立されたトランザクションの内側で実行されます。 トランザクションの実行させる文脈はありませんので、これらはトランザクションを開始することもコミットすることもできません。 PostgreSQL 11からはCREATE ...


1

rails + postgres を選択し、 postgres であいまい検索を行うクエリを発行していくことが、もっとも近道な気がしています。 参考: PostgreSQLでFuzzy Searchを試す PostgresSQL: Documentation: fuzzystrmatch 上記のページでは、 Levenshtein distance (編集距離) によるクエリを postgres の上で実行する方法について述べています。 ただ、実際に日本語(というかマルチバイト文字)の取り扱いを postgres のあいまい検索エンジンがどれほどうまく取り扱ってくれるのかを、自分は知らないので、事前調査が必要だと思っています。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります