次のタグが付いている話題の回答:

5

Apache、nginxが必要になるのですか? ApacheやNginxなどのWebサーバをAPサーバのフロントに配置する主な目的は、以下のようなことだと思います。 負荷分散 セキュリティの強化 静的ファイルの処理の高速化 Webサーバにしかない機能の利用 Webサーバが無くても要件を満たせるのであれば、APサーバだけでも問題無いです。 色々種類あるwebサーバは何が違うのですか? 機能やアーキテクチャなどいろいろ違います。「Apache vs Nginx」とか「Apache Nginx 比較」とかでググればたくさん情報が出てきます。


4

Gunicorn → アプリケーションサーバー ApahceやNGinx → Webサーバー Flask → PythonのWebアプリケーション フレームワーク になるかと思います。 Flask には、サーバー機能が組み込まれてはいますが、開発やテストをすることを主眼に用意されており、性能、安定性、セキュリティなどは考慮されておらず、簡素な物です。 本番運用する場合は Gunicorn などの アプリケーションサーバー(WSGI サーバー)を利用するのが推奨されています。 Gunicorn は Pythonで実装された WSGI サーバーで、Webサーバーとしての機能もあるので Gunicorn単体でも動きますが、Nginx と組み合わせるのが強く推奨されていて、...


2

まずはnginx, unicorn, sidekiqのプロセスが起動しているか確認してみてはどうでしょうか。 以下はプロセス一覧からgrepをかけてunicornプロセスが起動しているかを確認する例です。 ps aux | grep -v grep | grep unicorn これで何も表示されなければunicornプロセスが起動されてないので、bundle exec unicorn <必要なオプション>で起動する必要があります。


2

本件ですが、 Linux OS の logrotate で Rails アプリケーションのログのローテーションしていたのですが、ログローテート時に puma を再起動していたためでしたmm (再起動しないと puma が新しい出力先にログを出力しないため。)


2

試してみればすぐにわかることだとは思いますが、 $ sudo nginx -t && systemctl restart nginx.service nginxは管理者権限で実行され、それが成功すると、systemctlが現在のユーザの権限で実行されます。これが期待通りかどうかはわかりません。sudoの引数は&&の直前までです。 sudo sh -c 'nginx -t && systemctl restart nginx.service' shが管理者権限で実行されるので、その中で実行されるnginxもsystemctlも管理者権限で実行されます。行末まですべてがsudoの引数です。


2

お世話になります。 私の単純なミスで、cgiを動作させるモジュールがロードされていなかったため、Perlスクリプトが動かなかったようです。 a2enmod cgi でモジュールを有効化して、Apacheを再起動させたところ、正常に動作するようになりました。 ありがとうございました。 以上、今後ともよろしくお願いいたします。


1

ApacheやNginxなどのWebサーバは、 httpリクエストを受け取り対応するhtml文書などをhttpレスポンスで返します。 htmlが要求された場合はそのファイルの内容をレスポンスボディとしてそのまま返しますが、 phpが要求された場合はphpを処理する仕組みがWebサーバ自体には存在しないため、 phpを処理する仕組みと連携する必要があります。 別のプロセスに処理を移譲する:php-fpm phpを処理する仕組みをWebサーバに追加内蔵する:Apacheでのmod_php php-fpm は、fast cgi経由での連携を前提としたphpを処理する仕組みです。 ※ cgi、fast cgi cgiは、Webサーバーがcgiに処理を要求するたびにプロセスを実行し結果をもらったら終了します。 ...


1

systemctl status nginx.service -lは指定したユニット(サービス)の状態、直近のログファイルを確認する方法。 journalctl -xeはsystemd-journaldが収集したジャーナル=ログを確認するコマンド。こちらも-u UNITNAMEでユニット名を指定することができますが、質問の実行方法では特に指定がないのですべてのログを表示するはず。 ログは一般的に末尾に追記されていくので、問題が起こった直後はログの一番最後から確認する方が原因を見つけやすいので、-eオプションを推奨しているのでしょう。-xは追加の解説メッセージがもし存在すれば表示するオプションです。 今回実行されたコマンドは恐らくnginxで問題が起きている際のメッセージを参考にしてだと思いますが、...


1

Upgradeヘッダを指定する必要があるようです。 参考: WebSocket proxying 上記ページ抜粋: location /chat/ { proxy_pass http://backend; proxy_http_version 1.1; proxy_set_header Upgrade $http_upgrade; proxy_set_header Connection "upgrade"; }


1

自己解決したので、回答します。 私はFlaskを利用していますが、FlaskのFastCGIの項で、以下の記載がありました。これは、FlaskでFastCGIとして動作させるには、これを書けばいいよ、というプログラムですが、これを記載すると、Flaskアプリケーションを動かした際に、Flaskが.sockファイルを生成してくれます。パスはもちろん、以下に記載の/path/to/fcgi.sockです。 WSGIServer(application, bindAddress='/path/to/fcgi.sock').run() そして、Flaskが生成した.sockに対して、Webサーバが接続しに行くようです。WebサーバとWebアプリケーションのつなぎ目を理解することができました。


1

A1: リクエストしてきたホスト example.com のサブドメイン名 $subdomain を取得し、サブドメイン用のコンテンツディレクトリ(/var/www/vhosts/$subdomain)が無ければ example.com にリダイレクト、サブドメイン用のコンテンツディレクトリがあればそのコンテンツを使用する。 A2: ご参考にされているサイトでは、具体例そのものの方法はできませんが、フォルダを用意すればホストごとのコンテンツディレクトリの動的変更は可能です。


1

(質問者さんのコメントより) fastcgi_param PATH_TRANSLATEDをコメントアウトし、かつfastcgi_param SCRIPT_NAMEがSCRIPT_FILENAMEの間違いでした。 /etc/nginx/nginx.conf server { ... location ~ ¥.php$ { fastcgi_param SCRIPT_NAME /etc/nginx/www$fast_cgi_script_name; #fastcgi_param PATH_TRANSLATED /etc/nginx/www$fastcgi_path_info; ### <- この行をコメントアウト fastcgi_pass unix:/var/...


1

使用するライブラリーによりますが、Linuxサーバーだとメモリ使用量が増える場合が多いです。Windowsの方で主に開発されているソフトなので仕方がないと思います。処理速度も.Net Core2.0まではLinuxサーバーの方がはっきり遅かったですが、.Net Core2.1でかなり改善されました。 .NET Core は、windowsとLinuxでは実装に違いがあります。 参考: https://www.slideshare.net/tanakata/20170527-inside-net-core-on-linux


1

今回はnginx-app.confのstaticフォルダの指定を間違えていた点もそうですが STATIC_ROOTを設定していなかったため、virtualenvのテスト環境では動作しても dockerのデプロイ環境では動かないという初歩的ミスがありました デプロイ環境のためにはSTATIC_ROOTにcollectstaticが静的ファイルを集めるディレクトリの指定が必要だと理解していなかったのが原因です ただDjangoの管理ページのCSSが適用していないのでまた原因を探る必要があります 拙い文章で分かりづらかったと思うのですが、丁寧に解説までしてくださり本当にありがとうございました


1

原因は他のアプリケーションが80番ポートを使用していたということです。 (コメント欄より)


1

参照されたサイトは、システム上のPython2を使ってvirtualenv環境を作成して、仮想環境内のpipを使ってuwsgiなどをインストールしているようです。kuunosuke さんはpyenvで3.6をインストールしてそれを使いたいそうなので、参考サイトのとおりにやるのと違う手順になるかと思います。 uwsgiのログにpython version:2.7.14と表示されているのは、virtualenv環境を作成時に、pyenvでインストールしたpython3.6からではなく、システム上のpython2を使って仮想環境を作成したのではないでしょうか? python3.6で同じようにやるとしたら、 virtualenv venv としているところを virtualenv -p /home/ec2-...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります