次のタグが付いている話題の回答:

3

wgetや他ツールでもUser-Agentが大体変えられるのですが、一般のユーザは、Defaultを使うとしては、user-agent による拒否は可能でしょう。 Wget normally identifies as ‘Wget/version’, version being the current version number of Wget. https://www.gnu.org/software/wget/manual/wget.html#index-user_002dagent nginxによるUser-Agent拒否: http://www.scalescale.com/tips/nginx/block-user-agents-nginx/?replytocom=163615#


3

これを行うためには、nginx に「自分」と「他人」を認識してもらう必要があります。しかし物理的な自他の差は nginx が認識できる情報ではありません。このため「自分」の定義の方を見直すか、nginx では無いもので管理するかをすることになりでしょう。 「自分」の定義の方を見直す方法としては、たとえば「特定の IP アドレスのみ allow する」という方法はあります。しかしこれはあまり便利ではないでしょう。ノートパソコンを持って別のネットワークから接続したいことはよくあるだろうことを考えると、自分の IP アドレスが常に固定されているという前提はあまり置きたくありません。 他の方法としては nginx レベルでのパスワード認証を使うことも考えられます(パスワードを知っているなら自分、とする)。BASIC ...


3

まあわざわざ作らなくても Microsoft OneDrive とか Google Drive とかありますし Nginx にこだわることなく柔軟に運用すればよいかと。


3

https://teratail.com/questions/231471 上記の内容をもとに自己解決できました。 ・「config/environments/prodution.rbファイルでドメインを有効化」以外に行ったこと nginx ***.conf に下記のコードを追加しました。 location /cable { proxy_pass http://アプリケーションサーバー/cable; proxy_http_version 1.1; proxy_set_header Upgrade websocket; proxy_set_header Connection Upgrade; ...


3

rails コンテナ内部から見ると 3000 番ポートで起動していて、ホストの 5000 番ポートからポートフォワードしているのですよね? もし、そうならば、nginx コンテナからは、ホストの 5000 番ポートではなく、rails コンテナの 3000 番ポートに接続するよう、proxy_pass を設定する必要があります。 location / { proxy_pass http://rails:3000; (略) } ただし、nginx コンテナから "rails" で名前解決するには、links で設定するか、networks で両コンテナを同じネットワークに配置するか、どちらかになると思います。


3

以下のエラーメッセージに注目すると、"ポート 80 が既に使用されている" と出ています。 nginx: [emerg] bind() to 0.0.0.0:80 failed (98: Address already in use) 何らかの理由で古い nginx のプロセスが 80 番ポートを掴んだままになっている可能性があるので、 例えば lsof コマンドなどで該当のプロセスを突き止めます。 実行例: ポート ":80" を使用しているプロセスを一覧表示 $ sudo lsof -i :80 nginx 3254 root 6u IPv4 20710 0t0 TCP *:http (LISTEN) nginx 3255 ...


1

自己解決しました。 原因はfavicon.icoのリクエストでした。


1

クエリストリングは location では判別できません。 $args 変数で参照できますので、location / { ... } の中で if 文で分岐するといいと思います。 location / { if ($args ~* id=API022) { proxy_pass http://127.0.0.1:8081; } if ($args !~* id=API022) { proxy_pass http://127.0.0.1:8082; } }


1

実務での考え方を解説していると見做せる以下の記事を見つけました。 サーバ起動制御 - 闘うITエンジニアの覚え書き 4.7.1 Web3階層システムを起動する それを当てはめると、システム起動時の順番は以下になるでしょう。 全部再起動する場合は、いったん全部停止してから、この順番で起動していけば良いと思われます。 DBサーバー起動 -> MySQL APサーバー起動 -> php-fpm Webサーバー起動 -> Nginx


1

質問の冒頭: Nginx と php-fpm の関係性を理解できていません。 何となく、Nginx の上に php-fpm が載っているようなイメージを抱いているのですが、 例えば、Nginx を再起動しても、php-fpm を再起動したことにはならないのですか? それについては、この記事の図が分かりやすいのでは? NginxでPHPを動かす ・PHP-FPMというのは、PHP-FastCGI Process Managerの略で、cgiです。 ・PHP-FPM(=FastCGIのインターフェース) → このプログラムを使って、PHPを動作をさせます ▼ cgi方式 nginxがphp-fpmにphpの処理を依頼し、php-fpmがphpを処理します。 (...


1

Docker周りの操作は合っているように見受けられます。 ですのでアクセスするためのurlはそれでOKかと思います。 以下のことを試してください(netcatを使って通信の疎通確認をします) EC2インスタンス内からDocker環境への疎通確認 $ nc -vz localhost 8080 // 成功した場合以下のようなメッセージ Ncat: Connected to x.x.x.x:8080. ローカル環境からEC2インスタンスへの疎通確認 $ nc -vz EC2のパブリックv4IP 8080 // 成功した場合以下のようなメッセージ Ncat: Connected to EC2のパブリックv4IP:8080. いずれかで失敗した場合、 ...


1

ドメインからIPの名前解決がされていないようなので、 Webサーバの設定の問題ではなくて、DNSの設定の問題のようです。 おそらくルートドメインの設定がされていないか間違った設定をされているように見受けられます。 ご利用になられているDNSサービスをご確認してください。 ドメインレジストラにオプションとしてDNSサービスを利用していたり、もしくはAWSRoute53のようにPaasで提供されていたり、もしくは自前のネームサーバを用意したりしているので、どのような設定をしたらよいのか、どのように修正すればよいのかは違ってきます。 ちなみに、レジストラやDNSやネームサーバなどはWebエンジニアであればかなり大事な知識の一つだと思っています一度目を通しておいたほうが良いと思います。...


1

調査の結果、AWSのWAFの設定で :// を含むURLをブロックしていたのが問題でした。


1

https://qiita.com/naoki_mochizuki/items/5a1757d222806cbe0cd1 この記事ではHTTPSでの接続は考慮されてないように見えます。 それを承知でHTTPSでつなぎたい場合の話になります。 nginxのコンフィグで443の設定がされていないように見えます。 また443(HTTPS)を使いたい場合、SSL証明書が必要になります。let's encryptを使うのが手っ取り早いと思います。 またSSL証明書を使うときはドメイン名が必要になります。適宜用意してください。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります