次のタグが付いている話題の回答:

3

k systemさんの調査によるとcontribパッケージに含まれており、配布されているバイナリには含まれていないとのこと。そしてcontribの自前でのビルド方法についてコメントされていますが…もっと簡単にビルドできます。 Visual Studioではvcpkgというパッケージマネージャーが提供されています。vcpkgではOpenCVも提供されています。 vcpkgの導入方法 Visual Studioおよびgitが使用可能なコマンドプロンプトで git clone https://github.com/Microsoft/vcpkg.git cd vcpkg bootstrap-vcpkg.bat vcpkg integrate install まで実行するとvcpkgが導入され、...


2

OpenCV を久しぶりに使いたくなったので調べてみました。 ネットにある日本語での解説内容では、いまいち 動作しない点があったので 本家サイトの情報を見ながら試してみました。 opencv_face*.lib のライブラリが存在しない。 https://answers.opencv.org/question/217298/opencvjs-building-wasm-cvfacecreatefacemarklbf/ に書かれている内容だと まだ不安定なので contrib パッケージに入っているそうです。 contrib パッケージは ソースからビルドするしか入手する方法がありません。 https://github.com/opencv/opencv_contrib に書いている ...


1

np.sum(np.abs(diff))的に変色度を計算して問題ありません あるピクセルと周囲のピクセル(surr)の RGB 値の差分(絶対値)の総計を計算しています。実際には画像の端(edge)や角(corner)にあるピクセルの場合、周囲にあるピクセル数が 3 や 5 になるので、差分の総計値をそのピクセル数で割っています。 以下のコードでは Pillow ライブラリを利用しています。 from PIL import Image import numpy as np im = Image.open('test.png').convert('RGB') w, h = im.size surr = [ (-1, -1), (0, -1), (1, -1), (-1, 0), ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります