次のタグが付いている話題の回答:

10

1.はその通りです。172.から始まるIPは日本国内には割り当ていなかったと思いますが、米国などでは普通に割り当てられています。組織内からある海外のサイトにだけアクセスできないから調べてくれという話で調べたら、172.0.0.0/8の範囲をプライベートアドレスとして使っていたという事例を聞いたことがあります。 2.はちょっと質問の意味がわかりません。RFC1918範囲外をプライベートアドレス扱いにする問題は1.に書いたとおりです。 3.についてはちょっと歴史的な経緯を理解する必要があります。詳しく書きます。 TCP/IPは現在におけるインターネット、つまり、これまで組織毎に独立して作れていたネットワーク間を結ぶために作られたプロトコルです。IPアドレス全体は0.0.0.0~255.255.255....


9

簡易 TCP サーバーとして使える nc コマンドで待ち受けておくのはいかがでしょうか。 nc -l 〈ポート番号〉 改造例: nc コマンドで簡易HTTPサーバ あるいは Python のワンライナーで HTTP サーバーを立ててしまうのも OK そうです。 # Python 3 python -m http.server 〈ポート番号〉 他言語でもワンライナーでサーバーを立てられる場合があります: ワンライナーWebサーバを集めてみた


6

nekketsuuuさんが提案されているようにnc -lがベストだと思います。その上で参考までに… 歴史的にはinetdがその機能を提供しています。inetd.confにポート番号に対して応答を行う実行ファイル名を記述すれば、inetdが通信処理を引き受けます。更に受信したデータをオウム返しするechoプロトコル程度であればinetdが組み込み提供してくれる場合もあります。 詳しくはご利用のディストリビューションで提供されるinetdを確認ください。


4

close()を実行したほうが良い時というのはどのような時なのでしょうか? このコードにおいては、意味はありません。 しかし、一般的には、socketなどのファイルディスクリプタは、使い終わったらcloseするべきです。


4

自己解答です。 結論から言うと、nsswitch用の名前解決ライブラリを自作しました。 コメントで頂いた 「[SOLVED] winbind does not work after reboot on Mint 19 / Ubuntu 18.04」 ならびに、同内容の 「winbind does not work after reboot on Mint 19 / Ubuntu 18.04」 そして、それを参照している日本語の記事「Ubuntu18.04/Mint19でwinbindが再起動後に起動しない」といった情報が見つかりました。 これらによると、systemdがサービスを起動する順番の定義に問題があるらしく、解決策としては、Sambaをインストールするか/lib/systemd/system/...


4

イベントループでクライアントとのソケットをサーバーが監視するモデルだとすると、監視対象のソケットが増え続けていつかはリソースを食いつぶすのではないかと思ったのです。 イベントループとは別に、タイムアウトを設けるべきです。最後の送受信から一定時間以内に次の受信イベントが発生しないクライアントは明示的に切断することです。


4

無効にしないと動作しないと言った特別な理由があり、別途セキュリティを確保できる状態である、といったことが限り、コンピューターのファイアウォール、いわゆるパーソナルファイアウォール(OSまたはサードパーティーが提供するそのコンピューター上のファイアウォール)は無効にすべきではありません。いいえ、もっとはっきり言います。セキュリティに関する専門家レベルの十分な知識と理解を持っていなければ、パーソナルファイアウォールを無効にしてはいけません。 また、一定以上の組織であれば、特にネットワーク管理者がイントラネット内の全てのコンピューター(この場合はネットワークプリンター等も含む)を一元管理できると行ったことがなければ、パーソナルファイアウォールだけに頼るのは非常に危険です。そのためにも、...


3

レイヤ2(Ethernet)の話 質問の状況であれば、送信側が受信側のMTUを超えるフレームを送信すると、ネットワーク全体としては違反しているわけではないので、受信側までフレームは到達していますが、たいていの場合エラーとして破棄されます。 質問は故意にMTUを小さくした場合ですが、ジャンボフレームに対応したネットワークにジャンボフレーム非対応の機器をつなぐと同じことが起き得ます。 類似の状況として、ジャンボフレーム非対応のスイッチで構成されたネットワークにジャンボフレームを送信する場合が考えられます。この場合は、スイッチのレベルで破棄されるので、受信側に届くことはありません。 いずれにしても、EthernetのレベルでMTUが異なるという状態は通常あり得ない状態なので、何かしらいろいろ不都合が出るでしょう ...


3

file:// には file URI scheme という名前があるので、「file URI scheme ほにゃらら」とか「fileスキーム ほにゃらら」とかで検索するとマシになりました。 「file URI ほにゃらら」「file URL ほにゃらら」でもある程度出てくる場合があるのですが、「ほにゃらら」の内容によっては file スキームと関係ない話が出てきてしまいます(例:「file URI 画像」だと画像ファイルのURIについてのページがヒットする)。


3

このサイトの説明は概念的なもので、実際の動作を正しく説明していません。 さも「アプリケーションが識別できるようにアプリケーションの起動時にポート番号が割り振られる」ように読めてしまいますが、そうではありません。 実際には、アプリケーションの起動時ではなくどこかへ通信を始めようとしたときにポートが割り当てられます。このポートは通信が終わったとき、例えば「HTMLをダウンロードした」とか「一連のメールをダウンロードしおわった」とかの時点で解放されます。アプリケーションに紐付いているわけではないので、あるポートをアプリケーションAがつかったとしても、次のタイミングでは同じポートを別のアプリケーションBが使うかもしれません。 また、一つのアプリケーションが同時に複数の通信を行う場合、複数のポートが使われます。 ...


2

pingの送信先が同一セグメントにある場合、送信元マシンでarpリクエストのタイムアウトが先に検出されるため、送信エラーになる可能性があります。(※3秒だとこの可能性が高いと予想します) #この場合、ICMP ECHO Requestパケットは送出されないはずです。 また、pingの送信先が異なるセグメントにある場合でも、NW装置が「Destination Host Unreachable」等のICMPエラーを返してきても、pingの応答タイムアウト前にエラー判定されると思います。 詳しく調べるのであれば、パケットキャプチャして、ICMP ECHO Requestが創出されているか、エラーが返ってきてないか調べるのがよいと思います。


2

記号をアルファベット表記に変えて検索するのがいいかなと思います。 file colon slash slash


2

割り当てるポート番号が無いと、TCP/IPでの通信が出来ません。 なので、Webブラウザが起動できなくなります。 例えば、あなたが携帯電話を3台持っているとしましょう。 1台目はAさんと通話中、2台目はBさんと通話中、そこに3台目にCさんから掛かってきました。 そこでDさんに電話したい時、あなたはどうしますか? 使える電話機がないので、電話できないですよね。 ポート番号が枯渇した状態というのは、そういう状態です。 新たに電話を掛けたり受けたりできなくなるだけで、3台の電話での通話に影響はありません。 それと同様に「(既に通信を行っている)ネットワークとの通信など」には影響はありません。 現実的には、16383個ものWebブラウザを起動する前にメモリなどの資源が足りなくなってしまうでしょうが。


2

VPCを10.0.0.0/16で作成し、サブネットを10.1.0.0/24で作成しました。 サブネットがVPCの範囲を超えてますね。 VPCのアドレス範囲内で、サブネットを分割してください。 VPC: 10.0.0.0/16 ... 10.0.0.0 ~ 10.0.255.255 まで Subnet1: 10.0.0.0/24 ... 10.0.0.0 ~ 10.0.0.255 まで Subnet2: 10.0.1.0/24 ... 10.0.1.0 ~ 10.0.1.255 まで :: Subnet256 まで作成できる (実際には AWSのほうで制限されて 上限は 200個まで) 下図のように、VPCの箱の中に、サブネットが入ってて、サブネットの箱の中にサーバーがある感じです。 ◆...


2

これはVPCの設定で用意したネットワーク領域が10.0.0.0 ~ 65536個分まで(第4オクテットから?)で、 サブネットは10.1.0.0~10.1.0.256まで用意されている認識で問題ないのでしょうか? サブネットは 10.1.0.0~10.1.0.255 までです もしこのサブネットで何かしらインスタンスを立ち上げようと思った場合10.1.0.0~10.1.0.256の範囲でIPアドレスを割り当てるイメージであっていますか? 0, 255 はネットワークとブロードキャスト用で予約されていて AWS ではさらに 1, 2, 3 も予約されてます 使えるのは 4 〜 254 の 251 個です もしIPが枯渇した、あるいは他にサブネットを分けたくなった場合は同じ様に10.2.0.0/...


2

中間サーバーを踏み台にして ssh 転送したいという意味であれば、多段 scp が使えます。 たとえば ProxyCommand を使うと次のように書けます。 scp -r -o "ProxyCommand ssh -i ~/.ssh/key ユーザー@踏み台 -W %h:%p" /path/to/file ユーザー@送信先:/path/to/file また、ProxyJump を使って書くこともできます。 参考: How to scp with a second remote host


2

この例の場合、主に3つの手段によって通信を可能としています。説明のため PC-A (MTU=1500) と PC-B (MTU=1000) と名付けておきます。 通信の多くは TCP だと思うので TCP の場合から TCP maximum segment size (MSS) TCP の接続の際に PC-B は自分の MTU サイズから計算した MSS (PC-A のものより小さい) を通知することができ、これによって1パケットが MTU を超えてしまう通信を接続の時点で避けることができます。 PC-A と PC-B が LAN (特に同一 HUB) に接続されていれば下記は適用する必要がありません。でも The Internet 上での接続を考えると、途中にいろいろな機器が入ることになります。...


2

@Fumu 7 さん回答のように、ソケットやファイル等の資源についてはcloseされるとしても、何かしらの後始末はやっておきたい場合は、root.protocol("WM_DELETE_WINDOW", callback) を使ってイベントハンドラを登録しておくと、それが呼ばれるようです。 ただし.afterで周期的に(多分マルチスレッドでの処理も含んで)何かしている場合は、処理ループの実行中でもそれが呼び出されるので、単純に終了処理destroy()を呼ぶのは不味くて、フラグを立ててループを終了するなど、後始末は工夫しましょう、という回答が以下の記事にあるようです。 How do I handle the window close event in Tkinter? Upvoteは無いですが、...


2

プログラム(プロセス)が終了したら、そこで使われていたソケットなどはcloseされますから、心配いりません。 パケットが届かない可能性があるUDP通信ですから、受信側にも影響ないです。


2

その機器にルータ以外のDNSを設定しているのであれば、その機器はルータがDNSの機能を持つことを知らないので特に問題は起きません。 ルータも、その機器からDNSの問い合わせが来なくても何の問題もありません。


2

受信側は1.0秒間隔でデータを受信させたところ この認識が誤っていて、「1秒間隔で受信バッファに溜まっているデータを読み出す」コードが正しい動きをしています 本当にやらないといけないことは質問からはよみとれませんが、例えば 最新(もしくは必要なタイムスタンプ)のデータ以外は読み捨て n + 0.9秒でバッファを捨てて0.1秒後に読み出し などする必要があります


2

ファイアウォールという機能・考え方は、ネットワークの(外側と内側の)境界に置く "防護壁" で、ソフトウェアでもハードウェアでも基本的には同じです。 ただし、会社や学校などネットワークの内側にクライアントが多数存在する場合、個々に設定を任せるのは漏れが発生したりする可能性があります。この様なケースではハードウェア型のファイアウォールを用いて、ネットワークの境界 = 出入り口の一箇所で管理した方が効率的だと考えられます。 過信は禁物ですが、より外側のファイアウォールで適切な設定がされていれば、OS上でのファイアウォールは無効にしても大丈夫なケースの方が多いでしょう。


2

nginxの設定ファイルはどうなっていますか?たとえばserverディレクトリにlistenが listen 443; のみが存在していれば、 listen [::]:443; のようなv6待受の設定が必要です。


1

winbindd(8) は動作していますか? (動いているようだけど念の為) wbinfo --WINS-by-name julia で winbindd に julia の名前解決を依頼したとき、どのような応答が得られますか? IP アドレス 10.10.10.200 のホストがブロードキャスト宛の名前解決要求に応答していますが、応答によると JULIA<20> の IP アドレスは 192.168.222.1 と答えているように見えます。この IP アドレスに心当たりはありませんか? mDNS でも resolv.conf(5) で search local とでも書いておけば .local 付けずに済むと思うのですが、それでは駄目なのでしょうか?


1

すみません、自己解決しました。 今回自分で追加した受信の規則とは別に、Nodejsのアプリケーションに対する通信をブロックする定義が存在していたことが原因でした。 おそらく、Node.jsインストール時にWindowsファイアウォールの警告ポップアップで誤って「ブロックする」を選択してしまったのではないかと思います。


1

ホスト側の80/443ポートで待ち受けているhttp/httpsサービスがないのでは?なにがしかhttp/httpsで応答するサービスがなければ、ブラウザで話しかけても答えてくれるはずもなく。。。 ホスト側のプロセス構成(たとえば、Apache http serverが動作しているとか、IISが立ち上がっているか)を示されると、話が早いです。


1

timeout = 0.1 msg, address = s.recvfrom(8192) 受信スレッドが起動されて0.1秒以内にデータが来なければ、データが読まれるのは次に受信スレッドが起動されたタイミングですので、0.1~0.9秒のタイムラグが生じます。送受信とも1秒ごとに動作するので以後このタイムラグは維持されます。 timeout = 5 msg, address = s.recvfrom(8192) 5秒待つ受信スレッドが毎秒起動されるので、データが届いたタイミングで必ず1つはスレッドが生きています。ですので、到達したデータはほぼリアルタイムで読み込まれます。 しかし、必ずしもtimeout値を大きくすれば良いというわけでもないのではないかと思うのですが、 これはその通りです。が、...


1

エラーの原因は何なのでしょうか? エラーログの以下に示した部分が全てを物語っています。 2020-03-25 10:25:26.046663+0900 FTP[89447:8129251] -[FTP.FtpCreateClass requestFailed:]: unrecognized selector sent to instance 0x60000369ad90 これは、FTP.FtpCreateClassと言うクラスのインスタンスに対してrequestFailed:という(ObjCの)メソッドを実行しようとしたが認識されなかった、つまり、 FTP.FtpCreateClassと言うクラスにはObjective-C側から見えるrequestFailed:というメソッドがない ...


1

【回答】  taichiさんのコードでも複数回の送受信ができますがzakki 5さんのコメントにあるように、1回のコネクションで複数回の送受信も可能です。 【コード例】 クライアント側のコード # 0.ライブラリのインポートと変数定義 import socket target_ip = "127.0.0.1" target_port = 8080 buffer_size = 4096 for i in range(10): # 1.ソケットオブジェクトの作成 tcp_client = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_STREAM) print("tcp_client = socket.socket(socket.AF_INET, ...


1

@sayuriさん回答とほとんど被りますが、 動作内容・原因とエラーの状況は以下になるでしょう。 作成したsocketが無限待ちのブロッキング型である scheduleスレッドの中で5ms毎にworkerスレッドを作成し、かつ終了を待っていない testSend.pyスクリプトは100ms毎に1回送信 上記により、startボタンクリック後は100ms毎に19個の受信待ちworkerスレッドが積み上がり、時間が経つごとに増えていく stopボタンクリックしてソケットclose&None設定後に、積み上がった受信待ちworkerスレッドが全て例外で終了する 気付かれていないもう一つの異常として、testSend.pyスクリプトを動作させずにtestRecieve.pyスクリプトだけを起動・...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります