次のタグが付いている話題の回答:

10

「オープンソースソフトウェアの育て方(Producing Open Source Software)」の一読をお勧めします。日本語訳は広く公開されています。オープンソースソフトウェアとは何か、またその歴史が理解できる内容になっており、プロジェクトを持つにあたって気をつけることと、進め方の指針が書かれています。日本語訳を小難しくしておらず丁寧なのがお勧めできる理由でもあります。(日本語で読める物として、他に「オープンソースプロジェクトの管理と運営(Managing Open Source Projects)」がありますが、こちらは内容ががつがつしていて、講義だけで使う教科書のようです。) GitHub を使ってソースコードを公開することは最近の流行であって、 GitHub の利用が必須なことではありません。 ...


9

いくつかのリポジトリでは CONTRIBUTING というファイルや README というファイルに、機能追加を要望したい場合のやり方が書いてあります。GitHub への issue 登録以外の方法をとっているソフトウェアもあるので、もしあればそちらを参考にすると良いです。 何も書かれておらず、ソースコードが GitHub で管理されているのであれば、issue を登録するので良いでしょう。Issue を登録したからといってそれが必ずしも実装されることになるとは限りませんが、意見を募ることはできます。できれば「なぜその機能が必要なのか」が具体的に書かれているとありがたいかなと思います。


6

いいですよ。ただし、それを実装するかどうかはそのOSSの開発者次第なので、その機能が必要と思われなければ、そのままスルー(最終的にはクローズ)されると思いますが。


4

自分用のリモートリポジトリが無いと、自分のローカルへクローンしたリポジトリに増やしたコミットをどこのリモートリポジトリへ git push するのかという問題が起こります。オリジナルのリポジトリへのプッシュは通常できません。このため、オリジナルをフォークして自分用リモートリポジトリを作り、そこへ一度 git push し、オリジナルへマージしてもらうリクエストを出します。 また、master ブランチにはできる限り常に「動くもの」を置いておきたいという理念に沿うと、作業は新しいブランチで行うのが自然です。他にも新しいブランチで作業しないと困ることはいくつかあって、たとえば複数のプルリクエストを同時に書きたくなった場合 master ブランチで作業していると困ります。 今回の方法は GitHub flow ...


2

1.ドキュメントなどに記載しておけばいいです 2.その認識でいいかと思います。まあ、漏れなく全て、というのは難しいかもしれませんが。そこらへんは問い合わせされたときに追記するとか説明すればいいかと。 3.問い合わせを受けたときに開示する、あるいはそのソースの所在を提示する、程度でいいんじゃないでしょうか 4.その認識でいいかと思います


1

Javascript言語でDebian上でGUIが使えてシェルコマンドを発行できるとなると 有名なフレームワークにElectronがあります。 https://electronjs.org/ 私も過集中するときがあるので分かります。 しかし仕組みをうまく考えないと人間の意志との勝負なのでなかなか難しいと思います。 がんばってください。


1

Mavenのリモートリポジトリーに接続できていないみたいですね。 以下を試してみてください。 そのLinuxマシンから http://repo.maven.apache.org にアクセスできるかどうか確認して、できない場合は、OSのネットワーク設定を見直す インターネットアクセスにプロキシーサーバーを経由している場合は、Mavenのsettings.xmlのプロキシー設定をチェックする(<proxies>タグ部分) 上記以外の場合は、mvnコマンド実行時にオプション-eとか-Xを付加して、詳細なログを出力するようにしてみてください


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります