次のタグが付いている新しい回答:

0

「回答される方へ teratail.com/questions/217803 – htb 10月19日 4:22」 ↑上記サイトにて、解決いたしました。


0

MySQLのタイムゾーンテーブルにAsia/Tokyoというタイムゾーンが存在しないのだと思います。 一般的にmysql-tzinfo-to-sqlを使ってロードするためのSQLを作成して、mysqlでロードします。 MySQL :: MySQL 5.6 リファレンスマニュアル :: 4.4.6 mysql_tzinfo_to_sql — タイムゾーンテーブルのロード mysql_tzinfo_to_sql /usr/share/zoneinfo | mysql -u root mysql 私はやったことがありませんが、Dockerでやる場合の例が、本家Stackoverflowにありました。ご参考まで。 Configure time zone to mysql docker container - ...


3

SQLでも実行できます。SQL実行タブで以下を実行してもらえればと思います。 SHOW CREATE TABLE tbl_name; (参考) https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/show-create-table.html


0

コピーしたいテーブルを開き、エクスポートタブを選択 デフォルト(SQL)状態で、実行するボタンを押下するとCREATE文とINSERT文が表示される


0

<form method="post" action="/edit"> <h1>Please input the number</h1> <input type="text" name="id" th:value="${id}" /> となっているので、ボタンをクリックすると、/editというパスに対して、リクエスト・パラメーターidがPOSTで送信されます。なので、@RequestMappingの値が"/edit"かつメソッドがPOSTで、@RequestParamを指定したidの引数を持つ以下のようなメソッドが必要だと思います。 @RequestMapping(value = "/edit", method = ...


0

RedmineでDBの接続先はインストールディレクトリ以下にある config/database.yml という設定ファイルで管理されているはずなので、この記述を適切な情報に書き換えてみてください。 /opt/bitnami/apps/redmine/htdocs/config/database.yml production: adapter: mysql2 database: bitnami_redmine host: localhost username: bitnami password: xxxxxxxx xxxxxx


0

追記の部分、私が見たことのない構文なのですが、MySQLiでしょうか、PDOでしょうか?それとも全く別の何かのフレームワークを使っておられるのでしょうか? とりあえずPDOだと仮定する(PDO::prepareのページと変数の使い方が似ているので)と、書き方が根本的におかしいです。 $sql = "SELECT * FROM replys WHERE id = ? AND data = ?"; $sth = $dbh->prepare($sql); $sth->execute([$id, $data]); あなたの使われている枠組みによっては、全く役に立たないかもしれません。その場合には、きちんとご自身の使われている枠組みをご説明ください。また、うまくいかない場合には「弾かれます」...


1

自己解決できました。 /src/Model/Table/CommentsTable.php $this->belongsTo('Users', [ //'foreignKey' => 'id',//☆1 'joinType' => 'INNER' ]); ☆1の部分を消し、 /my_pt_lesson/src/Template/Ices/ranking.ctpに <p>BY<?= $this->Html->link( h($ice->comments[0]->user->nickname), ['controller' => 'Users', 'action' =>...


0

質問の意味が正確に理解できませんでしたが、参考サイトにもあるようにSQLインジェクションの一般的な対策はプリペアドステートメントを使うことです。プリペアドステートメントを使用しなくても、SQLの可変部分に対する入力値を適切にチェックした上でセットするようにすれば、問題ありませんが、場合によっては適切にチェックすることは簡単ではないため、プリペアドステートメントを使用することをお勧めします。


1

MySQL 5.7 以降であれば「アカウントのロック」は利用できるようです。 MySQL :: MySQL 5.7 Reference Manual :: 6.2.15 Account Locking 作成日や更新日については既にご自身でも調べられた通り、MySQL(MariaDB)では管理されていなさそうです (セキュリティ関連という事ならパスワードの有効期限はありました)。 "仕様です" で納得されるかどうかは、「Oracle と MySQL とは違う製品だから」としか言いようがない気がします。


0

おそらくですが、 MySQL 側では、「デフォルト値が NULL」であることと、「デフォルト値が指定されていないこと」は等価であると思っています。 Q2. カラムに対して「NOT NULLで デフォルト値ありなし」と「NOT NULL制約を設定しているかどうか」の情報はどこにありますか? select IS_NULLABLE, COLUMN_DEFAULT from information_schema.columns where table_schema = 'テーブル名'; がそれぞれ、「NULL が許可されているか」と「カラムのデフォルト値」を表します。つまり、「NOT NULLである」とは、 IS_NULLABLE が NO であることです。


0

MySQL 8.0.17 から利用可能な、 cast as float/double で解決可能でした。 with recursive cte as( select cast(1 as double) as v union all select v * 1.1 from cte where v < 10 ) select v from cte; これを確認するにあたって、一旦上記を view にした上で、 desc することで、たしかに double になっていることを確認しました。 mysql> create view testcastdouble as ( -> with recursive cte as( -> select cast(...


上位 50 件の最近の回答が含まれています