次のタグが付いている話題の回答:

10

NSLog(@"%d", (int)CFGetRetainCount((__bridge CFTypeRef)date1)); で参照カウンタを見れば分かりますが、initWithString:で生成したNSDateは-1(解放不要)が返却されます。 弱参照がゼロ化される条件は、ランタイムが管理しているオブジェクト毎の参照カウントが0になった場合なので、解放されないオブジェクトに対しては__weakは機能しません。 同じNSDateでも挙動が違うのは、クラスクラスタにより生成されるクラスそのものが違うためです。 [[NSDate alloc] init]; で生成されるのは、__NSDateです。対して、 [[NSDate alloc] initWithString:@"2015-09-06 00:...


8

結論から言いますと、おそらく無理です。 理論上は確かに加速度を2回積分すれば距離が出ますが、しかしその場合、加速度はちゃんとΔtにおける加速度でなければなりません。ところがiPhoneのモーションセンサが取るのは受けた力から計算した瞬間加速度です。 積分自体は非常に簡単で、y*Δtを足していけば面積になりますから、例えば初速度を0と見なせば、0.01秒ごとに加速度を取るとし、取った加速度を0.01かけて100回足せば1秒後の速度になりますからなんも難しくありません。ところが問題はこの場合はΔt=0.01の場合の加速度が必要であり、瞬間加速度しか取れない以上それを無理やり足しても100Hzじゃあサンプリングレートとしても低すぎて精度が使い物になりません。 ...


8

はじめまして。 iPhoneアプリの作成を目指しておられるようですが。 大きなハードルは3つ位に別けられると思います。 一つ目がObjective-Cでのサンプルコード Objective-Cというのは、Smalltalkという言語のオブジェクト指向の思想をC言語の制御構造と組み合わせた言語です。特に慣れないと読みづらいのが、他の言語では、 インスタンス.メソッド(引数1、引数2...) という形で行われる、メソッド呼び出しが、 [インスタンス メッセージ(=メソッド):引数1 引数ラベル2:引数2..] と記述されることだと思います。 他の多くの言語では、引数はカンマで区切って列挙するだけですが、 引数ラベル:実際の引数という形で、この変数はこういう意味で渡しているんだと強く意識して書くことを強制されます。...


7

こちらの記事が参考になるのではないでしょうか。 Opencvを使ってパノラマ写真を作る この記事のソースコードでは、以下の様な変換を行っています。 2枚の写真のSIFT特徴量を抽出し、 特徴量のマッチングを行い 画像間のホモグラフィ行列を求め 写真2を写真1平面に透視変換した画像(写真3とする)を作成 写真3に写真1を貼り付ける 上記のステップうち、5.のステップを端折れば良いかと。 記事に掲載されているソースコードの最後の部分を以下のように改変します。 Mat homo = cv::findHomography(points1, points2, CV_RANSAC); cv::warpPerspective(src[0], result, homo, Size(src[0].cols, src[0]...


7

Storyboardを使うときのデメリットがほぼ、Storyboardを使わないメリットになります。 ・変更の差分が確認しづらい・動かさないと分からない ・複数人の開発で衝突が発生しやすい(分割することで軽減できる) ・インスタンス化をファイル名やIDなど、文字列でやりとりすることになるので、そのあたりの変更に弱い ・コードで書かないとできないことがある などです。他にもありますが例として上記があります。 しかし、UIをコードで書くのはどうやっても冗長で、共通化しにくいのでキレイにするのは難しいです。 そのためStoryboardで実現できることはStoryboardを使うと汚くなりがちなUIのコードを無くすことができるので、一般的にはできるだけStoryboardを利用するのが良い方法です。 ...


6

Swiftからは可変長引数のObjective-Cのメソッドを呼ぶことはできないようです。 なので一つの方法としては va_list, va_start, va_end マクロ(C言語)をつかったオーバーロードメソッドを用意してそれを呼ぶ形にするみたいです。 もちろんすでに可変長でないオーバーロードがあればそちらを利用すればよいと思います。 こちらに本家の方での同様の質問があります。後述の書き換え例はこちらを参考にしています。 こちらも同様の本家の質問でできないという回答ですが、Apple Developer Forumsで回答のリンクが張ってありました。(ライセンスに抵触すると嫌なのでこちらは転載しません。) ...


6

Swiftでは、 "reloadContent:" のような文字列リテラルがSELとして扱われます。 このことから、「文字列=セレクタ」と誤解する向きがありますが、これはコンパイラによる特別扱いで、実際には文字列リテラルからSelector構造体が作られています。 Selector構造体の定義を読めば分かりますが、StringLiteralConvertibleプロトコルに準拠しています。ですので、文字列リテラルと比較することは可能です。 ただし、 if menuItem.action == "reloadContent:" { return true } のような処理で、StringLiteralConvertibleとしての比較が優先されるのか、"reloadContent:"...


6

プロフィール画像を設定する必要のある他のアプリでも、ほぼ同じようなUIが採用されていましたので、このような機能を実現するライブラリが存在するのではないかと予想しています。 この質問について言えば、特定のライブラリではなく、UIImagePickerControllerにallowsEditingを設定した場合のOS標準の挙動だと思います。 320x320の正方形でしか切り抜けないなど制約があり、より複雑なニーズに対応するために様々なライブラリがありますが、プロフィール画像の作成などであれば標準機能でも十分な場合があります。


5

<プロダクト名>-Bridging-Header.hを作成して、SwiftからObjective-Cのクラスを参照できるようにする必要があります。 以下に新規SwiftプロジェクトでObjective-Cのクラスを使うまでの手順を記載します。 新規Swiftプロジェクトを作成 Objective-Cで任意のクラスを作成 #import <Foundation/Foundation.h> @interface ObjcClass : NSObject -(void)log; @end @implementation ObjcClass -(void)log{ NSLog(@"Objc Class Log") ; } @end Bridging-Header....


5

・UILabel  表示専用 ・UITextField  キーボードによる入力が可能 ・UITextView  キーボードによる入力が可能  複数行可


5

前者は、 let a = AClass() NSLog("%d", a.value) と記述できますが、後者は let a = AClass() NSLog("%d", a.value()) とインスタンス変数でなく、メソッドの記述となると思います。 ですので、インスタンス変数のようにアクセスできるプロパティが、内部ではメソッドで実装されていたという感じで見せたいのでしたら、前者の記述が宜しいかと思います。


5

アプリがSwiftで書かれてるかどうかはストア的には関係ありませんから、Objective-CのアプリをSwiftで書きなおしても同じアプリとして申請できるはずです。 実装言語はSwiftだろうとJavaScriptだろうとActionScriptだろうと、アプリケーションIDが同じであればストア的には同じアプリです。


5

それらは、Apple の UIKit.framework 内プライベートAPI の一部なのでそれ自体が何なのかの正しく答えられる人は少数だと思いますが、 GitHub を簡単に検索してみると、ランタイムの情報をヘッダとしてダンプした人が結構いました。ヘッダとしての内部情報は見ることはできます。 UILayoutContainerView.h UINavigationTransitionView.h UIViewControllerWrapperView.h 機能は、メソッドから少しだけ、類推できると思います。UINavigationTransitionView についていえば、 _fromView から _toView への画面遷移アニメーション担当をしていそうです。 ...


5

OPCサポートです。 コードを確認させていただきました。2点問題がございます。 GPRMCレコードでステータスと測位時刻の順番が逆です。 緯度経度変換(10進数から60進数)で秒の変換は不要です。(下記コード参照願います。) - (double)convertCLLocationDegreesToNmea:(CLLocationDegrees)degrees { double degreeSign = ((degrees > 0.0) ? +1 : ((degrees < 0.0) ? -1 : 0)); double degree = ABS(degrees); double degreeDecimal = floor(degree); double ...


5

ARCが有効な環境なら、どれもおなじです。変わりや差異はありません。 メソッドnewは、alloc+initの短縮書式、いわゆる「Syntax Sugar」です。 ARC有効でない環境では、alloc+initとstringでは違いがありました。stringは、alloc+init+autoreleaseの短縮書式です。


5

iOSのバージョンでキーボード出現時にUITextFieldが自動で隠れないようにスクロールするようになったバージョンはありますか? 基本的にはないです。これまでのすべてのiOSのバージョンにおいて、ソフトウェアキーボードによってUITextFieldを含むビューの要素が隠れないようにするためには、ソフトウェアキーボードの表示・非表示を監視して、自分で要素を移動させるなどの処理を書く必要があります。 基本的に、と書いたのは例外があるからです。 例えばUITableViewControllerはセルがテキストフィールドや同等のコンポーネントを含む場合、キーボードを自動的に避けてくれる(自動的に隠れない位置にTableViewをスクロールさせる)機能があります。 (UITableViewではないです。...


4

たとえば以下のようにすれば良いと思います。 #import <Foundation/Foundation.h> #import <Carbon/Carbon.h> int main(int argc, const char * argv[]) { @autoreleasepool { CGEventSourceRef source = CGEventSourceCreate(kCGEventSourceStateHIDSystemState); CGEventRef f4 = CGEventCreateKeyboardEvent(source, kVK_F4, true); CGEventSetFlags(f4, ...


4

範囲選択を変更したときに呼び出されるメソッド: UITextViewDelegateプロトコルのtextViewDidChangeSelection: 選択範囲を取得するメソッド: UITextViewのselectedRangeプロパティ - (void)textViewDidChangeSelection:(UITextView *)textView { NSString *selectedText = [textView.text substringWithRange:textView.selectedRange]; } 例えば、上記のようなコードで選択範囲が変わるたびに、選択範囲のテキストが取得できます。


4

OSXアプリ開発に必要な知識 基本的にOSXのアプリケーション開発に関して必要な知識としては SwiftやObjective-Cなどのプログラミング言語の知識 Cocoaフレームワークの知識 Xcodeなどの開発環境に関するに関する知識 があるとは思います。 ここからは、各項目についておすすめの書籍を紹介しておきます。(僕自身まだ、手にしてはいない書籍も何冊がかありますが。) 最新の情報について はじめに言っておきますが、現在のXcode6.1に関して最新の情報が乗る書籍は、おそらく少ない or 存在しないと思いますので、そのあたりは、Appleのドキュメントを参照するのが一番早いでしょう。 というか、Appleの公式のドキュメントは見ておくべきです。 SwiftかObjective-Cについて ...


4

直接Objective-Cと同じことはできませんが、型拡張で同じ事はできると思います。型Tがprotocolに適合していればそれはグローバルな状態だとおもうので、これでいいんじゃないでしょうか。 protocol FooProtocol { var foo: String { get } } protocol BarProtocol { var bar: String { get } } extension UIView: FooProtocol, BarProtocol { var foo: String { return "foo" } var bar: String { return "bar" } } let a = UIView() a.foo // "foo" ...


4

下記のなかから、用途に応じて使い分けるとよいと思います。 Layer Transform Viewの移動、回転、拡大縮小等でしたら、Layer Transformを使うと良いです。たとえば、Viewを0.5秒間かけて180度回転させるには: [UIView animateWithDuration:0.5 animations:^{ myView.layer.transform = CGAffineTransformMakeRotation(M_PI); }]; CGAffineTransformConcat を使えば、組み合わせも可能です。 myView.layer.transform = CGAffineTransformConcat( ...


4

コメントで解決しましたが、 プロジェクト内のカタログにイメージファイルをを追加していなかったということでした。 ここに補足含めてまとめておきます。 イメージ取得の API では、リソースが見つからないと nil を返すものがあります。 イメージリソースが見つからない原因には、以下のどちらかが有力です。 単純に、イメージファイルがプロジェクトに追加されていないもしくは、ファイル名が不正 実行時に、@2x, @3x 等のバージョンのリソースが読み込まれようとしたが失敗 今回は後者でしょう。環境によって、本来どのタイプのリソースが必要になるかは、 iOS Human Interface Guidelines で大まかに知ることができます。 @1x : iPhone 3GS まで @2x : iPhone 4,...


4

私の環境でも再現しました。iOS 8.1.2, iPhone 6 Plus ただし、Xcodeから実行してデバッガと接続してるという状況でのみ起こるようです。 試しにInstrumentsで調べてみましたが、メモリの使用量は一定で、特に開放されてないということはありませんでした。(下記スクリーンショット) 私の環境ですとデバッグ中はだいたい3回めのダウンロードでメモリ不足でクラッシュしましたが、デバッガと繋がず、単に実機で実行するぶんには、何度ダウンロードしてもクラッシュすることはありませんでした。 同様の状況が起こっているひとは他にもいるようですが、同じくデバッガに接続してるときだけ起こるということです。 https://stackoverflow.com/questions/27280486/...


4

不可能です。 リファレンスには、以下の記述があるので明らかです。 Color objects are immutable and so it is safe to use them from multiple threads in >your app. https://developer.apple.com/library/ios/documentation/UIKit/Reference/UIColor_Class/index.html 不変オブジェクトの、バグを引き起こしにくく、スレッド安全である性質から、 iOS SDKのいくつかのクラスは、不変オブジェクトとして実装されています。 したがって今回のケース、カテゴリを作成するにあたっても、 自身のデータを変更することなく、...


4

たとえば -[NSData initWithContentsOfURL:(NSURL *)aURL options:(NSDataReadingOptions)mask error:(NSError **)errorPtr] これは let url: NSURL = // NSURL instance var error: NSError? = nil // var で宣言。オプショナルにする let data = NSData(contentsOfURL: url, options: .DataReadingMappedIfSafe, error: &error) のようになります


4

上記のコメントを考慮した上で、 流れとしては以下のようになります。 1. JSONデータをNSArrayにNSDictionary形式で入れる(以下例ではNSMutableArrayにNSDictionaryを入れています) NSMutableArray *allArr = [NSMutableArray array]; arr = [@[@{@"name": @"飲食店a", @"category": @"restaurant"}, @{@"name": @"飲食店b", @"category": @"restaurant"}, @{@"name": @"飲食店c", @"category": @"restaurant"}, @{@"name": @"スポーツセンターa", @"category": @"...


4

Layer-Backed ViewなiOSだと混同しがちですが、UIViewに対するアニメーションと、CALayerに対するアニメーションは別物です。 animateWithDuration:系統のメソッドは、UIViewに対するアニメーションを行います。このとき、操作可能なプロパティには制限があります。iOS View プログラミングガイドより、「アニメーション化の対象」の章を参照ください。 CALayerのborderColorなどに対してアニメーションを行う場合は、Core Animation プログラミングガイドより、レイヤベースのアニメーションを記述する必要があります。 例えば、以下のようなコードになります。 CABasicAnimation *borderColorAnimation = [...


4

正規表現が間違っているのか、Objective-Cのコードが間違っているか検討がつかない ということですので、正規表現は正規表現として下記のサイトなどリアルタイムにマッチした結果を確認できるサービスなどを利用して、別に試行錯誤するのが良いと思います。 RegExr: Learn, Build, & Test RegEx: http://www.regexr.com で、実際の要件がいまいち見えませんが、おそらく望みの動作は次の正規表現で得られると思います。 @"START(.*?)END" STARTとENDの間に任意の文字.の0回以上の繰り返し*、に最短一致数量子?を指定して、最も短い部分にマッチするようにしています(そうしないと、最初のSTARTと最後のENDの1つだけにマッチしてしまう)。...


4

$_FILE[...]['name'] に入っているのはクライアント側で指定したファイル名ですが、この名前でサーバー上に保存されるわけではありません。同じ名前のファイルを複数のクライアントが同時にアップロードしたときに困ってしまいます。 アップロードされたファイルの場所は $_FILE[...]['tmp_name'] に格納されています。質問に書かれた例では /var/tmp/phpmRuFbC になっていますね。 参考 PHP: POST メソッドによるアップロード - Manual


4

※コメントで解決してしまいましたが、回答の方にも記載しておきます。この質問の閲覧者に解決済みであることが判るのでこの回答を承認お願いしたいです。 サーバー側がPHPと云うことで原因を推定してみました。 phpではphp.iniの設定で「upload_max_filesize」という設定があり、この設定値でファイルのアップロードにサイズ制限しています。この値をアップロードしたいファイルの想定最大値に設定しておく必要があります。(規定値では2Mとか10Mとか小さい値に設定されています。)


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります