次のタグが付いている新しい回答:

0

手順2(分割の有無)について: 最も単純に,画像処理的に考えてみれば,線を引いた後でラベリング処理をしてみれば判断がつく話. ここでは図形の内側には興味がないであろうから「輪郭を辿る」ような処理で同様の判定が行えるように思える. (図形が分割される = 図形の輪郭がいくつかのループに分割される) 手順3(図形の配置)について: 処理が簡単そうなアイデアとしては,各図形の外接円群を考えておしくらまんじゅう的に調整するとかでしょうか. (図形間の空間確保には,例えば各円の半径を c/2 程度余計に大きくとればよい)


上位 50 件の最近の回答が含まれています