次のタグが付いている新しい回答:

2

回答の前に、原因はPyCharm自身が作成する新規virtualenv環境に入っているpipとsetuptoolsの版数が古い(あるいはそれに加えてsetuptoolsが完全には展開されていない?)ためだと思われます。 プロジェクト・インタープリターをPython3.8にしていた場合、新規virtualenv環境に入っているのはpip-19.0.3-py3.8.eggとsetuptools-40.8.0-py3.8.eggで、setuptools-40.8.0-py3.8.eggの方は展開されないままになっています。 その状態でメニューの「設定」の「プロジェクト・インタープリター」から「gym」のインストールを行うと、質問のエラーが発生してインストール出来ませんでした。 ...


0

【回答】  gymが含まれるProject Interpreterを使用する。  gymを含むProject Interpreterを選ぶ、または、新規に作成します。 【Project Interpreterの作り方】 前提  Windows10のコマンドプロンプトで以下を実行し、gymをインストールしておく。 pip install gym 手順  Settings(Ctrl+Alt+S)の歯車アイコンをクリックし、Addを選択する。  Virtualenvを選択し、Project Interpreterを作成する。   ※Virtualenvを選択すると、Packageのリストにgymが含まれていました。    gymが含まれていれば他の選択肢でもよいと思います。    私の環境では、...


0

必須でしょうね。 ただし、それが可視化されているか、社員など企業内のエンドユーザーの普段の使い勝手にどれほど影響するか、等については経営者やシステム部門の裁量になるでしょう。 つい最近も、このサイトにこんな質問が来てプロキシについて言及されています。 Anaconda以外でのPythonの環境構築について aws-google-auth で2段階認証前にエラーが出る 範囲が大きすぎるしれませんが、情報処理推進機構の情報セキュリティページとか、そこでの「PROXY」をキーワードにした検索結果です。 HOME情報セキュリティ 同サイトのproxyでの検索結果


4

企業に限らず学校なども含め、LAN内に複数クライアントがある場合にプロキシ経由で外部に接続するのはセキュリティを確保するためにも一般的に利用されている方法だと思います。 プロキシの中でも特にwebフィルタリングを行うようなものについては、ブラウザでコンテンツを閲覧している分には問題ないのですが、質問に挙げられたようなパッケージ管理でファイルをダウンロードする際、証明書などのチェックを行う過程で問題が出るケースは私も経験があります。 (プロキシを通る際に証明書が置き換わって見えるため、パッケージ管理ツールが正当性をチェックする段階でエラーになってしまう) 設定方法も大抵は各マニュアルに記載があるかと思います。 man yum.conf man apt.conf Using a Proxy Server - ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています