主成分分析(PCA)は次元数を減らすのに用いられる統計学的手法で、クラスタリングや因子分析などでしばし使われます。複数個の説明変数あるいは原因変数を与えると、PCAはデータの分散がもっとも大きくなるように変数を定め、それらを整列させます。この性質によってPCAを用いた次元数削減が可能となります言い換えると、大きなデータセットに存在する複数の隠れた影響の中から、もっとも重要なものを変数として特定することができます。

概要

主成分分析(PCA)は次元数を減らすのに用いられる統計学的手法で、クラスタリングや因子分析などでしばし使われます。複数個の説明変数あるいは原因変数を与えると、PCAはデータの分散がもっとも大きくなるように変数を定め、それらを整列させます。この性質によってPCAを用いた次元数削減が可能となります。言い換えると、大きなデータセットに存在する複数の隠れた影響の中から、もっとも重要なものを変数として特定することができます。

数学的には、主成分分析(PCA)とは、相関のある複数の変数(ベクトル)を主成分ベクトルと呼ばれる無相関な変数に直行変換することと等しいです。

タグの使い方

タグは、実装やプログラミングに関する問題に限定されるべきで、この手法の統計学や理論的な性質についての問題に使われるべきではありません。
質問を投稿する際に、StackExchangeが提供している統計学や機械学習、データ解析向けのサイト Cross Validatedの方が適切かどうかを検討してください。

履歴 | 抜粋履歴