次のタグが付いている話題の回答:

19

「OS」および「言語」について、それが何を指すかで答えが変わってきます。 「OS」の指すもの 特に前提が無ければ、まあOSXやWindows、Linuxあたりを想定してるのかなとも思いますが、用途によってはブートローダに毛の生えた程度のものやいわゆるモニタとも呼ばれるサブルーチン群だってOSの一種と言えなくはないですし、ある種の言語処理環境をポータブルに提供するシステムや巨大な分散システムの制御を担うものもあるでしょう。後者の場合、個々のマシン上で走ってるOSの上に載る形で、ハードウェアなど低レベルリソースへのアクセスをそちらに任せるという可能性もあります。 ただ、あまり話を広げすぎても仕方ないので、ここではあるハードウェア上で、他にサービスを提供するソフトウェアが走っていない状況で実行され、...


3

「なぜ」の回答は @y_waiwai さんの通り 16bit CPU だから。わざわざ 4bit レジスタなんてものを用意すると PUSH / POP 等で困ってしまいます。 もう一つ理由を挙げるなら物理アドレスの表記方法が複数あるほうがソフトウエアの実装に便利だから。 物理アドレス [0x1EEE8, 0x2345F] の範囲のデータを、物理アドレス 0x4FF08 からにコピーしたいという場合 セグメントレジスタが 4bit の場合 セグメントレジスタの値を、コピー元で1回、コピー先で1回、違うタイミングで変更する必要がある。セグメントレジスタを更新するとオフセットは計算しなおし。 セグメントレジスタが 16bit の場合 コピー元として [0x1EEE:0x0008-0x1EEE:0x457F] ...


2

無いです。 一般にプログラミング言語と呼ばれている物は、どのようなアルゴリズムでも表現出来るように作られており、相互に翻訳可能です。「チューリング完全」というらしいです。ですから、ある言語には出来る事が、別の言語では出来ない、という事はありません。 だだし、得意不得意がありますから、言語によって現実的な手間で実用的なプログラムを作成出来る分野は異なります。 OSに関しては得意とする言語が少ないですから「作れるが現実的でない」というのがほとんどだと思います。 理由としては以下の二つが多いと思いますが、言語によって違うので、興味がある言語に絞って質問を具体的にすると、詳しい回答を得られやすいでしょう。 既存の処理系、もしくは処理系の生成物(実行ファイル)がOSに依存している 動作速度が遅い


2

手元で実験していないので的外れな回答かもしれませんが, bufferoff: DW 0x0820 で 0x8200 を指定していないのが気になりました. http://oswiki.osask.jp/?(AT)BIOS によれば,ここに指定するのはオフセットなので, セグメントセレクタのように勝手に 16 倍される,というようなことはないはずです. 最後に JMP 0xc200 を実行していることからも,本当にやりたいのは bufferoff: DW 0x8200 なのではないでしょうか. ※qemu monitor という機能を使うとメモリの中身をダンプすることができますので,  ディスクを読み終わった時点で永久ループさせておいてメモリダンプしてみると,  ...


1

他の回答者の皆さんがおっしゃっている通り、不便だったり回路が複雑になったりで、4bitにするのは一顧だにされなかったというのが正しそうです。しかし、たとえセグメントレジスタのサイズを変更することを検討したとしても、メモリの有効活用の点から、4bitにすることは決してなかったでしょう。 仮にセグメントレジスタが 4 bit だったとしましょう。するとセグメントの数は 16個になります。セグメントレジスタと 16 bit のレジスタを合わせて、20 bit の実アドレスを生成するには、セグメントレジスタと 16 bit レジスタを直結するしかありません。つまり、1M のメモリ空間は、16個の 64K byte のセグメントに分割されるわけです。 あるアプリケーションが 32K byte のメモリを要求したので、...


1

8086は16ビットCPUなので、レジスタはみんな16ビットです で、セグメントレジスタは16ビット必要だからその幅、ということになります。 1Mを表現するだけ、なら4ビットあれば事は足りますが、それだけではないってことですねー


1

リンク先の記事を書いた人に キャッシュ というのは CPU の 2次キャッシュ だという前提で書いてみます。 freeされたばかりの領域のデータがキャッシュに乗っていたところで、次のmalloc直後のアクセスは書き込みであり読み込みでは無いと思われるので、利用されないのではないのでしょうか? 書き込みが発行した時に 2次キャッシュに空きがなければ、 空きを作る動作が 余計に必要となるため、それが、速度低下になるのではないでしょうか?。 実際には heap メモリで確保した領域付近には heap を管理するデータが格納されており、書き込む前に参照が発生すると思いますが・・。


1

空のディレクトリーのサイズはオペレーティングシステムでは一概に決められず、それぞれのOSのそれぞれのドライブが採用しているファイルシステムで決まると思います。  有名なところでは * unix系で多く(絶対ではない)採用されているi-node * Soralis系で採用されていて、時期unix系OSの主要ファイルシステムになる事を期待されているZFS * Windows系もNTFSやFAT、FAT32など複数のファイルシステムが混在しています * macOSではafs,apfsなど今現在一つのOSでもドライブの初期化時にファイルシステムを選ぶことが出来る など様々で数え出すとキリがないので、標準サイズと言えるものは無いと思います ...


1

「外部に送信した情報を確認したり、これから送信しようとしているものの内容をチェックして必要に応じてブロックしたり」するソフトウェアがセキュリティ対策ソフトと呼ばれるのもです。 市販されているセキュリティ対策ソフトは、詳細な情報を取得したり、自分でカスタマイズすることは難しいので、そういうケースでは、Wireshark のようなパケット取得・プロトコル解析ソフトを使用します。WiresharkはPC用ですが、スマフォ用のソフトウェアもあります。 パケットを取得した場合には、暗号化されていれば中身は監視できません。HTTPSの場合には、強制的にプロキシサーバを経由させることにより暗号を解読して中身を監視することができます。これをするソフトとしては商用になりますが Charles があります。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります