次のタグが付いている話題の回答:

3

k systemさんの調査によるとcontribパッケージに含まれており、配布されているバイナリには含まれていないとのこと。そしてcontribの自前でのビルド方法についてコメントされていますが…もっと簡単にビルドできます。 Visual Studioではvcpkgというパッケージマネージャーが提供されています。vcpkgではOpenCVも提供されています。 vcpkgの導入方法 Visual Studioおよびgitが使用可能なコマンドプロンプトで git clone https://github.com/Microsoft/vcpkg.git cd vcpkg bootstrap-vcpkg.bat vcpkg integrate install まで実行するとvcpkgが導入され、...


2

自己解決しました。負の値の扱いが問題だったようで、 例えば20から10を3回引くとして、C++では0とし、Pythonでは(255)-10で245のようにするのが原因でした。 そこで、Pythonの演算結果に負の値があればそれを強制的に0に置換するような演算を組み込んだところ、C++の結果と一致しました。 色々とありがとうございました。


2

OpenCVでは多角形のモーメントを求めるcv::moments関数が提供されており、このモーメント(moments)から重心(mass center)も算出できます。 下記記事もご参考に: OpenCV-Pythonチュートリアル OpenCVにおける輪郭(領域) 厳密な重心の求め方 | OpenCV画像解析入門


2

OpenCV を久しぶりに使いたくなったので調べてみました。 ネットにある日本語での解説内容では、いまいち 動作しない点があったので 本家サイトの情報を見ながら試してみました。 opencv_face*.lib のライブラリが存在しない。 https://answers.opencv.org/question/217298/opencvjs-building-wasm-cvfacecreatefacemarklbf/ に書かれている内容だと まだ不安定なので contrib パッケージに入っているそうです。 contrib パッケージは ソースからビルドするしか入手する方法がありません。 https://github.com/opencv/opencv_contrib に書いている ...


1

Pythonであればscikit-imageは有用です.簡単な画像処理であれば,関数として実装されていることが多い印象です. 自分は使ったことないですが,以下のように簡単なテンプレートマッチングであれば難しいコードを書かなくてもできるみたいです. https://scikit-image.org/docs/dev/auto_examples/features_detection/plot_template.html https://stackoverflow.com/questions/48732991/search-for-all-templates-using-scikit-image ただ,OpenCVにあってscikit-imageに無い機能は少なくないので,...


1

カメラ画像下の黒枠部分を検出してしまっているのではないでしょうか? どの部分を検出しているのか、一度確認してみることをお勧めします。 下記のページが参考になりそうです。 https://www.pynote.info/entry/opencv-findcontours また、もし可能であれば上下の黒帯部分を処理エリアから外すのはいかがでしょう? カメラ解像度が640x480pixelとして、16行目に追加で dst = frame[100:440, 10:630] <--追加 dst = cv2.inRange(dst, blue_min, blue_max) のような感じにすると、上下の黒枠がなくなります。


1

np.sum(np.abs(diff))的に変色度を計算して問題ありません あるピクセルと周囲のピクセル(surr)の RGB 値の差分(絶対値)の総計を計算しています。実際には画像の端(edge)や角(corner)にあるピクセルの場合、周囲にあるピクセル数が 3 や 5 になるので、差分の総計値をそのピクセル数で割っています。 以下のコードでは Pillow ライブラリを利用しています。 from PIL import Image import numpy as np im = Image.open('test.png').convert('RGB') w, h = im.size surr = [ (-1, -1), (0, -1), (1, -1), (-1, 0), ...


1

現在の標準で使えるWSLでは、まだサポートされていないようです。 /dev/video0 Camera support on WSL? Is there any way to pass the camera through to Windows Subsystem for Linux? This feature would make everything I'm doing right now so much easier. I know there is a feature request for USB support, but is there a workaround for now? Can I setup a camera stream on my host and access the '...


1

ちょっと興味があったので調べました。 (1)どのようなjpegファイルの場合そのようになるのか? どのような画像なのかわからないので、pillowライブラリで4chになりopencvで3chになるjpegをリファレンスを見て調べました。たどり着いた結果は「CMYK形式のjpeg画像データ」です。 CMYK形式の場合どうなるかというと、scipy側は、cmykの4chになります。opencv側はBGRの3chになります。なので、アルファが付いたというわけではなさそうです。 実際に確認するなら、 print(img[0,0,:])でピクセルを表示すればわかるとおもいます。アルファ付きならRGBAでopencv側はBGRなので表示される順番が違うかもしれませんが。 (2)ライブラリについて ...


1

JPEGのクオリティの設定が元の画像より高いのでサイズが大きくなっていると思います。 import cv2 im = cv2.imread('image1.jpg') cv2.imwrite('after10.jpg', im,[cv2.IMWRITE_JPEG_QUALITY,10]) cv2.imwrite('after20.jpg', im,[cv2.IMWRITE_JPEG_QUALITY,20]) cv2.imwrite('after30.jpg', im,[cv2.IMWRITE_JPEG_QUALITY,30]) cv2.imwrite('after40.jpg', im,[cv2.IMWRITE_JPEG_QUALITY,40]) cv2.imwrite('after70.jpg', im,[...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります