次のタグが付いている話題の回答:

6

歴史 もともとechoはどのようなオプションもエスケープシーケンスも解釈せず、ただ引数を標準出力に渡すだけの単純なものでした。Version 6 Unixのecho.cにはforループとprintfしかありません。V6は1975年にリリースされています。 https://www.in-ulm.de/~mascheck/various/echo+printf/ About the history, from Gunnar Ritter in <3B98D626.HL11B46E@bigfoot.de> (rough translation by me), motivating this page: "Research Unix -> 32v -> BSD had "-n", ...


6

exec()系関数は 現在のプロセスイメージを新しいプロセスイメージで置き換える。 もので exec() 群の関数が復帰するのは、エラーが発生した場合のみである。 です。つまり成功した場合はexec()系関数は返ってきません。「close(1);まで確実に到達していることは確認しました。」とのことですが、成功しているのであれば到達しないはずであり、確認方法に問題がありませんか? 目的の処理を行うにはsystem()やpopen()が適切かもしれません。


5

基本的にはWindowsカーネルのサブシステムでLinuxカーネルのシステムコールをサポートして本物のUbuntu x86_64ユーザーランドを動かす仕組みですが、すべてのLinux/POSIXシステムコールにはまだ対応していないようです。たとえば、UNIXドメインソケットなどにも未対応だったはず。


5

成功しているint型の配列を検索している例をよく考えてみてください。lfindの結果をint *型、つまりintのポインタにキャストしてから、その参照先をアクセスしていますよね? 文字列を扱っているあなたのコードではchar *型の配列を検索しています。でしたら、lfindの結果は「char *のポインタ」、別の言い方をするとchar **にキャストしなければいけません。 int main(void) { char *tab[] = {"auto", "break"}; size_t nel = sizeof(tab)/sizeof(tab[0]); char **entry = lfind(&(void *){"break"}, tab, &nel, sizeof(...


4

乱数の生成には awk の rand() が使えます。 ただ、種の決定をどうするのがよいのか、自信がないです。 Directory Structure and Devices に /dev/urandom は無いですし、dateコマンドでナノ秒などを取得することもできないようです。 とりあえず以下では、秒までの時間とプロセスIDを使っています。 #!/bin/sh seed=$(( $(date +%y%j%H%M%S) + $$)) awk -v seed="$seed" -f - <<__AWK__ BEGIN{ len = 20 chars = "1234567890ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz" ...


4

fstype によって違うでしょう。とりあえず今 Linux 環境がないのでウチの hpux の vxfs で試してみました。ディレクトリの更新日付が変わるのは 「そのディレクトリ自体に書き込みがあったとき」すなわち - ファイルやディレクトリを作ったとき - ファイルやディレクトリを削除したとき - ファイル名の変更を行ったとき $ mkdir hoge $ ls -ld --full-time hoge drwxrwxr-x 2 *** *** 96 2018-11-27 08:37:14.000000000 +0900 hoge/ $ touch hoge/hoge # 新規ファイルが作られるので $ ls -ld --full-time hoge # タイムスタンプが更新される drwxrwxr-x ...


3

metropolisさんが回答されている0x00もそうですが、 ファイルの終わりが改行コードでない場合、コピー後のファイル末尾に改行コードが付加されてしまいます。


3

ファイルの末尾が改行でなければ、ファイル名.new に新たに書出します。 ただし、サイズ0のファイルに対しては何もしません。 f=your_file; c=`tail -c 1 "$f" | tr -d '\\n' | wc -c` && if [ -s "$f" -a $c -eq 1 ]; then echo | cat "$f" - > "$f".new; fi tail でファイル末尾1バイトを切り出して、\n なら tr で削除します。 残った文字の有無を wc で取得します。入力文字が \n 以外なら $c には 1 が入ります。 改行コードの付加は cat の本来の使い方で。ファイルと標準入力を結合します。 読みやすく適当に改行を入れます。 f=your_file ...


2

日本語が混ざっているような文章で正規表現が正しく動作するかという視点で調べました。たとえば、"aあ0"と言う文字列が正規表現"a.0"にマッチするかどうかです。 POSIXが標準で必ずサポートするロケールはCのみです。それ以外が存在するかは環境依存になりますし、OSがサポートしているロケールであっても、インストールされていなければ使用できません。CロケールはASCIIエンコード1です。また、全てのロケールでは共通文字集合2のみがサポートされます。 では、grepがCロケール(ASCIIエンコード前提)として動いて、共通文字集合のみをサポートするかと言うとそうではありません。少なくともGNU grepは、サポートするロケールであれば、そのロケールに従って動作します3。GNU grepだけではなく、OS ...


2

今回の比較関数にstrcmpを使ったchar 配列のtab1とint配列のtab2の検索でうまくいかない具体的なパターンを教えてほしい。* まずは、こちらの後半の質問にお答えしておきます。 まずは、int用のテストコードをこちらのように修正して実行して見てください。 // lfind for int array. int tab2[] = {256, 512, 768}; size_t size2 = sizeof(tab2)/sizeof(tab2[0]); int key2 = 512; int *entry2 = lfind(&key2, tab2, &size2, sizeof(tab2[0]), (int (*)(const void *, const void*))strcmp)...


1

stdoutとstderrの順番が入れ替わることがある アプリ(bash) の 入力、出力が バッファリングされている可能性があって その バッファを アプリ側が 明示的に flush するような 起動オプションがないか調べる https://gist.github.com/riywo/874011 bash 自体に そのようなオプションはなさそうなので、 linux の標準出力のバッファサイズを小さくする方法 stdbuf -i0 -o0 -e0 <command> https://stackoverflow.com/questions/36847897/in-bash-how-can-i-force-a-flush-of-an-incomplete-line-printed-to-the-...


1

問題が判明したので、自己回答します。 posix sed での s 式は、次の形式です。 [2addr]s/BRE/replacement/flags ここで、\の直後に改行文字を入力することが適切なのは、 replacement の中だけです。自分は、 BRE の中でそれをやろうとしていました。 なので、今回のスクリプトは、以下のようにすると posix compliant になります。 redis-cli config get '*' | sed -e 'N;s/\n\(.*\)/: "\1"/' 参考 http://pubs.opengroup.org/onlinepubs/9699919799/utilities/sed.html


1

【 ビット演算によるright rotation】   ビット演算を使用したright rotationをbashで実装してみました。 【コード】 #!/bin/bash MAX_BIT_NUM=64 func(){ BIT_NUM=$1 n=$2 data=$3 printf "BIT_NUM=%d data=%s n=%-2d " ${BIT_NUM} ${data} ${n} DATA_MASK=$(( ~((-1)<<(BIT_NUM)) )) if [ ${DATA_MASK} = 0 ]; then DATA_MASK=-1; fi #over flow RIGHT_MASK=$((~(-1<<n))) ...


1

何をやりたいのかいまひとつわかりませんが、32 bit 整数のビットのシフト、ローテートならこんな感じでしょうか。(効率等は考えていません) #!/bin/sh ## 32 bit 整数の MSB msb=2147483648 ## 33 bit 整数の MSB msbx2=$((msb*2)) ## 32 bit を越える整数を扱えるかどうかのテスト [ $msbx2 -gt $msb ] || exit 1 while read v; do ## 32 bit 整数に丸める v=$((v % msbx2)) printf 'input %8x\n' $v printf 'right shift: %8x\n' $(( v / 2 )) printf 'left ...


1

/dev/urandom を利用するのが手っ取り早いかと思います。 #!/bin/sh # Usage: ./mkpassword.sh [SET] [LENGTH] SET=${1:-"A-Z-a-z0-9"} LENGTH=${2:-32} tr -dc "$SET" < /dev/urandom | head --bytes "$LENGTH" echo 使用例 $ ./mkpassword.sh PQ8gRtyfQ7lo2OL7ftqpkdKZXV3kSaej


1

@emasaka さんと @rou さんのコメント・回答を参考にして、 前提条件: 対象のテキストファイル(もどき)は、 eof の直前に newline を挿入した際には、 Text File として適格なものになる であるならば、次で処理できそうです。 f=my_file echo | cat "$f" - | sed -e '${/^$/d}' 追記@2016/03/10 ファイルを経由するのではなく、フィルタの方が汎用性たかそうなので、それを関数として実装してみると次になると思います。 fix_trailing_newline() { { cat; echo; } | sed -e '${/^$/d}' }


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります