次のタグが付いている話題の回答:

2

Cross Originはscheme, host, portのいずれか一つでも異なる場合にその扱いになります。 サーバー側はhttp://localhost:7000に対して、クライアント側(ブラウザ)はhttp://localhost:5000です。 schemeはhttp、hostはlocalhost、portは5000と7000でportが異なることからCross Originの扱いになります。これを許可するにはrails側でlocalhost:5000のoriginからの通信を許可する必要があります。これに関してはrailsのoriginsに指定されているので問題ありません。これ以外の記述は不要でしょう。 今回問題になってるのはaxiosのbase URLです。...


2

私の場合は空文字で返すことが多いです。 もし代入されていないことを表現したい場合はnullを使います。undefinedは自分から利用はしません。 Javascriptの場合はstringであってもオブジェクトですので、プロパティもありますしいくつかのメソッドも存在します。 つまりstring型で返さないと、それらのプロパティやメソッドはnullやundefinedが渡ってきた場合、存在しないプロパティを参照したりメソッド実行時エラーが起きる可能性があります。 参考 もちろん毎回型チェックを入れるという処理になっているもしくは、空文字と代入されていないことを区別したいという場合は利用したりしますが、特にそのような制約がない場合は空文字を使います。 さらに、...


1

ディレクトリ構成に対する回答は無数にあります。また、どれが一般的で、どれが理想的かもユースケース次第になります。 ディレクトリ設計やStore/State/Actionなどの分割単位を決定するには、今実装している対象(サービスや業務ロジック)に対する深い理解が必要です。これは小手先のテクニックでできるようなものではなく、とても多くの時間をかけて考える部類に入る内容になります。 なぜならば、と続けたいところですがそれ自体を説明するためにはたくさんの文献を読む必要があります。 実装対象に対する効果的なディレクトリ構造を構築するための方法はありますが、この方法は「これをしないほうがいい」という、誰もが容易に踏むアンチパターンを回避することです。 抽象的な説明が続きますが、フロントエンド(...


1

基本的にはVPSにデプロイする場合でもPaaSにデプロイする場合でも基本的な部分は変わりません。 構成は条件によって多々あるでしょうが、一般的には (プロジェクトのルートディレクトリをgitで管理してるとして) gitでプロジェクトを丸々サーバー上に配置し デプロイ時にyarn install アセットのビルド(yarn build)等をし サーバープロセス(expres等)の再起動 といったところでしょうか。 (アセットのビルドについては別でやって放り込んでもいいのですが) サーバー上に配置するのはpushでもpullでも構いませんが(一般にはpullでしょうが)、プロジェクト上の.gitignoreでignoreされていないファイルは基本的に必要と思っておけば大丈夫です。 ...


1

slugというかパラメーターは $route.params. で取得できますよ。 バリデーションかける場合はこの様にするようです。 基本、外部データの読み込みはasyncDataでaxiosなりを使って 読みこむのが良いのかと思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります